インシーニェのビューティフル弾と新守護神オスピナの活躍でナポリがサッスオーロに勝利《セリエA》2018.10.08 03:03 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは7日、セリエA第8節でサッスオーロをホームに迎え、2-0で勝利した。▽前節ユベントスとの大一番では1-3と逆転負けし今季2敗目を喫したナポリは、チャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦では終盤のインシーニェ弾で1-0と勝利した。そのナポリはリバプール戦のスタメンから大幅に8選手を変更。インシーニェやハムシク、アランら主力がベンチスタートとなり、アルビオル、クリバリ、GKオスピナのみ引き続きスタメンとなった。

▽前節ミランに1-4と敗れて同じく今季2敗目を喫したサッスオーロに対し、2トップにメルテンスとウナス、右サイドにジエリンスキ、左にヴェルディと配すフラットな[4-4-2]で臨んだナポリは開始3分にあっさり先制する。ロカテッリの不用意なバックパスをボックス中央でカットしたウナスが左足ボレーで蹴り込んだ。

▽ウナスのセリエA初ゴールで先手を取ったナポリが攻勢に出ると、13分にもボックス右のメルテンスが右足アウトでのシュートで追加点に迫る。続く14分にもメルテンスがボックス左に侵入してGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽一方的なナポリは25分にも決定機。ショートカウンターに転じてボックス右のジエリンスキがシュートに持ち込むもGKコンシーリのセーブに阻まれる。

▽追加点が奪えないナポリは35分、ジュリチッチに枠内シュートを打たれると、ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、前半を1点のリードで終えた。

▽後半からベラルディを投入してきたサッスオーロに対し、開始3分にウナスのミドルシュートでゴールに迫ったナポリは、50分にベラルディのミドルシュートでGKオスピナを強襲されると、ウナスに代えてインシーニェを投入。

▽さらにアランも投入してサッスオーロを突き放しにかかる中、58分にインシーニェがループシュートでゴールに迫った。しかし、63分にピンチ。ボックス左に抜け出したジュリチッチに決定的なシュートを許してしまう。だが、GKオスピナが好守で凌いだ。

▽さらに67分にはベラルディのカットインシュートが枠を捉えたが、ここもGKオスピナが凌ぐ。流れの悪いナポリはヴェルディに代えてカジェホンも投入すると、72分に待望の追加点を挙げた。

▽ヒサイのパスを受けたボックス手前左のインシーニェが得意の角度からゴール右上にシュートを流し込んだ。

▽勝勢のナポリは77分のベラルディのシュートと、85分のババカルのシュートをGKオスピナが好守で凌ぐと、88分にロジェリオがカジェホンを削って一発退場となり勝負あり。インシーニェの2戦連発弾と、新守護神オスピナの活躍もあってリーグ戦での勝利を取り戻している。
コメント
関連ニュース
thumb

クリバリ代理人「重要なステージからオファーが届いたら…」

ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の代理人が口を開いた。イギリス『メトロ』が報じた。 セリエA屈指のセンターバックとして評価を高めるクリバリ。ナポリは9000万ポンド(約129億9000万円)以上の値をつける強硬姿勢を際立たせており、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスをはじめとする有力クラブの関心を断ち切ろうとしている。 ただ、クリバリを巡ってはユナイテッド行き希望の報道も…。代理人を務めるブルーノ・サティン氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』でクリバリの去就について、「重要なステージ」からオファーが届いた場合、移籍の可能性と主張した。 「クリバリがユベントスに? 彼はナポリのクラブと街にすごく密接だ」 「だから、ユベントスに行くために彼らを裏切ることは絶対にないはずさ。でも、プロの選手であることも忘れちゃダメだ」 「選手に重要なステージでプレーするチャンスが巡ってきたら、話は聞く。彼がいくらナポリと密接な関係であってもね」 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンも鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦32試合に出場している。 2019.02.22 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェルディ&ウナス弾のナポリがチューリッヒに快勝でベスト16進出《EL》

ナポリは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでチューリッヒとホームで対戦し、2-0で勝利した。この結果、2戦合計スコアを5-1としたナポリがベスト16に進出した。 先週行われた1stレグでは敵地で3-1と勝利しベスト16進出に前進したナポリは、カジェホンやアラン、ミリクら主力をベンチスタートとし、ウナスやヴェルディ、キリケシュら一部控え選手を起用した。 インシーニェとメルテンスの2トップ、右サイドにウナス、左サイドにヴェルディを配置するフラットな[4-4-2]で臨んだナポリが立ち上がりからボールを保持すると、6分にインシーニェがループシュートでゴールに迫った。 その後もハーフコートゲームを続けるナポリは23分にボックス左に抜け出したインシーニェが決定的なシュートを浴びせていく。ギアを上げるナポリは38分、FKからメルテンスのボレーシュートが枠を捉えたが、GKのファインセーブに阻まれた。 それでも43分、ウナスの浮き球パスをボックス左のヴェルディがボレーで決めてナポリが順当に先制し、前半を終えた。 迎えた後半もナポリが試合をコントロール。66分にはジエリンスキに代えてアランを投入し、中盤の強度を上げると、76分にダメ押しゴールを奪った。メルテンスのスルーパスでボックス右に侵入したウナスがGKとの一対一を制した。 終盤にかけても危なげなく試合を消化したナポリが快勝でベスト16進出を決めている。 2019.02.22 04:49 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリがチューリッヒ戦に向けた招集メンバー20名を発表! インシーニェやメルテンスら主力を選出《EL》

ナポリは20日、翌日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのチューリッヒ戦に向けた招集メンバー20名を発表した。 大きなアドバンテージを手に迎えるホーム戦に向け、ナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、FWロレンツォ・インシーニェやFWドリエス・メルテンス、FWホセ・カジェホン、DFカリドゥ・クリバリら主力を順当に選出。 また、直近のトリノ戦を筋肉の問題で欠場したMFアダム・ウナスも招集メンバーに名を連ねた。その一方、ケガで離脱が続いているMFアミン・ユネスやDFマリオ・ルイ、DFラウール・アルビオルらは引き続き招集外となった。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ナポリ招集メンバー GK アレックス・メレト ダビド・オスピナ オレスティス・カルネジス DF ケヴィン・マルキュイ セバスティアーノ・ルペルト ニコラ・マクシモビッチ ヴラド・キリケシュ エルセイド・ヒサイ カリドゥ・クリバリ ファウジ・グラム MF アラン ファビアン・ルイス・ペナ シモーネ・ヴェルディ アダム・ウナス ピオトル・ジエリンスキ アマドゥ・ディアワラ FW ホセ・カジェホン ドリエス・メルテンス ロレンツォ・インシーニェ アルカディウシュ・ミリク</span> 2019.02.21 00:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アラン獲得失敗のPSG、今夏もナポリからの補強目論む

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『Il Mattino』の情報をもとにフランス『Le10Sport』が伝えている。 PSGは今冬の移籍市場でナポリのブラジル代表MFアラン(28)の獲得を目指していたが、それは叶わず。しかし、PSGのアンテロ・エンリケSDは今夏もナポリからの補強を画策しており、インシーニェをターゲットにしているという。今後数か月の間にコンタクトを取る可能性が指摘されている。 またナポリでは、インシーニェの流出に備え、PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に動き出しているようだ。先日、選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と会談したという。 なお、イタリア代表FWに関しては、チェルシーやリバプール、アトレティコ・マドリー、ドルトムントも関心を寄せているとされている。イタリア『La Reppublica』によれば、1億5000万ユーロ(約188億円)以上のオファーが届かない限り、ナポリが交渉のテーブルに着く考えはないようだ。 ナポリ下部組織出身で2009年にトップチームデビューを飾ったインシーニェ。今シーズンはカルロ・アンチェロッティ新監督の下、マウリツィオ・サッリ時代の左ウイングとは異なるセカンドトップの位置で新たな役割を担い、ここまで公式戦30試合で12ゴール6アシストの数字を残している。 2019.02.20 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ハムシクが大連一方に正式加入! カラスコ、ガイタンらと同僚に

中国スーパーリーグの大連一方は19日、ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)の加入を正式発表した。 母国のスロヴァン・ブラチスラバでキャリアをスタートさせたハムシクは、2004年8月にブレシアU-19に入団。2005年3月にトップチームへと昇格した。 昇格直後のキエーボ戦でセリエAデビュー。チームはセリエBに降格したが、ハムシクは翌シーズンにレギュラーとしてプレー。40試合に出場し10ゴールを記録していた。 セリエBでの活躍が認められ、2007年6月にナポリへと移籍。5年契約を結ぶと、中盤のポジションながらゴールを量産。2008年には、イタリア人以外で初となる若手サッカー選手賞を受賞した。 その後もナポリのレギュラーとしてプレーを続けると、チームの象徴的な存在に。モヒカンという奇抜な髪型もさることながら、実績でも注目を集めていた。 ナポリでは通算11シーズン半所属し、公式戦通算520試合に出場し121ゴール111アシストを記録。しかし、今シーズンはカルロ・アンチェロッティ監督の下でベンチに座ることが増え、ここまでセリエ Aで11試合に出場しノーゴール。チャンピオンズリーグでは6試合に出場し1ゴールを記録していた。 スロバキア代表としても世代別の代表を経験し、2007年2月にA代表デビュー。2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場し、チームのベスト16入りに貢献。代表通算110試合に出場し22ゴールを記録していた。 ハムシクの移籍には、ナポリと大連一方の間で契約条項や移籍金の支払いなどで問題が生じていたが、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が自身のツイッター(@ADeLaurentiis)で移籍が決定したと明かしていた。 2019.02.18 19:55 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース