レーティング:リバプール 0-0 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》2018.10.08 02:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、リバプールvsマンチェスター・シティが7日にアンフィールドで行われ、0-0の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 アリソン 5.5
リーグ最少失点のチームでしっかり最後尾を締めた

DF
12 J・ゴメス 6.5
攻撃時には常に高い位置をキープし攻撃に幅を持たせた。守備でもスターリングを封殺

6 ロブレン 6.5
今季リーグ戦初先発も気迫あふれるプレーで無失点に大きく貢献

4 ファン・ダイク 6.0
攻守に存在感を示していたが、終盤にPKを献上。結果的に失点は免れたものの、危ない場面だった

26 ロバートソン 5.5
マフレズの対応に迫られた。余り攻撃参加は見られず

MF
5 ワイナルドゥム 5.5
スペースのない中でも豊富な運動量でボールに多く絡んでいた

7 ミルナー -
無念の負傷交代。29分にN・ケイタと交代

(→N・ケイタ 5.5)
目立った活躍はなく…

14 ヘンダーソン 6.0
守備から攻撃の橋渡し役として貢献。だが急所を突くことが出来なかった

FW
11 サラー 5.0
要所で危険な場面に顔を出すも、シュート精度が低かった

9 フィルミノ 5.0
得意のポストプレーも相手にスペースを消され活かせなかった

(→スタリッジ 5.0)
途中出場も見せ場作れず

10 マネ 5.5
何度かドリブルを試みたが、効果的ではなかった

監督
クロップ 5.0
最後までシティの守りを崩せず、最後には相手に救われる形に

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
31 エデルソン 5.5
特に危険場面なく、安定したセービングを見せた

DF
2 ウォーカー 5.5
普段と比べれば攻撃面は見劣りしたが、守備もできることを示した

5 ストーンズ 6.0
いつも以上に冷静にプレーし危険な場面をほとんど作らせなかった

14 ラポルテ 6.0
足下の巧さが光った。守備も問題なく

22 メンディ 6.0
サラーにもしっかり対応。攻撃にも貢献

MF
26 マフレズ 5.5
攻撃だけでなく守備にも貢献…していたが最後に痛恨のPK失敗

25 フェルナンジーニョ 6.5
ダブルボランチの一角で相手の攻撃をシャットアウト。

20 ベルナルド・シウバ 6.0
守備ではフェルナンジーニョと巧くスペースを消し、攻撃時には積極的にアタッキングサードに攻め込む姿勢を見せた

21 シルバ 5.5
サイドを巧みに使いシティの攻撃のタクトを振った

7 スターリング 5.5
J・ゴメスに抑え込まれた印象

(→ザネ 5.5)
PKを獲得するなど、相手の嫌がるところを突いていた

FW
10 アグエロ 5.0
シティのエースもこの日はシュートゼロ。完全に抑え込まれた

(→ガブリエウ・ジェズス 5.0)
途中出場したが、いい形でボールを受けられなかった

監督
グアルディオラ 6.0
守備に重きを置いた布陣で相手を無力化。最後の最後に勝利のチャンスが巡ってきたもののアウェイでのドローに満足か

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
攻撃力に目がいきがちなシティにおいて、守りに入ればこうも堅くなることを示した。守備での貢献度はすさまじかった

リバプール 0-0 マンチェスター・シティ

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:日本代表 4-3 ウルグアイ代表《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は16日、埼玉スタジアム2002でキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に臨み、4-3で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ◆日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181016_34_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 東口順昭 5.5 ▽連携のミスから失点もファインセーブを2度披露 DF 19 酒井宏樹 6.0 ▽左サイドに流れるカバーニやラクサールの上りをケア。先制点の場面では起点に 2 三浦弦太 5.0 ▽世界屈指のストライカーに当たり負けせず冷静に対応したが、残念なミスを犯した 22 吉田麻也 5.5 ▽キャプテンとして常に明確なプレーを提示したが、カバーしきれない場面も 5 長友佑都 5.5 ▽中島を後方から支援。ベテランとしてそつのないプレー MF 21 堂安律 6.5 ▽先制点の場面でのスペースメイクや守備時のポジショニングで年齢に似つかわしくない老獪な働き。華麗な流れから嬉しい代表初ゴールも 6 遠藤航 6.0 ▽柴崎とは違ったリズムで前線に配球し攻撃にも貢献。持ち味の守備でも相手に自由を与えず 9 南野拓実 7.0 ▽超一流DFゴディンを個人技で翻弄し貴重な先制弾。素晴らしい反応からの自身2得点目に3戦連発弾と、森保ジャパンのエース候補筆頭 7 柴崎岳 6.0 ▽所属クラブで難しい状況だが、落ち着いたプレーで中盤に安定をもたらす → 青山敏弘 5.5 ▽自身の関わらないところで投入直後に失点を喫したが、その後はボール保持に貢献し試合をクローズ 10 中島翔哉 6.5 ▽鋭いパスから先制点をアシスト。再三の仕掛けでカセレスを疲弊させた → 原口元気 - FW 15 大迫勇也 6.5 ▽一対一を外すシーンもあったが屈強な相手にも前線の起点に。パナマ戦から数日で修正した南野との関係は抜群 監督 森保一 6.5 ▽ロシア組と新戦力を上手く融合。セットプレー時の付き方など含め守備の面でのミスはあったが、今後の改善に期待 ◆ウルグアイ代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181016_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ムスレラ 5.0 ▽パンチングミスを繰り返し2失点に絡む。ポジショニングと判断にやや難ありか DF 22 カセレス 5.0 ▽中島の対応に奔走。粘り強い守備も捉え切ることはできず → マジャダ 5.5 ▽より攻撃的な働きで右サイドを活性化 19 コアテス 5.0 ▽先制点をアシストも、守備時にゴディンの手助けをすることはできなかった 3 ゴディン 4.5 ▽世界的DFとしては屈辱の出来。攻撃での挽回を意図した上がりも見られたが功を奏さず 17 ラクサール 5.0 ▽酒井と堂安に対応され得意の攻撃は鳴りを潜めた。空いたスペースを利用されるデメリットばかりが残った MF 16 G・ペレイロ 5.5 ▽同点弾を決めチームを救いかけたのも束の間、あっという間に勝ち越された後は存在感を失った → マキシ・ゴメス - → ストゥアーニ - 6 ベンタンクール 5.0 ▽中央にボールを集められない展開の中、目立ったプレーはできず → バルベルデ 5.0 レアル・マドリーに所属する期待の若手も試合の展開を覆す起爆剤にはなれなかった 14 トレイラ 5.0 ▽ケアするべきスペースで大迫に勝てず、南野を自由にした → ナンデス - 4 サラッキ 5.0 ▽守備的な起用の効果は発揮されなかった FW 10 デ・アラスカエタ 5.5 ▽ボールを引き出しつつ、日本DFの嫌がる強引な仕掛けで打開を試みた → ホナタン・ロドリゲス 6.0 ▽デ・アラスカエタとは違い、よりゴールに近い位置でプレー。カバーニにチャンスメイクを任せ同点に望みを繋ぐ得点を奪取 21 カバーニ 6.0 ▽相手のミスを見逃さず意地の1G1A。しかし、スアレス不在の中でヒーローになることはできず 監督 タバレス 4.5 ▽守備が持ち味だったチームは既に存在しない。ゴディンやコアテスが対応に遅れるシーンも目立ったが、そのポジションの選手はテストしなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! FW南野拓実(日本代表) ▽森保監督体制3戦連発となる2ゴール。背番号9として常にゴールを意識したプレーで日本の攻撃をけん引した 日本代表 4-3 ウルグアイ代表 【日本】 南野拓実(前10) 大迫勇也(前36) 堂安律(後14) 南野拓実(後21) 【ウルグアイ】 G・ペレイロ(前28) カバーニ(後12) ホナタン・ロドリゲス(後30) 2018.10.16 21:36 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナポリ 1-0 リバプール《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節、ナポリvsリバプールが3日にサン・パオロで行われ、1-0でナポリが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181004_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 オスピナ 5.5 安心感のあるプレーで最後の砦を守った。試合終盤まで途切れない集中力でチームを救った DF 19 マクシモビッチ 5.5 不慣れな右サイドバックでマネのマークに徹底。上手く封じ込めた 26 クリバリ 6.5 冷静なプレーで相手の強力攻撃陣に何もさせなかった 33 アルビオル 6.0 クリバリとの連携でリバプールをシャットアウト 6 マリオ・ルイ 6.0 左サイドから質の高いクロスを供給 MF 5 アラン 6.5 ボール奪取に攻撃参加、中盤で効いた存在だった 8 ファビアン・ルイス 5.5 幅広いカバー力を見せるもダイナミックなプレーは影を潜めた (→ヴェルディ 5.5) 途中出場ながらも攻撃にアクセントを加えられた 17 ハムシク 6.0 左右にボールを散らして守備をかく乱。攻撃の起点に (→ジエリンスキ -) FW 7 カジェホン 6.5 守備では気迫あふれるプレー、攻撃では決勝点をアシスト 99 ミリク 6.0 ファン・ダイクを相手にしながらもよくボールが収まっていた (→メルテンス 5.5) 途中出場でゴールに関与。クロスバー直撃のシュートも 24 インシーニェ 7.5 相手の嫌な所を突くフリーランやドリブルで多くのチャンスを演出。最後の最後に実を結んだ 監督 アンチェロッティ 6.0 交代選手が上手く攻撃を活性化させていた ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181004_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 安定のセービング。再三のファインセーブを見せるも最後はノーチャンス DF 66 アーノルド 5.0 インシーニェの対応に追われた印象 12 J・ゴメス 5.5 最後まで堅い守りを築いた 4 ファン・ダイク 6.0 ミリクを抑えつつ、インシーニェの動きにも対応。攻撃の起点にもなった 26 ロバートソン 6.0 守備もそつなくこなし、適切なタイミングでの攻め上がりで攻撃に厚みを持たせた MF 5 ワイナルドゥム 6.0 ナポリの攻撃を抑えつつ気の利いたプレーで中盤に君臨 7 ミルナー 5.5 相手の嫌がる位置にポジショニングを取り続けた 8 N・ケイタ - 開始20分に無念の負傷交代 (→ヘンダーソン 5.5) 予定外の出場ながら豊富な運動量で貢献した FW 11 サラー 5.0 ここ最近の調子の悪さが散見 9 フィルミノ 5.5 守備での貢献やポストプレーは流石のひとこと 10 マネ 5.5 マクシモビッチに抑え込まれた印象。今日は個人技が光らなかった 監督 クロップ 5.0 やや守備的な交代が裏目に出たか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インシーニェ(ナポリ) 序盤から相手のスペースを突く効果的なフリーランやドリブルでナポリの攻撃をけん引。そして最後に値千金の決勝ゴールを記録した ナポリ 1-0 リバプール 【ナポリ】 インシーニェ(後45) 2018.10.04 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 0-0 バレンシア《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節、マンチェスター・ユナイテッドvsバレンシアが2日に行われ、0-0で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181003_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 難しい枠内シュートは飛んでこなかった DF 25 バレンシア 5.5 対面のゴンサロ・ゲデスにやや翻弄されるも最後の仕事はさせず 3 バイリー 6.0 前半終盤にピッチに倒れるアクシデントがあったが最後まで集中を切らさずプレー 12 スモーリング 6.0 軽率なミスなく相手FWに自由を与えなかった 23 ショー 6.0 攻守にそつのないプレーで好調を維持 MF 27 フェライニ 5.5 対人での強さは発揮 31 マティッチ 5.5 配球面でやや物足りない出来 6 ポグバ 5.5 攻撃面での貢献がもう少し欲しかった FW 7 サンチェス 5.0 慣れた左ではなく右での起用。全く突破力がなく本来の姿には程遠い状態 (→マルシャル -) 9 ルカク 5.5 よくボールは受けていたが、相手センターバックのフィジカルに苦戦 10 ラッシュフォート 5.5 持ち味を発揮できる左での起用。ゴールは決まらなかったが、惜しいシーンまでは持ち込めていた 監督 モウリーニョ 5.5 サンチェスの右起用はハマらず。ただ、インテンシティは高かった ▽バレンシア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181003_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 ネト 6.0 後半にあった2つの枠内シュートをきっちりとセーブ DF 21 ピッチーニ 5.5 立ち上がりに失点しかねないミスがあったが、それ以降は安定していた 24 ガライ 6.0 ガブリエウと共にルカクを抑えた 5 ガブリエウ 6.5 ルカクをフィジカルで抑え込む 14 ガヤ 6.0 サンチェスの突破を許さず MF 17 コクラン 6.0 不慣れな右サイドでの起用。ハードに戦ってラッシュフォードに対応 (→ソレール -) 10 パレホ 5.5 ポゼッション時は安定したパスワークを見せていた 6 コンドグビア 6.0 攻撃時の持ち上がりは不安定だったが、ボール奪取で貢献 7 ゴンサロ・ゲデス 6.0 攻め手となっていたが、カットインシュートは精度を欠いた (→チェリシェフ -) FW 19 ロドリゴ・モレノ 5.5 ボールにはまずまず関与できていたものの、打開はしきれず 23 バチュアイ 5.5 一定の脅威は与えたが、決定的なシュートには持ち込めず (→ガメイロ 5.0) 特に見せ場はなかった 監督 マルセリーノ 6.0 ハードに戦って勝ち点1を持ち帰った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ガブリエウ(バレンシア) ▽元アーセナルのブラジル人DFがルカクとのマッチアップで互角以上に渡り合った。クリーンシートに貢献。 マンチェスター・ユナイテッド 0-0 バレンシア 2018.10.03 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 0-0 アトレティコ・マドリー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第7節、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが29日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、0-0のゴールレスドローとなった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180930_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 クルトワ 6.5 前半2度の決定機を阻止 DF 2 カルバハル 6.0 右サイドに重きを置いた攻撃で重要な役割を担った 4 セルヒオ・ラモス 6.0 目を負傷しながらも闘志溢れるプレー。だが警告を受けてしまう軽率なプレーも 5 ヴァラン 6.0 安定の守備力。相手の強力2トップを抑え込んだ 6 ナチョ 5.5 攻撃参加は目立たなかったが、守備をそつなくこなした印象 MF 14 カゼミロ 6.0 中盤でのボール回収能力は驚異的だった 10 モドリッチ 5.5 世界最優秀選手もこの試合は本調子ではなかったか (→L・バスケス -) 8 クロース 5.5 高精度のパス製造機は今日は機能せず。相手の守備に苦しんだ FW 11 ベイル 5.5 前半惜しいシュートチャンスがあったが決めきれず前半で無念の交代 (→ダニ・セバージョス 5.5) ドリブルで仕掛けるもアトレティの網に引っかかった 9 ベンゼマ 5.5 ほとんど試合から消えていた模様 (→ヴィニシウス -) 20 アセンシオ 6.0 高いアジリティで攻撃をけん引 監督 ロペテギ 5.5 采配振るわず。ヴィニシウスがラ・リーガデビューを果たしたことが収穫か ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180930_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 6.5 安定したセービングで相手の決定機も阻止 DF 20 フアンフラン 5.5 守備に回る時間が長かった。攻撃に厚みを持たせられず 2 ゴディン 6.5 守勢に回ったチームにおいてマドリー相手に崩れなかったのはこの男の功績が大きい 24 ホセ・ヒメネス 5.5 同じウルグアイ代表コンビとしてロヒ・ブランコスのゴールに堅い鍵をかけた 3 フィリペ・ルイス 5.5 得意の攻撃参加で数少ない攻撃のチャンスに顔を出した MF 11 レマル 5.5 右サイドで起用されたがなかなか攻撃の起点になることは出来なかった (→コレア 5.5) 期待に応えることは出来なかった 8 サウール 6.0 攻守の見極めは流石。ピンチを刈り取りチャンスには顔を出す 14 ロドリゴ・エルナンデス 6.0 豊富な運動量でピッチ全体をカバー 6 コケ 5.5 攻守に貢献。しかし迫力が足りなかった FW 7 グリーズマン 6.0 攻撃のタクトを振るったが、チームが守勢に回ったため見せ場は少なかった 19 ジエゴ・コスタ 5.0 前半に1本決定機があったが決められず (→トーマス 5.5) 中盤の底でしっかりと好守に貢献。自らトライする場面も 監督 シメオネ 6.0 相手がマドリーであることと敵地ということを考えればこのスコアは満足のいく結果か ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ゴディン(アトレティコ・マドリー) ▽ほとんどの時間帯で守備に追いやられる中でマドリーの強力攻撃陣から失点を0に抑えた レアル・マドリー 0-0 アトレティコ・マドリー 2018.09.30 05:41 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 1-1 リバプール《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節、チェルシーvsリバプールが29日にスタンフォード・ブリッジで行われ、1-1の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180930_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケパ 6.0 一度マネのシュートをビッグセーブする活躍を披露。だが、終了間際に失点… DF 28 アスピリクエタ 6.0 的確な判断と冷静な対処で右サイドからピンチを作らせなかった 2 リュディガー 6.5 前半にサラーの決定機を阻止するスーパープレー 30 D・ルイス 6.5 ディフェンスリーダーとしてリバプールの攻撃を跳ね返し続けた。後半のフィルミノのシュートを止めたシーンは1点もの 3 マルコス・アロンソ 6.0 守備ではサラーを相手にしつつも攻撃にも MF 5 ジョルジーニョ 7.0 中盤のボールさばきはさすがの一言。先制ゴールにも関与した 7 カンテ 6.5 いつもながらの高い守備力で中盤に安定感をもたらした 17 コバチッチ 6.5 もはやチェルシーの欠かせない選手と言っても過言ではない。アシストを記録 (→バークリー -) FW 22 ウィリアン 5.5 攻撃に緩急を加えたが (→モーゼス -) 18 ジルー 5.5 前線からのプレスやポストプレーでチームを助けたが、得点に関与できなかった (→モラタ 5.0) 途中出場も見せ場なく 10 アザール 7.5 EFLカップに続いてリーグ戦でもゴールを記録 監督 サッリ 5.5 試合後は笑顔を見せたが、勝ち切りたかった ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180930_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 何度か相手の決定機を阻止。最高額GK対決は見ものだった DF 66 アーノルド 5.5 アザールの相手を強いられなかなか攻撃参加ができなかった 12 J・ゴメス 6.0 ファン・ダイクとのコンビネーションは悪くなかった 4 ファン・ダイク 6.5 リバプールのディフェンスリーダーは的確な指示とラインコントロールで堅い守備を築いた。失点は避けたかったが… 26 ロバートソン 6.0 主に守備で貢献。攻撃にもアクセントを加えた MF 7 ミルナー 6.5 リバプール中盤の要はこの男。攻守で際立った存在感を見せ危険な存在となった (→スタリッジ 7.0) 途中出場から見事な仕事をやってのけた。スーパーゴールで同点に持ち込んだ 5 ワイナルドゥム 5.5 相手にチェックをさせない巧みなポジション取りで攻撃の縁滑油に 14 ヘンダーソン 5.0 攻守において目立った活躍はなかった (→N・ケイタ -) FW 11 サラー 6.0 幾度となく決定機を演出するも、若干精度を欠き後半に途中交代 (→シャキリ 5.5) 交代直後の決定機を決めていれば… 9 フィルミノ 6.0 今日の攻撃の中心選手。特にポストプレーは幾度となくチャンスを創出 10 マネ 6.0 個人技で相手をかく乱。攻撃のアクセントに 監督 クロップ 7.0 見事にスタリッジ起用が的中。敵地で勝ち点をもぎ取った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アザール(チェルシー) 勝てなかったがリバプール戦2試合連続でゴールを記録。ボールを持った時の迫力はピカイチで、相手を混乱に陥れた。後半の決定機ミスが試合に響いた チェルシー 1-1 リバプール 【チェルシー】 アザール(前25) 【リバプール】 スタリッジ(後44) 2018.09.30 03:29 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース