レーティング:リバプール 0-0 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》2018.10.08 02:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、リバプールvsマンチェスター・シティが7日にアンフィールドで行われ、0-0の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 アリソン 5.5
リーグ最少失点のチームでしっかり最後尾を締めた

DF
12 J・ゴメス 6.5
攻撃時には常に高い位置をキープし攻撃に幅を持たせた。守備でもスターリングを封殺

6 ロブレン 6.5
今季リーグ戦初先発も気迫あふれるプレーで無失点に大きく貢献

4 ファン・ダイク 6.0
攻守に存在感を示していたが、終盤にPKを献上。結果的に失点は免れたものの、危ない場面だった

26 ロバートソン 5.5
マフレズの対応に迫られた。余り攻撃参加は見られず

MF
5 ワイナルドゥム 5.5
スペースのない中でも豊富な運動量でボールに多く絡んでいた

7 ミルナー -
無念の負傷交代。29分にN・ケイタと交代

(→N・ケイタ 5.5)
目立った活躍はなく…

14 ヘンダーソン 6.0
守備から攻撃の橋渡し役として貢献。だが急所を突くことが出来なかった

FW
11 サラー 5.0
要所で危険な場面に顔を出すも、シュート精度が低かった

9 フィルミノ 5.0
得意のポストプレーも相手にスペースを消され活かせなかった

(→スタリッジ 5.0)
途中出場も見せ場作れず

10 マネ 5.5
何度かドリブルを試みたが、効果的ではなかった

監督
クロップ 5.0
最後までシティの守りを崩せず、最後には相手に救われる形に

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
31 エデルソン 5.5
特に危険場面なく、安定したセービングを見せた

DF
2 ウォーカー 5.5
普段と比べれば攻撃面は見劣りしたが、守備もできることを示した

5 ストーンズ 6.0
いつも以上に冷静にプレーし危険な場面をほとんど作らせなかった

14 ラポルテ 6.0
足下の巧さが光った。守備も問題なく

22 メンディ 6.0
サラーにもしっかり対応。攻撃にも貢献

MF
26 マフレズ 5.5
攻撃だけでなく守備にも貢献…していたが最後に痛恨のPK失敗

25 フェルナンジーニョ 6.5
ダブルボランチの一角で相手の攻撃をシャットアウト。

20 ベルナルド・シウバ 6.0
守備ではフェルナンジーニョと巧くスペースを消し、攻撃時には積極的にアタッキングサードに攻め込む姿勢を見せた

21 シルバ 5.5
サイドを巧みに使いシティの攻撃のタクトを振った

7 スターリング 5.5
J・ゴメスに抑え込まれた印象

(→ザネ 5.5)
PKを獲得するなど、相手の嫌がるところを突いていた

FW
10 アグエロ 5.0
シティのエースもこの日はシュートゼロ。完全に抑え込まれた

(→ガブリエウ・ジェズス 5.0)
途中出場したが、いい形でボールを受けられなかった

監督
グアルディオラ 6.0
守備に重きを置いた布陣で相手を無力化。最後の最後に勝利のチャンスが巡ってきたもののアウェイでのドローに満足か

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
攻撃力に目がいきがちなシティにおいて、守りに入ればこうも堅くなることを示した。守備での貢献度はすさまじかった

リバプール 0-0 マンチェスター・シティ
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: リバプール 1-0 ナポリ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、リバプールvsナポリが11日に行われ、1-0でリバプールが勝利した。この結果、リバプールが2位での決勝トーナメント進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 最後のミリクのゴール至近距離からのシュートをストップ DF 66 アーノルド 6.0 高い位置を取って圧力をかけ続けた (→ロブレン -) 32 マティプ 6.0 的確なカバーリングを続けた 4 ファン・ダイク 6.5 インシーニェとメルテンスを潰した 26 ロバートソン 6.5 アーノルドと共に高い位置を維持して攻撃に厚みを加えた MF 5 ワイナルドゥム 6.0 球際で負けることがなかった 14 ヘンダーソン 6.0 中盤をコントロール。ミドルシュートでゴールにも迫る 7 ミルナー 6.5 先制点アシスト。豊富な運動量で攻守に顔を出した (→ファビーニョ -) FW 11 サラー 6.5 さすがの打開力で先制点奪取 9 フィルミノ 6.0 前線で起点となり、守備でも貢献 (→N・ケイタ -) 10 マネ 6.0 決定機を幾つも外したが、脅威は与えていた 監督 クロップ 6.5 スコア以上にナポリを圧倒して逆転での決勝トーナメント進出 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 オスピナ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 19 マクシモビッチ 5.0 守備に重点もマネに翻弄された 33 アルビオル 5.5 大崩れせず耐えていた 26 クリバリ 5.5 失点場面はサラーにやられたが、それ以外はソリッドだった 6 マリオ・ルイ 4.5 非常に軽い対応でサラーに交わされ1失点目に関与 (→グラム 5.5) マリオ・ルイよりは効果的に攻撃に絡んだ MF 7 カジェホン 5.0 守備に追われた。79分のチャンスを決めたかった 5 アラン 5.0 珍しく球際で負けていた 17 ハムシク 5.0 相手の中盤に押され続けた 8 ファビアン・ルイス 5.0 攻撃面でもっと仕事をしたかった (→ジエリンスキ 5.0) 違いを生めなかった FW 24 インシーニェ 5.0 守備を献身的にしていたが、ボールが来なかった 14 メルテンス 5.0 ファン・ダイクのタックルを足首に受けた影響か、ほぼ何もできず (→ミリク 5.5) 最後のチャンスを決めていれば… 監督 アンチェロッティ 5.5 完敗の内容。ただ、厳しいグループで最後まで可能性を残したことを評価 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽ハードワークを続けたミルナーも素晴らしかったが、決勝点を決めたサラーを選出。直近の試合でハットトリックした勢いを持ちこんだ。 リバプール 1-0 ナポリ 【リバプール】 サラー(前34) 2018.12.12 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:浦和レッズ 1-0 ベガルタ仙台《天皇杯》

▽天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会決勝、浦和レッズvsベガルタ仙台が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で勝利した浦和が12年ぶり7度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽浦和採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_23_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 西川周作 6.0 野津田や阿部の枠内シュートを冷静に阻止。スペースカバーやビルドアップへの貢献も上々 DF 31 岩波拓也 6.0 前半は中野の仕掛けに苦慮も後半はほとんど仕事をさせず。終盤の空中戦でも強さを見せた 22 阿部勇樹 6.5 老獪且つアグレッシブな守備でジャーメインら相手攻撃陣を封殺。バタついた時間帯や終盤の受ける展開でのオーガナイズも素晴らしかった 5 槙野智章 6.5 阿部との良い関係性でタイトな守備を90分間継続。ゴール前のスペースをきっちり管理した MF 27 橋岡大樹 5.5 球際や空中戦の強さは見せたが、攻撃面の貢献はいまひとつ。中野の対応に苦慮も要所では締めた 15 長澤和輝 6.5 持ち味の機動力と球際の強さ、読みを利かせた守備で中盤を制圧。見事な危機察知能力でピンチの芽を摘み続けた 16 青木拓矢 6.0 序盤こそ自身の周囲のスペースを使われたが、味方とのコミュニケーションで修正。セカンドボールの争いでもよく戦った 10 柏木陽介 5.5 コンディションが万全ではなかった中、攻守に最低限の役割はこなした (→4 柴戸海 5.0) 決勝の重圧か、最後まで試合に入り切れないまま終了 3 宇賀神友弥 6.5 チームを12年ぶり7度目の優勝に導くスーパーゴール。得点以外の部分でも安定したプレーぶり FW 9 武藤雄樹 5.5 古巣対戦で気迫を見せたが、連戦による疲労から全体的にプレー精度はいまひとつ (→20 李忠成 -) 30 興梠慎三 5.5 試合を通して身体の重さが顕著だったが、チャンスになりそうな場面での集中力や試合終盤の強かなプレーで逃げ切りを助けた (→21 ズラタン -) 監督 オズワルド・オリヴェイラ 6.0 持ち味の堅守を全面に押し出した老獪な試合運びで久々の天皇杯のタイトルと共にACL出場権を確保 ▽仙台採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュミット・ダニエル 5.5 失点はノーチャンス。幾つかの相手のカウンターチャンスにも冷静な判断で対応 DF 13 平岡康裕 5.0 軽率な2つのプレーで失点に絡みそうになるなど集中力を欠いた。攻撃ではクロス精度がいまひとつだった 27 大岩一貴 5.5 ややガス欠気味の相手2トップを冷静に封じ続けたが、ビルドアップの局面でより貢献がほしかった 6 板倉滉 5.0 終盤はパワープレー要員で前線起用も焦りからか効果的にプレーできず。本職の守備では粘り強く対応 MF 29 古林将太 5.0 効果的に攻撃に絡めず、チームとして左偏重の攻撃が目立った。全体的にインテンシティを欠いた (→40 関口訓充 5.0) 古巣対戦も相手に脅威を与えるようなプレーはほとんどなかった 34 椎橋慧也 5.0 入りは悪くなかったが、時間の経過と共に長澤らとのマッチアップで劣勢に。相手カウンターの温床に (→15 矢島慎也 -) 7 奥埜博亮 5.0 前半は仕掛ける姿勢やセカンドボールに良い反応を見せたが、徐々にトーンダウン 23 中野嘉大 5.5 前半は積極的な仕掛けで貴重な攻め手となった一方、ややプレーが単調で後半は相手の数的優位を生かした守備に封じられる FW 16 野津田岳人 5.5 失点場面ではややクリアが正直すぎた。セットプレーの精度はいまひとつも仕掛ける姿勢やオフ・ザ・ボールの動き出しで唯一相手守備陣を脅かした 19 ジャーメイン良 4.5 4戦連発はならず。チームの機能性の問題もあるが相手守備陣に完璧に封じられ、シュート0に終わる (→20 阿部拓馬 5.0) 仕掛ける姿勢は見せたが、ボックス付近での決定機では思い切りを欠いた 11 石原直樹 5.0 古巣対戦で気迫は見せたが、序盤こそ躍動感を見せたものの引いた相手に対して効果的なプレーを見せられず 監督 渡邉晋 5.0 相手の本拠地開催というディスアドバンテージなど不運もあったが、交代策を含め攻撃面でのセカンドプランがなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 宇賀神友弥(浦和レッズ) ▽試合の流れがどちらに転ぶかわからない重要な時間帯にスーパーな一撃。チームが後半シュート2本の苦しい展開を強いられたことを考えれば、好プレーを見せた長澤や阿部らにも勝る貢献度と言える。 浦和レッズ 1-0 ベガルタ仙台 【浦和】 宇賀神友弥(前13) 2018.12.09 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 2-0 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、チェルシーvsマンチェスター・シティが8日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-0でチェルシーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181208_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケパ 6.5 好セーブを連発。最後まで集中力切らさずクリーンシートに貢献 DF 28 アスピリクエタ 7.0 前半はザネ、後半はスターリングを相手にしながらも粘り強い守備でついていった。守備が崩れなかったのもこの男のおかげ 2 リュディガー 6.0 相手の厳しいチェックにも冷静に対応。目立ったミスはなかった 30 D・ルイス 7.5 いつも以上に集中した守りで球際で強さを発揮。終盤には貴重な追加点も 3 マルコス・アロンソ 6.0 いつも以上に守備力が試される中で、強力ドリブラーにもなんとかついていけていた MF 5 ジョルジーニョ 5.5 相手の素早いチェックもあり、ボールを持つ地点がいつもより低く効果的なパスをあまり出せていなかった 7 カンテ 7.5 値千金の先制ゴール。マークを見失う場面もあったが試合を通じて攻守に大きく貢献した 17 コバチッチ 6.0 今日はおおよそ守備での貢献が光った。至るところに顔を出して数で有利な場面を作った (→バークリー 5.5) コバチッチ負傷の緊急事態ではあったものの、自然とチームにフィット FW 22 ウィリアン 6.0 守備もおざなりにせず攻撃面では先制点に関与。運動量豊富に走り回った (→ロフタス=チーク 5.5) 短い時間の中でシュートを放つ場面もあった 10 アザール 7.5 最前線に入ったアザールは2アシストで勝利に大貢献 (→ジルー -) 11 ペドロ 6.5 豊富な運動量で攻守に顔を出した 監督 サッリ 6.5 グアルディオラ監督にも引けを取らないプレッシング&ポゼッションスタイルでシティを上回った ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181208_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 5.0 失点シーンはノーチャンス DF 2 ウォーカー 5.5 アザールには常に気を配り、いつでもカバーに入れるようにしていた 5 ストーンズ 5.0 2点目の失点シーン、ダビド・ルイスの位置を把握できていなかった 14 ラポルテ 5.5 最終ラインからのビルドアップの際に、幅を広くとって相手のマークを分散、何度も攻撃の起点になっていた 18 デルフ 5.5 前からプレスをかけてくるチェルシーを躱すのに、気の利いたポジショニングを取っていた MF 25 フェルナンジーニョ 6.0 相手のマークを引き付ける動きでスペースを作った 20 ベルナルド・シウバ 5.5 守備でも好プレーがあった 21 シルバ 6.0 いつでも攻撃の起点になれるよう常に危険な位置を取りをしていた (→ギュンドアン 5.0) 途中出場もシルバと比較すると見劣りするパフォーマンス FW 26 マフレズ 5.5 ボールを持てばパスやドリブルでチャンスメイク。チェルシー守備陣は止める術を持っていなかった (→フォーデン -) 7 スターリング 6.5 攻撃の中心はこの男。ゴールこそなかったものの何度もチェルシーを脅かした 19 ザネ 5.5 前線からの守備でチェルシーをかく乱。前半にはゴールに迫る場面も (→ジェズス 5.5) 早めの交代だったが、上手く攻撃のアクセントになっていた 監督 グアルディオラ 6.0 試合を通じて主導権を握っていたものの、今日はチェルシーに軍配。シルバ負傷は痛かったか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ダビド・ルイス(チェルシー) 2アシストのアザールも値するが、前半にシティに圧倒される中で泥臭く球際で強さを見せ、且つ決定打となる2点目をもたらした功績はかなり大きい。 チェルシー 2-0 マンチェスター・シティ 【チェルシー】 カンテ(前45) D・ルイス(後33) 2018.12.09 04:46 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユベントス 1-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第15節、ユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、1-0でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181207_45_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 運にも助けられ無失点で勝利に貢献 DF 2 デ・シリオ 5.5 サイドを走り回り攻守に貢献 19 ボヌッチ 6.0 読みの利いたシュートブロックで相手の決定機を阻止 3 キエッリーニ 6.5 空中戦に強さを見せた。こちらも鋭いシュートブロックで無失点に抑えた 20 カンセロ 6.0 マンジュキッチのゴールをお膳立て。効果的に攻撃に参加していた MF 5 ピャニッチ 6.0 相手の攻撃にいつでも対応できる絶妙なポジショニング (→エムレ・ジャン -) 30 ベンタンクール 6.0 守備に重きを置きながらも要所で攻撃参加。前半には先制のチャンスも 14 マテュイディ 6.0 中盤から激しいプレスでインテルを嫌がらせた FW 10 ディバラ 5.5 ゴールに絡めずも何度か惜しいシュートを放った (→ドグラス・コスタ 5.5) 途中交代から攻撃にアクセント 17 マンジュキッチ 6.5 インテル戦初ゴールとなる決勝弾を記録 7 C・ロナウド 5.5 徹底マークに遭い、なかなか勝負所を作れなかった 監督 アッレグリ 6.5 長所を封じられながらも勝負強さを見せて15戦無敗。無敗優勝も現実味を帯びてきたか ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181207_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 失点はノーチャンス。要所で好セーブが光った DF 2 ヴルサリコ 5.5 ガリアルディーニとのコンビでC・ロナウドに自由を与えなかった 23 ミランダ 5.0 光るところがなかった 37 シュクリニアル 5.5 空中戦で劣るところがあったものの、統率の取れた守備を続けた 18 アサモア 5.0 失点シーン、マンジュキッチにマークを振り切られてしまった MF 77 ブロゾビッチ 5.5 前半には相手の決定機を阻止するビッグプレー。試合を通して守備への貢献が目立った 5 ガリアルディーニ 5.5 右サイドで攻守に貢献。切り替えが早かった (→ケイタ 5.0) 途中出場も見せ場なく 15 ジョアン・マリオ 5.5 豊富な運動量でいろんな場面に顔を出した (→L・マルティネス 5.0) 試合終盤に同点チャンスもあったが… FW 16 ポリターノ 5.5 ウイングでも若干低めの位置を取りつつ前線からのチェック。攻撃のアクセントにも (→ボルハ・バレロ 5.0) ピッチ上に変化をもたらせたが通じなかった 9 イカルディ 4.5 相手のマークに遭いシュート0本に終わった 44 ペリシッチ 5.5 攻撃では最も気を吐いた男。が、今日は同胞のマンジュキッチに軍配 監督 スパレッティ 5.5 試合を通して互角に戦った。前半の決定機が決まっていれば… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マンジュキッチ(ユベントス) ▽なかなかシュートチャンスが来ない中で、虎視眈々とゴールを狙い続けていた。ウノ・ゼロ勝利にインテル戦初ゴールを決めるところはさすがの一言。 ユベントス 1-0 インテル 【ユベントス】 マンジュキッチ(後21) 2018.12.08 06:52 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: マンチェスター・ユナイテッド 2-2 アーセナル《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが5日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181206_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 ムスタフィのゴールは彼なら弾き出せたシュートだったが、後半に2つの好守を見せて挽回 DF 3 バイリー 5.5 約2カ月ぶりの出場。ダロトとの連係が合わなかったが、オーバメヤンのスピードに対応 12 スモーリング 5.0 ムスタフィとの競り合いに負けて1失点目に関与 16 ロホ 5.5 今季初出場。軽率なボールロストから失点に関与したが、一方で2ゴールに絡んだ MF 20 ジオゴ・ダロト 5.0 プレミア初先発。後半は推進力を生かして攻撃に絡んだが、自身の背後のスペースを突かれることが多かった 21 エレーラ 6.0 同点弾をアシスト。攻守に精力的だった 31 マティッチ 5.5 相手のシャドーに自由を与えず 36 ダルミアン 5.0 守備はまずまずも効果的な攻撃参加がなかった FW 10 ラッシュフォード 5.5 マルシャルと2トップを組み、何度かゴールに迫った 14 リンガード 6.0 トップ下の位置で相手のボランチのパス出しをケア。そして同点弾 (→ポグバ -) 11 マルシャル 6.0 抜け目なく同点弾。ただ、ゴールシーン以外ではさほど脅威を与えられず負傷交代 (→ルカク 5.5) 2点目に関与。ハイボールの強さを生かした 監督 モウリーニョ 5.5 試合を支配する時間帯が多かったが、リードすることはできず ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181206_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 19 レノ 5.5 2失点とも責任はない DF 20 ムスタフィ 6.0 先制弾を決め、守備も奮闘。ルカクとはミスマッチだった 5 パパスタソプーロス 5.5 大きなミスなく乗り切った 16 ホールディング 5.0 1失点目の場面、エレーラの折り返しをカットできたはず (→リヒトシュタイナー 5.5) 右センターバックでプレー。そつなくこなした MF 2 ベジェリン 5.0 さほど攻撃に絡まず慎重なプレーだった 11 トレイラ 6.0 さすがの危険察知能力で守備で貢献。攻撃にも何度か関与 29 グエンドウジ 6.0 コラシナツをうまく生かすなど、ボールを運んだ 31 コラシナツ 6.0 2失点目に関与もフリーランでスペースを突き揺さぶった FW 8 ラムジー 5.0 見せ場なく自ら仕掛けたスライディングタックルで負傷交代 (→ムヒタリアン 6.0) 幾つかチャンスメークし、ラカゼットのゴールをアシスト 14 オーバメヤン 5.5 2つあったチャンスのうち一つでも決まっていたら 17 イウォビ 6.0 コラシナツにうまくスペースを作った (→ラカゼット 6.0) さすがの決定力を見せた 監督 エメリ 6.0 2度のリードを生かせず。ただ、苦手なOTから勝ち点を持ち帰った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! トレイラ(アーセナル) ▽難しい選出となったが、過密日程ながら運動量を落とさずに戦い抜いたウルグアイ代表MFを選出。 マンチェスター・ユナイテッド 2-2 アーセナル 【マンチェスター・ユナイテッド】 マルシャル(前30) リンガード(後24) 【アーセナル】 ムスタフィ(前26) ラカゼット(後23) 2018.12.06 07:06 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース