久保が先発復帰もライプツィヒに6失点惨敗《ブンデスリーガ》2018.10.08 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニュルンベルクは7日、ブンデスリーガ第7節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、0-6で大敗した。ニュルンベルクのFW久保裕也は60分までプレーしている。

▽前節デュッセルドルフ戦では開幕6試合目にして初めて先発を外れた久保。チームが3-0と快勝して2勝目を挙げた中、久保が先発に復帰し、[4-3-3]の右インサイドMFでスタートした。

▽ここまで3勝2分け1敗スタートのライプツィヒに対し、ボールを保持する立ち上がりとなったニュルンベルクだったが、開始3分にあっさり失点する。ヴェルナーの左クロスのルーズボールをボックス左のカンプルにゴール右へ流し込まれた。

▽さらに7分、ボックス左で仕掛けたヴェルナーのクロスをニアで受けたY・ポウルセンにDFを背負いながら反転され、シュートを蹴り込まれて瞬く間に2点を追う展開となる。

▽攻撃の形がないニュルンベルクは21分、成す術なく3点目を奪われた。カンプルのスルーパスでボックス左に抜け出したサビツァーに左足でねじ込まれた。さらに32分、ヴェルナーにコントロールシュートを決められて0-4で前半を終えた。

▽後半から久保が[4-4-2]の2トップの一角に入ったニュルンベルクは、53分にイシャクが際どいヘディングシュートを放つ。ようやくこの試合の1stシュートを放ったニュルンベルクだったが、55分にサビツァーのミドルシュートが決まって0-5とされた。

▽さらに59分、Y・ポウルセンの左クロスのルーズボールをヴェルナーに押し込まれ、6失点目を喫する。直後に久保が交代となったニュルンベルクは、62分にボックス内にドリブルで侵入したヴェルナーをリーボルドが後方から手をかけて倒し、PKを献上するとともに一発退場となった。しかし、キッカーのヴェルナーのシュートはGKブレドウがセーブし、7失点目は許さない。

▽それでも、10人となったニュルンベルクに反撃の力は残っておらず0-6で大敗している。

コメント

関連ニュース

thumb

宇佐美が今季初先発のデュッセルドルフ、久保不出場のニュルンベルクに完敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第6節、ニュルンベルクvsデュッセルドルフが29日に行われ、3-0でニュルンベルクが快勝した。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場せず、デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は58分までプレーしている。 ▽前節ドルトムント戦では2トップの一角で起用されたものの、圧倒的劣勢を強いられたことで見せ場を作れなかった久保は移籍後初めてスタメンを外れた。 ▽一方、前節レバークーゼン戦で途中出場し、ようやく今季の初出場を果たした宇佐美は今季初スタメンとなった。 ▽1勝2分け2敗同士の一戦。[4-3-3]の左ウイングに入った宇佐美のデュッセルドルフが押し込む立ち上がりで推移していく。 ▽しかし、20分にCKの流れからボックス内のミュールのシュートでゴールを脅かしたニュルンベルクが26分にPKを獲得する。ロングボールを受けたリーボルドがボックス左に進入したところでルケバキオに倒された。これをベーレンスが決めてニュルンベルクが先制した。 ▽失点したデュッセルドルフは33分、ルケバキオがロングカウンターからディフェンスライン裏に抜け出してGKと一対一に。しかし、シュートはブレドウに止められてしまう。 ▽迎えた後半、ニュルベンルクは54分にイシャクがヘディングシュートでネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。58分には見せ場を作れなかった宇佐美が最初の交代を命じられた中、ニュルベンルクが64分に突き放す。ロングボールに抜け出したイシャクがGKと一対一に。これを決めてニュルンベルクが追加点を挙げた。 ▽さらに78分に途中出場のパラシオスが加点したニュルベンルクが快勝。今季2勝目を挙げている。 2018.09.30 00:38 Sun
twitterfacebook
thumb

久保がフル出場、香川が途中出場の日本人対決はドルトムントが7発圧勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsニュルンベルクが26日に行われ、ドルトムントが7-0で大勝した。ドルトムントのMF香川真司は62分から出場し、ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。 ▽前節ホッフェンハイム戦を10人となった中で1-1の引き分けに持ち込み2勝2分けとしたドルトムントは、前節初スタメンを飾った香川がベンチスタートとなった。 ▽一方、前節ハノーファー戦を2-0と勝利して今季初勝利を挙げたニュルンベルクは、久保が開幕5試合連続スタメンとなり、[3-5-2]の2トップの一角でスタートした。 ▽3トップに右からプリシッチ、M・フィリップ、ラーセン、トップ下にロイスを置く[4-3-3]で臨んだドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると、開始9分に先制する。プリシッチの浮き球パスに抜け出したラーセンがゴールエリア右からシュートを流し込んだ。 ▽ラーセンのトップチーム初ゴールで先制したドルトムントがその後も攻勢に出ると26分、プリシッチがミドルシュートでゴールに迫る。さらに29分、ボックス左に侵入したシュメルツァーが際どいシュートを浴びせた。 ▽そして32分、ロイスがゴール正面からミドルシュートを叩き込んでドルトムントが順当にリードを広げる。苦しいニュルンベルクは最前線の久保を走らせるも単発な攻撃に終始し、チャンスを作れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、CKのサインプレーから久保が枠内シュートを放ったニュルンベルクだったが、直後にドルトムントが決定的な3点目を奪う。ロングカウンターからロイスのラストパスを受けたアクラフがシュートを突き刺した。 ▽アクラフにも移籍後初ゴールが生まれたドルトムントはさらに58分、ロイスがラーセンとのパス交換からシュートを決めて4-0に。余裕のドルトムントは、62分にロイスとヴィツェルに代えて香川とヴァイグルを投入。香川はそのままトップ下に入った。 ▽終盤にかけても攻め手を緩めないドルトムントはアカンジ、サンチョ、ヴァイグルがゴールを重ねて7-0で圧勝。香川途中出場のドルトムントが日本人対決を制している。 2018.09.27 06:03 Thu
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】水曜に香川ドルトムントvs久保ニュルンベルク

▽先週末に行われた前節はバイエルンがシャルケを下して開幕4連勝とした。久保ニュルンベルクvs浅野&原口ハノーファーの日本人対決はニュルンベルクが2-0で勝利している。迎える第5節はミッドウィークに行われ、水曜に香川ドルトムントvs久保ニュルンベルクが開催される。 ▽香川が今季初先発を飾った前節ホッフェンハイム戦ではディアロが退場した中、ドルトムントは1-1の引き分けに持ち込んだ。香川はなかなか相手の守備網を攻略するプレーができなず、一つあった決定機を決め切れず。ファブレ監督へのアピールには失敗した。ベンチスタート予想となっている香川だが、途中出場でゴールに絡む活躍を見せられるか。 ▽対するニュルンベルクの久保は開幕4試合連続スタメンを飾った前節ハノーファー戦では2点目の起点となるなどチームの初勝利に貢献。格上ドルトムント相手に守勢に回ることが予想されるが、少ないチャンスを生かしてこちらもゴールに絡む仕事を果たしたい。 ▽原口と浅野が所属するハノーファーはホッフェンハイムとのホーム戦に臨む。ニュルンベルク戦では原口が今季初先発を飾ったものの、見せ場を作れずに前半で交代となってしまった。一方、開幕からスタメン出場を続けていた浅野は今季初めて出場機会に恵まれなかった。原口は引き続きスタメン予想となっており、今節こそスタメン定着へのアピールとしたい。 ▽胃腸炎で前節を欠場したブレーメンの大迫は、火曜にヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むが、スタメン予想からは外れている状況だ。 ▽ヨーロッパリーグに続き、前節ライプツィヒ戦でも先発となったフランクフルトの長谷部は水曜にボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。ライプツィヒ戦では3バックのリベロを務め安定感あるプレーを披露してチームの勝ち点獲得に貢献した。新監督の信頼を掴みつつある中、引き続きスタメン予想となっている。 ▽2戦連続ベンチ入りを果たしているものの出場機会のない宇佐美のデュッセルドルフは、開幕からの連敗を3で止めたレバークーゼンとホームで対戦する。最後に順当に4連勝スタートとしたバイエルンは、アウグスブルクとのホーム戦で開幕5連勝を目指す。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽9/25(火) 《25:30》 ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン 《27:30》 フライブルク vs シャルケ バイエルン vs アウグスブルク ハノーファー vs ホッフェンハイム ▽9/26(水) 《25:30》 デュッセルドルフ vs レバークーゼン 《27:30》 マインツ vs ヴォルフスブルク ドルトムント vs ニュルンベルク ライプツィヒ vs シュツットガルト ボルシアMG vs フランクフルト 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

久保フル出場のニュルンベルク、原口が今季初先発となった10人のハノーファーに勝利で今季初白星《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ニュルンベルクvsハノーファーが22日に行われ、2-0でニュルンベルクが勝利した。ニュルンベルクFW久保裕也はフル出場し、ハノーファーのFW原口元気は前半のみの出場、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ここまで共に2分け1敗スタートと勝利のないチームの対戦。開幕4試合連続スタメンとなった久保が[4-3-3]の左インサイドMFと、移籍後初スタメンとなった原口がフラットな[4-4-2]の左MFで先発となった日本人対決。開幕から3試合連続スタメンだった浅野はベンチスタートとなった。 ▽開始2分にCKからマルグリッターのヘディングシュートでゴールに迫ったニュルンベルクが攻勢をかける展開で立ち上がっていく。 ▽一方、ハノーファーは10分、フュルクルクのヘディングシュートで応戦すると、ここから盛り返していった。 ▽それでもホームチームのニュルンベルクは25分、右クロスのルーズボールをファーサイドのミシジャンがヘッドで狙うと、これはGKにセーブされるも、ルーズボールをイシャクが蹴り込んでネットを揺らした。しかし、その前にミシジャンのポジションがオフサイドと判定され、VARによってノーゴールとなった。 ▽だが27分、ミシジャンが相手のバックパスをカットしてディフェンスライン裏に抜け出すと、ボックス内に入りかけたところでアルボルノスに手をかけられて倒される。一時、主審はノーファウルと判定したが、VARの末にアルボルノスは一発退場となった。 ▽数滴優位となったニュルンベルクは直後のFKからリーボルドが直接狙うも、相手に当たったシュートは右ポストを直撃。さらに37分、スルーパスに抜け出したミシジャンがボックス右でGKと一対一となったが、エッサーに止められ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半から原口に代えてバカロルツを投入したハノーファーに対し、ニュルンベルクは58分、ボックス中央に侵入した久保がドリブルでDFを交わすも、GKを交わしかけたところでDFに寄せられてシュートを打ちきれない。 ▽72分にフュルクルクのミドルシュートがバーを直撃して助かったニュルンベルクは、76分に先制する。CKからベーレンスのヘディングシュートが左ポストを直撃し、ルーズボールをゴールエリア左のクノールがシュート。これががアントンに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに直後、カウンターに転じた流れからボックス左に進入したイシャクのクロスをクノールが押し込んでニュルンベルクがリードを広げた。 ▽結局、80分のFKからアントンの放ったヘディングシュートはわずかに枠を外れ、ニュルンベルクが2-0で勝利。今季初勝利を手にしている。 2018.09.23 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫と久保が先発の日本人対決はAT弾でニュルンベルクが引き分けに持ち込む《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第3節、ブレーメンvsニュルンベルクが16日に行われ、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は88分までプレーし、ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。 ▽前節フランクフルト戦で移籍後リーグ戦初ゴールを記録してチームの初勝利に貢献した大迫は開幕3試合連続スタメンとなった。 ▽一方、前節マインツ戦でも幾つかゴールに迫るシーンを生み出した久保も大迫同様、開幕3試合連続スタメンとなった。 ▽[4-3-3]のシステムを採用した両チーム。大迫と久保は共に左ウイングでのスタートとなった。 ▽ホームチームのブレーメンが仕掛ける入りとなった中、15分に大迫のパスを受けたボックス左のクルーゼが決定的なシュートを浴びせると、21分にはボックス内からハルニクがシュートを放ち、ゴールに近づいていった。 ▽すると26分、ボックス手前右でパスを受けたM・エッゲシュタインが右足を一閃すると、強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽その後もブレーメンが主導権を握り、ニュルンベルクに攻め手を与えずに後半へ折り返した。 ▽後半に入って前がかったニュルンベルクは、59分に同点に追いつきかける。FKの流れで混戦となったところをペトラクが押し込んだが、その前にオフサイドがありVARの末にノーゴールとなった。 ▽その後はシャヒンを投入したブレーメンが主導権を握り返し、終盤にかけてはニュルンベルクに付け入る隙を与えず、1-0で逃げ切るかと思われた。 ▽ところが後半追加タイム2分、ニュルンベルクはパワープレーでロングボールを送ると、ボックス左でパスを受けたミシジャンがゴール左を射抜いて土壇場で同点に持ち込み、直後にタイムアップ。日本人対決は引き分けに終わった。 2018.09.17 00:26 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース