久保が先発復帰もライプツィヒに6失点惨敗《ブンデスリーガ》2018.10.08 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニュルンベルクは7日、ブンデスリーガ第7節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、0-6で大敗した。ニュルンベルクのFW久保裕也は60分までプレーしている。

▽前節デュッセルドルフ戦では開幕6試合目にして初めて先発を外れた久保。チームが3-0と快勝して2勝目を挙げた中、久保が先発に復帰し、[4-3-3]の右インサイドMFでスタートした。

▽ここまで3勝2分け1敗スタートのライプツィヒに対し、ボールを保持する立ち上がりとなったニュルンベルクだったが、開始3分にあっさり失点する。ヴェルナーの左クロスのルーズボールをボックス左のカンプルにゴール右へ流し込まれた。

▽さらに7分、ボックス左で仕掛けたヴェルナーのクロスをニアで受けたY・ポウルセンにDFを背負いながら反転され、シュートを蹴り込まれて瞬く間に2点を追う展開となる。

▽攻撃の形がないニュルンベルクは21分、成す術なく3点目を奪われた。カンプルのスルーパスでボックス左に抜け出したサビツァーに左足でねじ込まれた。さらに32分、ヴェルナーにコントロールシュートを決められて0-4で前半を終えた。

▽後半から久保が[4-4-2]の2トップの一角に入ったニュルンベルクは、53分にイシャクが際どいヘディングシュートを放つ。ようやくこの試合の1stシュートを放ったニュルンベルクだったが、55分にサビツァーのミドルシュートが決まって0-5とされた。

▽さらに59分、Y・ポウルセンの左クロスのルーズボールをヴェルナーに押し込まれ、6失点目を喫する。直後に久保が交代となったニュルンベルクは、62分にボックス内にドリブルで侵入したヴェルナーをリーボルドが後方から手をかけて倒し、PKを献上するとともに一発退場となった。しかし、キッカーのヴェルナーのシュートはGKブレドウがセーブし、7失点目は許さない。

▽それでも、10人となったニュルンベルクに反撃の力は残っておらず0-6で大敗している。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、レヴァのドッペルパックとリベリ弾で久保不出場のニュルンベルクに快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、バイエルンvsニュルンベルクが8日に行われ、3-0でバイエルンが快勝した。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ブレーメン戦をニャブリのドッペルパックで勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした4位バイエルン(勝ち点24)は、4日後に首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦を控える中、今季限りでの退団を表明したロッベンが欠場となり、負傷明けのチアゴがベンチ入りした。 ▽久保が3試合ぶりにベンチスタートとなった15位ニュルンベルク(勝ち点11)に対し、[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、リベリ、トップ下にミュラー、センターにキミッヒとゴレツカを並べた。 ▽立ち上がりから押し込んだバイエルンは9分、キミッヒの左CKからパンチングでクリアにかかったGKの前でレヴァンドフスキがヘディングで押し込み、先制した。 ▽先制後もハーフコートゲームを続け、圧倒するバイエルンは24分に追加点のチャンス。ボックス内でミュラー、ニャブリと繋いで最後はレヴァンドフスキがシュートしたが、枠の上に外してしまった。 ▽それでも27分、ゴレツカのミドルシュートがバーを直撃したルーズボールをレヴァンドフスキが押し込んで汚名返上の追加点を奪う。 ▽迎えた後半も攻勢に出たバイエルンは57分に3点目を奪取。相手GKのキックミスを突いてショートカウンターに転じると、ニャブリのシュートのルーズボールをリベリが蹴り込んだ。 ▽余裕のバイエルンはリベリ、ゴレツカ、ニャブリを下げ、コマンや負傷明けのチアゴら投入していく。結局、ニュルンベルクに何もさせず、そのまま3-0で試合を終わらせ、リーグ戦2連勝とした。 2018.12.09 01:24 Sun
twitterfacebook
thumb

久保先発のニュルンベルクがホームで引き分けリーグ7戦未勝利《ブンデスリーガ》

▽久保裕也の所属するニュルンベルクは3日、ブンデスリーガ第13節でレバークーゼンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。久保は58分までプレー。 ▽前節のシャルケ戦で大敗を喫しリーグ戦6戦未勝利中のニュルンベルクは、前節からスタメンを4人変更。出場停止のバウアーやパラシオス、GKマゼニアらに代えてケルクやミシジャン、GKブレドウらをスタメンに起用した。 ▽久保を2トップの一角に起用した[4-4-2]で試合に臨んだニュルンベルクは、立ち上がりからレバークーゼンにボールを保持されると10分にピンチ。ブラントの右CKをボックス中央左で拾ったS・ベンダーが、雨で濡れたピッチでバランスを崩しながらもシュート。しかし、これはクロスバーに弾かれた。 ▽難を逃れたニュルンベルクだが、レバークーゼンに主導権を握られると、30分に失点を許す。ブラントのパスをボックス右深くで受けたフォラントがクロスを供給すると、GKブレドウがパンチングしたセカンドボールをゴール前でハフェルツに拾われると、冷静にゴール右隅へシュートを流し込まれた。 ▽迎えた後半、先に試合を動かしたのはニュルンベルク。57分、左CKのセカンドボールを再び拾ったケルクが左クロスを供給。一度は相手DFにクリアされたが、こぼれ球をボックス中央のマルグリッターが流し込んだ。 ▽同点とされたニュルンベルクは、58分に久保を下げてズレリャクを投入。さらに77分にはケルクを下げてパラシオスをピッチに送り出した。しかし、その後もスコアは動かず1-1で試合終了。ニュルンベルクは、リーグ戦7試合未勝利となっている。 2018.12.04 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

久保裕也、ニュルンベルクの1部残留に前向き…日本代表でのアジアカップにも言及

ニュルンベルクに所属するFW久保裕也は、現状をそこまで悲観はしていないようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えた。<br><br>久保は今夏、ヘントからニュルンベルクへと移籍。しかし、ここまでゴールはなく、出場機会も減りつつある。直近に行われた24日のシャルケ戦では3試合ぶりに先発したものの、2-5で大敗を喫した。久保は「もしちゃんと自分のパフォーマンスを発揮して、そして結果も残していれば、先発メンバーに名を連ねていると思います」としつつ、「ただ、自分のプレー自体は満足していますし、そこまで悪いとまでは思いません」と語っている。<br><br>チームは3試合勝利がなく、連敗中で15位に沈む。それでも、久保は「1部に残留できると確信しています。もちろんあのような試合のあとで落ち込んだ雰囲気もありますが、しかし基本的には僕たちは前向きです」とコメントしている。<br><br>日本代表でのアジアカップについては「招集を受ければ、ぜひ参加したい」とも語った久保。まずはドイツで奮起が求められる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.29 05:29 Thu
twitterfacebook
thumb

久保が3試合ぶり先発復帰も10人のニュルンベルク、シャルケとの下位対決に敗れ6試合勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは24日、ブンデスリーガ第12節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-4で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は83分までプレーしている。 ▽前節は逆天王山となったシュツットガルト戦を落とした15位ニュルンベルク(勝ち点10)は、久保が3試合ぶりにスタメンとなった。 ▽14位シャルケ(勝ち点10)に対し、久保が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]のトップ下で先発となったニュルンベルクは6分、FKからブルクシュタラーに決定的なヘディングシュートを許すも、GKマゼニアがファインセーブで凌いだ。 ▽続く8分、アリのミドルシュートもGKマゼニアがセーブしたニュルンベルクは9分、ボックス手前左から久保がミドルシュートでGKを強襲。さらに17分、CKのサインプレーからブルクシュタラーに枠内シュートを打たれたが、ここもGKマゼニアの好守で阻止した。 ▽劣勢の入りとなったニュルンベルクは25分、久保のドリブルでの仕掛けを起点に、ルーズボールを拾ったベーレンスがボックス左から際どいシュートを浴びせる。 ▽しかし26分、浮き球フィードをGKマゼニアが処理しきれず、ルーズボールを拾われたスクルツィブスキに無人のゴールに流し込まれた。 ▽さらに32分、右クロスのルーズボールをアリに押し込まれてシャルケにリードを広げられてしまう。 ▽それでも38分、久保のロングフィードを起点に分厚い攻めを見せると、最後はルーズボールをパラシオスが押し込んで1点を返した。 ▽1-2で迎えた後半、久保が開始直後にミドルシュートを浴びせたニュルンベルクだったが、シャルケの攻勢を受け続けると、67分に退場者を出してしまう。バウアーがアリへのスライディングタックルで2枚目のイエローカードを受けてしまった。 ▽そして70分、右サイドのカリジウリの鋭いアーリークロスをニアサイドのブルクシュタラーにボレーで合わせられて3点目を決められたニュルンベルクは、74分に途中出場のズレリャクが1点差に詰め寄るゴールを決めたものの、84分にスクルツィブスキにゴールを許して2-4で敗戦。シャルケとの下位対決に敗れ、6試合勝利なしとなった。 2018.11.25 04:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ニュルンベルクで苦境に陥る久保裕也…ケルナー監督「新加入選手にとって簡単ではない」

ニュルンベルクに所属するFW久保裕也が&ldquo;危機&rdquo;に陥っているようだ。ドイツ誌『キッカー』は「クボに最初の危機」と題して記事を掲載している。<br><br>久保は今夏、ヘントからニュルンベルクへと加入。開幕戦から先発のチャンスを得ると、第2節のマインツ戦では高採点(2)を獲得するなど、上々のスタートを切った。しかし、そこから徐々にトーンダウン。第9節のフランクフルト戦では決定的なチャンスを逃し、3日後に行われたDFBポカールのハンザ・ロストック戦では60分に途中交代、3日に行われた第10節のアウクスブルク戦ではついに出場機会なしに終わっている。<br><br>ただ、いまだゴール、アシストなしと、苦境に陥る久保について、ミヒャエル・ケルナー監督は一定の理解を示している様子だ。<br><br>「新加入選手が我々のチームに加わるというのは簡単ではない。チームには独自のプレースタイルがあるからだ。何かを見つけるための忍耐もしなければならない。加えて練習での疲れという部分もある」<br><br>さらに続けてケルナー監督は、久保の内面を評価していることも明かした。<br><br>「彼は頭の中が明確で、素晴らしいキャラクターも持っている。浮き沈みがあることもわかっているからね」<br><br>10日に行われる第11節シュツットガルト戦で再び出番が与えられることになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.11.06 11:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース