マフレズが痛恨のPK失敗!リバプールvsシティの首位攻防戦は白熱のドロー決着《プレミアリーグ》2018.10.08 02:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、リバプールvsマンチェスター・シティが7日に行われ、0-0の引き分けに終わった。▽先日のEFLカップでチェルシー相手に今季公式戦初黒星を喫したリバプールは、中2日でのリターンマッチとなったプレミアリーグ前節を途中出場のFWスタリッジの劇的同点ゴールによって1-1のドローに持ち込むも、リーグ戦の連勝もストップ。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でナポリに0-1で敗れ、公式戦3試合勝利なしと調子を落としている。4試合ぶりの勝利を目指すシティ戦に向けては、先発にロブレンが復帰。右サイドバックにJ・ゴメス、中盤の一角はヘンダーソンが務めるなど、ナポリ戦からの変更は3点となった。

▽一方、CL初戦のリヨン戦でまさかの今季初黒星を喫したシティだが、以降は公式戦4連勝ときっちりバウンスバック。公式戦5連勝及びリーグ戦5連勝を目指す今節は、左サイドバックにメンディが復帰。右サイドにマフレズが起用されるなど、ホッフェンハイム戦からスタメンを4人入れ替えて臨んだ。

▽まずは、アンフィールドの歓声を背にリバプールが4分にサラーのシュートで試合に入る。[4-3-3]を基本布陣に、ミルナーやワイナルドゥムが中盤を構成するホームチームが序盤はペースを握った。

▽それでもシティも14分に仕掛けた。普段とは異なる[4-4-1-1]の左サイドを担ったスターリングが深い位置からドリブルシュートでトライ。しかし、ここはマークについていたJ・ゴメスが足を出して枠の外へかき出した。

▽その後は中盤での潰し合いが続く。フェルナンジーニョとベルナルド・シウバが中盤の底に控えるシティがバイタルエリアでは数的優位を作り、未然に危険な芽を刈り取る。

▽そんな中、リバプールにアクシデント。ミルナーが足を痛めてN・ケイタと負傷交代。早くも1枚目の交代カードを切らなければならなくなってしまった。

▽ここまでスターリングのシュート1本に抑えられていたシティだったが38分、再び左サイドを攻撃。メンディ、シルバ、スターリングの3人で崩しにかかり、最後はシルバがボックス左からシュートを放った。

▽後半も前半同様に堅い入りを見せた。リバプールは中盤攻略が難しいと判断し、ロングボールやサイド攻撃を活路を見いだす。50分にはそのロングボールから、右サイドバックのJ・ゴメスがシュートに持ち込む。

▽なかなか攻撃に出られないシティも61分、シルバからのパスを最前線で受けたマフレズがロバートソンのマークを振り切ってシュートに持ち込む。このシュートは枠の右に逸れたものの、この試合最も惜しい場面だった。マフレズはその1分後にも、今度はボックス右からシュート。しかしこれはGKの正面。

▽その直後、リバプールは相手を左右に振って最後はJ・ゴメスの折り返しを受けたサラーが、ボックス左から左足でシュート。このシュートもGKの正面へ。サラーは69分にもカウンターからチャンスを得るが、シュートをふかしてしまった。

▽ゴールレスのまま迎えた85分、試合は大きな展開を見せた。シルバのスルーパスで途中出場のザネがボックス左に侵入。チェックに来たファン・ダイクとの競り合いで倒れ、これがファン・ダイクの足にかかっていたとして、シティにPKが与えられる。しかし、キッカーを務めたマフレズがこれを大外し。シティは千載一遇のチャンスを逸してしまった。

▽結局、最後までスコアが動くことなく試合終了。リバプールとシティによる首位攻防戦は、ゴールレスの痛み分けとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループC総括】死の組を抜け出したのはPSGとリバプール! ナポリは一歩及ばず…

▽今大会屈指の激戦のグループと目されたグループCは、その期待に違わぬ痺れる試合が多く繰り広げられた。そんな中、最終節まで突破チームの決まらない大激戦を勝ち抜いたのはパリ・サンジェルマン(PSG)とリバプールとなった。ナポリは一歩及ばず、草刈り場となることが予想されたツルヴェナ・ズヴェズダも意外な存在感を見せた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.パリ・サンジェルマン[11/3/2/1/8] 2.リバプール[9/3/0/3/2]※総得点9 3.ナポリ[9/2/3/1/2]※総得点7 4.ツルヴェナ・ズヴェズダ[4/1/1/4/-12] ◆戦術家トゥヘルによって魅惑の攻撃陣が機能~PSG~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽多様な戦術を駆使する新指揮官トゥヘル監督の下、PSGが死の組を首位で通過した。FWムバッペとFWネイマールの2大巨頭の他、FWカバーニ、FWディ・マリアという一流のアタッカーをうまく組み合わせ、同時起用を実現した。最適解を見つけたPSGは初戦のリバプール戦こそ落としたものの、その後は3勝2分けと無敗。とりわけ、リバプールとのリターンマッチでは攻撃陣が躍動し、2-1というスコア以上の差で勝利して見せた。 ◆ギリギリの戦いを制して逆転2位通過~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ウィークポイントのGKにアリソンを迎えた昨季ファイナリストは、初戦のPSG戦を制す最高のスタートを切った。しかし、続くナポリ戦を終盤の被弾で落とすと、第4節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦、第5節のPSG戦と敗れ、無敗を維持するプレミアリーグとは打って変わって苦戦し、グループステージ敗退の窮地に立たされた。1-0の勝利か、2点差以上での勝利で逆転突破という厳しい状況で迎えたナポリとの最終節、圧倒して見せたリバプールは1-0で勝利し、見事逆転での決勝トーナメント進出を果たした。 ◆首位から一転、昨季に続く悔しい敗退~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽メガクラブのPSG、リバプールと十分に渡り合ったナポリだったが、最後の最後で泣いた。サッリ前監督の遺産をうまく活用しつつ、[4-4-2]へのシステム変更などモデルチェンジして見せたアンチェロッティ新監督の下、ナポリは最終節リバプールに敗れるまで無敗を維持して首位に立っていた。とりわけPSGとの2試合はハイレベルでナポリのクオリティの高さを示す試合だった。他のグループであれば…、と思いたくなるような昨季に続く悔しいグループステージ敗退となった。 ◆リバプールから金星、ナポリにドロー~ツルヴェナ・ズヴェズダ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3クラブの草刈り場となることが予想されたセルビア王者は、最下位に終わったものの、リバプールに勝利し、ナポリに引き分ける大善戦を見せた。その立役者となったのは横浜FマリノスでプレーしていたDFデゲネク。彼の統率する守備によって引き締まったツルヴェナ・ズヴェズダは、リバプールとナポリの強力攻撃陣をシャットアウトして見せた。 2018.12.14 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールに大打撃…マティプが肩の骨折で6週間の離脱

▽リバプールは12日、カメルーン代表DFジョエル・マティプが肩を骨折したことを発表した。 ▽マティプは、11日に行われたチャンピオンズリーグ・グループC最終節のナポリ戦にフル出場したが、試合終了間際にクリバリと接触しピッチに落下した際に右肩を負傷していた。 ▽リバプールの発表によると、試合後に病院へ搬送されたマティプは検査の結果、肩の骨折と診断され、手術が必要とのこと。 ▽なお、リバプールはマティプの離脱期間を6週間と発表。同チームではDFジョー・ゴメスも負傷で離脱しており、起用可能なセンターバックはDFヴィルヒル・ファン・ダイクとDFデヤン・ロブレンの2選手のみとなった。 2018.12.13 02:50 Thu
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、ファン・ダイクの危険タックルに「ビデオを見ればレッド」

▽ナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループC最終節リバプール戦での判定に不満を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が指揮官のコメントを伝えた。 ▽決勝トーナメント進出を懸けた3位のリバプール(勝ち点6)、首位のナポリ(勝ち点9)によるグループC最大の大一番。試合は前半34分にFWモハメド・サラーのゴールで先制に成功したリバプールが、試合終盤のナポリの猛攻をGKアリソン・ベッカーのビッグセーブで凌ぎ、1-0で勝利。この結果、同時刻開催で勝利したパリ・サンジェルマンが首位通過、リバプールが2位通過を果たし、ナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)に回ることになった。 ▽ただ、同試合では前半立ち上がりの13分にリバプールDFヴィルヒル・ファン・ダイクがナポリFWドリエス・メルテンスに見舞ったハードチャージに関する判定がひとつのターニングポイントになった。 ▽同場面ではルーズボールに反応したファン・ダイクがスライディングでクリアを試みた際、先にボールに触ったものの、後方で反応していたメルテンスの左脛の内側に足裏を見せたハードチャージを見舞った。幸い、メルテンスに大きなケガはなかったが脛の骨折やヒザ、足首のじん帯を損傷する可能性もある非常に危険なプレーだったと言わざるを得なかった。 ▽結局、主審はファン・ダイクが先にボールを触っていたとの判断からイエローカードの掲示に留まったが、試合後の公式会見に出席したアンチェロッティ監督はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が用いられれば、退場の可能性が高かったとの持論を展開した。 「ビデオで確認すれば、レッドカードだった」 「VARに関する大きくの議論があるが、VARがチャンピオンズリーグに来るのはあまりに遅すぎた」 ▽一方、ファウルの当事者となったファン・ダイクは自身のプレーの正当性を主張している。イギリス『インデペンデント』がオランダ代表DFのコメントを伝えた。 「それは全く悪いチャレンジだったとは思っていない。不運なことに私は彼と接触してしまったが、自分に彼を傷つける意図やあのような接触を意図していなかった」 「僕はボールにチャレンジしていたし、スリッピーなピッチで滑った結果、彼に接触してしまった。ただ、それもフットボールのひとつの側面だ」 ▽今回のプレーに関しては識者の間でも意見が分かれる難しい判断だったが、ナポリ側とすれば、同選手の退場か否かで試合の流れが大きく変わっていたと考えており、VARの有無を含めて少し不公平な判定と感じたようだ。 ▽なお、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日にCL決勝トーナメントからのVAR導入を発表している。 ◆危険なプレーに間違いはないが… https://twitter.com/tancredipalmeri/status/1072818266563862528 2018.12.12 23:17 Wed
twitterfacebook
thumb

「彼がまたしてもやってくれた」ミルナーがナポリ撃破&グループ突破の立役者サラーを絶賛

リバプールのMFジェームズ・ミルナーは、チームを勝利に導く決勝点を奪ったFWモハメド・サラーを称えた。<br><br>11日に行われたチャンピオンズリーグ グループC最終節でリバプールはホームでナポリと対戦。グループリーグ突破のためにこの試合での勝利が絶対条件のリバプールは、サラーが34分に挙げた1点を守り抜き、1-0で勝利する。この結果、勝ち点9でナポリと並ぶも、総得点の差で上回り、リバプールが2位で決勝トーナメント進出を決めた。<br><br>試合後、サラーのゴールをアシストしたミルナーは『BTスポーツ』でナポリとの一戦を振り返った。「彼らは本当に良いチームで、いつも厳しい戦いになる。でも、僕たちのパフォーマンスは本当に良かったと思うし、前線からバックまで全員が良い守備をしなければならないと理解していた」<br><br>そして、先日のボーンマス戦でもハットトリックを達成するなど調子が上向くエースを称賛した。「彼は勝者で、ワールドクラスの選手だ。僕たちのために彼はまたしてもやってくれた」<br><br>また、DFアンドリュー・ロバートソンは、ナポリに押され気味な状態が続いていた中で好セーブを見せ、チームを窮地から救った守護神のアリソンへ賛辞を送った。<br><br>「良いスタートを切らなければならなかったし、実際に僕たちはそのようにできた。0-0の場面から、彼らは失うものがないような勢いでプレーしていた。それでも、アリソンの信じられないようなセーブに助けられた。そして、1-0になってからは僕たちは自信を持ってプレーでき、最終的にはクリーンシートを達成した。僕たちがこの試合を通してやり切ったことを誇らしく思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: リバプール 1-0 ナポリ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、リバプールvsナポリが11日に行われ、1-0でリバプールが勝利した。この結果、リバプールが2位での決勝トーナメント進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 最後のミリクのゴール至近距離からのシュートをストップ DF 66 アーノルド 6.0 高い位置を取って圧力をかけ続けた (→ロブレン -) 32 マティプ 6.0 的確なカバーリングを続けた 4 ファン・ダイク 6.5 インシーニェとメルテンスを潰した 26 ロバートソン 6.5 アーノルドと共に高い位置を維持して攻撃に厚みを加えた MF 5 ワイナルドゥム 6.0 球際で負けることがなかった 14 ヘンダーソン 6.0 中盤をコントロール。ミドルシュートでゴールにも迫る 7 ミルナー 6.5 先制点アシスト。豊富な運動量で攻守に顔を出した (→ファビーニョ -) FW 11 サラー 6.5 さすがの打開力で先制点奪取 9 フィルミノ 6.0 前線で起点となり、守備でも貢献 (→N・ケイタ -) 10 マネ 6.0 決定機を幾つも外したが、脅威は与えていた 監督 クロップ 6.5 スコア以上にナポリを圧倒して逆転での決勝トーナメント進出 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 オスピナ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 19 マクシモビッチ 5.0 守備に重点もマネに翻弄された 33 アルビオル 5.5 大崩れせず耐えていた 26 クリバリ 5.5 失点場面はサラーにやられたが、それ以外はソリッドだった 6 マリオ・ルイ 4.5 非常に軽い対応でサラーに交わされ1失点目に関与 (→グラム 5.5) マリオ・ルイよりは効果的に攻撃に絡んだ MF 7 カジェホン 5.0 守備に追われた。79分のチャンスを決めたかった 5 アラン 5.0 珍しく球際で負けていた 17 ハムシク 5.0 相手の中盤に押され続けた 8 ファビアン・ルイス 5.0 攻撃面でもっと仕事をしたかった (→ジエリンスキ 5.0) 違いを生めなかった FW 24 インシーニェ 5.0 守備を献身的にしていたが、ボールが来なかった 14 メルテンス 5.0 ファン・ダイクのタックルを足首に受けた影響か、ほぼ何もできず (→ミリク 5.5) 最後のチャンスを決めていれば… 監督 アンチェロッティ 5.5 完敗の内容。ただ、厳しいグループで最後まで可能性を残したことを評価 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽ハードワークを続けたミルナーも素晴らしかったが、決勝点を決めたサラーを選出。直近の試合でハットトリックした勢いを持ちこんだ。 リバプール 1-0 ナポリ 【リバプール】 サラー(前34) 2018.12.12 07:07 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース