マフレズが痛恨のPK失敗!リバプールvsシティの首位攻防戦は白熱のドロー決着《プレミアリーグ》2018.10.08 02:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、リバプールvsマンチェスター・シティが7日に行われ、0-0の引き分けに終わった。▽先日のEFLカップでチェルシー相手に今季公式戦初黒星を喫したリバプールは、中2日でのリターンマッチとなったプレミアリーグ前節を途中出場のFWスタリッジの劇的同点ゴールによって1-1のドローに持ち込むも、リーグ戦の連勝もストップ。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でナポリに0-1で敗れ、公式戦3試合勝利なしと調子を落としている。4試合ぶりの勝利を目指すシティ戦に向けては、先発にロブレンが復帰。右サイドバックにJ・ゴメス、中盤の一角はヘンダーソンが務めるなど、ナポリ戦からの変更は3点となった。

▽一方、CL初戦のリヨン戦でまさかの今季初黒星を喫したシティだが、以降は公式戦4連勝ときっちりバウンスバック。公式戦5連勝及びリーグ戦5連勝を目指す今節は、左サイドバックにメンディが復帰。右サイドにマフレズが起用されるなど、ホッフェンハイム戦からスタメンを4人入れ替えて臨んだ。

▽まずは、アンフィールドの歓声を背にリバプールが4分にサラーのシュートで試合に入る。[4-3-3]を基本布陣に、ミルナーやワイナルドゥムが中盤を構成するホームチームが序盤はペースを握った。

▽それでもシティも14分に仕掛けた。普段とは異なる[4-4-1-1]の左サイドを担ったスターリングが深い位置からドリブルシュートでトライ。しかし、ここはマークについていたJ・ゴメスが足を出して枠の外へかき出した。

▽その後は中盤での潰し合いが続く。フェルナンジーニョとベルナルド・シウバが中盤の底に控えるシティがバイタルエリアでは数的優位を作り、未然に危険な芽を刈り取る。

▽そんな中、リバプールにアクシデント。ミルナーが足を痛めてN・ケイタと負傷交代。早くも1枚目の交代カードを切らなければならなくなってしまった。

▽ここまでスターリングのシュート1本に抑えられていたシティだったが38分、再び左サイドを攻撃。メンディ、シルバ、スターリングの3人で崩しにかかり、最後はシルバがボックス左からシュートを放った。

▽後半も前半同様に堅い入りを見せた。リバプールは中盤攻略が難しいと判断し、ロングボールやサイド攻撃を活路を見いだす。50分にはそのロングボールから、右サイドバックのJ・ゴメスがシュートに持ち込む。

▽なかなか攻撃に出られないシティも61分、シルバからのパスを最前線で受けたマフレズがロバートソンのマークを振り切ってシュートに持ち込む。このシュートは枠の右に逸れたものの、この試合最も惜しい場面だった。マフレズはその1分後にも、今度はボックス右からシュート。しかしこれはGKの正面。

▽その直後、リバプールは相手を左右に振って最後はJ・ゴメスの折り返しを受けたサラーが、ボックス左から左足でシュート。このシュートもGKの正面へ。サラーは69分にもカウンターからチャンスを得るが、シュートをふかしてしまった。

▽ゴールレスのまま迎えた85分、試合は大きな展開を見せた。シルバのスルーパスで途中出場のザネがボックス左に侵入。チェックに来たファン・ダイクとの競り合いで倒れ、これがファン・ダイクの足にかかっていたとして、シティにPKが与えられる。しかし、キッカーを務めたマフレズがこれを大外し。シティは千載一遇のチャンスを逸してしまった。

▽結局、最後までスコアが動くことなく試合終了。リバプールとシティによる首位攻防戦は、ゴールレスの痛み分けとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

審判団にクレームをつけたクロップ監督に650万円の罰金

イングランドサッカー協会(FA)は21日、リバプールのユルゲン・クロップ監督に罰金4万5000ポンド(約650万円)の罰金を科したことを発表した。 クロップ監督は4日に行われたプレミアリーグ第25節ウェストハム戦(1-1)後、ケビン・フレンド主審を含む審判団を批判していた。 この試合では22分にFWサディオ・マネが先制点を記録した場面でMFジェームズ・ミルナーに明らかなオフサイドがあったものの、ゴールが認められていた。 しかし、クロップ監督は「五分五分の状態では常に相手のFKになった」、「審判がハーフタイムにオフサイドに気付いてから、奇妙なシチュエーションを見ることになった」などと語り、むしろリバプールに不利な判定があったことを主張していた。 2019.02.22 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティス、フリーでのスタリッジ獲得に興味か

ベティスが、リバプールに所属する元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『フランス・フットボール』の情報をスペイン『アス』が伝えている。 スタリッジは2013年初めにリバプールに加入すると、移籍初年度にシーズン途中での加入ながらプレミアリーグ14試合で10ゴール5アシストを記録。翌シーズンにもリーグ戦29試合で22ゴール9アシストをマークするなど、目覚ましい活躍を見せていた。しかし、近年はFWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノ、FWモハメド・サラーの間に割って入ることが出来ず。今シーズンもリーグ戦13試合で2得点に留まっている。 そんなスタリッジとリバプールの契約は今シーズン終了時まで。未だ新契約締結には至ってはおらず、フリーでの獲得が可能な状況だ。 こうした中で今夏、ストライカーの獲得を目指しているベティスがスタリッジをトップターゲットに設定しているという。しかし、同選手はリバプールでの年俸が、手取り400万ユーロ(約5億円)と高額。これがネックになる可能性があるようだ。 なお、ベティスはスタリッジの他にも、レアル・マドリーのドミニカ代表FWマリアーノ・ディアス(25)にも関心を寄せているとのことだ。 2019.02.21 21:47 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のニコラ・ペペの新天地はCL出場可能な“赤い”チーム?

今夏のビッグクラブ移籍が決定的なリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の新天地はチャンピオンズリーグ(CL)出場可能な“赤い”チームになるのかもしれない。フランス『SO FOOT』が伝えている。 昨季、残留を争ったリールの1部残留に貢献したペペは今季センターフォワードから本職の右ウイングに固定されると、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦25試合に出場し16ゴール10アシストの圧巻の数字を記録。 より推進力に長けたストライカーながらレンヌ時代のMFウスマーヌ・デンベレを想起させるレフティに関しては、マンチェスター勢やバルセロナ、バイエルン、チェルシー、リバプール、アーセナル、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を示す。 そのペペの新天地に関してリールを率いるクリストフ・ガルティエ監督が移籍先のヒントを明かした。 「ニコラ・ペペは素晴らしいシーズンを送っており、彼はさらに成長していくはずだ」 「彼はチャンピオンズリーグでプレーするようなクラブに行く必要があると思っている。個人的には中堅クラブで段階を踏む必要はなくできるだけ高いレベルのステージに行くべきだと思っている。赤(ユニフォーム)でプレーしているようなクラブにね」 今回の発言に関しては確定事項ではなくあくまでガルティエ監督の助言という形だが、恩師の助言を受けてペペ本人がCL出場可能な“赤い”チームへの移籍を意識している可能性はありそうだ。 なお、ここまで噂が出ているクラブで条件を満たすのは、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、アーセナルの4チームだ。ただ、ユナイテッドとアーセナルに関しては来シーズンのCL出場権を獲得できるか微妙なところだ。 2019.02.21 02:37 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、U-18主将グラッツェルとプロ契約締結

リバプールは20日、U-18ドイツ代表FWポール・グラッツェル(18)とプロ契約を締結したことを発表した。 ドイツ人の両親の下、リバプールで生まれ育ったストライカーのグラッツェルは、9歳からリバプールでプレー。U-18チームでは主将を務め、2018-19シーズンはU-18プレミアリーグで12試合に出場し、11ゴールをマークするなど非凡な得点感覚を持っている。 世代別代表では現在、U-18ドイツ代表でプレーしているものの、イングランド国籍も持ち、U-16イングランド代表の出場歴がある。 2019.02.21 01:20 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季21G11Aのブルーノ・フェルナンデスに関心か

リバプールがスポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『Correio de Manha』の情報を引用してイギリス『ミラー』が伝えている。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦38試合で21ゴール11アシストをマークしている。 リバプールでは現在、[4-2-3-1]のシステムを採用することが増加しており、ユルゲン・クロップ監督は中盤の強化を望んでいる模様。昨夏に目指していたリヨンに所属するフランス代表MFナビ・フェキル(25)の獲得は失敗したため、新たにブルーノ・フェルナンデスに白羽の矢を立てたようだ。 しかし、ポルトガル代表MFはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。とはいえ、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況だ。 この状況にはリバプールだけでなくミランも注視しており、どちらのクラブも契約解除金以下での獲得を狙っているようだ。 2019.02.20 21:21 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース