アザールの2試合連続ゴールにバークリーの移籍後初ゴールなどで、チェルシーが吉田フル出場のセインツに完勝!《プレミアリーグ》2018.10.08 00:12 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、サウサンプトンvsチェルシーが7日に行われ、3-0でチェルシーが勝利した。サウサンプトンの吉田はフル出場を果たしている。▽ここまでリーグ戦わずか1勝のサウサンプトンは、直近のEFLカップではPK戦の末にエバートンを下し4回戦進出を決めた。公式戦連勝を目指す今節は、吉田が今季リーグ戦初先発。そのほか、古巣対決のバートランドやホイビュルク、イングスなどがスタメンに起用された。

▽前節、リバプールとの大一番をドローで終えたチェルシーは、先日にヨーロッパリーグのヴィディ戦をモラタの今季2点目となるゴールを守り切り勝利した。今節はその試合からケパとウィリアンを残してスタメンを9選手変更。アザールやカンテが先発に顔を揃えた。リーグ戦はここ2試合引き分けているため、3試合ぶりの勝利を目指す。

▽序盤はチェルシーが猛攻を見せる。アザールを中心に、ウィリアンやバークリー、さらには両サイドバックが攻撃に参加し、サウサンプトンをあらゆる方向から攻め立てる。10分にかけてはウィリアンやアザールが立て続けにシュートを放っていくが、相手の身体を張った守備を前になかなかネットを揺らすことが出来ない。

▽逆にサウサンプトンは20分過ぎから攻撃の形ができるようになる。23分、ガッビアディーニがボックスの端から鋭いシュートを放ってGKケパを強襲すると、26分には左サイドのバートランドのクロスにイングスが飛び込むが、至近距離からのシュートは枠の上へ外してしまった。

▽ピンチを凌いだチェルシーが試合を動かした。二次攻撃、三次攻撃で主導権を握るアウェイチームは相手にボールが渡っても素早いチェックで奪い返す。30分に敵陣でボールを奪ったバークリーは、すぐに前を向いたアザールにスルーパス。アザールはDFの間でパスを受け、GKとの一対一を簡単に制して先制点を奪った。

▽アザールのリーグ戦2試合連続ゴールで先制したチェルシーは試合をコントロールしながら後半へ。立ち上がりは危険な場面を作られたものの、敵陣中央左で得た57分のFKの場面、キッカーのウィリアンからのサインプレーで、ファーサイドに抜け出したジルーにボールが送られると、ジルーはこれをダイレクトで折り返す。すると待っていたのはバークリー。ゴール前にフリーで走り込んだバークリーの移籍後初ゴールで追加点を挙げた。

▽苦しくなったサウサンプトンは、その後立て続けに3枚のイエローカードが飛び交う展開に。それでも79分にレドモンドがボックス外からのドライブのかかった強烈なミドルシュートを見舞う。しかし、ここはGKケパがファインセーブ。

▽その直後、チェルシーはジョルジーニョの高精度なスルーパスからアザールがカウンターを発動。そのアザールからのラストパスを受けた途中出場のモラタがGKと一対一になるものの、シュートはGKマッカーシーに完全に読まれてしまった。

▽それでも、モラタに訪れた2度目の決定機、後半アディショナルタイムにワンタッチで左サイドを攻略したチェルシーは、仕掛けたアザールのスルーパスに抜け出したモラタが今度はきっちり決めて、ダメ押しの3点目。

▽モラタのリーグ戦では第2節のアーセナル戦以来のゴールが決まったチェルシーが3-0でサウサンプトンに完勝。3試合ぶりのリーグ戦勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、PSG関心のカンテに契約延長オファーか

▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)に契約更新の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽カンテは2016年夏、レスター・シティから加入。すぐさま定位置を掴み取り、プレミアリーグやFAカップ優勝に貢献するなど、今や不動のレギュラーに君臨する。 ▽まだカンテと3年の契約期間を残すチェルシーだが、パリ・サンジェルマン(PSG)の関心が噂されていることもあり、このタイミングで新契約締結に乗り出したという。 ▽そのチェルシーは、カンテに対して既に契約延長のオファーを打診。PSG流失の可能性を断つべく、長期契約を提示したとみられる。 ▽なお、フランス代表のロシア・ワールドカップ優勝メンバーとして今シーズンを迎えたカンテは、ここまで公式戦10試合に出場。1得点をマークしている。 2018.10.16 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

もう限界…ミランがバカヨコを今冬にチェルシーへ突き返す?

▽ミランはチェルシーから1年間のレンタル移籍で加入しているフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(24)をわずか半年でロンドンに送り返すことを決めたようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽昨夏、モナコから鳴り物入りでチェルシーに加入したバカヨコだが、度重なるケガや攻守両面における集中力の欠如が顕著で期待外れの1年目を過ごした。また、マウリツィオ・サッリ新監督の下で今夏にイタリア代表MFジョルジーニョ、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチを獲得したクラブは構想外となったフランス代表MFをミランに1年間の武者修行に出した。 ▽しかし、チェルシーのアントニオ・コンテ前監督、サッリ監督とイタリア人戦術家を悩ませてきたバカヨコの戦術理解度の乏しさはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下でも健在。ここまで公式戦8試合に出場も度重なるポジショニングミスや判断ミスで低調なパフォーマンスに終始している。 ▽ガットゥーゾ監督は先日、「戦術をまだ頭の中に叩き込むことができていない。それは明らかに私のミスだ。彼はここで2ヶ月プレーしてきたが、我々はまだ彼に動き方を理解させることができていない」と同選手を擁護した。しかし、クラブは厳しいセリエAトップ4争いの中で、手がかかる同選手をこれ以上手厚く指導していくことを放棄するようだ。 2018.10.15 19:53 Mon
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、愛弟子イグアインへの未練隠さず「彼が恋しい」

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督はナポリ時代の教え子であり、今夏に獲得を逃したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインへの未練を引きずっているようだ。同監督が『コッリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽ナポリ時代の2015-16シーズンにサッリ監督の下でセリエA36ゴールを記録し、得点王に輝いたイグアイン。その翌年にユベントスに旅立った同選手だが、今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの電撃加入に伴い、クラブを追われることに。そして、有力な新天地には恩師サッリ監督が新指揮官を務めるチェルシーと思われたが、最終的にミランへの移籍を決断した。 ▽サッリ監督はその教え子に関して今でも未練を感じていることを認めている。 「私はあまり深く考えずに時折間違ったことを口に出してしまう。だから、ゴンサロに関してはあまりに早くナポリを出てしまったとだけしか言えない。恐らく、彼が翌シーズンも残っていれば、我々はスクデットを獲得する状態を整えられたと思う」 「イグアインは我々が作り出した素晴らしいメカニズムの一部だったし、互いをよく理解し合っていた。それは完璧な同調性であったと思うし、後悔は我々の中で強く残っている」 「イグアインの獲得を逃したのは残念だ。彼が恋しいよ。彼は死ぬまでゴールを決め続ける、ゴールマシーンだからね」 2018.10.15 16:11 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー代役にRLC獲得か

▽アーセナルが、チェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(22)に興味を示しているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えている。 ▽チェルシーのロフタス=チークは各世代のイングランド代表経験のある逸材。昨年A代表でもデビューを果たし、ロシア・ワールドカップでは4試合に出場した。しかし、今季チェルシーに就任したマウリツィオ・サッリ監督の下では難しいシーズンを過ごしている。リーグ戦ではここまで2試合の出場にとどまっており、先発出場はヨーロッパリーグでの1試合のみ。公式戦全体で見ても3試合しか出場機会を得られていない。 ▽そこに目を付けたのがアーセナルだ。同クラブは、今シーズン限りで契約満了を迎えるウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)が今冬の移籍市場で新天地を求める可能性が高く、その代役を探しているとされている。 ▽ロフタス=チーク本人も、なかなかチェルシーのトップチームに定着できない現状に不満を抱えているようで、昨季クリスタル・パレスにレンタルしたように、出場機会を求めて移籍を望む可能性は低くない。なお、同選手にはアーセナルの他、エバートンやクリスタル・パレスも関心を持っているようだ。 2018.10.15 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

中盤若手構成のアトレティコがベテランMFセスクを注視!

▽アトレティコ・マドリーが、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)を注視しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ▽チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了となるセスク。依然として延長合意は報じられておらず、その去就に注目が集まっている。 ▽記事によると、アトレティコがマウリツィオ・サッリ新体制下でプレー機会を減少させているセスクに注視。ケガで出遅れた影響もあるとはいえ、今シーズンの出場が公式戦4試合に留まっているクリエイティブなミッドフィルダーに、ベテランとしての役割を期待しているそうだ。 ▽アトレティコからは今夏にMFガビが退団。中盤はMFロドリゴ・エルナンデス(22)、MFトーマス・パルティ(22)、サウール・ニゲス(23)、MFコケ(26)らリーガ屈指の若手構成になっており、経験豊かな選手を加えたがっている。 ▽先日、セスクは自身の去就について、「クラブからは何もないけど、僕はこの先もここにいたい」とチェルシー残留を希望したが、「クラブ次第だけど」とも発言。アトレティコに移り、FWジエゴ・コスタと再タッグを組む可能性もゼロではなさそうだ。 2018.10.14 12:55 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース