イグアインのドッピエッタなどでミランがキエーボに快勝! 今季初のリーグ戦2連勝《セリエA》2018.10.08 00:03 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは7日、セリエA第8節でキエーボをホームに迎え、3-1で快勝した。▽前節は苦手サッスオーロに対してスソのドッピエッタとカスティジェホの移籍後初ゴールなどで4-1と快勝して4試合ぶりの勝利を手にしたミランは、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオリンピアコス戦では途中出場クトローネの2発と負傷明けのイグアインのゴールで3-1の逆転勝利を飾った。そのオリンピアコス戦のスタメンから5選手を変更。チャルハノールやGKドンナルンマ、ケシエら主力がスタメンに戻った。

▽未勝利が続く最下位のキエーボに対し、3トップに右からスソ、イグアイン、チャルハノールと並べる[4-3-3]で臨んだミランは、開始4分にボナヴェントゥーラがミドルシュートでゴールを脅かす。

▽直後にもケシエがボレーシュートでゴールに迫ったミランが押し込む展開で推移すると、19分にボナヴェントゥーラがミドルシュートを放つも、GKソレンティーノの好守に阻まれた。

▽さらに26分、ボックス手前右からのスソのフィードをファーサイドのイグアインがボレーで合わせる決定機を迎えたが、枠の上に外してしまう。しかし27分、左サイドからのサパタのアーリークロスをファーサイドのスソが折り返し、イグアインが蹴り込んでミランが先制した。

▽さらに35分、ボックス中央でフリーとなっていたイグアインがスソの縦パスを受けてGKとの一対一を制し、ミランがリードを広げる。前半追加タイム1分にビルサに際どいシュートを打たれるも枠を外れて助かり、ミランが2-0で前半を終えた。

▽迎えた後半、前がかるキエーボに対し、開始5分にアバーテがGKを強襲するシュートを浴びせたミランは、56分に突き放す。ペナルティアーク左から放たれたボナヴェントゥーラの左足ミドルがゴール右に決まった。

▽余裕の展開としていたミランは63分にペリッシエルに左足ミドルを叩きこまれて1点を返されるも、73分にスソがカットインからのミドルシュートで牽制。

▽76分にはスソに代えてクトローネを投入してキエーボに圧力をかけたミランが3-1のまま試合を終わらせて快勝。今季初のリーグ戦2連勝としている。
コメント
関連ニュース
thumb

市場価値が倍増のピョンテクの素顔をミランDFが明かす「主張は一切なく1秒で適応」

ミランに所属する22歳DFダヴィデ・カラブリアが18日、ミラン公式メディア『Milan TV』のインタビューに応じ、新エースFWクシシュトフ・ピョンテクらについて語った。<br><br>ミランは今冬、ジェノアから&ldquo;レヴァンドフスキ2世&rdquo;として期待が寄せられているポーランド代表の23歳ピョンテクを獲得。これまで出場した公式戦5試合ですでに6ゴールを挙げ、リーグ戦ではジェノア時代も含めると17得点に上り、ランキングで首位のFWクリスティアーノ・ロナウドを2得点差で追う大車輪の活躍を見せている。<br><br>これには売り手であるジェノアのジョルジョ・ペリネッティSD(スポーツディレクター)も脱帽。「必要に迫られて彼を売却し、3500万ユーロ(約44億円)を得た。我々のようなクラブはこうやって行くしかないが理論上、彼の価値はすでに倍増した。現在は7000万~8000万ユーロ(約88~100億円)以下で売ることはないだろう」と、『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューで評していた。<br><br>一方、指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾは、ポーランド代表FWの素顔について言及。「赤ん坊の言うことと言えば『ママ、パパ』ばかりだが、彼は口を開くたびに『ゴール、ゴール』とばかり言っている」と語り、ストイックな一面を明かす。同年代のチームメートであるカラブリアも、ピョンテクやもう1人の新加入選手であるMFルーカス・パケタに賛辞を贈っている。<br><br>「2人は純粋だし、トレーニングに意欲的だよ。何かを強く主張したことは1度もないし、常に100%の力を出している。加入して1秒で環境に適応し、チームを本当に助けてくれている。2人とも素晴らしいパフォーマンスを見せているから、この調子が続くことを願っているよ」<br><br>▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは? <br />● 新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集<br />● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン<br />● Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと<br />● 白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など <br /><br><br><br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季21G11Aのブルーノ・フェルナンデスに関心か

リバプールがスポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『Correio de Manha』の情報を引用してイギリス『ミラー』が伝えている。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦38試合で21ゴール11アシストをマークしている。 リバプールでは現在、[4-2-3-1]のシステムを採用することが増加しており、ユルゲン・クロップ監督は中盤の強化を望んでいる模様。昨夏に目指していたリヨンに所属するフランス代表MFナビ・フェキル(25)の獲得は失敗したため、新たにブルーノ・フェルナンデスに白羽の矢を立てたようだ。 しかし、ポルトガル代表MFはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。とはいえ、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況だ。 この状況にはリバプールだけでなくミランも注視しており、どちらのクラブも契約解除金以下での獲得を狙っているようだ。 2019.02.20 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン合意報道のサン=マクシマン、アトレティコ&ドルトムント参戦で争奪戦へ?

ニースに所属するU-21フランス代表FWアラン・サン=マクシマン(21)を巡って争奪戦が勃発しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が同『トゥットスポルト』の情報を引用して伝えている。 サンテチェンヌ下部組織出身のサン=マクシマンは、16歳の若さでプロデビューを果たすと、その後、モナコ、ハノーファー、バスティアを経て2017年にニースに加入。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーは今シーズンここまでリーグアン22試合で6ゴール3アシストを記録している。 報道によれば、この逸材はチーム内でパトリック・ヴィエラ監督と衝突。指揮官との関係性がこじれ、今夏の退団が有力視されている。そうした中で、目を付けていると以前から伝えられていたのがミランだ。チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得した場合と限定されてはいるものの、ミランが移籍金2000万ユーロ(約25億円)の5年契約で合意至ったという具体的な情報も飛び出した。 依然として、サン=マクシマン争奪戦では同選手の代理人であるミーノ・ライオラと友好な関係を築いているミランがポールポジションに立っているという。しかし、現在ではアトレティコ・マドリーとドルトムントからの関心も伝えられており、簡単な交渉とはならなそうだ。 2019.02.19 16:54 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランの“大当たり”ピョンテク…出来過ぎな活躍に本人もビックリ

ミランに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが“出来過ぎな”自身の活躍に驚きを口にした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ピョンテクは今冬、退団したアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインの後釜としてミランへ。そのミランでもゴールゲッターとしての才能を見せつけ、16日に行われたセリエA第24節のアタランタ戦でも公式戦4戦連発弾を含む2得点を決め、チームの勝利に貢献した。 ミラン加入以来公式戦5戦6発のピョンテクは試合後、クラブ公式チャンネル『Milan TV』で次のようにコメントした。 「僕はいつだって自分を信じている。ゴールを量産できるとね。でも、5試合で6得点は想像以上だよ」 「今日の2ゴールに満足だ。この歩みを続けたいね。僕はストライカー。全試合でゴールを決めたい」 2019.02.17 08:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ピョンテクの4戦連発弾とチャルハノールの今季初弾でミランが難敵アタランタに逆転勝利!《セリエA》

ミランは16日、セリエA第24節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。 前節カリアリ戦をピョンテクの公式戦3戦連発弾とパケタの移籍後初弾で快勝して4位を死守したミラン(勝ち点39)は、ここ2試合と同様のスタメンで臨んだ。 チャンピオンズリーグ出場権を争う5位アタランタ(勝ち点38)に対し、押し込まれる入りとなったミランだったが、11分にビッグチャンス。スソの右サイドからのクロスにファーサイドのケシエがダイビングヘッドで合わせるも枠の左に外してしまった。 その後もテンション高く向かってくるアタランタに苦戦したミランは前線にボールを運べず劣勢が続くと、33分に失点する。ボックス右深くでイリチッチが切り返しでリカルド・ロドリゲスを交わしてクロスを送ると、ゴール前のフロイラーがダイレクトでシュート。これがGKドンナルンマの手を弾いてゴールラインを割った。 ハーフタイムにかけても劣勢を強いられたミランはアレハンドロ・ゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、追加タイム1分に同点とした。左サイドからのリカルド・ロドリゲスのアーリークロスにピョンテクが左足ボレーで絶妙に合わせたシュートがゴール右に決まった。 ピョンテクの公式戦4戦連発弾で試合を振り出しに戻して迎えた後半も、アタランタの攻勢を受けていたミランだったが、55分に逆転に成功する。ボックス手前左からチャルハノールの放った強烈なミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 チャルハノールの今季初ゴールで逆転したミランは61分、一気に突き放す。チャルハノールの左CKからピョンテクのヘディングシュートが決まった。 3-1としたミランはピョンテクをお役御免としてクトローネを投入。終盤にかけてはアタランタの運動量が落ちたこともあって反撃を許さず、3-1で逆転勝利。2連勝として、4位を死守している。 2019.02.17 06:28 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース