バイエルン安堵…ボルシアMG戦負傷交代のアラバ、オーストリア代表離脱も次節出場可能2018.10.07 21:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは7日、ボルシアMG戦で負傷交代したオーストリア代表DFダビド・アラバの診断結果を発表した。

▽アラバは6日に行われたブンデスリーガ第7節でボルシアMG戦(0-3で敗北)に先発出場。しかし、52分に負傷して途中交代していた。

▽クラブの発表によると、アラバは右後大腿部に軽度の肉離れを負った模様。離脱期間については明かされていないが、12日に行われるUEFAネーションズリーグ・グループ3の北アイルランド代表戦に臨むオーストリア代表への参加を辞退しているとのことだ。それでも20日に行われるブンデスリーガ第8節のヴォルフスブルク戦には出場が可能であると伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループE総括】ヤング・アヤックス大健闘でバイエルン一強にくさび

▽バイエルン一強の予想をアヤックスが覆して見せた。ベンフィカとの2位争いをするかに思われたアヤックスだが、1試合を残して13大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たし、バイエルンと堂々の首位争いを展開した。AEKアテネは予想通り、全敗で大会を後にしている。 ■グループE順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.バイエルン[14/4/2/0/10] 2.アヤックス[12/3/3/0/6] 3.ベンフィカ[7/2/1/3/-5] 4.AEKアテネ[0/0/0/6/-11] ◆エースがコンスタントにゴール~バイエルン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_46_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アヤックスの健闘もあって一強の展開にはならなかったが、ドイツ王者がしっかりと首位通過を果たした。エースFWのレヴァンドフスキがコンスタントにゴールを重ね、ベテランのロッベンも健在だった。ブンデスリーガでは苦戦しているものの、ベンフィカとAEKアテネには貫禄の全勝で、1試合を残してグループステージ突破を決めた。そして、アヤックスとの首位通過を懸けた最終節では壮絶な3-3の打ち合いを演じ、何とか首位の座を死守した。 ◆若きチームが躍動~アヤックス~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_46_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽4季ぶりのCLを戦ったヤング・アヤックスが13大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。ビッグクラブ注目のDFデ・リフトやMFデ・ヨング、MFファン・デ・ベークといった若きオランダ代表選手たちがCLの舞台でも実力を存分に発揮し、アヤックスを高みに導いた。FWタディッチやDFブリント、DFタグリアフィコといった中堅選手の獲得もチーム力を上げる要因に。そして、突破を争うライバルと見られたベンフィカ相手に1勝1分けと勝ち越し、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めて見せた。 ◆アヤックスに及ばず~ベンフィカ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_46_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14季連続のCL本戦出場で、アヤックスを経験値で大きく上回っていたベンフィカだったが、バイエルンは当然ながらヤング・アヤックスにも及ばなかった。ポルトガル代表勢のMFピッツィやMFジェドソソン・フェルナンデスらが思ったほど躍動せず、AEKアテネに辛勝で2勝するのが精いっぱいな状況だった。 ◆ギリシャ王者は草刈り場に~AEKアテネ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_46_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにギリシャ王者となって12年ぶりのCL本戦を戦ったAEKアテネだったが、予想通りほか3クラブの草刈り場となった。ベンフィカとは良い勝負を演じたものの、バイエルン、アヤックスとは力の差をまざまざと見せつけられ、厳しい戦いとなった。 2018.12.14 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックス戦退場のミュラー、タグリアフィコに足裏キックを謝罪

▽バイエルンに所属するドイツ代表MFトーマス・ミュラーが、アヤックスに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコに謝罪している。 ▽バイエルンは12日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節でアヤックスと対戦し、3-3で引き分けた。最終的にバイエルンがグループステージ首位通過を決めたが、75分に浮き球を奪い合う際にミュラーが足を高くあげると、右足裏がタグリアフィコの顔に直撃。レッドカードが提示されていた。 ▽危険なプレーを犯してしまったミュラーは、13日に自身のツイッター(@esmuellert_)を更新し、タグリアフィコに謝った。 「このような形になってしまうが、昨日のことについてニコラス・タグリアフィコに謝罪したい。意図的ではなかった。お大事に」 2018.12.14 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

コバチ、スペクタルな試合でアヤックスに賛辞…ノイアーも「とても良いチーム」

バイエルンのニコ・コバチ監督は、アヤックス戦が観客にとって素晴らしいものになったことを認めている。UEFA公式サイトがコメントを伝えた。<br><br>バイエルンは12日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でアヤックスと対戦。試合は逆転に次ぐ逆転で、3-3のドローに終わった。コバチ監督は「センセーショナルな試合だった」と評し、このように話している。<br><br>「観客はスペクタルな試合に誘われた。6つのゴール、2枚のレッドカード。リードを奪った時点で試合をシャットアウトすべきだったが、アヤックスもとても良いチームだったね」<br><br>「他のビッグクラブが負けているのを見れば、満足できる結果だよ。18ポイント取れるうち、14ポイントを取ったんだ。ベスト16に残れたし、次が楽しみだよ」<br><br>また、GKマヌエル・ノイアーもアヤックスに対して賛辞を述べた。<br><br>「とても活発な試合だった。特に終盤はね。ゴールを許してしまったのは少し不満が残る。アヤックスはとても良いチームだということは、今日ここでもミュンヘンでもわかった。前半はもっとチャンスがあったし、そこでもう1、2点奪うべきだったね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.13 08:05 Thu
twitterfacebook
thumb

首位通過を争う両者の一戦は壮絶な打ち合いの末にドロー決着…バイエルンがGS首位通過を決める!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節のアヤックスvsバイエルンが12日に行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽前節のベンフィカ戦を圧勝し決勝トーナメント進出を決めたバイエルン。引き分け以上でグループ首位通過の決まる中、バイエルンはレヴァンドフスキやリベリ、ミュラーなど直近のニュルンベルク戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽一方、最終節を勝利すれば逆転首位突破が可能なアヤックスは、直近のエースディビジ第15節のズウォレ戦から先発を2人変更。ヤン・フンテラールとフレンキー・デ・ヨングに代えてジイェフとベバーを先発で起用した。 ▽試合は一進一退の攻防となる中、バイエルンは12分に決定機。相手のパスミスを中盤で奪ったニャブリがドリブルでボックス中央まで侵攻しシュート。しかし、これはGKオナナの好セーブに阻まれた。 ▽決定機を逃したバイエルンだが、直後にスコアを動かす。13分、左CKのセカンドボールを繋ぐと、右サイドのニャブリがゴール前にスルーパスを供給。ゴールエリア右手前に抜け出したレヴァンドフスキが、冷静にシュートをゴール右に突き刺した。 ▽先制したバイエルンは、27分にもミュラーのスルーパスでボックス右に抜け出したニャブリの折り返しをゴール前でフリーのレヴァンドフスキが右足で合わせたが、シュートはGKオナナのブロックに防がれた。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのはアヤックス。61分、敵陣で細かくパスを繋ぐと、バイタルエリア右でパスを受けた22がワンタッチでボックス右へパスを供給すると、これに反応したファン・デ・ベークがボックス右深くからダイレクトクロス。最後はタディッチがゴールに流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたバイエルンは、62分にニャブリを下げてチアゴを投入。すると66分、左サイドを持ち上がったリベリがボックス左まで持ち上がりクロスを入れると、ゴール前のレヴァンドフスキがヘディングシュート。しかし、これはGKオナナのファインセーブに阻まれる。 ▽ホームで勝ち越しを狙うアヤックスだが、72分に退場者を出してしまう。右サイドを持ち上がったゴレツカに対してベバーが、危険なスライディングタックルを見舞うとレッドカードを受けた。数的優位となったバイエルンだったが、75分に浮き球を奪い合った際にミュラーがタグリアフィコの頭をスパイクしてしてしまい、こちらもレッドカードで退場した。 ▽残り15分で10対10となった一戦は、82分にアヤックスがカウンターからスコアを動かす。タディッチのスルーパスに抜け出したドルベリがボックス左でJ・ボアテングに倒され、PKを獲得。このPKをタディッチがゴール左に決め、アヤックスが勝ち越しに成功した。 ▽勝ち越しを許したバイエルンだが、すぐに反撃に転じる。すると87分、ドリブルで中央突破を試みたチアゴがボックス内でタグリアフィコに倒されてPKを獲得。これをレヴァンドフスキがゴール左隅に決めた。さらにバイエルンは、90分にも敵陣でのパスカットからカウンターを仕掛けると、ボックス左でボールを受けたコマンがゴールネットを揺らし、再び勝ち越しに成功した。 ▽アディショナルタイムに突入し、このまま終了かと思われた95分にスコアが動く。FKのセカンドボールをボックス手前で拾ったマズラウィがミドルシュートを狙うと、キミッヒにディフレクトしたボールをゴール前で拾ったフンテラールが、ゴールエリアまで持ち込みクロス。これをタグリアフィコが流し込み、アヤックスが土壇場で同点に追いついた。 ▽その後、勝ち越しゴールを狙うアヤックスに対してバイエルンは時間を消費するプレーに徹する。結局、試合はそのまま3-3で終了。逃げ切ったバイエルンがグループ首位通過、アヤックスが2位通過となった。 ▽また、同時刻開催となったCLグループE最終節もう一試合のベンフィカvsAEKアテネは、1-0でベンフィカが勝利した。 ▽試合はゴールレスで迎えた後半終了間際に動く。すでにグループ3位が確定しているベンフィカは88分、ボックス右手前でFKを獲得するとグリマルドがこれを直接ゴール右に突き刺した。 ▽結局、これが決勝点となりベンフィカが1-0で勝利。敗れたAEKアテネは、グループステージ全敗でCLを後にした。 2018.12.13 07:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー②】アヤックスvsバイエルンの首位攻防戦に決勝T懸けたシャフタールvsリヨン!

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの最終節が12日に開催される。ここではE~Hの最終節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ最終節 ▽12/12(水) ◆グループE 《29:00》 アヤックス vs バイエルン ベンフィカ vs AEKアテネ ◆グループF 《29:00》 シャフタール vs リヨン マンチェスター・シティ vs ホッフェンハイム ◆グループG 《26:55》 ビクトリア・プルゼニ vs ローマ レアル・マドリー vs CSKAモスクワ ◆グループH 《29:00》 バレンシア vs マンチェスター・ユナイテッド ヤング・ボーイズ vs ユベントス ◆グループE:首位通過を懸けたアヤックスvsバイエルン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181211_20_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2週間前に行われた第5節で首位のバイエルン(勝ち点13)、2位のアヤックス(勝ち点11)の決勝トーナメント進出および、3位ベンフィカ(勝ち点4)のヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント行きが決定した。 ▽そして、この最終節の注目ポイントは首位通過を懸けたアヤックスvsバイエルンの直接対決だ。AEKアテネとの前節で勝利を飾り13シーズンぶりの決勝トーナメント進出を果たしたアヤックスは直近のリーグ戦でも格下相手に2試合連続の大勝。圧倒的な強さを誇るヨハン・クライフ・アレナでバイエルンから勝ち点3奪取を狙い、逆転での首位通過を目指す。 ▽対するバイエルンは前節のベンフィカ戦で5-1の大勝を飾り、公式戦3試合ぶりの白星を飾った。直近のリーグ戦ではブレーメン相手に苦戦も、ニュルンベルク戦では3-0の快勝を飾り、目下公式戦3連勝中だ。ホームで戦ったアヤックスとの前回対戦では1-1のドローとほぼ互角の戦いぶりとなっただけに、首位通過のため最低限の勝ち点1を持ち帰るような堅実な試合運びが求められるところだ。 ▽共に3位と最下位が確定しているベンフィカvsAEKアテネでは、今大会全敗中のAEKアテネの初勝利に期待したいところだ。 ◆グループF:決勝T進出を懸けたシャフタールvsリヨン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181211_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループFでは2位のリヨン(勝ち点7)に辛くも引き分けた首位のマンチェスター・シティ(勝ち点10)が前節終了時点で決勝トーナメント進出を決定。また、CL初参戦となった最下位ホッフェンハイム(勝ち点3)の敗退が決定している。しかし、最終節前にすべての順位は確定しておらず、最後まで白熱の攻防が期待できる。 ▽その中で最も重要な一戦となるのが、決勝トーナメント進出が懸かる3位のシャフタール(勝ち点5)と2位のリヨンによる直接対決だ。前節、ホッフェンハイム相手にキャプテンのMFタイソンの劇的決勝弾で競り勝ったシャフタールはリヨンをホームに迎えるこの一戦で勝利できれば、2年連続の決勝トーナメント進出を決められる。対するリヨンはFWコルネの2ゴールで2度のリードを得るも、シティに2度追いつかれてしまい、勝ち点1奪取にとどまった。それでも、今回の試合で引き分け以上で自力での決勝トーナメント進出、勝利且つシティがホッフェンハイムに敗れた場合、逆転での首位通過も可能だ。ただ、直近のリーグ戦では2試合連続の複数失点で1敗1分けと守備面に問題を抱えており、シャフタール戦では慎重な入りが求められる。 ▽また、首位のシティと最下位のホッフェンハイムの対戦ではシティが引き分け以上で首位通過、ホッフェンハイムは勝利且つシャフタールが敗戦した場合のみ3位でのEL決勝トーナメント出場権を獲得できる状況だ。ただ、シティは直近のリーグ戦でチェルシー相手に今季プレミア初黒星を喫しているだけにバウンスバックの一戦として高いモチベーションで臨みそうだ。 ◆グループG:EL出場を懸けて西村のCSKAモスクワが首位マドリー戦<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181211_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽幾つかの波乱が起きたもののグループGでは前節終了時点でレアル・マドリー(勝ち点12)の首位通過、ローマ(勝ち点9)の2位通過が決定。そのため、最終節では共に勝ち点4で並ぶ3位のビクトリア・プルゼニ、最下位のCSKAモスクワの3位争いが唯一の争点となる。 ▽FW西村拓真を擁するCSKAモスクワは前節、プルゼニとの直接対決に敗れたことで、首位マドリーの本拠地に乗り込むこの試合ではプルゼニを上回る結果を残すしかない厳しい状況だ。また、前回対戦で敗れているマドリーは首位通過を決めているものの、ホームでのリベンジに気合いが入っている。なお、CL2試合目の出場を目指す西村はここ最近続けてリーグ戦で先発も直近の試合では出場機会はなかった。それだけにサンティアゴ・ベルナベウでプレーするチャンスは十分にありそうだ。 ▽3位通過に向けて優位な位置にいるプルゼニだが、対戦相手のローマは直近4戦未勝利でディ・フランチェスコ監督の解任報道も出ているため、5戦ぶりの勝利を目指す相手に対して最低でも勝ち点1をもぎ取りたい。 ◆グループH:ユーベ&ユナイテッドの首位通過争い<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181211_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽三つ巴の争いが予想されたグループHでは前節終了時点で首位のユベントス(勝ち点12)、2位のマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点10)の決勝トーナメント進出および、バレンシア(勝ち点5)の3位、ヤング・ボーイズ(勝ち点1)の最下位が確定した。この最終節ではユベントスとユナイテッドの首位通過争いに注目が集まる。 ▽とはいえ、ユベントスは最下位のヤング・ボーイズとの対戦となっており、この試合で勝ち点3を逃す可能性は極めて低いと思われる。同様にバレンシアとユナイテッドは共に国内リーグでの苦戦が続いており、ほぼ順位が確定している状況で主力を起用し、週末のリーグ戦に影響を及ぼすような戦いをする可能性は低そうだ。 2018.12.12 18:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース