ニューカッスル武藤PL初先発初得点も…ユナイテッドが2点差をひっくり返し奇跡の逆転勝利《プレミアリーグ》2018.10.07 03:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルが6日に行われ、3-2でユナイテッドが勝利した。ニューカッスルの武藤嘉紀はプレミア初先発を果たし初ゴールを記録。78分までプレーした。▽公式戦4試合勝ちなし、前節は格下ウェストハムに完敗したユナイテッドは、現在3勝1分け3敗で10位に位置。日に日にモウリーニョ監督の解任話が現実味を帯びてくる中、ニューカッスル戦は直近のチャンピオンズリーグのバレンシア戦からスタメンを3選手を変更。バレンシア、フェライニ、サンチェスに代えて、ヤング、マクトミネイ、マルシャルが先発となった。対するニューカッスルは、武藤がプレミア初先発を果たした。

▽モウリーニョ監督最後の試合とも伝えられているこの試合、その噂を現実にするかのような試合展開を見せた。7分、右サイドからのスローインで再開したニューカッスルはアジョセ・ペレスのスルーパスにケネディが反応。ボックス右に侵入したケネディは冷静にGKとの一対一を制し、ニューカッスルが先制した。

▽まさか出だしとなったユナイテッド。だがこれだけでは済まなかった。先制から3分後、再び右サイドのスローインから攻撃を始めたニューカッスルは、シェルヴェイのクロスをボックス中央で収めた武藤が鋭いターンでマークに付いていたヤングの逆をつき左足を振り抜く。するとこのシュートがGKデ・ヘアの足元を抜けてネットを揺らした。

▽武藤のプレミア初先発初得点でリードを広げたニューカッスル。18分には、武藤のゴールをお膳立てしたシェルヴェイが今度は自らボックス手前から強烈なシュートを放っていく。

▽一方、このままでは本当にモウリーニョ監督の首が危ういユナイテッドは、右からのクロスにラッシュフォードが頭で合わせるが、枠の左に外してしまう。

▽ほとんど攻撃の形を作れないでいるユナイテッド。それを尻目にニューカッスルは34分のFK場面、一度相手に跳ね返されたボールを味方が頭でゴール前に入れなおすと、ここに待っていた武藤が至近距離からヘディングシュートを見舞うが、GKデ・ヘアのスーパーセーブが炸裂。まさかのビッグセーブに武藤は頭を抱えた。

▽ここまで未勝利の相手に前半だけで2失点を喫したユナイテッドは、後半に向けてマクトミネイを下げてフェライニを投入。すると51分、そのフェライニが絡んでチャンスを迎える。ヤングの右GKをファーサイドでトラップしたフェライニはボックス手前のポグバに渡す。ポグバがそこから放ったシュートはGKドゥブラフカアのファインセーブ防がれるも、ボールはゴール前のマティッチの下へ。簡単に押し込めるボールだったが、マティッチはこれをふかし、絶好の機会を逸してしまった。

▽その後もユナイテッドの攻撃は続く。前半のうちにバイリーに代わって入ったマタが左ポストをかすめるシュートを打てば、今度はポグバのクロスからラッシュフォードが頭で合わせるも、こちらも枠に飛ばすことは出来なかった。

▽早く1点を返したいユナイテッドは67分にラッシュフォードを下げてサンチェスをピッチへ。これで交代枠3枚を使い切った。

▽するとその直後、ボックス手前右で得たFKを、マタが直接決めてユナイテッドが70分に1点を返した。この1点からユナイテッドの猛攻が始まった。

▽70分台に立て続けに決定機を迎えたユナイテッドは75分に、右CKからゴール前のスモーリングがGKシュート。ここはGKドゥブラフカのファインセーブに阻まれるも、直後の76分、左サイドでボールを持ったマルシャルがポグバとのワンツーでカットインすると、そこからゴールニアサイドを打ち抜き、ついに同点とした。

▽驚異的な追い上げを見せたユナイテッドだが、今日のユナイテッドはここで終わらなかった。同点で迎えた90分、右サイドのヤングのクロスに合わせたのが途中出場のサンチェスだった。合わせに行ったマルシャルの陰に隠れる形で、小さなサンチェスが頭で流し込んで2点のビハインドから赤い悪魔が逆転に成功した。

▽歓喜に包まれるオールド・トラフォード。試合はこのまま終了を迎え、奇跡の逆転劇を見せたユナイテッドがリーグ戦3試合ぶりの勝利。公式戦では5試合ぶりの勝利を手にした。一方、武藤の初ゴールなどで2点を先攻したニューカッスルだが、まさかの逆転負けで、今季初勝利はお預けとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、スアレス後継者にユナイテッドの10番に関心か

バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナ不動のセンターFWとして活躍するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今シーズンもここまで公式戦33試合で16ゴールを記録している。しかし、直近8試合では1度しかゴールネットを揺らせず。パフォーマンス低下や32歳という年齢による衰えが見え始めている。 そのため、スペイン王者は後継者獲得を目指しており、真剣にラッシュフォードに関心を寄せている模様。しかし、同選手には契約解除金が設定されておらず、ユナイテッド側が移籍金を設定することが出来るため難しい交渉となる可能性が高い。 また、ユナイテッドはラッシュフォードをチームの主軸と考えている。もしバルセロナが同選手の獲得交渉を成功させたい場合には、1億ユーロ(約125億円)以上がかかるだろうと『ムンド・デポルティボ』は推測している。 ユナイテッド下部組織出身のラッシュフォードは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。今シーズンから背番号「10」を背負い、ベルギー代表FWロメロ・ルカクとのポジション争いを制し、ここまでの公式戦32試合で10得点8アシストを記録している。 2019.02.22 14:56 Fri
twitterfacebook
thumb

クリバリ代理人「重要なステージからオファーが届いたら…」

ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の代理人が口を開いた。イギリス『メトロ』が報じた。 セリエA屈指のセンターバックとして評価を高めるクリバリ。ナポリは9000万ポンド(約129億9000万円)以上の値をつける強硬姿勢を際立たせており、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスをはじめとする有力クラブの関心を断ち切ろうとしている。 ただ、クリバリを巡ってはユナイテッド行き希望の報道も…。代理人を務めるブルーノ・サティン氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』でクリバリの去就について、「重要なステージ」からオファーが届いた場合、移籍の可能性と主張した。 「クリバリがユベントスに? 彼はナポリのクラブと街にすごく密接だ」 「だから、ユベントスに行くために彼らを裏切ることは絶対にないはずさ。でも、プロの選手であることも忘れちゃダメだ」 「選手に重要なステージでプレーするチャンスが巡ってきたら、話は聞く。彼がいくらナポリと密接な関係であってもね」 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンも鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦32試合に出場している。 2019.02.22 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォード、2025年まで契約延長か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)に長期契約延長の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール暫定体制下でストライカーとして、さらなる進化を遂げたラッシュフォード。来シーズン限りで失効する契約の行方に多くの注目が集まっているが、延長間近に迫っているという。 ユナイテッドは将来を担う存在として期待を寄せるラッシュフォードに対して、新たに5年の延長オファーを提示。実現すれば、ラッシュフォードは2025年までユナイテッドでプレーすることになる。 ラッシュフォードはユナイテッド下部組織出身で、2015-16シーズンにトップチームデビュー。背番号「10」を継承した今シーズンはここまで公式戦32試合10得点8アシストを記録している。 2019.02.22 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラ「ユナイテッドファンは…最高だった」

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッド時代を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 “カリスマ”イブラヒモビッチは2016年夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からユナイテッドに加入。その当時、既に34歳の高齢だったこともあり、新天地での活躍に懐疑的な見解も少なからずあったが、加入当初に残した「ユナイテッドの神になる」発言に相応しく、初年度に公式戦46試合28得点を挙げ、ヨーロッパリーグとEFLカップ優勝に貢献した。 2018年途中にユナイテッドを退団したイブラヒモビッチは同年3月から活躍先をアメリカに。2年足らずのユナイテッド時代について問われると、次のように回想した。 「俺の挑戦だった。あの年齢でイングランドに行くことは。何年も『うまくいかない』なんて言われた場所にね。そういった意見は好きだ。それが引き金になり、俺のアドレナリンを生み出してくれるのさ。俺には新たなアンチが必要だった。3カ月後、彼ら全員が発言を撤回して、アンチ全員が俺の新しいファンになったんだ!」 「ああ、ユナイテッドファンは…最高だったね。それは俺がユナイテッドでプレーしていたからじゃない。あの場所にいたからこそ、彼らが与えてくれる感覚を知っているんだ。俺が誰かのケツを舐める必要はない。あのファンは本当にアメージングだった」 「プレミアリーグ初出場を今でも覚えている。ボーンマス戦だった。ゴールを決めた後、45分も俺の歌を歌ってくれた。俺自身、『ベストになるまで待ってくれ』という感じだったが、内心は『こいつら最高だな!』と思った」 2019.02.22 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ファーディナンド氏のCL優勝は古巣最大のライバル?「オープンな展開になるだろうが…」

元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の優勝予想を行った。<br><br>12日から再開したCLは、20日に決勝トーナメント1回戦ファーストレグの全日程を終了。順当に勝利したチームもあれば、初戦で苦杯をなめたチームもある中、2007-08シーズンでマンチェスター・Uのビッグイヤー獲得に貢献したファーディナンド氏は『BTスポーツ』で今シーズンのCL優勝予想を行い、古巣マンチェスター・Uの最大のライバルであるマンチェスター・シティが本命であると認めた。<br><br>「私はシーズンの初めにシティをこの大会の本命に挙げた。今でも、彼らの層の厚さはこの大会で競争相手がいないほどだと考えている。レアル・マドリーやバルサら他のビッグチームを見ても、彼らのレベルは以前程ではない。依然として高いレベルにあるが、前のようにすべてを制圧するようなチームではない」<br><br>「今シーズンはオープンな展開になるだろうが、全ポジションのレベルや層の厚さから言ってもシティがベストだと思う」<br><br>また、ファーディナンド氏とともにCL制覇に貢献したオーウェン・ハーグリーブス氏は「新たなチャンピオンが誕生する予感がする。新しい時代に入ることになるだろう」と言及し、以下に続けた。<br><br>「シティが新チャンピオンの筆頭だろうが、パリ・サンジェルマンもオールド・トラッフォードで非常に良いプレーを見せた。ただ、その中でもシティはすべてを備えたチームだ。しかし、彼らがバルセロナやレアル・マドリーを倒すことは想像し難い」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 23:20 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース