ニューカッスル武藤PL初先発初得点も…ユナイテッドが2点差をひっくり返し奇跡の逆転勝利《プレミアリーグ》2018.10.07 03:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルが6日に行われ、3-2でユナイテッドが勝利した。ニューカッスルの武藤嘉紀はプレミア初先発を果たし初ゴールを記録。78分までプレーした。▽公式戦4試合勝ちなし、前節は格下ウェストハムに完敗したユナイテッドは、現在3勝1分け3敗で10位に位置。日に日にモウリーニョ監督の解任話が現実味を帯びてくる中、ニューカッスル戦は直近のチャンピオンズリーグのバレンシア戦からスタメンを3選手を変更。バレンシア、フェライニ、サンチェスに代えて、ヤング、マクトミネイ、マルシャルが先発となった。対するニューカッスルは、武藤がプレミア初先発を果たした。

▽モウリーニョ監督最後の試合とも伝えられているこの試合、その噂を現実にするかのような試合展開を見せた。7分、右サイドからのスローインで再開したニューカッスルはアジョセ・ペレスのスルーパスにケネディが反応。ボックス右に侵入したケネディは冷静にGKとの一対一を制し、ニューカッスルが先制した。

▽まさか出だしとなったユナイテッド。だがこれだけでは済まなかった。先制から3分後、再び右サイドのスローインから攻撃を始めたニューカッスルは、シェルヴェイのクロスをボックス中央で収めた武藤が鋭いターンでマークに付いていたヤングの逆をつき左足を振り抜く。するとこのシュートがGKデ・ヘアの足元を抜けてネットを揺らした。

▽武藤のプレミア初先発初得点でリードを広げたニューカッスル。18分には、武藤のゴールをお膳立てしたシェルヴェイが今度は自らボックス手前から強烈なシュートを放っていく。

▽一方、このままでは本当にモウリーニョ監督の首が危ういユナイテッドは、右からのクロスにラッシュフォードが頭で合わせるが、枠の左に外してしまう。

▽ほとんど攻撃の形を作れないでいるユナイテッド。それを尻目にニューカッスルは34分のFK場面、一度相手に跳ね返されたボールを味方が頭でゴール前に入れなおすと、ここに待っていた武藤が至近距離からヘディングシュートを見舞うが、GKデ・ヘアのスーパーセーブが炸裂。まさかのビッグセーブに武藤は頭を抱えた。

▽ここまで未勝利の相手に前半だけで2失点を喫したユナイテッドは、後半に向けてマクトミネイを下げてフェライニを投入。すると51分、そのフェライニが絡んでチャンスを迎える。ヤングの右GKをファーサイドでトラップしたフェライニはボックス手前のポグバに渡す。ポグバがそこから放ったシュートはGKドゥブラフカアのファインセーブ防がれるも、ボールはゴール前のマティッチの下へ。簡単に押し込めるボールだったが、マティッチはこれをふかし、絶好の機会を逸してしまった。

▽その後もユナイテッドの攻撃は続く。前半のうちにバイリーに代わって入ったマタが左ポストをかすめるシュートを打てば、今度はポグバのクロスからラッシュフォードが頭で合わせるも、こちらも枠に飛ばすことは出来なかった。

▽早く1点を返したいユナイテッドは67分にラッシュフォードを下げてサンチェスをピッチへ。これで交代枠3枚を使い切った。

▽するとその直後、ボックス手前右で得たFKを、マタが直接決めてユナイテッドが70分に1点を返した。この1点からユナイテッドの猛攻が始まった。

▽70分台に立て続けに決定機を迎えたユナイテッドは75分に、右CKからゴール前のスモーリングがGKシュート。ここはGKドゥブラフカのファインセーブに阻まれるも、直後の76分、左サイドでボールを持ったマルシャルがポグバとのワンツーでカットインすると、そこからゴールニアサイドを打ち抜き、ついに同点とした。

▽驚異的な追い上げを見せたユナイテッドだが、今日のユナイテッドはここで終わらなかった。同点で迎えた90分、右サイドのヤングのクロスに合わせたのが途中出場のサンチェスだった。合わせに行ったマルシャルの陰に隠れる形で、小さなサンチェスが頭で流し込んで2点のビハインドから赤い悪魔が逆転に成功した。

▽歓喜に包まれるオールド・トラフォード。試合はこのまま終了を迎え、奇跡の逆転劇を見せたユナイテッドがリーグ戦3試合ぶりの勝利。公式戦では5試合ぶりの勝利を手にした。一方、武藤の初ゴールなどで2点を先攻したニューカッスルだが、まさかの逆転負けで、今季初勝利はお預けとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

ディ・マリアが“苦い思い出の地”イングランドに?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(30)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ディ・マリアは今シーズンがPSGとの契約最終年。退団が既定路線とされ、最近の報道で新天地としてバルセロナやユベントスといった有力クラブの名前が挙がるなど、今後の動向に注目が集まっている。 ▽だが、ディ・マリアが求む週給20万ポンド(約2900万円)の条件をクリアできるクラブは、世界中を見渡してもごくわずか。その希望を優先するならば、現時点でプレミアリーグ復帰が現実的だという。 ▽とはいえ、2015年夏に加入したマンチェスター・ユナイテッドをわずか1年で退団したディ・マリアにとって、イングランドは“苦い思い出の地”。果たして、次はどのユニフォームを着ているのだろうか。 2018.10.16 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、新鋭マクトミネイをレンタルで放出か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(21)に移籍の可能性が浮上した。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽昨シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督から才能を評価され、出場機会を増やしたマクトミネイ。だが、今シーズンはブラジル代表MFフレッジの加入もあり、ここまでプレミアリーグで2度の先発機会しかなく、そのうちの1回は不慣れなセンターバックでプレーしている。 ▽今夏の移籍市場でリーズやアストン・ビラのマクトミネイに対するオファーをことごとく蹴ったモウリーニョ監督だが、成長を促進させるべく、来年1月にレンタル移籍させる意向。そうなれば、新たにセンターバックの獲得をクラブに求める可能性がより高くなるという。 2018.10.16 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショーに延長決定的報道

ルーク・ショーの契約延長が間近…英有力メディア報道 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』は、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFルーク・ショー(23)の契約延長が“非常に間近”と報じた。 ▽2014年夏に大きな期待と共にサウサンプトンから加入して以来、2015年9月の大ケガもあり、不本意なシーズンが続いたショー。その間にジョゼ・モウリーニョ監督の構想外も取り沙汰されたが、今シーズンはここまでプレミアリーグ7試合1得点と復活を感じさせるパフォーマンスが続いている。 ▽そのショーの現行契約は、今シーズンが最終年。そのため、移籍を含む様々な憶測が飛び交っている状況だが、ユナイテッドは直面する“今シーズン限りで契約満了となる11名のうちの1人”であるショーの継続保有を希望しており、契約更新に近づいているという。 ▽なお、既報によれば、ショーの新たな契約期間は5年。契約延長に伴い、週給も15万ポンド(約2200万円)にアップすることになるとみられる。 2018.10.16 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがデ・ヘアをじろり?

▽イギリス『デイリー・メール』は、パリ・サンジェルマン(PSG)がマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)の獲得チャンスをうかがっていると報じた。 ▽2011年夏にアトレティコ・マドリーから加入して以降、ユナイテッドの守護神として世界に名を轟かせるデ・ヘア。今シーズン限りで満了を迎える契約の延長に向けた動きが長らく取り沙汰されているが、いまだ進展がない。 ▽現行契約に存在する1年の延長オプションの行使を含めて今後の動向に注目が集まるデ・ヘアだが、低調なスタートを切った今シーズンのチーム状況がなかなか新契約締結に至らない背景としてあるという。 ▽そうした停滞感が、PSGの関心をも惹きつけている様子。PSGはデ・ヘアとユナイテッドの延長交渉の行方を注意深く監視し続けており、巡ってくるかもしれない獲得機会に向け、オファーの用意を進めているとのことだ。 2018.10.15 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア、今季ユナイテッド退団か

▽イギリス『サン』は、マンチェスター・ユナイテッドに所属するエクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(33)に今シーズン終了後にも退団の可能性があると報じた。 ▽2009年にウィガンから加入して以降、一時的ながらクラブの象徴的な背番号「7」を受け継ぐなど、今や右サイドバックのレギュラー格に君臨するバレンシア。だが、先日にSNS上で沸いたジョゼ・モウリーニョ監督の解任待望論に自身の公式インスタグラムから「いいね」をしてしまい、世間の注目を集めた。 ▽そのバレンシアの現行契約は、今シーズン限り。ユナイテッドが直面する“今シーズン限りで契約満了の11名の1人”として、今後の動向が取り沙汰されている。本人は現時点でユナイテッド残留を希望しているとみられるが、上記の一件もあり、オールド・トラフォードでの将来に暗雲が立ち込めている状況という。 ▽そういった状況下にあるバレンシアを巡っては現在、ドイツや、トルコの数クラブが目を光らせている様子。現行契約の中に来年3月1日までならば行使可能な延長オプションが存在しているとされるが、ユナイテッドの決断は果たして…。 2018.10.15 13:05 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース