浅野負傷交代で原口投入のハノーファー、ウッド2発と原口のダメ押しアシストで今季初勝利《ブンデスリーガ》2018.10.07 00:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハノーファーは6日、ブンデスリーガ第7節でシュツットガルトをホームに迎え、3-1で勝利した。ハノーファーのFW浅野拓磨は14分までプレーし、FW原口元気は14分からプレーしている。

▽最下位に沈むハノーファーは前節フランクフルト戦では浅野と原口に出場機会がなかった中、チームは1-4と惨敗し、2分け4敗と未勝利が続いている。そのハノーファーは、浅野が4試合ぶりに先発となり、ここ2試合ベンチ外となっていた原口がベンチ入りした。

▽ここまで1勝2分け3敗のシュツットガルトに対し、3トップの一角に浅野が入ったハノーファーが押し込む展開で推移すると、8分にシュベクラーがミドルシュートでゴールに迫る。

▽しかし14分、左足太ももを負傷した浅野がプレー続行不可能となり、原口との交代を強いられた。原口は浅野同様、3トップの一角に入ってフュルクルク、ウッドと共に流動的に動いていく。

▽そのハノーファーは27分にゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、30分に先制した。アルボルノスの鋭い左クロスをウッドがヘディングシュートでゴール右に流し込んだ。

▽さらに前半追加タイム1分、1点目と同じような形からアルボルノスの左クロスにウッドが頭で合わせてネットを揺らし、ハノーファーが2点をリードして前半を終えた。

▽後半からトミーとニコラス・ゴンサレスを投入したシュツットガルトにハノーファーは後半開始5分、1点を返される。トミーのスルーパスをボックス左で受けたゴメスにシュートを流し込まれた。

▽さらに52分、CKからニコラス・ゴンサレスのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKエッサーがセーブ。すると55分、ハノーファーにビッグチャンス。フュルクルクがGKと一対一となり、ルーズボールをウッドがシュート。しかし、シュートをふかしてしまい、枠には飛ばせなかった。

▽続く56分、ディダヴィのミドルシュートが枠を捉えるピンチを迎えたハノーファーだったが、ここもGKエッサーが好守で凌ぐ。

▽その後は一進一退の攻防が続く中、互いに決定的なシュートシーンは生み出せない。それでも終盤の追加タイム1分、原口のアシストで勝負を決める。左サイドを抜け出した原口が右足で上げたクロスをファーサイドで受けたベブがシュートを決めた。

▽このまま3-1で試合を終わらせたハノーファーが待望の今季初勝利を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

MF原口元気、ウルグアイ戦で目指すことは「どれだけ表現できるか」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は14日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、さいたま市内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF原口元気(ハノーファー/ドイツ)がメディア陣による取材に応対。パナマ代表戦でコンビを組んだMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)とMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)との違いや、ウルグアイ戦への意気込みを語った。 ◆MF原口元気(ハノーファー) ──トップ下が南野選手で、これまでの香川選手とは違うが、どう感じているか 「比べてないからなんとも言えないですが、あまり気にしていないです。誰と組むということは。考えすぎても…。なるべくそれが自然に出るように、練習から落とし込んでいます。誰と組むとか、特徴を考える必要はあるけど、考えて形を作ると遅いです」 「ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督/北海道コンサドーレ札幌)の練習の時からそうだけど、パッと全員が同じイメージを共有できないといけないです。そういった練習はしているので、これからも数多くそういったシーンは出てくるんじゃないかなと思います」 ──ウルグアイ代表戦に向けてはどういったことを目指すか 「相手どうこうではないです。強いのは理解しているし、良い相手ということは理解しているけど、今自分たちがやっていることをどれだけ表現できるかだと思います。もちろん勝ちたいし、勝ちに行きますが、それよりも今やっていることをどれだけ表現できるか。その方が大事かなと思います」 「それが形になればいいし、ならないんであれば、試合中から色々工夫をしなくてはいけないです。森保さんが言うように、臨機応変に。試合中に自分たちでどうしていこうか。ワールドカップを戦っていても、感じました。そういった対応力というのは、出していかないといけないなと思います」 2018.10.14 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトがホームでハノーファーを撃破し開幕戦以来の白星!ハノーファーの浅野&原口は出場せず《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第6節のフランクフルトvsハノーファーが30日に行われ、4-1でフランクフルトが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、ハノーファーのFW浅野拓磨はベンチ入りも出場せず、MF原口元気はベンチ外となっている。 ▽ミッドウィークに行われたボルシアMG戦を1-3で完敗するなど開幕戦以来勝利のないフランクフルトは、その一戦からスタメンを6人変更。長谷部は3バックの中央でリーグ3試合連続スタメンとなった。 ▽一方、ミッドウィークのホッフェンハイム戦で完敗しリーグ戦未勝利が続くハノーファーは、前節からスタメンを4人変更。浅野は3試合連続のベンチスタート、原口は2試合連続のベンチ外となった。 ▽一進一退の展開が続く中、先に決定機を迎えたのはフランクフルト。36分、左CLのこぼれ球を逆サイドでつなぐとアランがクロスを供給。これは相手DFにクリアされるも、セカンドボールをボックス手前のルーカス・トロが繋ぐと、このボールをボックス右のアラーが頭で折り返し、最後はエンディカが右足で流し込んだ。 ▽先制に成功したフランクフルトは、前半アディショナルタイムにも決定機。右サイドでロングスローを受けたアラーがバイタルエリアにパスを供給。これを受けたレビッチが巧みな反転で相手DFをかわすと、相手GKとの一対一を制してゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、2点を追うハノーファーはフュルクルクとワラセを下げてウッドとウェイダントを投入する2枚替え敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはフランクフルトだった。 ▽59分、GKトラップのロングフィードは相手DFに弾き返されるも、これを味方が繋ぐと前線で競り勝ったアラーがヘディングで相手DFの裏にボールを供給。このパスでレビッチがソルグの背後を抜け出すと相手GKを引き付けて横にラストパス。並走していたデ・グズマンがこれを受けると、無人のゴールに流し込んだ。 ▽その後、ハノーファーに1点を返されたフランクフルトだが、試合終了間際の89分にデ・グズマンのスルーパスに抜け出したヨビッチがゴールネットを揺らし、勝負あり。ホームで4ゴールを奪ったフランクフルトが、開幕戦以来となる白星を飾った。一方、ハノーファーはリーグ4連敗となった。 2018.10.01 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第6節プレビュー】長谷部vs浅野&原口、久保vs宇佐美の日本人対決

▽ミッドウィークに行われた前節、バイエルンが守護神ノイアーのミスで開幕からの連勝が4で止まった。香川ドルトムントvs久保ニュルンベルクの日本人対決は香川途中出場のドルトムントが久保フル出場のニュルンベルクに圧巻の7発大勝を飾っている。迎える第6節は日曜に長谷部フランクフルトvs浅野&原口ハノーファーと、土曜に久保ニュルンベルクvs宇佐美デュッセルドルフの日本人対決が行われる。 ▽まずは長谷部フランクフルトvs浅野&原口ハノーファーから。水曜に行われたボルシアMG戦で公式戦3試合連続スタメンとなった長谷部はボランチでフル出場を果たした。しかし、チームはボルシアMGに1-3と完敗。リーグ戦では開幕節以来勝利がない中、引き続き長谷部には守備の安定をもたらす働きが求められるが、浅野&原口の動きを封じられるか。 ▽一方、ホッフェンハイム戦で途中出場を果たした浅野は終盤にゴールに迫るシーンがあったものの、今季初ゴールはならなかった。原口はまさかのベンチ外と一転して厳しい立場に立たされたが、浅野&原口は3連敗中のチームを救い、初勝利に導くような活躍を見せられるか。 ▽続いて久保ニュルンベルクvs宇佐美デュッセルドルフ。ドルトムント戦では2トップの一角で起用されたものの、圧倒的劣勢を強いられたことで見せ場を作れなかった久保。チームとしてもダメージの残る大敗を喫した中、同じく1勝のフランクフルトを下して復調となるか。 ▽レバークーゼン戦で途中出場し、ようやく今季の初出場を果たした宇佐美。見せ場は作れなかったが、チーム状態も芳しくないだけに再び宇佐美に出場のチャンスが訪れることが予想される。久保の前で代表の先輩の意地を見せられるか。 ▽ニュルンベルクに7発圧勝したドルトムントは、レバークーゼンとのアウェイ戦に臨む。香川はベンチスタートに戻って途中出場を果たしたが、チームが大勝したため、今節もベンチスタートが濃厚だ。3連敗スタートの後、2連勝と復調気配のレバークーゼンに対し、少ない出場時間でアピールとなるか。 ▽ヘルタ・ベルリン戦ではトップ下で先発復帰し、後半に両ウイングをこなすなど複数ポジションをこなしてチームの勝利に貢献した大迫。無敗を維持する好調なチーム状態の中、シュツットガルトとのアウェイ戦で今季4勝目を目指す。 ▽前節アウグスブルク戦ではレヴァンドフスキやハメス・ロドリゲスら主力を温存した中、終盤に守護神ノイアーの痛恨のファンブルでゲッツェ弟にブンデス初ゴールを許し、開幕からの連勝が4でストップしたバイエルンは、金曜にヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨む。痛恨のドローとなった中、すっきりと勝利して首位キープとしたい。 ◆ブンデスリーガ第6節 ▽9/28(金) 《27:30》 ヘルタ・ベルリン vs バイエルン ▽9/29(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs ボルシアMG シュツットガルト vs ブレーメン ホッフェンハイム vs ライプツィヒ シャルケ vs マインツ ニュルンベルク vs デュッセルドルフ 《25:30》 レバークーゼン vs ドルトムント ▽9/30(日) 《22:30》 フランクフルト vs ハノーファー 《25:00》 アウグスブルク vs フライブルク 2018.09.28 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ハノーファー指揮官、原口元気をベンチ外としつつ心配はなし「完全なる確信を持って獲得した」

ハノーファーのアンドレ・ブライテンライター監督はMF原口元気をメンバー外としたが、そのクオリティに疑いを持っているわけではないようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じた。<br><br>原口はブンデスリーガではここまで3試合に出場。しかし、先発したのは第4節のニュルンベルク戦にとどまり、前半のみで交代となった。それから3日後に行われた25日第5節ホッフェンハイム戦ではメンバー外となっている。<br><br>ホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)は原口がホッフェンハイム戦でメンバー外となった理由について「(前節の)ニュルンベルク戦でハーフタイムまでに彼の強みを出せていなかった」と述べている。<br><br>ドイツメディアでは、ハノーファーの背番号10はブライテンライター監督の信頼を勝ち取ることができていないとも伝えられるが、指揮官は「完璧な信念を持ってこの選手たちを獲得したし、彼らには素晴らしいクオリティがある」と原口らについて言及。確かな実力があることは認めているようだ。<br><br>次節のフランクフルト戦で原口がメンバー入りするのか注目を集めることになりそうだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.27 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

原口元気、新天地ハノーファーで「居場所はない」?独紙が厳しい出足と分析

今夏に行われたロシア・ワールドカップで日本代表をベスト16に導く原動力となったMF原口元気だが、新天地ハノーファーでは苦労している様子だ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。<br><br>原口はブンデスリーガではここまで3試合に出場。しかし、先発したのは第4節のニュルンベルク戦にとどまり、前半のみで交代となった。それから3日後に行われた25日第5節ホッフェンハイム戦ではメンバー外となっている。<br><br>ホッフェンハイム戦では原口に代わってヘンドリク・ヴァイダントがベンチ入りし、73分から出番を得た。『ビルト』はニュルンベルク戦で先発したことで、原口のコンディションが整っていないとアンドレ・ブライテンライター監督が判断したと、メンバー外の理由を分析する一方、指揮官の信頼を勝ち取っていないからこそ、前半のみで交代させられたと述べている。<br><br>ブライテンライター監督はニュルンベルク戦に敗れた直後、「我々はすべての試合で熱く戦わなければならない。1対1に向かう姿勢などは常に求められることでもある。前半は十分ではなかった」と暗に原口のインテンシティに不満を示すコメントも残している。<br><br>「ロシア・ワールドカップのスターに居場所はない」とセンセーショナルな見出しも打った『ビルト』。今後、原口はハノーファーでポジションを獲得することはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.26 12:45 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース