シメオネが語る世界のフットボールの潮流「W杯で気づきがあり、各リーグが競争力増している」2018.10.07 00:08 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
7日のリーガ・エスパニョーラ第8節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノにベティスを迎える。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、その攻撃的サッカーで名声を集めるベティスについて、何よりも守備面にフォーカスを当てている。

「ベティスは良い仕事を実現していて、何よりも守備面が改善されている。だから、今のような戦いぶりを見せているわけだ」

「彼らの後方にスペースがあるのかどうかは分からない。昨季のワンダでの試合では、彼らは守備時に5−4−1となり、そのためにとても強固だった。彼らの成長は守備面の仕事によって成し遂げられている」

シメオネ監督はまた、欧州のビッグクラブがシーズンスタートでつまずいている理由として、彼らと対戦するチームの守備の捉え方が変化したことを挙げている。

「ユヴェントスが確固とした歩みを見せるイタリアのリーグ以外は、すべてが競争的となっている。それは健全だと思うよ。どのチームにも可能性があるということだから」

「今回のワールドカップから各チームが気づきを得た。異なるプレーの方法があるのだ、というね。つまり守備が保証されれば、そこから攻撃を良くしていくことができるんだ」


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース