超ワールドサッカー

イニエスタ復帰の神戸、リージョ監督初陣でドロー! 最下位・長崎下せずも連敗は「5」でストップ《J1》2018.10.06 21:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグのヴィッセル神戸vsV・ファーレン長崎が、6日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-1のドローに終わった。▽5連敗中の11位・神戸(勝ち点36)は、0-5で大敗した前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを1名のみ変更。藤谷に代えて、郷家を起用した。負傷により2試合欠場していたイニエスタは、ベンチスタート。また、リージョ新監督にとっての初陣となった。

▽対する最下位・長崎(勝ち点27)は、1-2で敗北し3連勝を逃した川崎フロンターレ戦からスタメンを3名変更。島田、中村、鈴木に代えて、磯村、大本、ファンマを起用した。

▽ホームの神戸は立ち上がりから攻勢をかける。4分、7分と立て続けにウェリントンのシュートが長崎ゴールを襲えば、9分にも右CKのこぼれ球に反応した三原がボックス右からダイレクトで狙う。いずれも得点にはならなかったが、神戸はリージョ監督招へいの効果を感じさせるような攻撃的なプレーを続けていく。

▽対する長崎は神戸の勢いに押される時間が続くが、ワンプレーで試合を動かす。22分ボックス手前やや右で縦パスを受けた澤田が、神戸DFの激しいチェックを逆手に取りゴール方向へ流すようにトラップ。そのまま入れ替わってボックス右に侵攻し、GKキム・スンギュとの一対一を制した。

▽ビハインドを背負った神戸はその後、サイドに厚みを持たせつつより攻勢に出ていきまずは1点をもぎ取りに行く。すると、30分に長崎陣内左サイドでスローインを獲得。藤田のロングスローがボックス内まで届くと、ニアで飛び上がったウェリントンが頭で逸らしてボールは中央へ。走り込んだ三原が滑り込みつつ右足で強烈なシュートを放ち、スコアを同点に戻した。

▽中盤から前線に縦パスを打ち込みシャドーの選手がスルー、1トップに入っているウェリントンがワンタッチでゴール方向にパスを送り、3人目の動きをしていたシャドーが最終ラインの裏でボールを受けるという形を多用する神戸。能動的なアプローチでチャンスを作り出していくが、徐々に長崎のカウンターを受け始めるシーンも増えていく。

▽結局、試合はお互い譲らずに1-1のスコアのまま折り返し。勝負の行方は後半に持ち越された。

▽後半の立ち上がり50分、DF渡部が最終ラインでのパスミスを犯し長崎にチャンス。しかし、ボールを奪取しボックス左に侵攻したファンマはシュートまで繋げることができず。勝ち越し弾は奪えない。

▽流れを変えたい神戸は、59分に選手交代を敢行。郷家に代えて、イニエスタを投入した。直後の60分、ディフェンスラインからのフィードをウェリントンが頭で落とし、古橋がボックス左に抜け出す。左足で放ったシュートは長崎DFにディフレクトして枠を外れたものの、神戸に逆転ムードが漂う。

▽神戸のポゼッションが続いている69分、ボックス手前左でボールを持ったイニエスタが長崎DF2人を背負いつつヒールでボックス内左にスルーパスを供給。すると、藤田が完全にフリーで抜け出したが、クロスを中央のウェリントンに合わせることができず。

▽神戸が得点を決め切ることができない時間が続き、両指揮官は交代カードを切りつつ変化を付けていく。しかし、打開することができないまま時間が流れる。神戸はアタッキングサードでイニエスタから幾度か虚を突くパスが供給されるが、味方との呼吸が合わずにシュートまで至らない。

▽試合終盤の86分、長崎に大チャンスが訪れる。右サイドからクロスを上げると、ボックス内左の翁長が中央に折り返す。すると、ゴール目前に構えていたファンマがシュートを放ったが、枠の上を越えていく。

▽92分、ティーラトンが飯尾に深くスライディングしてしまい一発レッドで退場。しかし、神戸が10人になったことのアドバンテージを、長崎が残り時間の内に生かせないまま試合は終了した。

▽この結果、神戸は連敗こそ5試合でストップさせたものの、リージョ監督の初陣を勝利で飾れず。対する長崎も残留に向けて勝ち点3を手にすることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

イニエスタ、ネイマールが宿敵マドリーに加入しても「傷つかない」

▽ヴィッセル神戸に所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールについて言及している。スペイン『マルカ』がスペインのラジオ『カデナ・セル』を引用して伝えた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。今冬にはバルセロナの宿敵であるレアル・マドリーへの移籍の噂が囁かれ、最近では一転バルセロナへの復帰の可能性も浮上していた。 ▽そんな中、ネイマールとバルセロナ時代に共にプレーしたイニエスタは、ネイマールがライバルクラブに移籍しても傷つかないと主張している。 「もし仮にネイマールがレアル・マドリーに移籍しても、傷つかないよ」 「それでもバルサには毎年全てのタイトルを勝ち取るだけの偉大な選手たちが揃っているからね。ただ、ネイマールがバルサに戻ることはないと断言することはできない。彼は確かに周りと違いを生むことができる選手だからね。戻ってくることは難しいかもしれないけど、否定はできないよ」 2018.11.14 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタが語るJリーグの「良い驚き」と難しさ「一つのリズムでプレーするから…」

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが、スペインのテレビ局『クアトロ』の番組&rdquo;プラネタ・カジェハ&rdquo;でインタビューに応じた。<br><br>現在神戸は、勝ち点41で12位に位置。残り2試合の結果次第では、16位転落の可能性もあるなど、今季は残留争いに巻き込まれている。バルセロナで常にリーガ優勝を争ってきたイニエスタにとっては初の経験だが、慣れない経験に戸惑う部分もあるようだ。<br><br>「これだけ敗戦を重ねるのは、(プロデビュー以降の)15年間で一度も経験したことがない。うん、絶対なかった。悪い時期を過ごしたことはあったけれど&hellip;&hellip;。もちろん、心は痛む。負けることに慣れる? いや、慣れない。慣れないよ(苦笑)」<br><br>そして、Jリーグには「良い意味での驚き」があったとも語っている。<br><br>「良い意味で驚いたのはレベル、各チームのレベルだね。首位から最下位の勝ち点差が20とか、多くても25なんだよ。スペインだったら首位と5位で勝ち点20差だったりするのに。ここは対等なんだよ」<br><br>「(Jリーグと欧州リーグの質は同じ?)ノー、ノーだね。ここのフットボールは止まるといったことがない。勝っていようが負けていようが一つのリズムでプレーする。ポーズを置くチームはわずかだ。ずっと攻撃し続ける? うん、試合をコントロールすることが難しい。ここに来た目的の一つは、フットボールのアイデアを伝えることで、そういったプロジェクトもあるけれど」<br><br>提供:goal.com 2018.11.13 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸指揮官リージョが語るJリーグの問題とは?「ショウガナイ」という表現があるが…

ヴィッセル神戸のフアン・マヌエル・リージョ監督が、スペインのテレビ局『クアトロ』の番組『プラネタ・カジェハ』でインタビューに応じた。<br><br>今年の9月半ばに神戸指揮官に就任したリージョ。ジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)が師と仰ぐ53歳の知将は、日本の地で自身の哲学を浸透させるべく日々仕事を続けている。<br><br>そんなリージョ監督が、『クアトロ』の番組に登場。冒険家であり登山家である同番組の司会者ヘスス・カジェハ氏が神戸を訪れ、同指揮官にインタビューを行った。<br><br>現在指導をするMFアンドレス・イニエスタについて問われると、「アンドレスは私がここに来た大きな理由の一つだ」とし、元スペイン代表を絶賛している。<br><br>「アンドレスはここのプレーを象徴する選手だ。彼のプレーの解釈はすさまじい。さまざまなスペースでプレーできる選手などほかに誰も存在しない。彼はすべてのスペースでプレーできるんだ。彼はすべてを包括するスペシャリストなんだよ」<br><br>また、選手とのコミュニケーションにも言及。「言葉(通訳)には大きな問題がある。一人を介するだけならいいが、例えば、ルーカス(・ポドルスキ)と話すときは、スペイン語から日本語、日本語からドイツ語にしなくてはいけない。タイ人とも韓国人とも同じだ。組織づくりを何周もしないといけない」と明かし、言語の問題に苦労していると語った。<br><br>そして、Jリーグの特徴について以下のように語った。<br><br>「日本のフットボールは、ピッチ前方の半分は欧州レベルにも耐え得るが、後方のもう半分は違う。ペナルティーエリアで点取り屋に耐え切ることができない」<br><br>「エリア内の仕事が足りていないんだ。エリア内では意志の強さが必要だが、ここの選手たちにはそれが不足している。ここには『ショウガナイ』という表現がある。それはよくできた表現だと思うが、まるで『負けても大事ではない』と言っているようだ。しかし敗戦は適切な場所に置かなくてはならない。敗戦は実際的な問題と関連付いているからだ」<br /><br />「フットボールをエンターテインメントに導くのは、それで素晴らしいと思う。しかし私たちは人の命を救うわけでもないし、実際に功績となることを行っているわけではないんだよ」<br><br>提供:goal.com 2018.11.13 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

注目のイニエスタvsF・トーレスは痛み分け…神戸とゴールレスの鳥栖が名古屋かわし15位浮上! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節のヴィッセル神戸vsサガン鳥栖が10日、ノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽11位神戸(勝ち点40)は、2-1で勝利した前節の名古屋グランパス戦からスタメンを1人変更。三原に代えて、藤谷を起用した。 ▽4戦白星がない16位鳥栖(勝ち点36)は、1-0で勝利した前節のV・ファーレン長崎戦からスタメンを1人変更。趙東建に代わり、金崎が先発に名を連ねた。 ▽イニエスタとフェルナンド・トーレスの元スペイン代表同士が、初めて日本で相見えた一戦。試合序盤は神戸がボールを保持しボックス前まで持ち運んだが、決定的なチャンスを作るには至らない。 ▽優勢ながらもなかなかチャンスを作れない神戸は30分、敵陣中央で三田からのパスを受けたイニエスタがポドルスキとのワンツーからゴールを狙う。しかし、枠を右に外れ得点とはできず。 ▽37分、神戸がボックス左でFKを獲得。キッカーの藤田がサインプレーでファーサイドのポドルスキにクロスを供給。しかし、フリーでポドルスキが放った左足の強烈なボレーシュートも鳥栖DFにブロックされてしまう。 ▽試合は、枠内シュートは神戸1本に対し、鳥栖は1本も打てず。決定機を欠いた試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽ボールを保持する時間が多い神戸は63分、ボックス手前左のイニエスタがボックス左の三田にパスを送る。すると、三田が落としポドルスキがシュートを放ったが、ポストに嫌われた。 ▽ヒヤッとした鳥栖は直後に反撃に出る。65分、ハーフウェイライン付近から高橋秀人がボックス中央左の小野にロングフィードを供給。小野がヘディングでパスを繋ぎ最後は金崎がボックス中央手前から狙ったが、シュートはゴール右に外れていく。 ▽85分、またしても鳥栖にチャンスが訪れる。ボックス中央手前でボールを受けた途中出場の田川がボックス手前右に走り込んできた小林にパス。小林がクロスを入れるとファーサイドの小野が反応する。しかし、シュートはミートできず、土壇場の先制弾にはできない。 ▽後半もアディショナルタイムに突入した94分、神戸は最後のチャンスを得る。いつ笛が鳴ってもおかしくないこの時間に、ボックス手前中央でボールを持ったのはイニエスタ。しかし、左足で狙ったシュートは枠には飛ばず、このまま0-0で試合は終了した。 ▽この結果、神戸は連勝を逃し勝ち点41で12位に転落。一方の鳥栖(勝ち点37/-6)はリーグ3試合負けなしとし、名古屋グランパス(勝ち点37/-8)を抜き15位の残留圏内に浮上した。 2018.11.10 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸MFイニエスタが語るJリーグの印象は?! スペインでのあの解任劇にも言及

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、レアル・マドリーを解任されたフレン・ロペテギ前監督について、そしてJリーグについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)直前にレアル・マドリーへ引き抜かれ、スペイン代表指揮官の座を追われたロペテギ監督。さらに、今シーズンから采配を振るったマドリーでも成績不振に陥り、先月29日に解任された。 ▽ロペテギ監督下のスペイン代表でも重要な役割を担ったイニエスタは、元指揮官へメッセージを送ったことを明かしている。 「僕と(フレン・)ロペテギは良好な関係で、彼はいつも僕を信頼してくれた」 「ナショナルチームでの彼は僕を上手く扱ってくれて、自分が重要な存在なんだと常に感じさせてくれたよ」 「ワールドカップで起こったようなことを起こしたくはなかった。彼が解任された時にはメッセージを送ったよ」 ▽また、イニエスタは今年の夏にバルセロナを退団して神戸に加入。明治安田生命J1リーグのレベルに驚いたとコメントしている。 「日本のリーグのフィジカリーな要求やテクニックのレベルの高さには驚かされたよ」 「競争を保ちたいと思ったし、僕は日本のリーグでそうすることができる」 2018.11.07 22:30 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース