イニエスタ復帰の神戸、リージョ監督初陣でドロー! 最下位・長崎下せずも連敗は「5」でストップ《J1》2018.10.06 21:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグのヴィッセル神戸vsV・ファーレン長崎が、6日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-1のドローに終わった。▽5連敗中の11位・神戸(勝ち点36)は、0-5で大敗した前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを1名のみ変更。藤谷に代えて、郷家を起用した。負傷により2試合欠場していたイニエスタは、ベンチスタート。また、リージョ新監督にとっての初陣となった。

▽対する最下位・長崎(勝ち点27)は、1-2で敗北し3連勝を逃した川崎フロンターレ戦からスタメンを3名変更。島田、中村、鈴木に代えて、磯村、大本、ファンマを起用した。

▽ホームの神戸は立ち上がりから攻勢をかける。4分、7分と立て続けにウェリントンのシュートが長崎ゴールを襲えば、9分にも右CKのこぼれ球に反応した三原がボックス右からダイレクトで狙う。いずれも得点にはならなかったが、神戸はリージョ監督招へいの効果を感じさせるような攻撃的なプレーを続けていく。

▽対する長崎は神戸の勢いに押される時間が続くが、ワンプレーで試合を動かす。22分ボックス手前やや右で縦パスを受けた澤田が、神戸DFの激しいチェックを逆手に取りゴール方向へ流すようにトラップ。そのまま入れ替わってボックス右に侵攻し、GKキム・スンギュとの一対一を制した。

▽ビハインドを背負った神戸はその後、サイドに厚みを持たせつつより攻勢に出ていきまずは1点をもぎ取りに行く。すると、30分に長崎陣内左サイドでスローインを獲得。藤田のロングスローがボックス内まで届くと、ニアで飛び上がったウェリントンが頭で逸らしてボールは中央へ。走り込んだ三原が滑り込みつつ右足で強烈なシュートを放ち、スコアを同点に戻した。

▽中盤から前線に縦パスを打ち込みシャドーの選手がスルー、1トップに入っているウェリントンがワンタッチでゴール方向にパスを送り、3人目の動きをしていたシャドーが最終ラインの裏でボールを受けるという形を多用する神戸。能動的なアプローチでチャンスを作り出していくが、徐々に長崎のカウンターを受け始めるシーンも増えていく。

▽結局、試合はお互い譲らずに1-1のスコアのまま折り返し。勝負の行方は後半に持ち越された。

▽後半の立ち上がり50分、DF渡部が最終ラインでのパスミスを犯し長崎にチャンス。しかし、ボールを奪取しボックス左に侵攻したファンマはシュートまで繋げることができず。勝ち越し弾は奪えない。

▽流れを変えたい神戸は、59分に選手交代を敢行。郷家に代えて、イニエスタを投入した。直後の60分、ディフェンスラインからのフィードをウェリントンが頭で落とし、古橋がボックス左に抜け出す。左足で放ったシュートは長崎DFにディフレクトして枠を外れたものの、神戸に逆転ムードが漂う。

▽神戸のポゼッションが続いている69分、ボックス手前左でボールを持ったイニエスタが長崎DF2人を背負いつつヒールでボックス内左にスルーパスを供給。すると、藤田が完全にフリーで抜け出したが、クロスを中央のウェリントンに合わせることができず。

▽神戸が得点を決め切ることができない時間が続き、両指揮官は交代カードを切りつつ変化を付けていく。しかし、打開することができないまま時間が流れる。神戸はアタッキングサードでイニエスタから幾度か虚を突くパスが供給されるが、味方との呼吸が合わずにシュートまで至らない。

▽試合終盤の86分、長崎に大チャンスが訪れる。右サイドからクロスを上げると、ボックス内左の翁長が中央に折り返す。すると、ゴール目前に構えていたファンマがシュートを放ったが、枠の上を越えていく。

▽92分、ティーラトンが飯尾に深くスライディングしてしまい一発レッドで退場。しかし、神戸が10人になったことのアドバンテージを、長崎が残り時間の内に生かせないまま試合は終了した。

▽この結果、神戸は連敗こそ5試合でストップさせたものの、リージョ監督の初陣を勝利で飾れず。対する長崎も残留に向けて勝ち点3を手にすることはできなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

神戸が新体制を発表! ビジャは「7」、山口蛍は「5」、西大伍は「22」、三田啓貴は3つ目の背番号「14」

ヴィッセル神戸は17日、新体制発表会を開き、2019シーズンにおける選手背番号を発表した。 フアン・マヌエル・リージョ監督を迎え、本格的な1シーズン目を迎える神戸は、新シーズンに向けて、元スペイン代表FWダビド・ビジャをニューヨーク・シティFCから獲得。また、鹿島アントラーズからDF西大伍、セレッソ大阪からMF山口蛍、ガンバ大阪からDF初瀬亮を獲得した。 ビジャはスペイン代表などでこれまで着けていた「7」を着用。また、山口は「5」、西大伍は鹿島時代と同じ「22」、初瀬は「19」を着用する。 また、2018シーズンに加入したMF三田啓貴は当初「8」を着用していたが、MFアンドレス・イニエスタの加入によりシーズン途中に「7」へ変更。しかし、ダビド・ビジャが加入し「7」を譲ったことで、1年間で3つ目の背番号「14」を背負うこととなった。 新体制発表には、スポーツダイレクターの三浦淳寛が登壇し挨拶。今シーズンの目標に「ACL出場」を掲げ、将来的なアジア制覇を口にした。 神戸は24日にアメリカへと移動。その後トレーニングを行い、コロンバス・クルー、ロサンゼルスFC、トロントFC、オレンジカウンティSCとプレシーズンマッチを行う。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.前川黛也 18.キム・スンギュ 28.吉丸絢梓 29.荻晃太 30.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">伊藤元太</span>☆←(松山工業高校)※新加入 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.那須大亮 3.渡部博文 15.宮大樹 19.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">初瀬亮</span>☆←(ガンバ大阪)※完全移籍 22.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">西大伍</span>☆←(鹿島アントラーズ)※完全移籍 25.大崎玲央 32.橋本和※背番号変更「22」 34.藤谷壮 40.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">小林友希</span>☆←(ヴィッセル神戸ユース)※昇格 <span style="font-weight:700;">MF</span> 5.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">山口蛍</span>☆←(セレッソ大阪)※完全移籍 8.アンドレス・イニエスタ 14.三田啓貴※背番号変更「8」 20.増山朝陽 23.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ウエスクレイ</span>☆←(セアラ/ブラジル)※復帰 24.三原雅俊 27.郷家友太 31.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">中坂勇哉</span>☆←(ペララーダ/スペイン)※復帰 35.安井拓也 <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ダビド・ビジャ</span>☆←(ニューヨーク・シティFC)※完全移籍 10.ルーカス・ポドルスキ 13.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">小川慶治朗</span>☆←(湘南ベルマーレ)※復帰 16.古橋亨梧 17.ウェリントン 21.田中順也 2019.01.17 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸、元日本代表DF伊野波雅彦の契約満了を発表

ヴィッセル神戸は17日、元日本代表DF伊野波雅彦(33)の契約満了を発表した。 FC東京や鹿島アントラーズ、ハイドゥク・スプリトなどでプレーした伊野波は、2016年にジュビロ磐田からヴィッセル神戸に復帰。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに10試合出場した。 神戸退団が決定した伊野波は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さま、応援いただきありがとうございました」 2019.01.17 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸U-18DF小林友希が正式昇格 昨季J1デビューの左利き大型CB

ヴィッセル神戸は15日、同クラブU-18に所属するDF小林友希(18)のトップチーム昇格を発表した。 兵庫県出身の小林は、U-12カテゴリーから一貫して神戸の育成機関でプレーする左利きの大型センターバック。2016年から2種登録選手としてトップチーム入りし、昨年の明治安田生命J1リーグでJ1デビューを飾るなど2試合に出場した。 また、世代別の日本代表としてもプレー。アジアカップに臨むA代表の国内合宿にもトレーニングパートナーとして参加した。トップチーム正式昇格を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「この度ヴィッセル神戸に昇格させて頂くことになりました。幼い頃からずっと目標にしていたプロサッカー選手になることができて本当に嬉しいです。そしてそのキャリアを幼稚園のスクールの時からずっとお世話になってきたヴィッセル神戸で始められることは本当に嬉しいです」 「自分がここまで来られたのは家族、チームメイト、指導していただいたコーチの方々、友人、アカデミー・トップチームのファンサポーターの皆様、今まで自分に関わってくれた全ての皆様のおかげです。本当に感謝しています」 「しかし僕のサッカー選手としてのゴールはここではありません。僕が今までお世話なってきたヴィッセル神戸、そしてお世話になってきた方々に恩返しできることは、僕が成長し、ピッチで活躍し、ヴィッセル神戸を日本、アジア、世界でトップのクラブにすることだと思います」 「ヴィッセル神戸が、そして生まれ育ってきた神戸という街が今まで以上にサッカーで発展していけるように、僕自身、その力になれるように精一杯努力していきます。これからも応援よろしくお願いします。 2019.01.15 15:21 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸FWポドルスキがブンデス復帰の可能性「6、7月に何が起こるか見てみよう」

ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が、ブンデスリーガで再びプレーする可能性を否定しなかった。 ポドルスキは、ケルンやバイエルンでプレーしたのち、アーセナルやインテル、ガラタサライでプレー。2017年に神戸へと加入した。 ワールドカップチャンピオンの加入に大きく沸くと、2018年には神戸に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも加入。ワールドクラスのプレーを2人で見せるなど、多くのファンを沸かせた。 2019シーズンはさらに元スペイン代表FWダビド・ビジャが加入し、大きな注目を集める中、ポドルスキはドイツ・グンマースバッハでのチャリティマッチに参加。そこで、今後のキャリアについて語った。 ポドルスキは「僕はとても健康で、完全にフィットしている」と自身の状態をコメント。ブンデスリーガへの復帰を問われると「どうしてだい?僕はまだブンデスリーガでプレーできると思っているよ」とコメントした。 ポドルスキは古巣のケルンを心から愛しており、現在も試合のチェックを欠かさない。ケルンからのオファーはないものの、「ケルンのことはよく聞かれる。でも、僕は毎回同じことを話すつもりはないよ」と復帰の可能性を否定。また、神戸との契約が残っており、Jリーグでプレーすることを最優先にしているとも明かした。 「僕は今年も契約を結んでいる。日本ではとても気分良く過ごしている。6、7月ごろにクラブと話そうと思っている。そこで何が起こるか見てみよう」 なお、ポドルスキは楽天と4年間のパートナーシップ契約を結んだとのこと。今シーズンも当面はポドルスキのプレーをJリーグで見られそうだ。 2019.01.14 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸、ブラジル人MFウェスクレイの復帰を発表! 「タイトルを獲得したい」

ヴィッセル神戸は11日、セアラーSC(ブラジル)に期限付き移籍していたブラジル人MFウェスクレイ(27)が、期限付き移籍期間満了に伴い2019シーズンから復帰することを発表した。 ウェスクレイは、2010年に母国のアトレチコ・ミネイロでプロとしてのキャリアをスタートさせた後、複数の国内クラブをレンタルで渡り歩く。神戸には2017シーズンから加入し、初の海外挑戦で明治安田生命J1リーグ13試合、ルヴァンカップ4試合、天皇杯2試合に出場したが、昨シーズンは期限付き移籍でセアラーSCに加わっていた。 ウェスクレイは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MFウェスクレイ 「ヴィッセル神戸へ復帰する事になり、本当に幸せに思います。沢山のゴールを決め、チームに貢献し、タイトルを獲得したいです。サポーターの皆様と共に喜びを分かち合いたいと思います」 2019.01.11 15:55 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース