リヨン、期待の若手MFトゥザールと2023年まで契約延長2018.10.06 02:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リヨンは5日、U-21フランス代表MFリュカ・トゥザール(21)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約から1年延長した格好だ。

▽ヴァランシエンヌの下部組織出身のトゥザールは、2015年1月にトップチームデビューを果たすと同年8月にリヨンへ完全移籍。加入当初はセカンドチームでのプレーが続いたが、12月にトップチームデビュー。これまでリヨンでは3シーズンで公式戦84試合に出場。今季もリーグ・アンで7試合に出場している。

▽また、フランス代表としてU-19から選出されてきたトゥザールは、2016年の夏に行われたU-19欧州選手権にフランス代表のキャプテンとして出場し、6年ぶりの優勝に貢献。自身も大会の優秀選手に選出された。
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナがリヨン戦に臨む招集メンバーを発表!古巣対戦のユムティティがメンバー入り《CL》

バルセロナは17日、19日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのリヨン戦に向けた招集メンバー21名を発表した。 ホームで行われる一戦に向け、エルネスト・バルベルデ監督は、FWリオネル・メッシやFWルイス・スアレス、MFセルヒオ・ブスケッツDFジェラール・ピケなど主力を順当に選出した。さらに決勝トーナメントから登録メンバー入りした新加入のFWケヴィン=プリンス・ボアテングや古巣対戦となる負傷明けのDFサミュエル・ユムティティもメンバー入りした。 その一方で、ケガで離脱が続いているGKイェスパー・シレッセンとMFアルトゥールは引き続き招集外となった。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆バルセロナ招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン</span> <span style="font-weight:700;">イグナシオ・ペーニャ</span> <span style="font-weight:700;">ホキン・エスキエタ</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ネウソン・セメド</span> <span style="font-weight:700;">ジェラール・ピケ</span> <span style="font-weight:700;">クレマン・ラングレ</span> <span style="font-weight:700;">ジェイソン・ムリージョ</span> <span style="font-weight:700;">ジョルディ・アルバ</span> <span style="font-weight:700;">セルジ・ロベルト</span> <span style="font-weight:700;">サミュエル・ユムティティ</span> <span style="font-weight:700;">ムサ・ワゲ</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ブスケッツ</span> <span style="font-weight:700;">フィリペ・コウチーニョ</span> <span style="font-weight:700;">ウスマーヌ・デンベレ</span> <span style="font-weight:700;">アルトゥーロ・ビダル</span> <span style="font-weight:700;">カルレス・アレーニャ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span> <span style="font-weight:700;">マウコム</span> <span style="font-weight:700;">ケヴィン=プリンス・ボアテング</span> 2019.02.18 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「新たなポグバになれる」リヨン指揮官、教え子エンドンベレの才能を大絶賛

リヨンのブルーノ・ジェネジオ監督が、教え子タンギ・エンドンベレについて称賛している。<br><br>ユベントスやマンチェスター・シティなど、ビッグクラブへのステップアップのうわさが絶えないエンドンベレ。すでに移籍市場では注目銘柄となっているが、その実力にはリヨンの恩師ジェネジオ監督も太鼓判を押している。<br><br>指揮官ジェネジオはイタリアメディア『トゥットスポルト』に対して「エンドンベレはすでにフィジカル面、技術面でも成功できる選手だ」と語っている。<br><br>「相手のコンタクトを苦にしないし、囲まれながらでも的確なパスができる。そしてドリブルはしっかりキープできる力があるし、止めることも難しい」<br><br>「彼の実力に疑いの余地はない。私はあまり誰かとの比較が好きではないが、エンドンベレは新たな(ポール)ポグバになれる存在だ」<br><br>フランス代表MFポグバと比較したうえでジェネジオ監督は「タンギが将来的にユーベのようなクラブに移籍しても全く驚かないし、トップクラブで主軸になれる存在だ。ただ、今は彼がリヨンで成長する姿を間近に見ることができて楽しいよ。ただ、まだ得点力が物足りないかもね。シーズンに8~10ゴール決めるような選手になってほしい」と続け、教え子に期待を寄せている。<br><br>エンドンベレは昨年9月にリヨンと2023年まで契約を延長。だが恩師ジェネジオはエンドンベレがいつビッグクラブに引き抜かれても不思議ではないと見ているようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.17 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサがリヨンに負けることを望むムバッペ

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、チャンピオンズリーグ(CL)でバルセロナがリヨンに負けてほしいと思っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 CL・ラウンド16でマンチェスター・ユナイテッドと対戦したPSGは、ファーストレグではムバッペのゴールなどで敵地で2-0で勝利し、ベスト8進出に大きく前進した。 ムバッペは、今後優勝に向けて大きな壁となり得るバルセロナに向けて、リヨン戦での敗退を望んでいることを明らかにした。だがそれは難敵だからというわけではないようだ。その理由をフランス『RMC』に語った。 「僕たちはリヨンを応援する。僕はフランスのサッカーがヨーロッパの国際大会においてもっと発展することを願っているんだ」 弱冠20歳とは思えないコメントである。リヨンはマンチェスター・シティ、シャフタール・ドネツク、ホッフェンハイムと同居したグループFにおいて、わずか1勝ながら残りは5分け無敗という勝負強さを見せて突破を決めた。なお、1勝はアウェイでシティを破ったもの。 そのリヨンの決勝トーナメント1回戦は19日に行われる。まずはホーム戦、バルセロナに一泡吹かすことはできるだろうか。 2019.02.14 15:32 Thu
twitterfacebook
thumb

「僕らもリヨンを応援する」ムバッペ、母国リーグのファンにあるお願い

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、欧州大会について母国リーグのファンにあるお願いをしている。イギリス『BBC』が伝えた。 PSGは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。ネイマールとカバーニの両主軸が負傷欠場と不安を抱えてこの一戦に臨んだが、53分にキンペンベのゴールで先制すると、60分にはディ・マリアのクロスをムバッペが押し込み、2-0で先勝した。 試合後、ムバッペはネイマールとカバーニ不在の中での勝利を喜ぶと共に、フランスのサッカーファンに向けて欧州大会に出るリーグ・アンのクラブへの応援を要求。自身も19日のリヨンvsバルセロナでは、リヨンを応援することを明かしている。 「不安がる話はやめるべきだよ。それを僕らは今夜、証明することができた」 「もちろんネイマールもカバーニも僕らにとってとても重要さ。でもフットボールはピッチでプレーするもんなんだ。それを示したんだよ」 「フランスサッカー界は、可能な限りヨーロッパの大会で勝ち進まなくてはならない。ファン・サポーターにはフランスサッカー界全体を応援してほしい。僕らも来週はリヨンを応援するよ」 2019.02.13 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがエンドンベレに関心…すでに代理人と接触か

マンチェスター・ユナイテッドが、リヨンに所属するフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えた。 2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは、中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、加入初年度となった昨季は公式戦50試合に出場し1ゴール8アシストの数字を残した。 得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、トリッキーな足技も兼ね備えた万能型MFは、同胞MFポール・ポグバやコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレを想起させるハイポテンシャルの持ち主だ。 今回伝えられるところによると、ユナイテッドはエンドンベレの獲得に興味を示しており、既に代理人と接触したという。しかし、フランス代表MFにはユベントスを含む複数クラブが関心を寄せている模様。中でも、当人が「移籍する可能性があった」と発言した通り、マンチェスター・シティは昨夏にもオファーを提示しており、長期間動向を追っているようだ。 なお、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長は、昨年9月に2023年までの新契約を締結したエンドンベレを8000万ユーロ(約100億円)と評価しているとのことだ。 2019.02.09 14:15 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース