大阪産業大MF渡部大樹が秋田に来季加入内定「チームのために全力で戦うので、応援よろしくお願いします」2018.10.05 16:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ブラウブリッツ秋田は5日、大阪産業大学MF渡部大樹(22)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。▽生野南FCで育った渡部は、イーリス生野でのプレーを経て私立興國高校に入学。現在は大阪産業大学に在学中だ。

▽渡部は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

◆MF渡部大樹
「ブラウブリッツ秋田に加入することになりました、渡部大樹です。ここまで自分に関わり、支えてきてくださった周りの方々のおかげでプロサッカー選手としてのスタートを切ることが出来ます。感謝の気持ちを忘れることなく、1日でも早く感謝の気持ちをピッチで表現出来るよう努力します。チームのために全力で戦うので、応援よろしくお願いします」
コメント

No.95

大学は昨年に卒業されていますよー。

MCA JETマン

2018.10.05 19:19 Fri

関連ニュース
thumb

秋田、MF日髙慶太、FW安芸銀治の契約満了を発表

▽ブラウブリッツ秋田は7日、MF日髙慶太(28)、FW安芸銀治(24)との契約が2018シーズンをもって満了となり、2019シーズンの契約を結ばないことを発表した。 ▽日本サッカー協会会長の田嶋幸三を叔父に持つ日髙は、2016年にモンテディオ山形から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグ17試合、天皇杯1試合に出場していた。 ▽安芸は、流通経済大学卒業後の2017シーズンから秋田に加入。今シーズンは期限付き移籍でJFLのラインメール青森に加入し、JFL15試合1ゴールを記録していた。 ▽両選手は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆MF日髙慶太 「今季でブラウブリッツ秋田を去ることになりました。今シーズンは皆さんをJ2昇格に導くことが出来ず、本当に申し訳なく思うとともに、自分の力不足を感じています」 「しかし、秋田に在籍した3年間、いつも温かい言葉をかけて下さったファン・サポーターの皆さんのおかげで、どんな時も前向きに頑張ることが出来ました。本当に感謝しています。このクラブがこの先、強く太く大きくなっていくには皆さんの力が必ず必要です。どうかこれからもブラウブリッツ秋田に声援を送り続けて下さい。自分も秋田で得た喜びや悔しさ、全てを次のステップにぶつけていきたいと思います! 」 「最後にブラウブリッツ秋田に関わった全ての方に感謝します! 3年間本当にありがとうございました」 ◆FW安芸銀治 「今から2年前、希望に満ち溢れてこの秋田の地を踏みました」 「フォワードとして得点を期待されていたにも関わらず、結果という形でチームに貢献できませんでした。そんな僕に対して秋田のサポーターの方は変わらず応援してくれました。青森まで足を運んでくれた方もたくさんいました。今回このような形で秋田を離れることになりましたが、僕の人生がここで終わる訳ではありません」 「いつの日かこの経験があったから今の自分があると胸を張って言える人間になります! この後どんな人生になったとしても安芸銀治らしい人生を送ります! 2年間ありがとうございました」 2018.12.07 15:43 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪MF沖野将基が秋田へ完全移籍「ユースから7年間ありがとうございました」

▽セレッソ大阪は7日、MF沖野将基(21)がブラウブリッツ秋田へ完全移籍することを発表した。 ▽C大阪下部組織出身の沖野は、2015年にトップチーム昇格。今シーズンはU-23チームの一員として明治安田生命J3リーグで23試合1ゴールを記録した。 ▽秋田への完全移籍が決定した沖野は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「ユースから7年間、ありがとうございました。セレッソ大阪に携わる全ての人に感謝しています。いつかまた皆様の前でプレーできるように頑張ります」 ◆ブラウブリッツ秋田 「J2昇格に貢献出来るように覚悟と責任を持って頑張ります。よろしくお願いいたします」 2018.12.07 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田、間瀬秀一監督の続投発表 今年7月に復帰

▽ブラウブリッツ秋田は3日、間瀬秀一監督(45)の続投を発表した。 ▽間瀬監督は2015〜2016年まで秋田を率いた後、2017年から愛媛FCを指揮。今年5月に愛媛で監督を解任されると、7月に秋田に復帰した。 ▽今シーズンは明治安田生命J3リーグ12勝7分け13敗。復帰初年度を8位でフィニッシュした。 2018.12.03 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛DF堀田秀平がJFL奈良への完全移籍を発表

▽愛媛FCは11月30日、ブラウブリッツ秋田に期限付き移籍中のDF堀田秀平(29)が来シーズンからJFLの奈良クラブに完全移籍することを発表した。 ▽堀田は、2008年に柏レイソルU-18からコンサドーレ札幌に加入。その後、アルビレックス新潟シンガポール、秋田を経て2017年に愛媛に加入した。今シーズンは、秋田に期限付きで加入し、明治安田生命J3リーグ9試合に出場していた。 ▽奈良への完全移籍が決定した堀田は両クラブの公式サイトで、それぞれ以下のようにコメントしている。 ◆愛媛FC 「愛媛ではなかなか試合に出ることができず、悔しい思いをしましたが、経験した全てのことが力になっていると感じています。愛媛FCのさらなる発展を願っています。ありがとうございました」 ◆奈良クラブ 「この度、愛媛FCから移籍することとなりました。堀田秀平です。奈良クラブ新体制の一員になれることを大変嬉しく思うと同時に大変わくわくしています。精一杯頑張ります。よろしくお願いいたします」 2018.11.30 16:31 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田、DF薗田淳が29歳で現役引退…過去に川崎Fや町田、札幌、熊本、藤枝でプレー

▽ブラウブリッツ秋田は30日、DF薗田淳(29)の現役引退を発表した。 ▽静岡県出身の薗田は2007年に川崎フロンターレでプロデビュー後、FC町田ゼルビア、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、ロアッソ熊本、藤枝MYFCでプレー。今シーズンから秋田に加わり、明治安田生命J3リーグ1試合に出場した。 ▽12年間のプロキャリアに終止符を打つ薗田はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今シーズンをもちまして現役を引退する決断をしました。選手として輝くことは出来ず、特にここ数年は怪我と戦う苦しい日々の連続でした。何度も気持ちが折れました」 「それでもチームメイトの頑張る姿やファン・サポーターの姿を見るたびに勇気づけられ、「またこのピッチに立ちたい!立つんだ!」諦めずに続けてきました。手間のかかる自分を親身になり、サポートしてくれたメディカルスタッフの皆さんには特に感謝の想いが強いです。這いつくばってきた12年、満足はしていませんが後悔もありません。自分色のサッカー人生は大きな財産です」 「小さい頃からの夢であった「プロサッカー選手・薗田淳」を12年間も生かしてくださった川崎フロンターレ、FC町田ゼルビア、北海道コンサドーレ札幌、ロアッソ熊本、藤枝MYFC、ブラウブリッツ秋田の6クラブの関係者の皆様には心から「ありがとうございます!」と伝えたいです」 「最後にどんなときも気にかけ、応援してくださったファンの皆様。サッカーを通じて出会い、応援してくれた仲間。これまで僕に関わり指導してくれた指導者の方々。たくさんの方々の支えがあり、12年間も続けることが出来ました。そして何より自分を陰で支え、誰よりも応援してくれた家族に感謝を伝えたいです。活躍というカタチで恩返しが出来なかったことは男として、1人の人間として一生悔いが残りますがこの先の人生にその悔しさの全てをぶつけたいと思います。一生感謝」 2018.11.30 16:20 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース