UEFA選定のCL第2節ベスイレ! ハットのディバラ&ネイマールが選出2018.10.05 08:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のベストイレブンを発表した。

▽最多は、3発のボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコら3名選出のローマ。ハットトリックをマークしたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラや、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールも選ばれた。

▽なお、CL各グループステージの第3節は23日、24日に開催される予定だ。

◆UEFA選定のCLグループステージ第2節ベストイレブン
GK
ネト(バレンシア)
DF
アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
アレックス・テレス(ポルト)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
MF
ジェンギズ・ユンデル(ローマ)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
FW
パウロ・ディバラ(ユベントス)
エディン・ゼコ(ローマ)
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
コメント
関連ニュース
thumb

内転筋に問題抱えるネイマール、CL大一番は間に合う?ムバッペ「クオリティを証明するはず」

パリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールは、ツルヴェナ・ズヴェズダとの大一番に問題なく出場できるようだ。フランス『RMC』が伝えた。<br><br>ブラジル代表として参加した先月の代表ウィーク以来、内転筋の問題が続いているネイマール。24日のリーグ・アン第14節を欠場すると、続く第15節は57分で途中交代に。そして第16節はメンバー外となっており、状態が心配されていた。<br><br>PSGは11日にチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ最終節で、決勝トーナメント進出をかけてツルヴェナとの大一番に挑む。前日会見に出席したトーマス・トゥヘル監督だが、ネイマールは間に合うだろうと語っている。<br><br>「9日には個別トレーニングを受け、(会見後には)全体練習に参加するだろう。通常通り走ることができれば、彼はプレーする」<br><br>そして、キリアン・ムバッペもブラジル代表FWの出場は問題ないと語っている。<br><br>「明日プレーするだろうね。そして、僕らを助けるためにそのクオリティを証明するはずだ」<br><br>「最近は僕らと一緒に多く練習できたわけではないが、彼のような選手には問題ない。どんどん良くなっているよ」<br><br>大混戦となったグループCで、勝ち点8で2位につけるPSG。ツルヴェナ戦では、勝利すれば無条件で決勝トーナメント進出が決定する。<br>><br>提供:goal.com 2018.12.11 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー①】リバプールvsナポリの決勝T進出を懸けた大一番、スパーズとインテルの運命は

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの最終節が11日と12日に開催される。ここではA~Dの最終節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ最終節 ▽12/11(火) 《26:55》 ◆グループD ガラタサライ vs ポルト シャルケ vs ロコモティフ・モスクワ 《29:00》 ◆グループA クラブ・ブルージュ vs アトレティコ・マドリー モナコ vs ドルトムント ◆グループB バルセロナ vs トッテナム インテル vs PSV ◆グループC リバプール vs ナポリ ツルヴェナ・ズヴェズダ vs パリ・サンジェルマン ◆グループA:アトレティコが勝利で首位通過へ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2週間前に行われた前節、グループAでは首位アトレティコ・マドリー(勝ち点12)がモナコ(勝ち点1)に順当に勝利した一方、2位ドルトムント(勝ち点10)がクラブ・ブルージュ(勝ち点5)にゴールレスで引き分け、2ポイント差に広がった。最終節、アトレティコは勝利で首位通過が決まる状況となった。 ▽既にクラブ・ブルージュがヨーロッパリーグ(EL)に回れる3位を確定させているため、アトレティコとしては油断さえしなければ勝利できる相手。確実に首位通過を果たし、決勝トーナメントに繋げたい。 ▽一方のドルトムントはモナコに勝利することが逆転での首位通過の条件。さらにアトレティコが引き分け以下に終わる必要があり、2位通過が濃厚だが勝利してアトレティコの結果を待ちたい。 ◆グループB:トッテナムとインテル、勝ち上がるのは<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループBでは前節、首位バルセロナ(勝ち点13)が最下位PSV(勝ち点1)に勝利して最終節を残して首位通過を決めた。そしてトッテナム(勝ち点7)がインテル(勝ち点7)に1-0で競り勝ち、直接対決でのアウェイゴール差により2位に浮上した。迎える最終節、勝利すれば決勝トーナメント進出を決められるトッテナムは首位通過の決まっているバルセロナとカンプ・ノウで対戦する。 ▽主力を温存してくることが予想されるバルセロナに対し、トッテナムは直近のレスター・シティ戦ではケインとエリクセンを先発から外し、温存することができた。万全の状態で臨める中、勝ち点3を持ち帰って2年連続ベスト16進出を決められるか。 ▽対するインテルは最下位が確定しているPSV(勝ち点1)相手にホームで勝利した上でトッテナムが躓くことを願う状況。バルセロナの控え選手たちの頑張りに期待したいところだ。 ◆グループC:追い詰められたリバプールと首位ナポリの激突<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループCでは前節、パリ・サンジェルマン(勝ち点8)がリバプール(勝ち点6)との大一番を制し、2位に浮上した。そしてナポリ(勝ち点9)が最下位ツルヴェナ・ズヴェズダ(勝ち点4)に快勝し首位をキープした。迎える最終節、3位リバプールと首位ナポリの決勝トーナメント進出を懸けた大一番が行われる。 ▽PSGがツルヴェナに勝利することを想定すると、リバプールとしてはナポリを上回ることが決勝トーナメント進出の条件となる。そのためにはナポリと得失点差で並ぶ1-0の勝利か、2点差以上を付けての勝利が必要となる。アウェイゴールを許した場合、1点差での勝利では当該対決でナポリに軍配が上がることから、リバプールとしては失点をせずに試合を進めたいところだ。 ▽対するナポリは引き分けでも死の組を突破できる状況。直近のフロジノーネ戦ではメルテンスやカジェホン、アルビオルらを起用せずに済んでおり、リバプール戦に向けて万全の状態。完全アウェイの中、劣勢が予想されるが、慌てず対応できるか。昨季、グループステージ敗退に終わった悔しさを晴らしたい。 ▽ツルヴェナ相手に引き分けでも決勝トーナメント進出となるPSGは、リーグ戦ではここ2試合引分けと失速しているが、足をすくわれることなくこの難しいグループを突破できるか。 ◆グループD:ELに回るのはガラタサライかロコモティフか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループDでは前節、首位ポルト(勝ち点13が2位シャルケ(勝ち点8)に快勝し、1試合を残して首位通過を決めた。敗れたシャルケは2位での通過が決まった。よってグループD最終節の見どころは、最下位ロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)と、3位ガラタサライ(勝ち点4)によるEL出場権を争う一戦となる。 ▽ガラタサライでは前節、長友が肺気胸から復帰したが、ロコモティフに敗戦してしまった。最終節ではポルトとのホーム戦で勝利すれば自力での3位死守となるが、長友はチームの勝利に貢献できるか。 2018.12.11 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

CL決勝T進出を目指すインテル指揮官「唯一の過ちはバルセロナのことを考えること」

インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が、11日に行われるPSV戦の前日記者会見に出席し、意気込みを語った。<br><br>インテルは11日、チャンピオンズリーググループB最終節でPSVとジュゼッペ・メアッツァで対戦する。現在3位につけるインテルのグループ突破は、カンプノウで行われる首位バルセロナと2位トッテナムの試合結果にも左右されるが、スパレッティ監督はPSV戦での勝利を目指す。<br><br>「この試合は、私がインテルで指揮を執り始めて以降、最も重要な試合と言える。対戦相手は第3ポットのチームであり、我々の方が第4ポットのチームだ。もし開幕前に、『最終節でトッテナムと突破を懸けて争うことになるだろう』と言われていたら、我々もガッカリはしなかったはずだ」<br><br>「チームの状態は良く、試合に勝利するための武器はすべて揃っている。ただ唯一、犯しうる過ちは、バルセロナの動向を考えてしまうことだ。我々は自分たちの試合に集中しなければならない。試合全体を通じて力を発揮し続けることができない。集中力が低下したときに、相手にチャンスを許してしまう。ビッグクラブとの差は、パルマ戦やアタランタ戦で勝てなかった所にあると思う。」<br><br>またインテル指揮官は、PSV戦の48時間前にマドリードへ赴き、コパ・リベルタドーレス決勝を観戦して物議を醸した主将FWマウロ・イカルディについて言及し、擁護した。<br><br>「何が問題なのか私は分からない。他にも選手は何人かいたし、別におかしなことはない。どこか別の場所で外食するようなものだ」<br><br>提供:goal.com 2018.12.11 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「ケーキの土台は完成した。あとチェリーだけ」ナポリ指揮官がリバプール撃破を誓う

ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督は、敵地でのリバプール撃破を誓った。<br><br>強豪ひしめくチャンピオンズリーグのグループCで5試合を終えて首位に立つナポリ。11日のアンフィールドでのリバプール戦で引き分け以上に終われば決勝トーナメント進出が決定する。この一戦を前に会見に臨んだアンチェロッティ監督は1-0で勝利した前回の試合のようにユルゲン・クロップ監督率いるチームに引導を渡したいと話した。<br><br>「今のところ我々は良い戦いができ、少しばかりのアドバンテージを持っている状態だ。ケーキの土台部分は出来上がった。あと我々に必要なのはチェリーだ。しかし、我々は安心できない状況に置かれていることを理解している。グループステージを勝ち抜くためのあと1歩が必要だ」<br><br>「自陣に引きこもってプレーするためにここに来たわけではない。ゴールを奪うことを頭に入れてプレーしなければならない。前回のホームでの試合で我々は大きな自信を得た。だからあの試合と同じようなパフォーマンスをしたいと考えている」<br><br>また、リバプールサポーターで埋め尽くされるであろうアンフィールドでプレーすることについても同指揮官は口を開いた。「ファンの情熱は凄まじいだろうが、あのようなスタジアムでプレーできることは最高だ。アンフィールドは熱狂的なファンがいる素晴らしいスタジアムだ。しかし、ナポリのファンも3000人は駆けつけてくれるだろうし、世界中にいる4000万人ものファンが我々を後押ししてくれるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムに朗報? バルサ、CLトッテナム戦はスアレス欠場濃厚、メッシは…

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦に向けたコメントを残している。『フットボール・ロンドン』が伝えた。 ▽バルセロナは11日、CL・グループB最終節でホームにトッテナムを迎える。グループBではすでに決勝トーナメント進出を決めているバルセロナに続いて、トッテナムとインテルが同じ勝ち点で並んでおり、勝ち上がり残り一枠を懸けて最終節を戦う。当該成績でインテルを上回っているトッテナムは、バルセロナ戦に勝利すれば自力突破が決まる。 ▽そんな状況の中、バルベルデ監督はトッテナム戦に向けたヒントを残した。主力温存という見方もある中で、以下のようにコメントした。 「明日(11日)は変化があるだろう。ルイス・スアレスは2試合連続で出られるほどフィットできていない」 「ラインナップをみれば、(リオネル・)メッシがいるかどうかわかるだろう。だが重要なのはモチベーションを持ってフィールドに出るということだ」 「インテルは心配する必要はない。我々は勝利に集中している。だが、トッテナムに勝っていればこのような状況にならなかっただろうけどね」 ▽トッテナムにとって、メッシが出るか出ないかは試合の行方を左右し得る重要な要素。また、PSVと対戦するインテルからしてみても、バルセロナにはどうにか勝利してほしいところ。果たして、バルベルデ監督はどのような陣容で臨むのだろうか。 2018.12.11 03:49 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース