セビージャ先制もクラスノダールの猛攻に耐え切れず逆転負け《EL》2018.10.05 06:06 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは4日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第2節でFCクラスノダールとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。▽EL初戦ではスタンダール・リエージュ相手に5-1と力の差を見せ付けたセビージャは、その後の国内リーグ戦でもレアル・マドリーから白星を挙げるなど3連勝を収めている。

▽直近のエイバル戦から5選手の変更を加えたスタメンで臨むセビージャは開始早々にピンチを迎えてしまう。3分、軽率なバックパスをクラーソンに奪われ絶体絶命。しかし、ここはクラーセンのシュートミスに助けられ事なきを得た。

▽このプレーから気合を入れ直したセビージャは12分、左サイドからのクロスをムリエルが合わせるが惜しくも枠の外。枠に収めていればというシーンだった。

▽だが、その後は攻め込まれる展開に。21分、相手の左CKからママエフにヘディングシュートを許すと、これがクロスバー直撃。さらに25分には今度はカボレのボックス手前からのシュートがクロスバーにヒット。セビージャは立て続けにクロスバーに救われる形となった。

▽互角以上の戦いを強いられるセビージャだったが、前半終了間際に先制に成功する。43分、バネガのグラウンダーのCKをノリートがダイレクトシュート。これが相手のママエフに当たってコースが変わり、GKの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。

▽セビージャがリードして迎えた後半、先にチャンスを作ったクラスノダールは55分、味方のスルーパスに反応したクラーセンが最終ラインを抜け出すも、GKと距離も詰められたためシュートコースがなくなり、このシュートもクロスバーを叩いた。

▽1点では心もとないセビージャは61分にムリエルを下げて快調アンドレ・シウバを投入。だが、嫌な予感が的中する。

▽圧倒的なクラスノダールペースで迎えた72分、敵陣中央から突破を試みたクラスノダールは、狭いスペースで細かく繋ぎ、マウリシオ・ペレイラがママエフとのワンツーで守備網を掻い潜ると、ボックス右から左ネットにシュートを突き刺し同点に追いついた。

▽ついに追いつかれてしまったセビージャはノリートとプロメスを下げてフランコ・バスケスとイェデルをピッチへ送り出す。

▽しかし、次に試合を動かしたのもクラスノダールだった。88分、ボックス手前からの強烈なFKはGKバシリクにはね返されるものの、こぼれ球にクラーセンがいち早く反応。頭で落とすと、これをオクリアシュヴィリがオーバーヘッドシュートで叩き込み、土壇場でホームチームが試合を引っくり返した。

▽その後、セビージャも攻勢を強めるものの時間が足りず万事休す。相手の猛攻に耐え切れなかったセビージャは相手に2連勝を譲る結果となってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

イェデル&サラビア弾でラツィオに連勝のセビージャがラウンド16進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのセビージャvsラツィオが20日にサンチェス・ピスファンで行われ、2-0でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計3-0でセビージャがラウンド16に進出した。 14日に敵地で行われた1stレグを1-0で勝利したセビージャ。しかし、主力を温存して臨んだ直近のリーグ戦では、下位に沈むビジャレアルに0-3と完敗を喫した。そんなセビージャは、ビジャレアル戦からスタメンを4人変更。ムニル、プロメス、アマドゥー、ウーバーに代えてイェデルやサラビア、エスクデロ、メルカドをスタメンで起用した。 一方、ラウンド16進出には勝利が絶対条件となるラツィオは、直近に行われたリーグ戦でもジェノアに逆転負けを喫した。負けられない一戦に向けてラツィオは、ジェノア戦からスタメンを2人変更。コレアとロムロに代えてカイセドとミリンコビッチ=サビッチがスタメンに入った。 セビージャは開始早々の6分にアクシデント。プレー中に左モモ裏を痛めたエスクデロがプレー続行不可能となり、プロメスが緊急投入された。それでも立ち上がりから攻勢を続けるホームチームは、20分にドリブルで持ち上がったイェデルのラストパスをボックス手前のサラビアがミドルシュート。GKストラコシャの弾いたボールを最後はイェデルが押し込んだ。 先制を許したラツィオは43分、スルーパスで左サイドを駆け上がったカタルディのクロスをボックス中央に走り込んだミリンコビッチ=サビッチが頭で合わせたが、これは枠を外した。 迎えた後半、1点を追うラツィオは49分にパトリックを下げてコレアを投入。すると55分、ミリンコビッチ=サビッチの絶妙なパスにアチェルビが反応。ゴール前まで抜け出し後方からのパスを右足ボレーで合わせたが、これはGKバシリクのファインセーブに阻まれた。 反撃に出たいセビージャだったが60分、ロムロを倒したフランコ・バスケスがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。 数的優位となったラツィオは68分、カイセドのパスでゴール前まで抜け出したインモービレがループシュートでゴールを狙ったが、これは枠の上。すると71分、中盤でボールを奪い合ったマルシッチの肘がロケ・メサの顔に当たると、主審は迷わずレッドカードを提示した。 10対10となった一戦は、79分にホームチームが再びスコアを動かす。右サイド高い位置でパスを受けたヘスス・ナバスがカットインから、ゴールエリア右付近へラストパスを供給。これに反応したサラビアがダイレクトシュートを叩き込んだ。 結局、試合はそのまま2-0で終了。ラツィオに連勝したセビージャが、2戦合計3-0でラウンド16進出を決めた。 2019.02.21 04:01 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、エメリ教え子のバネガ獲得に本腰か

アーセナルが、セビージャに所属するアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(30)の今夏獲得に向けて本腰を入れるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 アーセナルは今夏にウェールズ代表MFアーロン・ラムジーがユベントスに移籍することがすでに確定。今冬にバルセロナからスペイン人MFデニス・スアレス(24)を買取オプション付きのレンタルで獲得したが、アーセナルはさらにウナイ・エメリ監督のセビージャ時代の教え子であるバネガの獲得を目指すようだ。 昨年末にも関心が伝えられていたバネガだが、アーセナルは獲得に向けて交渉を再開する模様。バネガの契約解除金は1700万ポンド(約24億円)。同メディアはラムジーの後釜として期待を寄せているが、唯一、6月で31歳となる年齢を懸念材料として挙げている。 バレンシアやアトレティコでプレーしたバネガは、2014年から2016年までセビージャでプレー。その後、インテルに活躍の場を移すが、2017年に復帰し、ここまで公式戦39試合8ゴール7アシストを記録している。 2019.02.19 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがホームで4位セビージャを撃破! 昨年11月以来のリーグ戦白星を飾る《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節でビジャレアルvsセビージャが17日に行われ、3-0でビジャレアルが勝利した。 リーグ戦2試合勝利の無い4位セビージャが、19位に沈むビジャレアルの本拠地に乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのラツィオ戦(1-0で勝利)から先発を5人変更。イェデルやサラビア、出場停止のバネガらに代えてムニルやロケ・メサ、プロメスらが先発に名を連ねた。 一方、ミッドウィークに行われたELラウンド32・1stレグでスポルティング・リスボンに勝利したビジャレアルは、バッカやカソルラ、イボーラらが先発に起用された。 ミッドウィークにELラウンド32・2ndレグを控える両者の一戦は、立ち上がりからホームチームが攻勢を見せる入りとなる。すると20分、カソルラの右CKをゴール前に走り込んだアルバロ・ゴンサレスがダイビングヘッドでゴールネットに突き刺した。 先制したビジャレアルだが、24分にアクシデント。右もモモ裏を痛めたボネーラに代わりフネス・モリが緊急投入された。 先制を許したセビージャの反撃は29分、中盤からのロングパスをボックス右手前のアンドレ・シウバが頭で繋ぐと、これを受けたムニルがボックス右まで持ち込みシュート。しかし、これはGKアセンホの好守に阻まれた。 ビジャレアルは前半アディショナルタイム1分、イボーラの縦パスをゴールエリア左手前に走り込んだバッカがヒールパスで折り返すと、エカンビが無人のゴールにシュートを流し込んだ。 後半、2点を追うセビージャはヘスス・ナバスとフランコ・バスケスを下げてイェデルとサラビアを投入。すると57分、イェデルの右クロスからムニルがヘディングシュートを狙ったが、これは相手GKの正面を突いた。 対するビジャレアルは、67分にバッカを下げてフォルナルスを投入。さらに76分にカセレスを下げてモルラネスをピッチに送り出した。すると86分、モルラネスとのパス交換で左サイドを抜け出したペドラツァがドリブルでボックス左まで持ち上がると、そのまま左足を振り抜きゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのままタイムアップ。ホームで完勝したビジャレアルが、昨年11月以来となるリーグ戦11試合ぶりの白星を手にした。一方、敵地で完敗のセビージャは、リーグ戦3試合未勝利となった。 2019.02.18 04:35 Mon
twitterfacebook
thumb

イェデル弾でラツィオに勝ち切ったセビージャが敵地で先勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ラツィオvsセビージャが14日に行われ、アウェイのセビージャが1-0で勝利した。 昨季のベスト8進出チームのラツィオとEL最多優勝を誇るセビージャによる今ラウンド屈指の好カード。 フランクフルト、マルセイユの強豪2チームと同居したグループHを2位通過したラツィオは、直近の公式戦3連勝と好調を維持。今回の一戦に向けてはインモービレ、ミリンコ=サビッチと2人の主力を欠くも古巣対戦のコレア、ルイス・アルベルトら主力が名を連ねた。 一方、クラスノダール、スタンダール・リエージュらやや力が劣る3クラブと同居したグループJを順当に首位通過したセビージャは、直近の公式戦3戦未勝利と調子を落とす。敵地で勝利を目指すチームは元ローマのDFケアーを始め、フランコ・バスケス、アンドレ・シウバ、バネガとセリエA経験者が起用された。 試合は立ち上がりから運動量と切り替えの精度で勝るアウェイのセビージャペースで進んでいく。バネガ、サラビアを中心にうまく間でボールを受けて起点を作ると、そこにイェデルやアンドレ・シウバが絡んでボックス内に侵入していく。 なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたアウェイチームだったが、22分に先制点を奪う。カウンターで中央を突破したエスクデロがボックス左のサラビアに縦パス。そして、サラビアからの絶妙クロスに反応したイェデルがDFの死角から飛び出してワンタッチで流し込んだ。 ペースを握られる中で我慢できずに失点したラツィオはすぐさま反撃。27分にはパローロのパスに抜け出したマルシッチがゴール右からシュート。これがGKバシリクの股間を抜けたが、元ローマのDFケアーが見事なゴールカバーでかき出す。 その後は一進一退の攻防となるが、44分には足を痛めたルイス・アルベルトがプレー続行不可能となり、ラツィオはドゥルミジの緊急投入を余儀なくされた。 セビージャの1点リードで折り返した試合。早い時間帯に追いつきたいホームチームはパローロに代えてカタルディをハーフタイム明けに投入。54分にはボックス付近でのコレアの粘りからカイセドが強烈な左足シュートを放つが、これは枠の左に外れる。しかし、この直後には内転筋を痛めたバストスがプレー続行不可能となり、ルイス・フェリペの緊急投入を余儀なくされて30分を残して3枚の交代枠を使い切ることに。 一方、後半も安定した試合運びを見せるセビージャは守備の時間が長くなったものの3バックを中心に決定機を許さず。逆にロングカウンターからアンドレ・シウバが惜しい場面に絡んでいく。 その後、イェデル、エスクデロ、サラビアと先制点を演出した3選手を下げてムニル、プロメス、アマドゥーを投入して逃げ切り態勢に入る。 試合終盤には85分にルーカス・レイバ、90分にフランコ・バスケスと互いに決定機が訪れたものの、いずれも決めきることはできず、試合はこのままタイムアップを迎えた。負傷者続出などツキに恵まれたラツィオ相手に敵地で1-0の勝利を収めたセビージャが来週行われるホームでの2ndレグに向けてアドバンテージを手にした。 2019.02.15 04:55 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】最注目はラツィオvsセビージャ! ヘンクFW伊東デビューは? 16強懸けた初戦!

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが14日に開催される。グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。チェルシー、アーセナル、ナポリ、インテル、セビージャといった優勝候補、日本人選手所属クラブを中心にラウンド32初戦の見どころを紹介していく。 ◆ラウンド32・1stレグ◆ ▽2/12(火) フェネルバフチェ 1-0 ゼニト ▽2/14(木) 《26:55》 ラツィオ vs セビージャ ラピド・ウィーン vs インテル BATEボリソフ vs アーセナル ガラタサライ vs ベンフィカ スラビア・プラハ vs ヘンク FCクラスノダール vs レバークーゼン レンヌ vs ベティス オリンピアコス vs ディナモ・キエフ 《29:00》 マルメ vs チェルシー シャフタール vs フランクフルト クラブ・ブルージュ vs ザルツブルク チューリッヒ vs ナポリ セルティック vs バレンシア スポルティング・リスボン vs ビジャレアル ビクトリア・プルゼニ vs ディナモ・ザグレブ ★最注目はラツィオvsセビージャ! 実力者同士の対戦も <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_37_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今回のラウンド32の最注目カードは、昨季のベスト8進出チームのラツィオとEL最多優勝を誇るセビージャによる一戦だ。 フランクフルト、マルセイユの強豪2チームと同居したグループHを2位通過したラツィオは、国内リーグでも順位こそ7位にとどまっているもののトップ4争いに絡んでいる。直近はコッパ・イタリアでインテルを破るなど、堅守を武器としたしぶとい戦いぶりで公式戦3連勝と好調を維持。なお、難敵セビージャ撃破に向けては古巣対戦となるFWインモービレ、FWルイス・アルベルト、MFコレアの3選手に注目だ。軽傷を抱えるインモービレ、ルイス・アルベルトに関しては出場が危ぶまれるが、コレアに関しては古巣初対戦が確実だ。 一方、クラスノダール、スタンダール・リエージュらやや力が劣る3クラブと同居したグループJを順当に首位通過したセビージャは、直近の公式戦3戦未勝利と調子を落としているが、リーガエスパニョーラで3強に次ぐ4位の座をキープしている。なお、セビージャでは古巣対戦はいないものの、イタリアでプレー経験のあるMFバネガ、FWアンドレ・シウバ、MFフランコ・バスケス、MFログらの活躍に注目が集まるところだ。 比較的強豪同士の潰し合いが避けられた中、前述のラツィオvsセビージャ以外ではセルティックvsバレンシア、スポルティング・リスボンvsビジャレアルというチャンピオンズリーグ(CL)の舞台でも実現しそうな2つのカードにも注目が集まる。 スコットランドの盟主セルティックではDFティアニーやリベリアの怪人の実子、FWティモシー・ウェア、FWエドゥアールといった若手逸材のプレーに注目だ。一方、新年に入ってようやく調子が上がってきたバレンシアでは司令塔パレホと絶好調のエースFWロドリゴ・モレノの活躍がカギを握りそうだ。 共に国内リーグでは結果が出ていないスポルティングvsビジャレアルのイベリア半島ダービーでは元マンチェスター・ユナイテッドFWナニ、元アーセナルMFカソルラという偉大なベテランのパフォーマンスに要注目だ。 ★優勝候補は恵まれた組み合わせ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_37_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ラウンド32に進んだ段階で優勝候補に挙がるのは最多優勝を誇る前述のセビージャに加え、グループステージをいずれも首位通過したチェルシーとアーセナルのロンドン勢と、CLグループステージ3位敗退組のナポリとインテルの5チームだ。セビージャがラツィオという難敵との対戦が決定した一方、他の優勝候補4チームはいずれも5大リーグ以外の格下との対戦となった。 選手層を考えれば、優勝候補筆頭となるチェルシーはグループIを2位通過したスウェーデンの名門マルメと対戦。寒さの厳しい北欧でのアウェイゲームは懸念材料のひとつだが、実力差を考えれば突破の可能性は高い。ただ、今週末にマンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ、来週末には直近のリーグ戦で0-6の大敗を喫したマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝を控えており、メンバー固定傾向のサッリ監督の用兵に注目が集まる。 また、セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたエメリ監督が率いるアーセナルは、今回のラウンド32でBATEボリソフと対戦する。前述のチェルシーと同じグループLを2位通過したベラルーシの強豪との一戦に向けてアーセナルの優位は揺らがないが、ここ最近のリーグ戦での低パフォーマンスとケガ人の多さは唯一気がかりな点だ。なお、ガナーズファンにとっての楽しみはクラブOBのMFアレクサンドル・フレブとの再会だ。 パリ・サンジェルマン、リバプールと同居したCL死の組を3位で終えることになったナポリは、リーグ戦では2位をキープも首位のユベントスに大きく水をあけられ、コッパ・イタリアではミラン相手に敗退を強いられており、就任1年目となったアンチェロッティ監督としては是が非でもELのタイトルがほしいところだ。幸い、今回の対戦相手はスイスのチューリッヒと移動面を考えてもかなり恵まれた相手といえる。そのため、今回の初戦ではある程度のターンオーバーが見込まれる。 ナポリと同様にバルセロナ、トッテナムと同居したCLグループステージで3位敗退のインテルは、コッパ・イタリアでもラツィオ相手に敗退。国内リーグでは直近のパルマ戦で久々の勝利を掴んだものの、去就問題でFWイカルディがキャプテンを剥奪されるなどチーム状態は芳しくない。現在、セリエAで3位をキープしているものの下位との勝ち点差はわずかとなっており、リーグでのトップ4圏内死守と共にELタイトルを保険としておきたい。ナポリ同様にオーストリアのラピド・ウィーンと比較的ラクな対戦相手を引いており、敵地での初戦をきっちり制していきたい。 ★長友、南野、長谷部にヘンク加入の伊東がEL初参戦! <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_37_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今季のEL決勝トーナメントではグループステージを勝ち抜いたフランクフルトMF長谷部誠、ザルツブルクFW南野拓実に加えて、CL3位敗退組のガラタサライDF長友佑都、今冬の移籍市場で柏レイソルからベルギーの強豪ヘンクに加入したFW伊東純也の合計4人の日本人選手が参戦する。 絶対的な主力としてグループステージ突破に貢献した長谷部は、今回のラウンドでCL3位敗退組のウクライナの雄、シャフタールと対戦する。能力の高いブラジル人選手を中心に洗練された戦いを見せる難敵とのアウェイゲームは苦戦必至だが、ウィンターブレーク中による試合勘の欠如という付け入る隙は十分にある。 長谷部と同様に厳しい対戦相手を引いたのは長友。今回ガラタサライの相手はCL3位敗退組のベンフィカ。今冬に監督交代などゴタゴタのあったベンフィカだが、DFグリマルドやMFジョアン・フェリックス、MFジェジソン・フェルナンデスなど逸材タレントを擁している難敵だ。また、ホームのエスタディオ・ダ・ルスで圧倒的な強さを誇っているだけに、今回の初戦のホームゲームでは勝ち点3が必須となるはずだ。 昨季のベスト4チームとしてグループステージでも安定した戦いぶりを見せた南野のザルツブルクは、CL3位敗退組のクラブ・ブルージュと対戦する。長谷部や長友の対戦相手に比べて一段階力は劣るものの、グループステージではモナコに完勝した侮れない相手だ。アジアカップでフル稼働となった南野に関してはコンディションが懸念されるところだが、ここ最近目立つチームメートのステップアップ移籍の流れに乗る上で積極アピールといきたい。 最後に、アジアカップを終えてヘンクへの加入が決定した欧州初挑戦の伊東は今回のヨーロッパリーグがいきなりデビュー戦となる可能性が高い。その対戦相手はチェコの強豪スラビア・プラハだ。ヘンクの左サイドにはアーセナルも獲得を狙うFWトロサールというエースがいるため、伊東が起用されるのは右ウイングとなる。そのポジションには快速アタッカーのエンドンガラ、パントシルと似たプレースタイルの実力者が揃うが、その2人を押しのけてデビューを果たせるか。 2019.02.14 18:00 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース