乾先発のベティスがデュドランジュに3発快勝! 公式戦8試合負けなし《EL》2018.10.05 03:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスは4日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループF第2節でデュドランジュと対戦し、3-0で勝利した。ベティスの乾貴士は先発出場し71分までプレーしている。▽EL初戦のオリンピアコスと引き分けたベティスは、公式戦ここ7試合負けなしと悪くないシーズン開幕スタートを切った。大会初勝利を目指す今節は、乾やウィリアム・カルバーリョやセルヒオ・レオン、サナブリアが先発に顔を揃えた。

▽2試合ぶりにスタメンに復帰した乾の開始50秒のボレーシュートで試合に入ったベティス。前線からボールを奪いにいくスタイルで主導権を掴みにかかる。

▽しかし、3分にそのプレッシャーを掻い潜られるとクチュリエにボックスの外から鋭いミドルシュートを打たれ、危うく先制点を奪われそうになってしまう。

▽それでもホームチームがイニシアチブを握る展開に。この試合初シュートの乾が、2本目のシュートを放てば、21分にはW・カルバーリョ、30分にグアルダードがゴールに迫る。

▽34分にも乾がボックス右からシュートを放つなど攻め続けたベティスは後半立ち上がりにも、左サイドに流れたカナブリアのクロスにセルヒオ・レオンが飛び込むが上手くミートできず、シュートは枠の上へ。

▽49分には決定的な場面が訪れる。左CKをハビ・ガルシアがきれいに頭で合わせるがGKの正面。キャッチし切れていないボールをバルトラが押し込んだが、GKへのファウルを取られゴールは認められなかった。

▽圧倒的に攻めるベティスは56分、ついに均衡を破る。右サイドからのクロスをファーサイドのシドネイが頭で折り返すと、これがゴールの方向へ。相手は頭でクリアを試みるも、そのクリアボールをサナブリアが頭で押し込んでベティスに先制点が生まれた。

▽さらにベティスはその直後にグアルダードに代えてロ・セルソを投入。さらにその10分後に乾を下げてホアキンを送り出すと、試合終盤にこの交代が功を奏す。80分、ロ・セルソがカウンターゴール前まで侵攻。一度左のサナブリアに預けてボックス内で折り返しを受けると、巧みなトラップからシュートを流し込み2点目を決めた。

▽さらに88分には、再びカウンターから今度はホアキンが持ち運ぶと、ボックス左のテージョのゴールをお膳立て。

▽試合はこのまま終了。試合終盤に一気に試合を決めたベティスが今大会初勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

【先週末の海外日本人結果】長谷部誠が3連勝に貢献! 鎌田大地は今季4ゴール目を記録!

▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ▽フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠は、19日に行われたブンデスリーガ第8節のデュッセルドルフ戦に3バックの真ん中で7試合連続の先発出場。安定したディフェンスに加え、前線へのフィードで得点の起点になるなど、フル出場で7-1の大勝に貢献した。 ▽そのほか、シント=トロイデンのMF鎌田大地は、ジュピラーリーグ第11節のコルトレイク戦に先発。今季4ゴール目となる先制点を奪ったが、チームはその後逆転を許し、1-3で敗れている。 [シント=トロイデン]鎌田大地 A 1-3 コルトレイク ● フル出場、7分に今季4点目を記録 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 A vs アーセナル 月曜日開催 [ニューカッスル]武藤嘉紀 H 0-1 ブライトン ● 74分までプレー [サウサンプトン]吉田麻也 A 0-0 ボーンマス △ ベンチ入りも出場せず ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 A 2-1 ラージョ・バジェカーノ 〇 ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331769">詳細ニュース</a> [ベティス]乾貴士 H 0-1 バジャドリー ● 60分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331787">詳細ニュース</a> ◆ブンデスリーガ [ドルトムント]香川真司 A 4-0 シュツットガルト 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331648">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 A 2-2 レバークーゼン △ ベンチ入りも出場せず [ハノーファー]原口元気 A 2-2 レバークーゼン △ フル出場 [ニュルンベルク]久保裕也 H 1-3 ホッフェンハイム ● 86分からプレー [フランクフルト]長谷部誠 H 7-1 デュッセルドルフ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331548">詳細ニュース</a> [ブレーメン]大迫勇也 A 2-0 シャルケ 〇⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331665">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 1-7 フランクフルト ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331548">詳細ニュース</a> ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 A 1-0 ニース 〇 ベンチ入りせず [ストラスブール]川島永嗣 H 2-1 モナコ 〇 ベンチ入りも出場せず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 H 0-4 アヤックス ● 69分までプレー [フローニンゲン]堂安律 A 1-4 ヘラクレス ● フル出場 ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 H 1-1 ブルサスポル △ ベンチ入りも出場せず ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 H 1-1 ヴァッカー・インスブルック △ ベンチ入りせず [ヴァッカー・インスブルック]財前淳 A 1-1 ザルツブルク △ ベンチ入りせず ◆ロシアリーグ [CSKAモスクワ]西村拓真 A 2-0 アンジ・マハチカラ 〇 ベンチ入りも出場せず ◆ベルギーリーグ [アンデレヒト]森岡亮太 H 4-2 セルクル・ブルージュ 〇 ベンチ入りせず [シント=トロイデン]遠藤航 A 1-3 コルトレイク ● フル出場 [シント=トロイデン]鎌田大地 A 1-3 コルトレイク ● フル出場、7分に今季4点目を記録 [シント=トロイデン]冨安健洋 A 1-3 コルトレイク ● フル出場 [シント=トロイデン]関根貴大 A 1-3 コルトレイク ● ベンチ入りせず [シント=トロイデン]小池裕太 A 1-3 コルトレイク ● ベンチ入りせず [オイペン]豊川雄太 A 1-2 ヘンク ● 87分までプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 A 2-4 アンデルレヒト ● フル出場 2018.10.22 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「オーケストレーターとしての才能を証明」Aリーグデビュー戦ゴールの本田圭佑がいきなりベスト11入り!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ開幕節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ開幕節でメルボルン・シティと対戦。今シーズンからメルボルン・ビクトリーに加入した本田圭佑は、キャプテンマークを巻き、先発出場で新天地デビューを飾ると、28分に右サイドからのクロスを頭で押し込んで先制点を記録した。その後、チームは1-2で敗れたものの、フル出場した本田は試合を通してチャンスに絡み続けた。 ▽公式サイトは本田のパフォーマンスを高評価。「ビクトリーのスター選手の周りには多くの誇大宣伝があった。しかし、本田はそれを超えるパフォーマンスを披露。マーベル・スタジアムで一晩中オーケストレーターとしての才能を証明し、ヘディングから先制点を奪った。彼のビジョン、パス、身体能力は目を見張るものがあった」と絶賛している。 ◆リーグA開幕節ベスト11 GK ユージン・ガレコビッチ(メルボルン・シティ) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) ミカエル・ヤコブセン(アデレード・ユナイテッド) カリファ・シセ(セントラルコースト・マリナーズ) スコット・ギャロウェイ(アデレード・ユナイテッド) MF サープリート・シン(ウェリントン・フェニックスFC) 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) エリック・バウシーク(ブリスベン・ロアー) ジェイソン・デイビッドソン(パース・グローリーFC) FW アダム・タガート(ブリスベン・ロアー) アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) 監督 マーク・ルダン(ウェリントン・フェニックスFC) 2018.10.22 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今季初アシストの堂安律、敗戦も現地メディアがMVPに選出「楽しさをくれたのは彼とマヒだけ」

フローニンヘンMF堂安律は、敗戦も確かな評価を得ているようだ。オランダ『de Gelderlander』が伝えている。<br><br>21日に行われたエールディビジ第9節で、ヘラクレスと対戦したフローニンヘン。この試合でも先発した堂安は、14分に先制点をアシストする。その後もバー直撃のシュートを放つなど存在感を放ったが、チームは1-4と敗れている。<br><br>チームが敗戦を喫した中、今季初アシストを記録した堂安は現地で高い評価を受けたようだ。『de Gelderlander』は、この一戦の両チームの採点を発表。堂安は全選手の中で2位タイの「6.5」を獲得し、先制点を挙げたFWミムン・マヒ(「7」で全体最高評価)とともにマン・オブ・ザ・マッチの1人に選出された。<br><br>「試合終了後、フローニンヘンで楽しさを与えてくれたのはリツ・ドウアンとマイだけだ。マイはシーズン初ゴールを挙げたが、助けにはならなかった」<br><br>また『FCUpdate.nl』では、「7」と全体最高評価を得ている。<br><br>今季1勝1分7敗で最下位に沈むチームで、全試合にフル出場して1人気を吐く堂安。先日にはマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得に動くと伝えられる中、オランダで確かなパフォーマンスをみせているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.10.22 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティスに適応しきれない乾貴士、現地メディアは最低評価に「居場所を見つけられず」

21日のバジャドリー戦に先発したレアル・ベティスMF乾貴士だが、現地メディアの評価は厳しいものになっている。<br><br>リーガ・エスパニョーラ第9節で、バジャドリーをホームに迎えたベティス。昇格組を相手に苦しむと、35分に失点。最後までゴールを奪えず、0-1で敗れた。<br><br>ホアキンやクリスティアン・テージョの負傷の影響もあり、この試合でリーグ戦3試合ぶりに出場した乾だったが、ビッグチャンスを逃すなど活躍を見せることができず。60分に途中交代となった。<br><br>スペイン『デスマルケ』は、チームメイト他7選手と同じく最低タイの「4」と採点。「ピッチ上で自分の居場所を見つけられず、(指揮官キケ)セティエンは何度もポジションを動かした。ボールを失い過ぎた」と、テクニカルエリアから指揮官に何度もポジションを修正されたことを指摘している。<br><br>また、『マルカ』の採点は「1」とこちらも低評価となっている。<br><br>今夏ベティスに加入した乾。シーズン序盤こそスタメン出場が続いていたが、やや出場機会が減少している。規律ある戦術になかなか適応しきれていない30歳MFだが、ここから評価を高めていけるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.10.22 08:10 Mon
twitterfacebook
thumb

先発乾、3試合ぶり出場もベティスはバジャドリーに屈し2連敗《リーガエスパニョーラ》

▽ベティスは21日、リーガエスパニョーラ第9節でバジャドリーと対戦し、0-1で敗れた。ベティスの乾は60分までプレーした。 ▽現在3勝3分け2敗のベティスは前節アトレティコ・マドリーに0-1で敗れリーグ戦の連勝が「2」でストップ。4日後に控えるヨーロッパリーグのミランとの大一番に向けても勝って弾みをつけたい一戦だが、バジャドリーも現在3連勝と好調だ。 ▽乾貴士が先発したベティスがボールを握る展開になる。左のシャドーに入った乾はしきりにパスを受ける動きを見せて攻撃の活性化を図る。その乾は11分、ベティスの自陣からのカウンターから右サイドに流れた乾へ送られると、ボックス手前右から左足でシュート。GKの正面に飛んでしまったが積極的な姿勢を見せる。 ▽守備では3バックのセンターに入ったハビ・ガルシアを中心に相手をシャットアウト。乾は28分にも今度はボックス手前左から右足でシュート。しかし、これは相手にもろに当たってしまう。31分にはF・ゲレーロ。これも相手に当たって枠の外へ。 ▽優勢に進めていたベティスだったが35分、敵陣でボールを失うと右サイドからカウンターを食らう。パスを受けて持ち上がったバジャドリーMFトニはボックス手前からゴール前に走り込んだアントニオにクロス。アントニオはこれをハーフボレーで決めてバジャドリーが先制した。 ▽追いかける形となってしまったベティスに更なるアクシデント。前半終了間際にハビ・ガルシアが足を痛めてマンディと交代を余儀なくされてしまった。 ▽前半のチーム内タッチ数が最多だった乾は後半に入っても果敢に攻撃に絡む。58分には左サイドからのクロスに頭で合わせに行くが上手くミートできず。さらにそのこぼれ球をカナレスがバイシクルで狙うも枠を捉えることができず。 ▽しかし、乾は60分にセルヒオ・レオンと交代。そのセルヒオ・レオンは早速、カナレスのパスからゴール前に侵攻。シュートは打てなかったもののゴールに迫った。70分過ぎにはベティスがボールを支配する時間帯に。W・カルバーリョがボックスの外から狙うが枠の外。左CKからはフィルポがヘディングシュートを放つ。さらに76分にシドネイがボックス手前左から狙ったシュートは枠に飛んだがGKの正面に。 ▽80分に、途中出場のロ・セルソがゴール正面でFKを獲得。これをブデブスが直接狙うがボール2つ分枠の上へ逸れた。 ▽試合も終わりに近づくにつれて徐々に元気がなくなってきたベティスは86分にはバジャドリーのアルカラスにゴールに迫られる場面も。 ▽その後、ベティスは最後までネットを揺らすことは出来ず試合終了。前節のアトレティコ戦に続いてリーグ戦2連敗となった。次節は柴崎岳所属のヘタフェと対戦する。 2018.10.22 05:38 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース