南野が逆転弾のザルツブルクがセルティック撃破で2連勝スタート《EL》2018.10.05 03:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは4日、ヨーロッパリーグ(EL)グループB第2節でセルティックをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。ザルツブルクのFW南野拓実は71分までプレーしている。

▽ライプツィヒとの姉妹対決を3-2で競り勝ったザルツブルクが、ローゼンボリとの初戦を1-0で制したセルティックをホームに迎えた一戦。

▽南野が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角でスタートしたザルツブルクは、開始2分に失点する。ロングボールに反応したエドゥアールをラマーリョが対応できずボックス左への侵入を許してシュートを流し込まれた。

▽失点後、ザルツブルクが押し込む流れが続くと、24分に南野にチャンス。左クロスに対して頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。その後もザルツブルクが押し込んだが、自陣に引くセルティックを相手に思うようにチャンスを作れない。

▽すると44分にピンチ。エドゥアールの単騎突破からフォーレストに決定的なシュートを許すも、GKヴァルケが好守で凌ぎ、前半を1点のビハインドで終えた。

▽後半開始2分にダブールが決定的なシュートを浴びせたザルツブルクは、55分に追いつく。南野が頭で逸らしたボールをゴールエリア左のヴォルフが拾ってマイナスに折り返したクロスを、ダブールがダイレクトで合わせてゴールに押し込んだ。

▽さらに61分、南野が逆転弾を挙げる。左サイドからのグラウンダークロスを受けた南野がDFを背負いながら足元に入ったボールを左足でねじ込んだ。

▽71分に南野を下げたザルツブルクは直後にPKを獲得する。ウルマーがボックス内に侵入したところでフォーレストに倒された。このプレーでフォーレストには一発レッドカードが提示された。そしてPKキッカーのダブールが決めてザルツブルクが3-1とリードを広げ、終盤にかけては10人のセルティックに反撃を許さずに勝利。2連勝スタートとしている。
コメント
関連ニュース
thumb

南野先発のザルツブルク、難所セルティックパークを攻略しGS全勝を達成!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ最終節が13日に欧州各地で行われた。 ▽グループBで首位通過を決めているMF南野拓実の所属するザルツブルクは、敵地でセルティックと対戦し、2-1で勝利した。南野は74分までプレーした。 ▽南野を2トップの一角に起用したザルツブルクは17分、ウルマーの左CKを相手DFがクリアし切れずにすらすとファーサイドのライナーが頭で合わせたが、これはクロスバーを叩いた。さらに31分には、相手のバックパスを奪ったヴォルフがGKとの一対一を迎えたが、これを決めきれず。 ▽試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。ザルツブルクは67分、ライナーの右クロスをゴール前でダブールがヘディングで叩き込んだ。 ▽先制したザルツブルクは、74分に南野を下げてグルブランドセンを投入。すると78分、相手GKのミスパスをボックス内でカットしたグルブランドセンがこぼれ球をそのまま無人のゴールに流し込んだ。 ▽リードを広げたザルツブルクは、試合終了間際にPKのこぼれ球をエンチャムに押し込まれ、1点を返されたが2-1のまま試合終了した。 ▽この結果、ザルツブルクはGS全勝で首位通過。また、同時刻開催のライプツィヒvsローゼンボリがドローに終わったため、セルティックが2位通過を決めている。 ▽グループFで首位に立つベティスは、敵地でデュドランジュと対戦した。インサイドハーフで先発した乾は、フル出場したが見せ場は作れず0-0の引き分けに終わった。敵地で勝ち点1を積み上げたベティスは、グループFを首位で通過している。 ▽そのほかの日本人所属チームでは、グループHで首位通過を決めているMF長谷部誠の所属するフランクフルトが、敵地でラツィオと対戦し、2-1で勝利。長谷部は左モモ裏を負傷し31分に交代した。同じグループHに所属する酒井宏樹所属のマルセイユは、ホームでアポロン・リマソルと対戦し、1-3で敗戦。酒井宏はフル出場した。 ▽また、グループD所属するアンデルレヒトは、敵地でディナモ・ザグレブと対戦し0-0でタイムアップ。MF森岡亮太は今季初のフル出場を果たしている。 2018.12.14 07:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「南野拓実らは欧州でも危険な選手」ELでザルツブルクと激突するセルティック、地元メディアが警戒

セルティックは14日、ヨーロッパリーグ(EL)最終節でザルツブルクと対戦する。地元スコットランドメディア『The Herald』は、南野拓実ら攻撃陣を警戒している。<br><br>いよいよグループリーグ最終節を迎える今季のEL。グループBでは南野所属のザルツブルクがすでに首位通過を決めており、2位のセルティックは最終節で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決定する。<br><br>本拠地セルティック・パークでの一戦を前に、『The Herald』はザルツブルクを分析。南野らアタッカー陣を警戒している。<br><br>「5試合全勝のザルツブルクは、数人のプレイヤーが主要スタッツの上位を占めている。攻撃陣では、モアネス・ダブールとタクミ・ミナミノ、フレドリク・グルブランセンは今季の欧州でも危険な選手たちだ。セルティックのDF陣は、彼らを孤立させなければならない」<br><br>「グルブランセンとミナミノは、今季のELで90分あたりのシュート数が『5.8』とトップだ。さらに相手ボックス内でのタッチ数は、それぞれ『8.6』と『8.4』で大会1位と2位。ザルツブルクはヨーロッパでも印象的であり、優れた成績を残している」<br><br>「さらに、ダブールは5ゴールで得点ランクトップ。ミナミノは4ゴールで2位だ。セルティックには脅威が多くある。慎重に考えねばならない」<br><br>今季のELでは5試合すべてに出場し、4ゴール1アシストを記録する南野。対戦相手も、日本代表MFには警戒を強めているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.13 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

スーパーボレーの南野拓実を指揮官も絶賛!「直感と技術、ハイクオリティだった」

ザルツブルク指揮官マルコ・ローズが、ゴールを決めた南野拓実を称賛している。地元紙『Salzburger Nachrichten』が伝えた。<br><br>ザルツブルクは2日、オーストリア・ブンデスリーガ第16節でSCラインドルフ・アルタッハと対戦。南野は左ウィングで先発すると、18分に試合を動かす。DFライン裏に走り込んでDFアンドレ・ラマーリョのフィードを受けると、後ろから来たボールをダイレクトで右足ボレー。スーパーゴールで先制点をチームにもたらした。これが決勝点となり、ザルツブルクは1-0で勝利している。<br><br>試合後、ローズ監督は「良いスタートを切り試合を支配していたが、力は徐々に低下している言われてきた。懸命に働かねばならない」とコメントした。<br><br>続けて、南野のゴールについて言及。「あれは直感と技術であり、ハイクオリティだった。ラマーリョのインプットも本当に力強かったね」と、称賛の言葉を送っている。<br><br>今季公式戦の得点数を「11」に伸ばした南野。リーグ戦では4点、欧州カップ戦では5点、国内カップ戦では2点と、好調をキープしている。指揮官も、23歳日本代表MFの活躍に満足しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.12.03 07:40 Mon
twitterfacebook
thumb

南野拓実、今季11ゴール目は超高難度ボレー!決勝弾で公式戦7連勝に大きく貢献《オーストリア・ブンデスリーガ》

ザルツブルクの日本代表FW南野拓実が、公式戦3試合ぶりとなるゴールを挙げて勝利に貢献した。<br><br>ザルツブルクは2日、オーストリア・ブンデスリーガ第16節でSCラインドルフ・アルタッハと対戦。南野は左ウィングで先発すると、18分に試合を動かす。<br><br>DFアンドレ・ラマーリョが後方からフィードを送ると、裏に抜け出した南野は後ろから来たボールをダイレクトで右足ボレー。スーパーゴールで先制点をチームにもたらした。<br><br>試合は、ザルツブルクが1点を守りきって公式戦7連勝。南野はフル出場を果たしている。<br><br>南野は今季公式戦の得点数を「11」に。リーグ戦では4点、欧州カップ戦では5点、国内カップ戦では2点と、好調をキープしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.03 00:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ザルツブルク、マリ代表MFハイダラが4カ月の離脱…噂される今冬のRBライプツィヒ移籍に影響も

▽RBザルツブルクは22日、マリ代表MFアマドゥ・ハイダラが左ヒザのじん帯損傷で4カ月の離脱になることを発表した。 ▽若手の発掘に長けたザルツブルクに2016年に加入した20歳のマリ代表MFはダイナミズムと身体能力を武器とするセントラルMF。機動力を生かした守備範囲の広さに加えて、一発でボールを奪い切る球際の強さ、強烈なミドルシュートも兼備する。欧州のビッグクラブも注目を集める逸材。先日には今年から新設された21歳以下のバロンドールと評されるコパ・トロフィーの最終候補10名に選出されていた。 ▽ハイダラに関しては姉妹クラブであるRBライプツィヒが今冬の獲得を内定させたとの報道も出ていたが、今回の負傷によって同選手の移籍は来夏以降にずれ込むことになりそうだ。 2018.11.23 13:55 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース