南野が逆転弾のザルツブルクがセルティック撃破で2連勝スタート《EL》2018.10.05 03:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは4日、ヨーロッパリーグ(EL)グループB第2節でセルティックをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。ザルツブルクのFW南野拓実は71分までプレーしている。

▽ライプツィヒとの姉妹対決を3-2で競り勝ったザルツブルクが、ローゼンボリとの初戦を1-0で制したセルティックをホームに迎えた一戦。

▽南野が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角でスタートしたザルツブルクは、開始2分に失点する。ロングボールに反応したエドゥアールをラマーリョが対応できずボックス左への侵入を許してシュートを流し込まれた。

▽失点後、ザルツブルクが押し込む流れが続くと、24分に南野にチャンス。左クロスに対して頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。その後もザルツブルクが押し込んだが、自陣に引くセルティックを相手に思うようにチャンスを作れない。

▽すると44分にピンチ。エドゥアールの単騎突破からフォーレストに決定的なシュートを許すも、GKヴァルケが好守で凌ぎ、前半を1点のビハインドで終えた。

▽後半開始2分にダブールが決定的なシュートを浴びせたザルツブルクは、55分に追いつく。南野が頭で逸らしたボールをゴールエリア左のヴォルフが拾ってマイナスに折り返したクロスを、ダブールがダイレクトで合わせてゴールに押し込んだ。

▽さらに61分、南野が逆転弾を挙げる。左サイドからのグラウンダークロスを受けた南野がDFを背負いながら足元に入ったボールを左足でねじ込んだ。

▽71分に南野を下げたザルツブルクは直後にPKを獲得する。ウルマーがボックス内に侵入したところでフォーレストに倒された。このプレーでフォーレストには一発レッドカードが提示された。そしてPKキッカーのダブールが決めてザルツブルクが3-1とリードを広げ、終盤にかけては10人のセルティックに反撃を許さずに勝利。2連勝スタートとしている。

コメント

関連ニュース

thumb

新エースは俺だ! 2戦連発の南野拓実「青山さんのおかげ」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽先月の代表活動に続くゴールで再び新エースに名乗りを上げたMF南野拓実は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。自身の得点に結びつけたMF青山敏弘のパスに感謝した。 ◆MF南野拓実(ザルツブルク) ──試合を振り返って 「3得点で、無失点で勝てたことが良かった」 ──ゴールに向かう意識が際立っていたが 「なかなか攻撃の形が掴めず、簡単なミスから危ない場面から作ってしまった。でも、その中で1点が取れれば楽になると思って、そういうチャンスがあれば逃さず、(自分で)決めようという考えがあった」 ──中盤に降りてボールに絡むシーンについて 「スペースはあったので、あそこでボールを受けて前を向くことがリズムを作る1つのキッカケになると思ったし、自分のリズムを作るためにもという意味もあった」 ──ゴールシーンについて 「ターンはイメージ通りではなかったけど、何とか前を向けて、ゴールに繋げることができて良かった。良いパスを届けてくれた青山(敏弘)さんのおかげ」 「ああいう風に相手の間に立ってボールを受けることは僕のやりたいプレーの1つ。練習からそれのイメージを共有をしてきいた。シュートも余裕を持って落ち着いて相手GKを見ながら打つことができた」 2018.10.12 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

南野拓実が公式戦2戦連発! カップ戦快勝の火付け役に《オーストリア・カップ》

▽レッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表MF南野拓実は、26日に行われたオーストリア・カップでシュバーツと対戦。公式戦2試合連続ゴールを記録した。 ▽先発出場した南野は、28分に先制ゴールを記録。ボックス左からの味方のグラウンダーパスに反応し、ファーサイドで押し込んだ。 ▽39分にはプレブリャクがゴールを奪い、2-0で試合を折り返すと、69分にはムウェプがゴール。その後も得点を積み重ねたザルツブルクは、6-0で勝利を収めた。 ▽南野は、23日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第8節のラピド・ウィーン戦に先発フル出場し、今季2ゴール目を記録。公式戦2戦連発となった。 2018.09.27 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

南野途中出場のザルツブルク、ライプツィヒとの姉妹対決に競り勝つ《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループB第1節、ライプツィヒvsザルツブルクが20日に行われ、2-3でザルツブルクが勝利した。ザルツブルクのFW南野拓実は71分からプレーしている。 ▽セルティックとローゼンボリが同居しているグループB。大手飲料会社のレッドブルをバックに持つ両チームの公式戦初対戦。ライプツィヒは負傷のヴェルナーが欠場となり、フォルスベリやY・ポウルセンをベンチスタートとした中、オギュスタンやブルマらが先発となった。 ▽南野がベンチスタートとなった中、ほぼベストメンバーで臨んだザルツブルクに対し、立ち上がりからショートカウンターを受けたライプツィヒだったが、18分にカンプルのミドルシュートでGKを強襲。 ▽しかし20分、ディフェンスライン裏を取ったダブールがGKとの一対一を制してザルツブルクが先制する。さらに23分、再びディフェンスライン裏を取ったウルマーが左サイドを抜け出してクロスを送り、ハイダラが蹴り込んでザルツブルクがリードを広げた。 ▽後半からY・ポウルセンやデンメら3選手を投入したライプツィヒだったが、55分にダブールにディフェンスライン裏を取られて右ポストを直撃するシュートを浴びるなど、流れを引き寄せられない。 ▽65分にはヴォルフに左足ミドルでゴールに迫られたが、わずかに枠の左に外れて助かったライプツィヒは、70分に1点を返す。右サイドで仕掛けたライマーがボックス右に侵入してシュートを流し込んだ。 ▽失点を受けて南野を投入したザルツブルクだったが、82分に南野が振り切られた流れからカンプルの左クロスをY・ポウルセンに頭で押し込まれ、同点とされてしまう。 ▽それでも終了間際の89分、ザルツブルクが勝ち越す。ヴォルフのラストパスを受けてディフェンスライン裏を取ったグルブランドセンがGKとの一対一を制した。 ▽これが決勝点となってザルツブルクが勝利。姉妹対決を制し、白星スタートとした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 06:09 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州で修行続ける若武者、南野拓実はチームを優先「まずは監督が何を求めているのか」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は9日、雨が降りしきる中、大阪府吹田市にあるガンバ大阪の練習グラウンドでトレーニングを行った。 ▽3年ぶりに代表メンバー入りを果たしたMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)。11日に地元・大阪のパナソニック スタジアム吹田で行われるコスタリカ代表戦は代表生き残りをかけたアピールの場という見方もあるが、まずはチームを優先すべきとの見解を示している。 ◆MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) —―どのような心境で取り組んでいるか 「1試合無くなって残念な気持ちと、その中でも無事にサッカーがやれているという感謝の気持ち。僕個人としては、北海道でまだ苦しい状況の人たちが居る中で、大阪でこうやって試合ができるので全力でプレーして少しでも元気を与えられればいいかなと思います。大阪も少し台風の被害があったんですが、そういう人たちの為にもやれればいいかと」 —―セレッソ大阪時代からの成長を見せられる良い機会では? 「そうですね。1つそういう理由もあります。大阪のセレッソサポーターもそうですし、自分の成長した姿というのを見せれればいいかなとも思います。ですが、それよりもまずチームのために(森保一)監督が何を求めているのか、味方とどういうプレーで自分たちの良さを出すのかであったり。もし試合に出ることができれば、そういったことを意識してプレーしたいと思います」 —―監督からは何が求められていると感じるか 「しっかりと間で受けて、攻撃の起点になるところであったりとか、チームメイトとの距離感というのも意識して練習に取り組んでいます。あとは奪った後の切り替えだとか、チームとしてはまだざっくりとした部分かもしれませんが、そういう基礎的な部分は常に監督は求めています。そういうところは意識していきたいと思っています」 2018.09.09 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ザルツブルク奥川雅也、今季はブンデス2部へレンタル移籍

▽ブンデスリーガ2部に所属するホルシュタイン・キールは31日、ザルツブルクからMF奥川雅也(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽京都サンガF.C.の下部組織出身の奥川は、2015年にトップチーム昇格。アマチュア時代から独特のリズムで切れ込むドリブルが注目され、“古都のネイマール”とも評された同選手は、同年の6月にザルツブルクへ完全移籍を果たすと、同年から2年間オーストリア2部リーグのリーフェリングへレンタル移籍を果たした。昨シーズンは、オーストリア1部リーグのマッテルスブルクにレンタルで加入し、公式戦30試合8ゴール4アシストを記録していた。 ▽奥川のレンタルでの加入について、クラブのスポーツディレクターを務めるファビアン・ウォールゲムート氏は、「奥川を獲得できたことをうれしく思う。高速ドリブラーは、中央と両ウイングで柔軟にプレーできる選手だ」とコメントしている。 ▽なお、現在ブンデスリーガ2部にはハンブルガーSVに在籍するDF酒井高徳、DF伊藤達哉、グロイター・ヒュルトに在籍するMF井手口陽介らが所属している。 2018.09.01 08:38 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース