【セリエA第8節プレビュー】ユベントス開幕8連勝なるか、代表ウィーク前の強豪勢は格下と対戦2018.10.05 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週行われた前節ではユベントスがナポリとの今季のスクデットを争うビッグマッチをC・ロナウドが全3ゴールに絡む活躍を見せて制した。そして、ローマが伏兵ペッレグリーニの全3ゴールに絡む活躍でラツィオとのダービーを制し、2連勝としている。ミラノ勢ではインテルが3連勝を飾り、ミランが4試合ぶりの勝利を挙げている。迎える第8節、代表ウィーク前の強豪勢は格下との対戦が組まれている。▽C・ロナウドとマンジュキッチの活躍でナポリに逆転勝利を飾ったユベントスは、開幕8連勝を懸けてウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。開幕以降、好調を維持するチームは火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦ではC・ロナウドが出場停止で不在の中、ディバラのハットトリックで快勝した。休養十分のC・ロナウドと復調したディバラを軸に2連敗中のウディネーゼを下して開幕8連勝としたい。

▽ユベントスに力負けして今季2敗目を喫したナポリは、サッスオーロとのホーム戦に臨む。水曜に行われたCLのリバプール戦ではユベントス戦の敗戦を感じさせない充実の内容でリバプールを下し、グループステージ突破への足がかりとした。セリエAではユベントスに追いすがるためにも必勝が求められるが、ミランに1-4と敗れて同じく今季2敗目を喫したサッスオーロを下すことができるか。

▽ラツィオとのダービーで途中出場のペッレグリーニが躍動したローマは、エンポリとのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたCLビクトリア・プルゼニ戦ではゴールに見放されていたゼコがハットトリックの活躍を見せて5-0と大勝し、公式戦3連勝とした。ディ・フランチェスコ監督の首が飛びかかっていた状態からV時回復しているチームは、開幕節以来勝利のないエンポリにすっきりと勝利して公式戦4連勝としたい。

▽ローマに競り負けてリーグ戦での連勝が4で止まったラツィオは、フィオレンティーナとのホーム戦に臨む。木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦では9人となった中で1-4と完敗した。流れが悪くなっている中、4勝2敗スタートと若い力が躍動しているフィオレンティーナの勢いを止めることはできるか。

▽イカルディやシュクリニアルを温存した前節カリアリ戦をL・マルティネスとポリターノの移籍後初弾で勝利してリーグ戦3連勝としたインテルは、SPALとのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたCLのPSV戦では守護神ハンダノビッチが退場してもおかしくない判定があった中、打ち合いを制して2連勝スタートとした。公式戦5連勝と波に乗ってきた中、好調なスタートを切ったものの3連敗中のSPALを下して代表ウィークに入りたい。

▽苦手サッスオーロに対してスソのドッピエッタとカスティジェホの移籍後初ゴールなどで4-1と快勝して4試合ぶりの勝利を手にしたミランは、キエーボとのホーム戦に臨む。ELオリンピアコス戦では途中出場のクトローネと負傷明けのイグアインのゴールで3-1と逆転勝利し、良い流れを持続した。この勢いのまま、未勝利が続く最下位のキエーボにすっきりと勝利して連勝としたい。

◆セリエA第8節
▽10/5(金)
《27:30》
トリノ vs フロジノーネ

▽10/6(土)
《22:00》
カリアリ vs ボローニャ
《25:00》
ウディネーゼ vs ユベントス
《27:30》
エンポリ vs ローマ

▽10/7(日)
《19:30》
ジェノア vs パルマ
《22:00》
アタランタ vs サンプドリア
ミラン vs キエーボ
ラツィオ vs フィオレンティーナ
《25:00》
ナポリ vs サッスオーロ
《27:30》
SPAL vs インテル
コメント
関連ニュース
thumb

CL男に2010年以来の窮地!

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが“CL男”として由々しき事態に直面している。スペイン『マルカ』が報じた。 ユベントスはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でアトレティコ・マドリーと激突。20日に敵地で1stレグに臨み、アトレティコ・マドリーに0-2の先勝を許した。 CL歴代最多得点の121ゴールを誇るC・ロナウドも沈黙。昨年までレアル・マドリーの宿敵として凌ぎを削ったアトレティコ・マドリーの強固なブロックを崩しきれなかった。 CL制覇を至上命題に掲げるユベントスの敗退が決まれば、C・ロナウドも必然的に姿を消すことに。その場合、同選手にとって、2009-10シーズン以来のベスト16敗退になる。 C・ロナウドにとっても絶対に負けが許されないホームでのリターンレグは3月12日。通算5度の欧州制覇歴を誇るCL男はユベントスを救えるか。次戦に注目だ。 2019.02.22 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長が反論! 「C・ロナウドがCLを制したのは3度だけ」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレーゾ会長が、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドに反論した。スペイン『アス』が伝えている。 アトレティコは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでユベントスとホームで対戦して2-0で勝利。C・ロナウドやディバラといった相手の強力なアタッカーを抑え込み、ベスト16突破を大きく手繰り寄せている。 しかし、緊迫した試合の中ではサポーターがやや行き過ぎたブーイングをC・ロナウドに浴びせ、同選手も不快感を露わに。C・ロナウドは右手を広げて5本指を開いた後に、グーにするジェスチャーを披露し、試合後のミックスゾーンでは「僕はチャンピオンズリーグを5度制したが、アトレティコはゼロだ」とコメント。強烈なカウンターを繰り出していた。 しかし、これに対してセレーゾ会長が反論。C・ロナウドの5度のCL制覇に異論を挟んだ。 「私からすれば、クリスティアーノ(・ロナウド)はチャンピオンズリーグを5度制してなどいない」 「それは3度で、一つとてもシンプルな理由がある」 「アトレティコ・マドリー(との2試合)にはどちらも勝利していないからだ」 C・ロナウドは、レアル・マドリー在籍時にアトレティコと2度に渡り決勝で激突。2013-14シーズンは90分で決着が付かず延長戦の末に4-1で勝利し、2015-16シーズンは120分間を同点で終えてPK戦まで勝負が持ち越されていた。 2019.02.22 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

クリバリ代理人「重要なステージからオファーが届いたら…」

ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の代理人が口を開いた。イギリス『メトロ』が報じた。 セリエA屈指のセンターバックとして評価を高めるクリバリ。ナポリは9000万ポンド(約129億9000万円)以上の値をつける強硬姿勢を際立たせており、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスをはじめとする有力クラブの関心を断ち切ろうとしている。 ただ、クリバリを巡ってはユナイテッド行き希望の報道も…。代理人を務めるブルーノ・サティン氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』でクリバリの去就について、「重要なステージ」からオファーが届いた場合、移籍の可能性と主張した。 「クリバリがユベントスに? 彼はナポリのクラブと街にすごく密接だ」 「だから、ユベントスに行くために彼らを裏切ることは絶対にないはずさ。でも、プロの選手であることも忘れちゃダメだ」 「選手に重要なステージでプレーするチャンスが巡ってきたら、話は聞く。彼がいくらナポリと密接な関係であってもね」 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンも鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦32試合に出場している。 2019.02.22 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

約10日で2度ゴール取り消し…モラタをコケが気遣う「いつかはVARも認めるよ」

アトレティコ・マドリーMFコケが、チームメイトのFWアルバロ・モラタを気遣っている。<br><br>20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、ユベントスと対戦したアトレティコ。中々相手ゴールをこじ開けることができなかったが、後半にセットプレーから2ゴールを奪い、2-0で勝利を挙げた。<br><br>この一戦で58分から出場したモラタは70分、フィリペ・ルイスのクロスを頭で合わせてネットを揺らしていた。しかし、ポジション取りの際にDFジョルジョ・キエッリーニを手で押したとして、ビデオ判定の結果ゴールは取り消しになっていた。<br><br>モラタは9日に行われたリーガ第23節レアル・マドリー戦でも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってゴールが無効に。冬のマーケットでアトレティコに加わったスペイン人FWは、およそ10日間で2度ビデオ判定によってゴールが取り消されている。<br><br>試合後、コケはチームメイトを気遣っている。<br><br>「結局、いつかはVARもモラタのゴールを認めるだろうね」<br><br>「彼は2つのゴールが取り消された。取り消すことがあるのならば、時には得点になり、時にはそうならないということ。決定はリスペクトしなければね。僕らは審判をリスペクトしている。ゴールが無効になった場合に備え、試合に勝つための得点をより奪うためにトライし続けるよ」<br><br>また、3月12日のユベントスとの2ndレグに言及。1stレグの結果に満足感を示しつつ、気を引き締めている。<br><br>「勝利はとても嬉しいが、まだ何も成し遂げていない。ユベントスのクオリティとポテンシャルはわかっているよ&hellip;&hellip;彼らは世界最高のチームの1つだ。結果には満足しているが、まだ何も決まっていない。トリノでは素晴らしい戦いになるだろう。突破するためには最高のプレーが必要だ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 04:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーべがベスト16敗退の危機も…アッレグリ監督「0-2からの逆転は可能だ」

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコと敵地で対戦。しかし、78分にホセ・ヒメネスに決められ、アトレティコに先制点を与えてしまうと、83分にもゴディンに押し込まれて0-2で敗れた。 ベスト8進出に向けて苦しい状況となったユベントスのアッレグリ監督が試合を回想。それでも2-0からの逆転は可能だと、2ndレグにまだ可能性が残されていると主張した。 「リスクを冒した上に、枠内シュートは1本もなかった」 「アトレティコは私たちよりも、こうした試合になれている。相手はうまく試合に留まり、私たちはミスを犯した。しかし後半よりも悪くなることはないので、第2戦に向けて自信を失ってはいけない。アトレティコは相手に良いプレーをさせないことは分かっているので、勝つためには相手を上回らないといけない」 「失望はしているが、逆転できると信じる必要がある。簡単ではないし、もっと試合を動かす素晴らしいパフォーマンスが必要になる。今夜は2失点後もリスクを冒すなど、冷静さを欠いていた。しかし2-0からの逆転は可能だし、泣いても仕方がない」 2019.02.21 10:50 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース