森保一監督、パナマ&ウルグアイ戦へ意気込み「チーム作りを前進させたい」《キリンチャレンジカップ》2018.10.04 17:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

▽会見に出席した日本代表の森保一監督は、メンバー発表に先立って挨拶。「チーム作りを前進させられるように臨んでいきたい」と意気込み、9月6日に北海道胆振地方中東部で発生した地震で被災された方々を励ますことができるようなゲームがしたいと語った。

◆森保一監督(日本代表)
「新潟、埼玉での2試合を日本代表の貴重な強化の場と考え、チーム作りを前進させられるように臨んでいきたいと思っています。また新潟や埼玉のスタジアムに足を運んでくださり日本代表を応援してくださるサポーターの皆さん、国民の皆さんに喜んでいただけるような内容の試合をしたいと思っています」

「前回のキリンチャレンジカップでは、北海道の試合が中止になりました。我々も北海道地震で被災しました。日本全国で自然災害が多くある中、辛い思いをされてる方や苦しい思いをされてる方がたくさんいらっしゃると思います。また、現地で復旧復興に携わっている方々にも励ましのメッセージとなるプレーや試合ができるようにやっていければと思います」

▽日本代表は、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

【試合後会見】南米の強豪・ウルグアイ撃破…森保一監督「FIFAランク5位の相手に同じ目線で戦ってくれた」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は16日、埼玉スタジアム2002で行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に臨み、4-3で勝利した。 ▽試合後会見に出席した森保一監督は、選手たちのアグレッシブな姿勢、そして強豪国相手にも同じ目線で戦ったことを称賛。また、自身については、若手選手たちが掴んだ自信のチームへの落とし込み、今後の海外組が帰国してからのコンディション調整を考えていきたいと意気込みを語った。 ◆森保一監督 「まずは今日埼玉スタジアムに来て応援してくださった皆様、テレビやメディアを通して応援してくださった皆様、ありがとうございました。そして、今回日本代表の強化のために2試合素晴らしい相手との試合を組んで頂き、強化の場を与えてくださったキリン株式会社の皆様、ありがとうございました」 「試合は形は別として、勝ちにこだわっていこうという話をしました。そして、勝利できたことは良かったと思います。また、今回のキリンチャレンジでもパナマ戦、そしてウルグアイ戦と戦ってきましたが、トレーニングでチームとしてやろうとすること、ミーティング等でチームのコンセプトを選手に伝えながら活動してきました。まずはチームのコンセプトのもと個の力を発揮する、そしてチームとしてトライし続けることをやってくれた上での結果で良かったと思います。もちろん4点を奪って勝利しましたし、シュート数でも14本と攻撃の姿勢を持ってやれたことは良かったですけど、失点を減らすことはできたと思っています」 「そういう意味では、良いチームを作れるように、良い結果と内容を出せるように気を引き締めて次に向かいたいと思います」 ──パナマ戦と比べてMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)とFW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)の距離が近くなり連係が良くなったように感じたが 「まずはトレーニングでは攻撃の形を作ることをしました。しかしながら、トレーニングだけでなく、パナマ戦から2人がプレーをして、次に向けてより良いものを作っていこうとピッチ内外でコミュニケーションをとってくれました。それが形に出たと思います」 「また、2人だけではなくてチームとして前線の4人+ボランチが絡む、サイドが絡む、ディフェンスラインからボールを入れるという共通理解が少しずつハマってきたことが良い距離感、良い形を作れたのかなと思います」 ──若い選手、特に南野、MF堂安律(フローニンヘン/オランダ)、MF中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)らが物怖じせずにプレーしていたが、その姿勢をどう評価しているか。また、彼らの活躍が今後チームにどう影響を与えるか 「今質問して頂いた3人はもちろん、チームとして攻撃の姿勢を持ってアグレッシブに戦っていこうということ、攻守にアグレッシブに入っていこうということをやってくれたと思います。実際、今名前が出てきた選手たちは得点にも絡んでくれました。チームの攻撃を引っ張っていくという気持ちを持って、自分が得点に絡んでいくんだという強い気持ちを持ってプレーしてくれたと思っています。結果もついてきて、自信にもなったと思います。彼らの持った自信がチームに良い形で落とし込んでいけるように監督としてやっていきたいと思います」 ──ウルグアイという世界でも強い相手にこれだけの試合ができたが、ご自身どう感じているか 「まずは私がというよりも選手たちがFIFAランク5位のウルグアイに同じ目線で戦ってくれてるのかなと思います。海外でプレーしている選手たちは、ウルグアイ代表の選手とチームメイトの選手もいます。日頃リーグ戦でも戦っている相手でもあります。選手が同じ目線でウルグアイ相手にも戦ってくれてると思います。そこは、これまでの選手の個々の経験も大きいですけど、W杯でベルギーと戦い、結果的には負けてしまいましたが、そこでも同じ目線で戦う素晴らしい内容で互角の戦いができるという自信を、日本サッカーの自信を、海外組だけでなく、国内組の選手たちも持ってくれたことが今日の試合につながったと思います」 「もちろん、ウルグアイはアウェイから来ていますし、我々の選手たちもヨーロッパから来ている選手たちも多いです。非常にアウェイの中で難しい試合だったと思いますけど、我々がそれ以上に同じ目線を持っていると、今後W杯でベスト8以上にいくためには彼らと互角に戦わなくてはいけないという思いを持ってくれたことがすごく大きいと思います」 「勝敗としては勝ちましたけど、世界のトップ・オブ・トップのチームと常に互角の戦いをしていくことは、その目標を達成していく確率を上げるものだと思います。アウェイでも強豪国と試合ができるようにしていければと思います」 ──守備面での課題と収穫は 「守備で4-2になってからはできればその点差で試合を終わらせたいところはありました。選手たちも共有してくれてると思います。しかし、選手は守備の部分でも入りからアグレッシブに相手の選手に対して、チャレンジしていく、多少後手になっても粘り強く責任を持って戦ってくれました。また、個々の局面から周りが距離感を良くして相手にやらせないという守備は選手たちが私の求めていることを実践してくれたと思います。日本の良さである粘り強く対応していくところは、選手たちが今日発揮してくれたと思います」 「相手の対応もクロスからファーサイドに入れて、折り返しというところでピンチもありましたけど、選手たちが体を寄せて粘り強い守備をしてくれました。FKの失点に関してはやはり我々がこれから先に警戒していかなくてはいけないところだと思います。フリーキックの守備もそうですけど、FKを与えないところを、100%防ぐことは無理かもしれないですけど、少しでも相手にチャンスが生まれるようなFKを与えないことはチームとして共有していきたいです」 ──ロシア・ワールドカップ(W杯)組を招集しましたが、「融合」「化学反応」への手応えは 「選手たちは融合という意味では、今のベストを出してくれたと思います。うまくいかない部分があってもそこは今トライしている段階だということなんだというところ、より良いものを作っていくということを考えながらベストなトライをしてくれたと思います。現段階でのベストを出してくれたと思っています。しかし、ここがクオリティのトップではないですし、これから先攻撃のクオリティを上げていけるようにチェックをして、さらに上を目指してやっていけるようにしたいです」 ──9月、10月の活動を終えて 「コンセプトのところで個の特徴を出すことと、チームとしての役割をコンセプトの中で出していくということは、言葉で言うのは簡単でも難しいことだと思います。しかし、そこは日本人の良さである賢く、両方のことをやっていけると選手たちが示してくれていると思います。そういう意味では、選手たちは個の特徴を発揮すること+チームのコンセプトとして一体感を持って戦うところで現段階のバランスは良いですし、良いトライをしてくれています」 「そして、9月と10月のキリンチャレンジカップでヨーロッパ組が日本に帰って来て試合するという点では、時差の影響や直近の試合からのコンディション調整は難しいなと思っています。1試合目では睡眠がなかなかとれない選手や長距離の移動から回復がしきれていない中、そこでチームとしてコンディションを合わせていくということは難しいですが、そこでも選手たちがそれぞれ個々で工夫をして良いコンディションを作っていくということをやってくれていると思います。チーム全体でのコンディション調整はもちろんですけど、個々に目を向けて練習メニュー等を考えていくことが必要だなと思います」 2018.10.16 23:57 Tue
twitterfacebook
thumb

守備だけじゃない…MF遠藤航、強豪国相手に「どれだけ攻撃にも関われるか」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)がミックスゾーンで取材に応対。ボランチとしての感覚が良くなっていることを明かし、ウルグアイ代表戦では攻撃への関与も意識したいと語った。 ◆MF遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) ──慣れ親しんだ埼玉スタジアム2002での一戦だが 「嬉しいですね。帰ってこれて」 ──浦和レッズでもたまにやっていたが、現在ボランチをやり続けていることで見えることは 「ボランチの感覚は良くなっていますし、ベルギーに行ってボランチとしての自分を磨くためにやれていますね」 ──先月のコスタリカ代表戦でらしさを出せていたがと思うが、今回どのようなことをイメージしているか 「相手はタフですし、間違いなく強い相手です。まずはハードワークする部分、1対1でしっかりと戦う部分は出していかなくてはいけません。あとはコスタリカ戦でも言いましたけど、守備だけではなくて攻撃にもどれだけ関われるかということは、自分の中ですごく意識していることです。こういう相手に対して、どれだけハードワークした中で前にいける回数を増やしていけるかとかは意識したいです」 ──パナマ戦をベンチから見ていてチームの状態やWボランチのプレーをどう感じたか 「すごくバランスが良かったと思います。自分だったらどうするかというイメージを持ちながら観ていましたけど、改善点はありますけど良かったと思います」 ──森保一監督になってミスを恐れずにどんどんチャレンジするようになっているが、ウルグアイはそこのミスを突いてくる。リスク管理で気をつけることは 「ミスは起きると思います。そこでしっかりと切り替えるところだと思います。ミスの質というか。奪われる場所はボランチをやるにあたって気をつけなくてはいけません。特にセンターバックからパスを受ける時は気をつけながらやりたいです。勇気を持ってボールを受けることと、常にゴールに向かってく姿勢を見せることができれば良いです」 ──パナマ戦ではファウルが多かったが 「自陣では不用意なファウルを与えないということは意識しなくてはいけません。それで行かなすぎても良くないですけど、お互いで良い距離感で我慢強く戦う部分も必要になってくると思います」 2018.10.15 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

2戦連発中のMF南野拓実、南米の強豪相手に「思う存分プレーしたい」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)がミックスゾーンでの取材に応対。南米の強豪・ウルグアイ代表との一戦に向けて、「思う存分プレーしたい」と意気込みを語った。 ◆MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) ──ウルグアイ戦へ 「個人としても組織としても強いチームだということは分かっています。その中で、自分が何をできるか。思う存分プレーできればと思います」 ──代表レベルでは初めてかもしれないが、クラブではラツィオやドルトムントともELでやっていると思うが 「それでもウルグアイは、W杯を戦っている選手がいますし、間違いなく強い相手だと思います。ただ、自分たちもホームで負ける訳にはいきません。チームの勝利のためにしっかりとプレーしたいです」 ──相手にDFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン)がいるが 「センターバックもそうですけど、どこのポジションの選手もレベルは高いと思います。前の試合よりももっと質の高いプレーや連携が求められます。だからこそ、良い準備をしたいです」 ──最近後ろからDFに寄せられてもコントロールできているが、やり方を変えたりしたのか 「あまりないですね。自分が意識しているのは、動きながらボールを受けることです。身体が大きくないので。止まった状態でボールを受けるのは難しいので、動きながら受けることは意識しています。あとは、前回僕は少し下がった位置でプレーすることが多かったですけど、スペースを見つけながらボールを受けていきたいです」 ──前回のパナマ戦でFW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)とプレーして、改善点などの話はしたか 「今日の練習中でもそうですけど、フリックするところとか守備の行き方などは話をしています」 ──そういうところで個人的に意識していることは 「常にお互いの動きを見ながら動くことですね。2人ともボールを持てるので、中に持ち替えた時などに顔を出してサポートをしていけたらと思います」 ──次も結果を求める姿勢は変わらないか 「まずその気持ちがないといけません。サバイバルに勝ち残っていきたいので」 ──ボランチにMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が入る可能性があるが、W杯でのMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)のプレーがヒントになることはあるか 「真司君のプレーをそのまま真似する訳ではないので、自分は自分なりにやっていきたいです。ボランチの選手が前を向いた時にアクションを起こし続けたいです」 2018.10.15 21:37 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニ封じへ…DF三浦弦太「クロスの対応に注意したい」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF三浦弦太(ガンバ大阪)がミックスゾーンでの取材に応対。明日ウルグアイ戦に向けての意気込みを語り、世界屈指のフォワードであるFWエディンソン・カバーニ相手に「クロスの対応に注意したい」と明かした。 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪) ──ウルグアイ戦へ 「なかなかそういう相手とやれる機会はないですし、そういう場を楽しんで自分の全力をぶつけていけたらと思います」 ──FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)らを止めるイメージは 「やっぱりシュートが上手いので、クロスへの対応などには注意したいです」 「映像でも観ていますし、そういう相手のストロングの部分に対して、良い準備がしたいです」 ──ウルグアイ戦に出場すれば、ロシア・ワールドカップ(W杯)を経験した選手たちとプレーするが 「しっかりとコミュニケーションをとっていきたいです。海外でやっていることと日本でやっていることは、やり方も違うと思います。試合中から聞きながらやっていけたらと思います」 2018.10.15 21:36 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部誠から継承…DF吉田麻也、新主将へ意気込み「ベルギーに負けた日から…」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がミックスゾーンでの取材に応対。新主将に任命されたことについて語り、ウルグアイ戦での意気込みを語った。 ◆DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) ──ウルグアイ戦に向けてディフェンスラインはどういう工夫が必要か 「良いディフェンスをしたいですし、前からハードワークしなくてはいけません。切り替えもそうです。そして、奪った後のボールを良いところにつけられるように。パナマ戦の1点目もそうでしたけど、高い位置から奪って良いボールを深い位置まで遅れるような守備の切り替えとコンパクトさが必要になると思います」 ──MF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)が代表を引退し、パナマ戦前の会見では自身がキャプテンであると話していたが 「心境の変化とかはないですね。これからはこの話について公私共に聞かれなくて済むのでホッとしてます…。ずっとこの3カ月会う人会う人その話ばっかりだったので(笑)」 「自分が持っている信念の形でチームを引っ張っていきたいと思います。ベルギーに負けた日からずっとアジアカップでどうやったら勝てるかを考えています。そこに引っ張っていきたいです。ただ、僕だけではなくて、槙野や長友もいます。そういう選手たちがサポートしてくれています。世代の層が上から下まで結構あるので、ピッチ外でもコミュニケーションが取れてると思いますけど、サポーターの方々にももちろんピッチ内でチームメイトに認められるようなプレーをしたいです」 ──若い選手たちも多いが 「気持ち良くプレーして欲しいですね。自信を持って。自分が持っているものを出せるように。繰り返しですけど、後ろから良い守備をして彼らにボールを預けられるようにしたいです。ただ、W杯を観てもそうですけど、武藤も乾も元気も自分の良さをもちろん持っているけど、それでもチームのためにハードワークしてくれました」 「あのサイドの選手たちが守備にかかる時間が長くなると思いますけど、頑張ってやってもらわないと現状僕たちのレベルでは、ポッド1に入るようなチームと対等に戦えるレベルにはまだ達していません。自分の良さを出しつつもチームのために頑張って欲しいです。それをピッチの中で示していきたいです」 2018.10.15 21:35 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース