前回に続き招集の広島DF佐々木翔「結果にこだわって戦う」《キリンチャレンジカップ》2018.10.04 15:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。▽サンフレッチェ広島のDF佐々木翔は、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する日本代表に招集。「結果にこだわる」と語った。

「日本代表に選出されて嬉しく思います。今回の2試合も結果にこだわって戦い、日本のチームの力になれるように頑張ります。応援をよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

守備だけじゃない…MF遠藤航、強豪国相手に「どれだけ攻撃にも関われるか」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)がミックスゾーンで取材に応対。ボランチとしての感覚が良くなっていることを明かし、ウルグアイ代表戦では攻撃への関与も意識したいと語った。 ◆MF遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) ──慣れ親しんだ埼玉スタジアム2002での一戦だが 「嬉しいですね。帰ってこれて」 ──浦和レッズでもたまにやっていたが、現在ボランチをやり続けていることで見えることは 「ボランチの感覚は良くなっていますし、ベルギーに行ってボランチとしての自分を磨くためにやれていますね」 ──先月のコスタリカ代表戦でらしさを出せていたがと思うが、今回どのようなことをイメージしているか 「相手はタフですし、間違いなく強い相手です。まずはハードワークする部分、1対1でしっかりと戦う部分は出していかなくてはいけません。あとはコスタリカ戦でも言いましたけど、守備だけではなくて攻撃にもどれだけ関われるかということは、自分の中ですごく意識していることです。こういう相手に対して、どれだけハードワークした中で前にいける回数を増やしていけるかとかは意識したいです」 ──パナマ戦をベンチから見ていてチームの状態やWボランチのプレーをどう感じたか 「すごくバランスが良かったと思います。自分だったらどうするかというイメージを持ちながら観ていましたけど、改善点はありますけど良かったと思います」 ──森保一監督になってミスを恐れずにどんどんチャレンジするようになっているが、ウルグアイはそこのミスを突いてくる。リスク管理で気をつけることは 「ミスは起きると思います。そこでしっかりと切り替えるところだと思います。ミスの質というか。奪われる場所はボランチをやるにあたって気をつけなくてはいけません。特にセンターバックからパスを受ける時は気をつけながらやりたいです。勇気を持ってボールを受けることと、常にゴールに向かってく姿勢を見せることができれば良いです」 ──パナマ戦ではファウルが多かったが 「自陣では不用意なファウルを与えないということは意識しなくてはいけません。それで行かなすぎても良くないですけど、お互いで良い距離感で我慢強く戦う部分も必要になってくると思います」 2018.10.15 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

2戦連発中のMF南野拓実、南米の強豪相手に「思う存分プレーしたい」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)がミックスゾーンでの取材に応対。南米の強豪・ウルグアイ代表との一戦に向けて、「思う存分プレーしたい」と意気込みを語った。 ◆MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) ──ウルグアイ戦へ 「個人としても組織としても強いチームだということは分かっています。その中で、自分が何をできるか。思う存分プレーできればと思います」 ──代表レベルでは初めてかもしれないが、クラブではラツィオやドルトムントともELでやっていると思うが 「それでもウルグアイは、W杯を戦っている選手がいますし、間違いなく強い相手だと思います。ただ、自分たちもホームで負ける訳にはいきません。チームの勝利のためにしっかりとプレーしたいです」 ──相手にDFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン)がいるが 「センターバックもそうですけど、どこのポジションの選手もレベルは高いと思います。前の試合よりももっと質の高いプレーや連携が求められます。だからこそ、良い準備をしたいです」 ──最近後ろからDFに寄せられてもコントロールできているが、やり方を変えたりしたのか 「あまりないですね。自分が意識しているのは、動きながらボールを受けることです。身体が大きくないので。止まった状態でボールを受けるのは難しいので、動きながら受けることは意識しています。あとは、前回僕は少し下がった位置でプレーすることが多かったですけど、スペースを見つけながらボールを受けていきたいです」 ──前回のパナマ戦でFW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)とプレーして、改善点などの話はしたか 「今日の練習中でもそうですけど、フリックするところとか守備の行き方などは話をしています」 ──そういうところで個人的に意識していることは 「常にお互いの動きを見ながら動くことですね。2人ともボールを持てるので、中に持ち替えた時などに顔を出してサポートをしていけたらと思います」 ──次も結果を求める姿勢は変わらないか 「まずその気持ちがないといけません。サバイバルに勝ち残っていきたいので」 ──ボランチにMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が入る可能性があるが、W杯でのMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)のプレーがヒントになることはあるか 「真司君のプレーをそのまま真似する訳ではないので、自分は自分なりにやっていきたいです。ボランチの選手が前を向いた時にアクションを起こし続けたいです」 2018.10.15 21:37 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニ封じへ…DF三浦弦太「クロスの対応に注意したい」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF三浦弦太(ガンバ大阪)がミックスゾーンでの取材に応対。明日ウルグアイ戦に向けての意気込みを語り、世界屈指のフォワードであるFWエディンソン・カバーニ相手に「クロスの対応に注意したい」と明かした。 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪) ──ウルグアイ戦へ 「なかなかそういう相手とやれる機会はないですし、そういう場を楽しんで自分の全力をぶつけていけたらと思います」 ──FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)らを止めるイメージは 「やっぱりシュートが上手いので、クロスへの対応などには注意したいです」 「映像でも観ていますし、そういう相手のストロングの部分に対して、良い準備がしたいです」 ──ウルグアイ戦に出場すれば、ロシア・ワールドカップ(W杯)を経験した選手たちとプレーするが 「しっかりとコミュニケーションをとっていきたいです。海外でやっていることと日本でやっていることは、やり方も違うと思います。試合中から聞きながらやっていけたらと思います」 2018.10.15 21:36 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部誠から継承…DF吉田麻也、新主将へ意気込み「ベルギーに負けた日から…」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がミックスゾーンでの取材に応対。新主将に任命されたことについて語り、ウルグアイ戦での意気込みを語った。 ◆DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) ──ウルグアイ戦に向けてディフェンスラインはどういう工夫が必要か 「良いディフェンスをしたいですし、前からハードワークしなくてはいけません。切り替えもそうです。そして、奪った後のボールを良いところにつけられるように。パナマ戦の1点目もそうでしたけど、高い位置から奪って良いボールを深い位置まで遅れるような守備の切り替えとコンパクトさが必要になると思います」 ──MF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)が代表を引退し、パナマ戦前の会見では自身がキャプテンであると話していたが 「心境の変化とかはないですね。これからはこの話について公私共に聞かれなくて済むのでホッとしてます…。ずっとこの3カ月会う人会う人その話ばっかりだったので(笑)」 「自分が持っている信念の形でチームを引っ張っていきたいと思います。ベルギーに負けた日からずっとアジアカップでどうやったら勝てるかを考えています。そこに引っ張っていきたいです。ただ、僕だけではなくて、槙野や長友もいます。そういう選手たちがサポートしてくれています。世代の層が上から下まで結構あるので、ピッチ外でもコミュニケーションが取れてると思いますけど、サポーターの方々にももちろんピッチ内でチームメイトに認められるようなプレーをしたいです」 ──若い選手たちも多いが 「気持ち良くプレーして欲しいですね。自信を持って。自分が持っているものを出せるように。繰り返しですけど、後ろから良い守備をして彼らにボールを預けられるようにしたいです。ただ、W杯を観てもそうですけど、武藤も乾も元気も自分の良さをもちろん持っているけど、それでもチームのためにハードワークしてくれました」 「あのサイドの選手たちが守備にかかる時間が長くなると思いますけど、頑張ってやってもらわないと現状僕たちのレベルでは、ポッド1に入るようなチームと対等に戦えるレベルにはまだ達していません。自分の良さを出しつつもチームのために頑張って欲しいです。それをピッチの中で示していきたいです」 2018.10.15 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【試合前日会見】ウルグアイの生き字引…71歳名将タバレス、日本戦は「非常に良い機会」《キリンチャレンジカップ》

▽ウルグアイ代表を率いるオスカル・タバレス監督が16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018の日本代表戦前日会見に出席した。 ▽今月の代表ウィークでアジア遠征を敢行のウルグアイ代表。12日に韓国のソウルで行われた国際親善試合で韓国代表に1-2で敗れての来日となる。 ▽2006年に自身2度目のウルグアイ代表指揮官就任から異例の長さで代表の指揮を執る71歳の名将タバレス監督。前日の公式練習を前に行われた会見で次のようにコメントした。 ◆オスカル・タバレス監督(ウルグアイ代表) 「こんばんわ。こうして再び日本に戻ってくることができ、とても嬉しく思っている。日本の皆様にはいつもとても暖かく迎え入れてもらっていただいている。我々は2022年のワールドカップに向け、準備を進めている段階。日本のように大きな成長を遂げ、6回連続でワールドカップに出場している国とこうして対戦できることは、ウルグアイにとっても非常に良い機会だと思っている」 「ワールドカップを見てもらえばわかることだが、日本も大きな成長を遂げていて、世界で見ても互角の実力を持つ国が存在している。日本は今回、ホスト国として、我々と同様に新しいチーム作りを目指して、明日対戦することでしょう。我々も2019年のコパ・アメリカ、2022年のワールドカップを目標にしている。おそらく、日本も同じ状況にあると思う。明日は是非、良い試合がしたい」 ──日本サッカーに対する印象。日本代表の警戒選手は 「私は日本のサッカーの進化をだいぶ前から見続けてきた。この国にプロサッカーができ、ブラジル国籍の選手が多くここでプレーしてきた。彼らは単に助っ人としてプレーするだけじゃなく、1つのスタイルをこの国に残していき、それは何らかの形で日本のサッカーに還元されていっていると思う。日本はアジアでも技術に優れたサッカーをする。また、私はアンダー世代、特にU-20の選手たちを興味深く見守っている」 「そして、特定の選手の名前を挙げることについては、この場では控えたい。しっかりと日本代表の分析を終えるまで名指しすることはできない。だが、FWの選手たちはスピードやテクニックに優れ、シュート力にも長けている。ワールドカップでは残念ながらあの信じられない形でベルギー代表に敗れたが、日本代表のサッカーのベースは既に出来上がっているように感じる」 ──監督が考える(ユベントスに所属するMFロドリゴ・)ベンタンクールの長所とは 「ロドリゴ・ベンタンクールは、非常に若い選手。ウルグアイの地方の街で生まれ、その後アルゼンチンのボカ・ジュニアーズのユースに入り、そこで11年ほどプレーした。ユベントスに移籍するまで、ボカのトップチームでもプレーしている。代表では、2017年のワールドユース、A代表の一員としてロシア・ワールドカップでもプレーした。彼をはじめとする若手、ベンタンクール、(マティアス・)ヴェシーノ、(フェデリコ・)バルベルデ、(ルーカス・)トレイラといった選手たちは、これまでと違うスタイルをウルグアイ代表にもたらしてくれている」 「以前も目標達成に貢献してくれた選手がいたが、どちらかといえば、フィジカル面や規律を生かして戦うタイプだった。ベンタンクールをはじめとする今の若手は経験こそ少ないが、チームに大きく貢献してくれている。バルベルデでいえば、彼は18歳でロシア大会の南米予選の試合でウルグアイとして苦手なパラグアイ戦でゴールを決め、勝利に貢献してくれた。今はレアルのトップチームでプレーしている。ベンタンクールをはじめとする若手は、ベテランと融合することで、今後もチームのために大きく貢献してくれると思っている」 ──12日の韓国戦後、日本戦に向けて戦術の修正点は。(ルイス・)スアレス不在の影響は 「我々は今回、長旅を経て、12時間の時差を強いられながら戦っている。韓国戦から数えて、3、4日間あったので、前回の試合よりコンディションは良くなってきていると思う。ただ、我々はこうした親善試合の中で結果だけを求めているわけじゃなく、新しい若手を試すことが1つの大きな目標としてある。そして、ゴールは、カタール・ワールドカップに出場して良い結果を残すこと」 「もちろん、スアレスは、代表チームだけでなく、バルセロナでも決定的かつ重要な役割を担う選手。だが、スアレス不在で戦うことは、決して初めてのことじゃない。逆に、スアレスがいても、(エディンソン・)カバーニがいないこともあったし、ロシア・ワールドカップのフランス戦もそうだった」 「もちろん、彼らのような重要な選手がいないことは堪えるが、何とか他の選手たちで彼らの穴を埋められるように努力していなければならない。スアレスとカバーニは、共に2006年のユース世代でデビューして、南米予選やカナダのワールドユースに出て、今やヨーロッパのクラブで結果を残して、代表チームに大きく貢献してくれている」 「彼らはこのウルグアイにおける1つの指標となる存在。しかし、そういった選手であっても、ケガもするし、子供も生まれる。なので、我々はFIFAの代表ウィーク毎に目標を定めている。それを3文字のアルファベットで表していて、「J」、「R」、「C」。それはスペイン語で「プレー」、「結果」、「戦う姿勢」を意味する。そういった目標も踏まえながら、明日の試合を良いものにしていきたい」 ──このアジア遠征がどのような強化に繋がるとお考えか。そして、ウルグアイサッカーの強さの秘密とは 「ウルグアイ代表にとって、この2試合は非常に重要な意味がある。日本と韓国は、アジア地域において、最も強い国々。韓国は9大会連続9回、日本は6大会連続6回のワールドカップ出場を誇る。明日の結果がどうであろうと、我々にとって、日本と韓国と対戦することは非常に良いことだと思っている。世界におけるウルグアイサッカーの位置付けだが、昔は強くなく、全く国際大会を戦うことができない時期があった。そこで、我々はどうやって世界の舞台に再び押し上げることができるのかと考えた」 「かつてのウルグアイ、1920年代のウルグアイは強豪国だった。1924年、1928年のオリンピックで優勝したが、その後、世代交代の流れが途切れ、1950年になるまで、ウルグアイはなかなか結果を出すことができなかった。ウルグアイが初めて戦った南米予選でもパラグアイに敗れ、敗退に追い込まれたこともある。そういった中で、ユース世代の育成に重点を置いたプロジェクトが始動した。それは、単にサッカー選手を育てるだけでなく、若者たちの総合的な教育を重要視したものだった」 「昔のウルグアイサッカーのイメージとして、非常にタフなものが連想されたが、クリーンな戦い方というものも若者たちに教えてきた。こうしたプロジェクト始動により、2006年以降、ユース世代ではほぼ90%の確率でユース世代の国際大会に出場できるまでになった。(ジョルジアン・デ・)アラスカエタや、(ディエゴ・)ラクサールと行った彼らもそのユース世代で育ってきた選手たち。こういった取り組みにより、ウルグアイ代表としてもFIFAランキングでも着実に順位を上げており、今では5位という結果を残している」 「そして、ベンタンクールやラクサールら若手だけでなく、(ディエゴ・)ゴディンやスアレス、カバーニといった選手たちは全員が海外に移籍し、エリートが集うヨーロッパサッカーでその力を磨いている。ロシア・ワールドカップでは、進化しつつあるウルグアイのサッカースタイルをお見せすることができたと思っている。我々は今後も競争力のあるチーム作りを目指していきたい」 2018.10.15 21:35 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース