CL通算8000ゴール目のメモリアル弾はグリーズマン!2018.10.04 13:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、チャンピオンズリーグのメモリアルゴールを記録した。『UEFA.com』が伝えた。▽グリーズマンは、3日に行われたチャンピオンズリーグ第2節のグラブ・ブルージュ戦に先発出場。28分に先制ゴールを記録すると、67分にはこの試合2点目を記録していた。チームは3-1で勝利している。

▽今シーズンのチャンピオンズリーグ開幕前まで、7912ゴールが生まれており、第1節では45ゴール、第2節の初日となった2日に23ゴールが生まれていた。3日の試合が始まる前の時点で、7980ゴールが生まれており、3日の20ゴール目が通算8000ゴールに。グリーズマンの2点目が、メモリアルゴールとなった。

▽1ゴール目は、1992年11月25日に行われたクラブ・ブルージュとCSKAモスクワの試合で、クラブ・ブルージュの元ナイジェリア代表FWダニエル・アモカチが決めたゴール。8000ゴール達成に26年が経っていることとなる。

◆チャンピオンズリーグメモリアルゴール
【1ゴール】
ダニエル・アモカチ
(ナイジェリア/クラブ・ブルージュ)
▽1992年11月25日
クラブ・ブルージュ 1-0 CSKAモスクワ

【1000ゴール】
ドミトリ・ホフロフ
(ロシア/PSV)
▽1998年12月9日
PSV 2-2 ベンフィカ
※PSVの1点目(1-0)

【2000ゴール】
エルウィン・サンチェス
(ボリビア/ボアビスタ)
▽2001年9月19日
ボアビスタ 3-1 ディナモ・キエフ
※ボアビスタの1点目(1-0)

【3000ゴール】
ダビド・トレゼゲ
(フランス/ユベントス)
▽2003年12月10日
ユベントス 7-0 オリンピアコス
※ユベントス3点目(3-0)

【4000ゴール】
ピーター・クラウチ
(イングランド/リバプール)
▽2007年4月11日
リバプール 1-0 PSV

【5000ゴール】
ルイゾン
(ブラジル/ベンフィカ)
▽2010年9月14日
ベンフィカ 2-0 ハポエル・テル・アビブ
※ベンフィカ1点目(1-0)

【6000ゴール】
マリオ・ゲッツェ
(ドイツ/ドルトムント)
▽2013年3月5日
ドルトムント 3-0 シャフタール・ドネツク
※ドルトムント2点目(2-0)

【7000ゴール】
アンヘル・ディ・マリア
(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)
▽2015年11月25日
マルメ 0-5 パリ・サンジェルマン
※PSG2点目(0-2)

【8000ゴール】
アントワーヌ・グリーズマン
(フランス/アトレティコ・マドリー)
▽2018年10月3日
アトレティコ・マドリー 3-1 クラブ・ブルージュ
※アトレティコ2点目(2-1)
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、オブラクと新契約締結間近!

アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(26)の新契約締結が近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2014年にベンフィカから加入して以降、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームの絶対的守護神に君臨するオブラク。今シーズンもここまでリーグ最少失点(17失点)の堅守を支えており、4年連続サモラ賞獲得という偉業に向けて順調な歩みを見せている。 そんなオブラクはアトレティコとの現行契約が2021年までとなっており、契約解除金も昨今の移籍市場では決してあり得ない額ではない1億ユーロ(約123億円)に設定されている。パリ・サンジェルマン(PSG)からの熱視線も伝えられている中、2022年まで契約を延長したディエゴ・シメオネ監督はオブラクの慰留を最優先事項に考えているようだ。 また、オブラク自身も「更なる延長にサイン出来れば僕は満足するだろうね」と契約延長を望んでいる。さらに、今回の『アス』によると、同選手の代理人も既にアトレティコとの交渉に将来を絞ることを表明。当事者間での合意にも達しており、来週にも正式にアナウンスされるようだ。 新契約では、契約解除金が1億5000万~2億ユーロ(約188億~約251億円)に設定され、年俸も1000万~1200万ユーロ(約12億5000~約15億円)に上昇。当人もこの内容に喜んでおり、他のクラブからの関心は振り切っているようだ。 2019.02.22 16:03 Fri
twitterfacebook
thumb

CL男に2010年以来の窮地!

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが“CL男”として由々しき事態に直面している。スペイン『マルカ』が報じた。 ユベントスはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でアトレティコ・マドリーと激突。20日に敵地で1stレグに臨み、アトレティコ・マドリーに0-2の先勝を許した。 CL歴代最多得点の121ゴールを誇るC・ロナウドも沈黙。昨年までレアル・マドリーの宿敵として凌ぎを削ったアトレティコ・マドリーの強固なブロックを崩しきれなかった。 CL制覇を至上命題に掲げるユベントスの敗退が決まれば、C・ロナウドも必然的に姿を消すことに。その場合、同選手にとって、2009-10シーズン以来のベスト16敗退になる。 C・ロナウドにとっても絶対に負けが許されないホームでのリターンレグは3月12日。通算5度の欧州制覇歴を誇るCL男はユベントスを救えるか。次戦に注目だ。 2019.02.22 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長が反論! 「C・ロナウドがCLを制したのは3度だけ」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレーゾ会長が、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドに反論した。スペイン『アス』が伝えている。 アトレティコは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでユベントスとホームで対戦して2-0で勝利。C・ロナウドやディバラといった相手の強力なアタッカーを抑え込み、ベスト16突破を大きく手繰り寄せている。 しかし、緊迫した試合の中ではサポーターがやや行き過ぎたブーイングをC・ロナウドに浴びせ、同選手も不快感を露わに。C・ロナウドは右手を広げて5本指を開いた後に、グーにするジェスチャーを披露し、試合後のミックスゾーンでは「僕はチャンピオンズリーグを5度制したが、アトレティコはゼロだ」とコメント。強烈なカウンターを繰り出していた。 しかし、これに対してセレーゾ会長が反論。C・ロナウドの5度のCL制覇に異論を挟んだ。 「私からすれば、クリスティアーノ(・ロナウド)はチャンピオンズリーグを5度制してなどいない」 「それは3度で、一つとてもシンプルな理由がある」 「アトレティコ・マドリー(との2試合)にはどちらも勝利していないからだ」 C・ロナウドは、レアル・マドリー在籍時にアトレティコと2度に渡り決勝で激突。2013-14シーズンは90分で決着が付かず延長戦の末に4-1で勝利し、2015-16シーズンは120分間を同点で終えてPK戦まで勝負が持ち越されていた。 2019.02.22 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴディンのインテル行きほぼ確定…マロッタCEO「公式発表は間もなく」

インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンとの契約について語った。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ディエゴ・シメオネ監督の下、世界最高峰の堅守の中でディフェンスリーダーを務めているゴディン。20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのユベントス戦では、終盤に追加点を沈め、チームを2-0での勝利に導いた。 しかし、そんなゴディンの現行契約も今シーズン限りであり、アトレティコでの時間は終わりに向かっている。昨夏にはマンチェスター・ユナイテッド行きも噂され、現在最も可能性の高い新天地としてインテルが挙げられている。 インテル行きに関して、今年初めには合意も報じられており、2年契約+1年間の延長オプションでのフリー加入が濃厚。さらに、既定路線と見られる中、インテルのマロッタCEOの口からその情報を補強する言葉が飛び出した。 「私たちの交渉はとても進んでいる。彼のユベントス戦での得点は良かったね。けど、後のことは話さない」 「公式発表は間もなく出来ると強く思う」 ゴディンは2010年夏にアトレティコ入りして以降、リーガエスパニョーラやコパ・デル・レイを制したほか、2度のヨーロッパリーグ制覇にも貢献。公式戦通算377試合26得点を誇り、今シーズンも公式戦27試合に出場して3得点をマークしている。 2019.02.22 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

約10日で2度ゴール取り消し…モラタをコケが気遣う「いつかはVARも認めるよ」

アトレティコ・マドリーMFコケが、チームメイトのFWアルバロ・モラタを気遣っている。<br><br>20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、ユベントスと対戦したアトレティコ。中々相手ゴールをこじ開けることができなかったが、後半にセットプレーから2ゴールを奪い、2-0で勝利を挙げた。<br><br>この一戦で58分から出場したモラタは70分、フィリペ・ルイスのクロスを頭で合わせてネットを揺らしていた。しかし、ポジション取りの際にDFジョルジョ・キエッリーニを手で押したとして、ビデオ判定の結果ゴールは取り消しになっていた。<br><br>モラタは9日に行われたリーガ第23節レアル・マドリー戦でも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってゴールが無効に。冬のマーケットでアトレティコに加わったスペイン人FWは、およそ10日間で2度ビデオ判定によってゴールが取り消されている。<br><br>試合後、コケはチームメイトを気遣っている。<br><br>「結局、いつかはVARもモラタのゴールを認めるだろうね」<br><br>「彼は2つのゴールが取り消された。取り消すことがあるのならば、時には得点になり、時にはそうならないということ。決定はリスペクトしなければね。僕らは審判をリスペクトしている。ゴールが無効になった場合に備え、試合に勝つための得点をより奪うためにトライし続けるよ」<br><br>また、3月12日のユベントスとの2ndレグに言及。1stレグの結果に満足感を示しつつ、気を引き締めている。<br><br>「勝利はとても嬉しいが、まだ何も成し遂げていない。ユベントスのクオリティとポテンシャルはわかっているよ&hellip;&hellip;彼らは世界最高のチームの1つだ。結果には満足しているが、まだ何も決まっていない。トリノでは素晴らしい戦いになるだろう。突破するためには最高のプレーが必要だ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 04:30 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース