C・パレス、U-19イングランド代表MFエンヤ・キルビーと2022年まで契約延長2018.10.04 12:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クリスタル・パレスは3日、U-19イングランド代表MFエンヤ・キルビー(18)との契約を2022年6月まで延長したことを発表した。

▽2017年2月にプロ契約を果たしたキルビー。ここまで公式戦出場はないが、各年代別イングランド代表では、昨年のU-17ワールドカップでU-17同国代表の一員として優勝に貢献している。

▽クリスタル・パレスとの契約を延長したキルビーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このような新契約にサインする機会を与えてくれてとても興奮しているよ。しかし、厳しい戦いがここから始まることを理解している。将来大きなチャンスを得られるように努力し続けていきたい」
コメント
関連ニュース
thumb

C・パレスのオランダ代表DFがチェルシー時代の“ローン地獄”を回想 「フットボールを辞めようと思っていた」

▽クリスタル・パレスに所属するオランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルト(28)がチェルシー時代の“ローン地獄”を回想。一時はスパイクを脱ぐことも検討していたことを明かした。 ▽オランダ出身で左サイドのスペシャリストであるファン・アーンホルトはPSVのアカデミーを経て2009年にチェルシーのアカデミーに加入。2009年にレンタル先のチャンピオンシップ(イングランド2部)所属のコヴェントリーでプロデビューを飾ると、その翌年となった2010年3月に保有元のチェルシーでプレミアリーグデビューを果たした。 ▽しかし、以降はトップチーム定着は叶わず、ニューカッスルやレスター・シティ、ウィガン、フィテッセと多くのクラブをたらい回しになり、2014年にサンダーランドへ完全移籍。そして、2017年からは現在のパレスに在籍している。 ▽そんなファン・アーンホルトはイギリス『デイリー・メール』でチェルシー時代の“ローン地獄”を回想した。 「当時、僕は真剣にフットボールを辞めることを考えていたんだ。それぐらい困惑していたし、とにかく辞めたいと思っていたんだ」 「ある時、父親と休暇を過ごしていたんだけど、その時に“今の自分は本当に何をしているんだろう”と父に話したよ。当時は1年ぐらいプレーから遠ざかっていたし、自分を欲しがるクラブなんてないと思っていたんだ」 ▽さらに、2011年のウィガンへの移籍は出場機会の少なさ、自身の間違った態度を含め最悪な時期だったと語っている。 「僕にとってフットボール人生で最悪なローンだった。その原因は当時の監督の存在が大きかったけど、自分自身にも問題があったと思う」 「チェルシーからローンで出ていくとき、間違いなくプレーヤーは出場機会を期待すると思う。その甘い考え自体が良くなかったけど、正直なところ他のクラブでただトレーニングだけを行い、リザーブチームでプレーさせられるなんてまっぴらごめんだった。その態度は本当に良くなかったと思っている」 「本当は自分自身の成長のためにトレーニングに取り組むべきだった。トレーニングして家に戻るだけのあの日々は僕にとって時間の浪費のように思えた」 ▽ウィガン時代に関しては過去の自分を戒める態度が目立ったファン・アーンホルトだが、近年“人身売買”とも揶揄される古巣のローンシステムに関して苦言を呈している。 「チェルシーを去るという自分の決断は正しかったと思っている。あのままクラブに留まり続ければ、彼らは僕により多くの経験をさせるためローンを繰り返していたと思う」 「ただ、彼らの言うより多くの経験を得るためにどれだけの時間が必要なんだ? 個人的にはプレミアリーグで自分自身を証明するためには安定性が重要だと思っている」 ▽なお、チェルシーやユベントスなど多くの若手を青田買いして様々なクラブへのレンタル移籍を繰り返している一部クラブでは、ファン・アーンホルトのような苦しい経験をする選手が目立っており、サッカー界では選手の保有人数を制限する動きを見せ始めている。 2018.11.26 16:49 Mon
twitterfacebook
thumb

低調ユナイテッド、格下クリスタル・パレスにホームでゴールレスドロー《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは24日、プレミアリーグ第13節でクリスタル・パレスとオールド・トラフォード対戦し、0-0の引き分けに終わった。 ▽前節マンチェスター・シティとの“マンチェスター・ダービー”でリーグ戦5試合ぶりの黒星を喫した8位ユナイテッドは、その一戦から先発を4人変更。ラッシュフォードやフェライニ、エレーラらに代えてルカクやポグバ、マタらを先発に起用した。 ▽最前線にルカク、中盤2列目に右からマタ、リンガード、マルシャルと並べる[4-2-3-1]で臨んだユナイテッドは、立ち上がりから押し込む展開としたものの、シュートに持ち込めない時間が続く。 ▽そんな中、ユナイテッドは18分にファーストシュートを放つ。マタの浮かせたパスをボックス中央で受けたリンガードの胸トラップから後方に落とすと、最後はポグバがコントロールショットで狙うも、シュートは枠の右に外れた。 ▽さらに30分には、ボックス左から仕掛けたヤングの折り返しをゴール前に走り込んだリンガードが右足で合わせたが、これはGKヘネシーの好セーブに防がれた。 ▽先制点が遠いユナイテッドは、43分にセットプレーからピンチを迎える。ミリボイェビッチが左サイドで獲得したFKからクロスを供給すると、ゴール前のクヤテが頭で合わせゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはユナイテッド。57分、右サイド高い位置でパスを受けたダルミアンのクロスのセカンドボールをボックス左手前で拾ったヤングがミドルシュート。GKヘネシーの弾いたボールをルカクが押し込んだが、このゴールはオフサイドの判定で取り消された。 ▽決定機を逃したユナイテッドは、60分にマタとリンガードを下げてラッシュフォードとフェライニを投入する2枚替えを敢行。さらに69分には、ポグバを下げてサンチェスをピッチに送り出し、3枚の交代カードを使い切った。 ▽すると83分、ダルミアンの右クロスをルカクがヘディングシュートで合わせるも、ゴール右隅を捉えたシュートはGKヘネシーが横っ飛びでファインセーブ。89分には、サンチェスのロングパスからラッシュフォードが決定機を迎えたが、シュートは枠に飛ばず。試合はそのまま終了。0-0の引き分けに終わった。 2018.11.25 02:22 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季出場機会ゼロのFWソランケを今冬レンタルへ! プレミア中堅2チーム関心

▽リバプールがイングランド代表FWドミニク・ソランケ(21)を今冬にレンタル移籍させる意向のようだ。イギリス『HITC』が伝えている。 ▽チェルシーの下部組織出身のソランケは昨夏リバプールにフリーで加入。昨年行われたFIFA U-20ワールドカップ2017でU-20イングランド代表の初優勝に貢献し大会最優秀選手賞にも輝いた万能型FWは、試合終盤の途中出場がメインながら昨季は公式戦27試合に出場し1ゴールを記録した。 ▽しかし、今季はセンターフォワードの2番手であるイングランド代表FWダニエル・スタリッジの復活やスイス代表FWジェルダン・シャキリの加入に伴い、ここまでトップチームでの出場機会はゼロ。先日にはイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が若手逸材の出場機会減に関して懸念を示していた。 ▽この状況を受けて、ユルゲン・クロップ監督はソランケに出場機会を与えるため、今冬の移籍市場でのレンタル移籍を検討しているようだ。そして、そのレンタル先としてウェストハムとクリスタル・パレスの2チームが名乗りを上げているようだ。 ▽とりわけ、ベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケの長期離脱などの影響によってリーグ戦12試合でわずか8ゴールと得点力不足に悩まされるパレスは強い関心を示している模様だ。 2018.11.12 19:09 Mon
twitterfacebook
thumb

トッテナム、フォイスのゴールでC・パレスとのロンドン・ダービー辛勝《プレミアリーグ》

▽トッテナムは10日、プレミアリーグ第12節でクリスタル・パレスとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。 ▽ここまで8勝3分けとプレミアリーグ参入以降、クラブ史上最高のスタートを切ったトッテナム。直近のチャンピオンズリーグのPSV戦ではケインの2ゴールで今大会初勝利を挙げた。しかし、チーム事情は苦しく、先日に負傷したデンベレの年内復帰が絶望的となり、フェルトンゲンやローズも離脱中。そんな中、今節のスタメンにはケガから回復したワニャマが復帰。その他、トリッピアーやムサ・シソコ、デレ・アリ、ルーカス・モウラ、ケインらが先発に名を連ねた。 ▽ともにロンドンに本拠地を置くダービーマッチ。高い支配率で圧力をかけるトッテナムに対し、辛抱強く守るクリスタル・パレスは15分にトムキンスがCKからヘディングシュート。さらにその直後には古巣対決のタウンゼントがボックス左からシュートを放つ。 ▽相手の守りを前になかなかシュートまで運べないトッテナムは、20分にムサ・シソコがボックス左を強引にドリブルで突破しシュートに持ち込むが相手のブロックに遭う。 ▽24分にトッテナムにアクシデントが襲う。右サイドバックのトリッピアーが足の痛みを訴えオーリエと負傷交代。早くも交代枠を使ってしまった。 ▽嫌な展開となったトッテナム。30分に相手陣内でボールを奪ったケインがボックス手前から強烈なシュートを見舞うが、GKヘネシーに弾かれる。42分にはオーリエのクロスにルーカス・モウラが飛び込むが合わせることが出来ず。 ▽ゴールレスで迎えた後半、前半同様にクリスタル・パレスの守備に苦しめられるトッテナムだったが、66分に試合を動かした。左CKの場面。ラメラのクロスをケインがヘディングで合わせると、これがゴール前の相手に当たりルーズボールに。このボールにいち早く反応したフォイスが押し込んでトッテナムが先制した。 ▽やっとの思いで得点したトッテナム。その2分後には右サイドのデレ・アリのロングパスに、ラメラがオフサイドラインギリギリで抜け出すが、僅かにGKヘネシーの対応が早く、シュートを打てなかった。 ▽その後、互いに交代策を講じるも大勢は変わらない。そんな中、クリスタル・パレスは84分にファン・アーンホールトが味方とのワンツーでボックス左に侵入しクロスを供給。これが相手に当たってタウンゼントの下へ。タウンゼントは浮き球を胸トラップし左足でボレーシュートを放ったが、威力が弱くGKロリスにセーブされた。 ▽後半アディショナルタイムには、途中出場のセルロースに絶好機が訪れたが、ここもGKロリスがセーブ。トッテナムは伏兵フォイスの虎の子の一点を守り切り、1-0で勝利。公式戦4連勝とした。 2018.11.11 04:36 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、C・パレスの快足SB獲得に関心か

▽マンチェスター・シティがクリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(20)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽パレスのアカデミー出身のワン=ビサカは2018年2月に行われたトッテナムとのリーグ戦でトップチームデビュー。183cmの恵まれたサイズと高い身体能力に加え、驚異的なスプリント能力を併せ持つ右サイドバックは、ロイ・ホジソン監督の信頼を勝ち得ると、今季はここまで公式戦13試合に出場するなど主力に定着している。 ▽攻撃の場面では崩しのアイデアやクロスの質、守備ではポジショニングなどに粗さがあるものの、推進力のある縦への仕掛けや対人の強さ、タックルの精度はシティの右サイドバックで活躍するイングランド代表DFカイル・ウォーカーを髣髴とさせる。 ▽なお、逸材流出を阻止したいパレスは今年4月に2022年までの新契約を同選手と結んでいる。 2018.11.07 05:30 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース