“政治的理由”によりムヒタリアンは帯同せず…ELカラバフ戦を欠場2018.10.04 12:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽やはり、政治の力が影響してしまったのだろうか。アーセナルのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、ヨーロッパリーグのカラバフ戦のメンバーから外れた。イギリス『BBC』が報じた。▽ムヒタリアンの母国であるアルメニアと、カラバフのホームであるアゼルバイジャンは、1988年から1994年までナゴルノ・カラバフ自治州を巡る争いが起きており、戦争が勃発。結果はアルメニアが勝利したが、アルメニアとアゼルバイジャンの国交は断絶している状況だ。

▽アーセナルは、上記の理由からムヒタリアンが参戦しないと欧州サッカー連盟(UEFA)に報告しており、これが認められている。

▽指揮を執るウナイ・エメリ監督は、ムヒタリアンの欠場についてコメント。政治的な背景は関係なく、良いプレーをすると意気込みも語った。

「彼はここに来ることができない。我々はここに居る。最高のメンタリティと準備、そしてプレーする可能性がある選手が居る」

「私の仕事はサッカーだ。各文化を尊重し、各国をリスペクトする。でも、全ての国が置かれている状況は知らない。私にとっては、彼がプレーできない」

「彼には敬意と尊敬がある。我々はここで、良いプレーをする機会がある」

▽また、カラバフの指揮官であるグルバン・グルバノフ監督もムヒタリアンについて言及。望ましいことではないとしながらも、アーセナルがムヒタリアンに与える影響を考慮したのではないかと見解を語った。

「政治がこのスポーツを妨害することは望ましいことではなかった。ただ、我々はこの問題に関して何もできなかった」

「もし、ヘンリク・ムヒタリアンがアゼルバイジャンに来るのであれば、それは初めてのことではない。多くのアルメニア人のアスリートが、アゼルバイジャンに来ている。でも、アーセナルの選択は、彼を連れて来ないことだった」

「アーセナルは6万人のアゼルバイジャン人ファンの前で、ムヒタリアンにプレッシャーが掛かることを恐れたのかもしれない。だから、ムヒタリアンを連れて来なかったのではないだろうか」

▽なお、ムヒタリアンは、ドルトムント在籍時にもカラバフとヨーロッパリーグと対戦。しかし、同様の理由で遠征メンバーからは外れていた。
コメント
関連ニュース
thumb

7カ月の長期離脱を乗り越えたコシエルニーが歓喜「僕のシーズンは今開幕した」

▽長期離脱から復帰を果たしたアーセナルのフランス代表DFローラン・コシエルニーが喜びをあらわにしている。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽コシエルニーは今年5月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのアトレティコ・マドリー戦でアキレス腱を痛めて手術。約6カ月の大ケガを負い、ロシア・ワールドカップ行きも逃した挙句、今シーズン前半戦も棒に振る可能性が高まっていた。 ▽そんな中、コシエルニーは11月下旬にU-23チームで実戦復帰。そしてついに13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループE最終節カラバフ戦で先発出場し、7カ月ぶりに戦線復帰を果たした。 ▽72分までプレーし、1-0での勝利に貢献したコシエルニー。試合後、離脱期間が困難なものであったと明かし、復帰に歓喜した。 「本当に難しい時期を過ごした。僕にとっても初めて大きなケガだったんだ」 「長い間ピッチから遠ざかることはとても苦しいものだ。ただ、多くの学びもあった。自分自身を見つめなおしたり、周囲の人を見ることができた。僕は幸せだし、落ち着いているよ。そしてより強くなることができた」 「フットボーラーにとってピッチに立つことができないのは苦しい。でもその時期が終わって嬉しいよ。僕のシーズンは今開幕したんだ」 2018.12.14 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「良い意味で少しばかりクレイジー」ピレス氏が古巣アーセナルを立て直す新指揮官を絶賛

元アーセナルのロベール・ピレス氏は、現在古巣を指揮するウナイ・エメリ監督を&ldquo;クレイジー&rdquo;と形容し、その手腕を称賛した。<br><br>22年間にも及ぶ長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督の後任として今夏にアーセナルに就任したエメリ監督。開幕2連敗を喫したものの、その後は公式戦22試合連続で無敗をキープするなどプレミアリーグ初挑戦ながら高い適応力を見せる。<br><br>ヴェンゲル政権終盤には崩壊寸前だった守備陣に安定をもたらし、多くの試合で勝利を手にするエメリ監督の指揮官としての能力について、ピレス氏は『iNews』に語った。<br><br>「彼は勝者で、数多くのタイトルを手にしている。セビージャでヨーロッパリーグ、パリ・サンジェルマンでリーグ・アンを制した。彼はドレッシングルームでチームにスピリットを植え付けていると思う。彼はまるで戦士のようだから、アーセナルは新たな哲学とともに今までにない顔をチームとして持つようになったと思う」<br><br>「ベンチにいるときの姿なんて少しばかりクレイジーだ。ただ良い意味でのクレイジーだ。これがアーセン・ヴェンゲルとウナイ・エメリの違いだと思う」<br><br>また、ヴェンゲル前監督時代には、最後の2シーズンでトップ4を逃すなど低調な戦いを続けたアーセナル。この成績を受け、フランス人指揮官は度々批判され、選手とのコミュニケーションも十分ではないと報じられていた。しかし、エメリ監督に代わったことで、ヴェンゲル前監督が抱えていた問題の大部分が改善されたとピレス氏は感じているようだ。<br><br>「監督は難しい仕事で、選手たちと良いコミュニケーションを取る必要がある。アーセンは比較的静かだったが、ウナイ・エメリはより感情的だ。彼は常に選手たちの助けになりたいと思っているように映る。彼らにとってコミュニケーションを頻繁にとる指揮官は物珍しいかもしれないが、良いことだと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.14 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド32進出チームが決定! 日本勢は長谷部、南野、乾にCL3位敗退組の長友の4クラブに!

▽13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する全32チームが決定した。 ▽例年、番狂わせの目立つELグループステージだが、今季は優勝候補に挙がるチェルシー、アーセナルのロンドン勢、同大会に相性が良いスペイン勢のビジャレアル、セビージャ、昨季上位に進出したザルツブルクやラツィオなどの強豪チームが順当に突破を決めた。 ▽その一方で、優勝候補のミラン、昨季準優勝チームのマルセイユ、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のベシクタシュら強豪チームが敗退する波乱も起こった。 ▽合計5人が参戦した日本人選手の所属クラブではMF南野拓実のザルツブルク、MF長谷部誠のフランクフルト、MF乾貴士のベティスが揃って首位通過を決めた。一方、前述のマルセイユに所属するDF酒井宏樹、アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の2選手は共に最下位での敗退となった。 ▽なお、来年2月に開催されるラウンド32には今回グループステージを勝ち抜いた24チームと、今季CLグループステージの各グループを3位で終えた8チームの合計32チームが出場する。 ▽また、CL3位敗退チームを含めたラウンド32進出チームを国別に分けると、ベティス、ビジャレアル、セビージャ、バレンシア(CL敗退組)の4チームが勝ち残ったスペイン勢が最多に。続いてラツィオ、インテル(CL敗退組)、ナポリ(CL敗退組)の3チームが残ったイタリアが次点となっている。 ▽CL3位敗退チームの一覧および各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 ◆CL3位敗退チーム クラブ・ブルージュ(ベルギー) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) ガラタサライ(トルコ) ベンフィカ(ポルトガル) シャフタール(ウクライナ) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) バレンシア(スペイン) ◆ELグループステージ順位表 【グループA】 1.レバークーゼン(ドイツ) 2.チューリッヒ(スイス) ――決勝T進出―― 3.AEKラルナカ(キプロス) 4.ルドゴレツ(ブルガリア) 【グループB】 1.ザルツブルク(オーストリア) 2.セルティック(スコットランド) ――決勝T進出―― 3.RBライプツィヒ(ドイツ) 4.ローゼンボリ(ノルウェー) 【グループC】 1.ゼニト(ロシア) 2.スラビア・プラハ(チェコ) ――決勝T進出―― 3.ボルドー(フランス) 4.コペンハーゲン(デンマーク) 【グループD】 1.ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 2.フェネルバフチェ(トルコ) ――決勝T進出―― 3.スパルタク・トルナバ(スロバキア) 4.アンデルレヒト(ベルギー) 【グループE】 1.アーセナル(イングランド) 2.スポルティング・リスボン(ポルトガル) ――決勝T進出―― 3.ヴォルスクラ(ウクライナ) 4.カラバフ(アゼルバイジャン) 【グループF】 1.ベティス(スペイン) 2.オリンピアコス(ギリシャ) ――決勝T進出―― 3.ミラン(イタリア) 4.デュドランジュ(ルクセンブルク) 【グループG】 1.ビジャレアル(スペイン) 2.ラピド・ウィーン(オーストリア) ――決勝T進出―― 3.レンジャーズ(スコットランド) 4.スパルタク・モスクワ(ロシア) 【グループH】 1.フランクフルト(ドイツ) 2.ラツィオ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.アポロン・リマソル(キプロス) 4.マルセイユ(フランス) 【グループI】 1.ヘンク(ベルギー) 2.マルメ(スウェーデン) ――決勝T進出―― 3.ベシクタシュ(トルコ) 4.サルプスボリ(ノルウェー) 【グループJ】 1.セビージャ(スペイン) 2.FCクラスノダール(ロシア) ――決勝T進出―― 3.スタンダール・リエージュ(ベルギー) 4.アクヒサル(トルコ) 【グループK】 1.ディナモ・キエフ(ウクライナ) 2.レンヌ(フランス) ――決勝T進出―― 3.アスタナ(カザフスタン) 4.ヤブロネツ(チェコ) 【グループL】 1.チェルシー(イングランド) 2.BATEボリソフ(ベラルーシ) ――決勝T進出―― 3.ヴィディ(ハンガリー) 4.PAOK(ギリシャ) 2018.12.14 07:13 Fri
twitterfacebook
thumb

コシエルニーが7カ月ぶり復帰のアーセナルがグループE首位突破! スポルティングが2位通過に《EL》

▽アーセナルは13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループE最終節でカラバフと対戦し、1-0で勝利した。 ▽4勝1分けでグループステージ突破を決めているアーセナル。直近ではハダースフィールドに辛勝し公式戦21試合無敗となった。首位突破も決まっている中でのカラバフ戦、スタメンは控えメンバー中心で組まれ、ジェンキンソンやジョー・ウィロック、ブカヨ・サカ、エジルらが先発に。また、ケガで長期離脱していたコシエルニーがおよそ7カ月ぶりに戦線復帰した。 ▽序盤から主導権を握るアーセナルは10分に17歳のブカヨ・サカがボックス右からドライブのかかった味のあるシュートでGKを強襲。16分には高い位置からのエンケティアのチェックでボールを奪い、エジルがボックス右のラカゼットに送ると、相手に囲まれながらもラカゼットは強引に突破して右足でゴールに流し込んだ。 ▽さらなる追加点を狙いにいくアーセナルはエジルを中心に攻撃を組み立てるもなかなかカラバフの砦を崩しきることができない。そんな中エルネニーがボックス手前からミドルシュートを放ったが枠を捉えることができなかった。 ▽迎えた後半、首位通過が決まっているアーセナルと、敗退が決まっているカラバフということもあり、停滞した時間が長くなる。 ▽そんな中57分にゲリエがクロスに頭で合わせてシュートを放つ。これがカラバフのこの試合初めてのシュートとなった。アーセナルは60分過ぎにかけてブカヨ・サカとエジルが積極的にシュートを狙っていく。 ▽しかし、最後まで前半のスコアのまま試合は動かず、1-0でアーセナルが勝利。グループEはアーセナルが首位突破、スポルティング・リスボンが2位突破となった。 2018.12.14 06:57 Fri
twitterfacebook
thumb

アキレス腱断裂の主将コシエルニーが7カ月ぶりに復帰へ…エメリ「先発で起用する」

アーセナルのDFローラン・コシエルニーがカラバフ戦でついに復帰する。ウナイ・エメリ監督が明かした。<br><br>今年5月に行われたヨーロッパリーグ準決勝アトレティコ・マドリー戦でアキレス腱断裂の重傷を負ったコシエルニー。ワールドカップ出場はおろか、シーズン序盤も欠場が続いた同選手だが、順調に回復し、13日のELカラバフ戦で7カ月ぶりに復帰することが濃厚のようだ。<br><br>カラバフ戦前日の会見に登場したエメリ監督は、この試合とともに主将コシエルニーについて口を開いた。「グループを首位で通過するという我々の目標はすでに達成した。しかし、我々はこの大会とカラバフに敬意を払う必要がある。もちろん我々は勝利を目標にするが、責任とリズム、自信を植え付けるために他の選手たちにチャンスを与えるつもりだ」<br><br>「次の10日間で4試合と多くの試合を戦うことになるから、いずれの選手も非常に重要な存在になる。そしてこの試合で、ローラン・コシエルニーをスタートで起用する計画を立てている。この試合が我々とローランにとって最初の試合で、彼がフルにプレーできるかどうかを見極めたい」<br><br>一方、ここ5試合で欠場の続くメスト・エジルについても語った。同選手の起用についてエメリ監督は「私にはわからない」とするも「彼は18人の中に入っている。彼がプレーできるかは試合前か試合中に決めることになるだろう」と言及するにとどめた。<br><br>提供:goal.com 2018.12.13 20:35 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース