“政治的理由”によりムヒタリアンは帯同せず…ELカラバフ戦を欠場2018.10.04 12:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽やはり、政治の力が影響してしまったのだろうか。アーセナルのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、ヨーロッパリーグのカラバフ戦のメンバーから外れた。イギリス『BBC』が報じた。▽ムヒタリアンの母国であるアルメニアと、カラバフのホームであるアゼルバイジャンは、1988年から1994年までナゴルノ・カラバフ自治州を巡る争いが起きており、戦争が勃発。結果はアルメニアが勝利したが、アルメニアとアゼルバイジャンの国交は断絶している状況だ。

▽アーセナルは、上記の理由からムヒタリアンが参戦しないと欧州サッカー連盟(UEFA)に報告しており、これが認められている。

▽指揮を執るウナイ・エメリ監督は、ムヒタリアンの欠場についてコメント。政治的な背景は関係なく、良いプレーをすると意気込みも語った。

「彼はここに来ることができない。我々はここに居る。最高のメンタリティと準備、そしてプレーする可能性がある選手が居る」

「私の仕事はサッカーだ。各文化を尊重し、各国をリスペクトする。でも、全ての国が置かれている状況は知らない。私にとっては、彼がプレーできない」

「彼には敬意と尊敬がある。我々はここで、良いプレーをする機会がある」

▽また、カラバフの指揮官であるグルバン・グルバノフ監督もムヒタリアンについて言及。望ましいことではないとしながらも、アーセナルがムヒタリアンに与える影響を考慮したのではないかと見解を語った。

「政治がこのスポーツを妨害することは望ましいことではなかった。ただ、我々はこの問題に関して何もできなかった」

「もし、ヘンリク・ムヒタリアンがアゼルバイジャンに来るのであれば、それは初めてのことではない。多くのアルメニア人のアスリートが、アゼルバイジャンに来ている。でも、アーセナルの選択は、彼を連れて来ないことだった」

「アーセナルは6万人のアゼルバイジャン人ファンの前で、ムヒタリアンにプレッシャーが掛かることを恐れたのかもしれない。だから、ムヒタリアンを連れて来なかったのではないだろうか」

▽なお、ムヒタリアンは、ドルトムント在籍時にもカラバフとヨーロッパリーグと対戦。しかし、同様の理由で遠征メンバーからは外れていた。

コメント

関連ニュース

thumb

30歳バースデーのエジル、今も欧州最高の創造者

▽データサイト『Opta(@OptaFranz)』が今月15日に30歳の誕生日を迎えたアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルをヨーロッパ最高のクリエイターとして取り上げた。 ▽エジルは、2006年にシャルケでプロデビュー後、ブレーメン、レアル・マドリーを経て、2013年夏にアーセナル入り。2009年にA代表デビューのドイツ代表においては、今年8月に代表引退を表明するまで92キャップを誇る。 ▽『Opta(@OptaFranz)』は、エジルの誕生日を祝した企画として、データ収集を開始した2006年7月以降の欧州5大リーグでプレーする選手のチャンスクリエイト数を紹介。エジルがトップの数字を叩き出しているという。 ◆欧州5大リーグのクリエイターランキング※選手名/創出数 1位:メスト・エジル/1033 2位:ディミトリ・パイエ/1016 3位:セスク・ファブレガス/932 4位:ダビド・シルバ/886 5位:リオネル・メッシ/861 6位:エデン・アザール/794 7位:マレク・ハムシク/740 8位:フアン・マタ/723 9位:フランチェスコ・トッティ/696 10位:クリスティアーノ・ロナウド/695 ▽近年、低調なパフォーマンスから「行方不明」といった皮肉や、厳しい声の矢面に立たされることも少なくないエジル。だが、そういった批評家は、この数字を見て、今一度再考すべきなのかもしれない。 2018.10.16 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルに痛手…DFパパスタプーロスが代表戦で負傷…

▽アーセナルに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが15日のフィンランド代表戦で負傷したようだ。ギリシャ『Gazzetta』が伝えている。 ▽パパスタソプーロスは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグCグループ2のフィンランド戦に先発出場。しかし、0-0で折り返した後半頭にDFゲオルギオス・ツァヴェラスとの交代でピッチを後にしていた。 ▽『Gazzetta』が伝えるところによれば、パパスタソプーロスは前半に足首をねん挫していた模様。ただ、現時点ではじん帯に損傷が及んでいるなど詳細は不明だ。 ▽今夏、ドルトムントからアーセナルに加入したパパスタソプーロスは、ここまで公式戦8試合に出場し1ゴールを記録。最終ラインの新たなリーダーとして活躍している。 2018.10.16 15:08 Tue
twitterfacebook
thumb

出場機会減のトーマス、1月のアトレティコ退団を考慮…アーセナルorPSGへ?

▽アトレティコ・マドリーに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)が、来年1月の移籍を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコの下部組織で育ち2015-16シーズンにトップチームへの昇格を果たしたトーマスは、徐々に出場機会を増やし昨シーズンには公式戦50試合5ゴールを記録。しかし、今シーズンの出場はここまで公式戦9試合、プレー時間は378分間に留まっている。 ▽ディエゴ・シメオネ監督はトーマスを高く評価しているが、今夏には同じく有望株のMFロドリゴ・エルナンデスがアトレティコに到着。押し出されるような形で、トーマスの出場時間を工面することが難しくなっている。 ▽『マルカ』によると、トーマスはベンチスタートが増えた現状に満足しておらず。来年1月に退団する可能性があるようだ。その場合、アーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)が有力な新天地候補と目されている。 2018.10.16 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

エジル30歳の誕生日に、ムスタフィから“スペシャルプレゼント”

▽今月15日に30歳の誕生日を迎えたアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルが、“特別なプレゼント”を貰っていたようだ。 ▽チームメイトの同胞DFシュコドラン・ムスタフィがSNSに上げた1本の動画。そこにはユニフォームに着替えて練習場を歩くアーセナル一同と1人ボールを持ったムスタフィの姿が。ムスタフィはエジルに背後から近寄り歩くタイミングに合わせてナツメグを敢行。異変に気付いたエジルは咄嗟に足を閉めたのだが、時すでに遅し。チームのアシストキングからナツメグを成功させたムスタフィは大喜びしながら、他のチームメイトの下へ逃げるように去っていった。 ▽これにはエジルも苦笑い。ムスタフィはツイッターで動画と共に「ハッピーバースデー、メスト。30歳の誕生日に特別なプレゼントさ」とコメント。 ▽普段練習では自分がよくナツメグをかまされているためそのお返しだろうか。“特別なプレゼント”と言いつつ、一番喜んでいるのはムスタフィ本人に違いない。 2018.10.16 03:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表、ベイルに続きラムジーも離脱…家族の事情で

▽ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が、MFアーロン・ラムジーが16日に行われるUEFAネーションズリーグのアイルランド代表戦を欠場することを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、ラムジー欠場は家族と個人的な理由から。現在、妻のコリーンさんが双子を妊娠しており、そちらのサポートにつくのだろう。 ▽ウェールズ代表は先日、筋肉系の問題からMFガレス・ベイルが代表を離脱。元々、ケガの影響でDFイーサン・アンパドゥやDFクリス・メファムらの招集を見送っており、数人の主力を欠いて次戦に臨むことになる。 ▽デンマーク代表、アイルランド代表と同居しているウェールズは、ここまで1勝1敗でデンマークに次ぐ2位に位置。折り返しとなる第3戦、ギグス監督の手腕に注目が集まる。 2018.10.15 23:20 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース