幸運判定で守護神退場逃れたインテルがイカルディ弾でPSVに逆転勝利でGS連勝《CL》2018.10.04 06:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第2節、PSVvsインテルが3日にPSVスタディオンで行われ、アウェイのインテルが2-1で勝利した。▽開幕節でバルセロナに大敗したPSVと、トッテナム相手に劇的逆転勝利を挙げたインテルによるグループB第2戦。

▽開幕から公式戦7連勝で迎えたバルセロナとの初戦で0-4の敗戦を喫したPSVだが、直後のデ・クラシケルで宿敵アヤックスを3-0で下しバウンスバックを図ると、直近のNACブレダ戦も快勝しリーグ戦の連勝を継続。グループ突破に向けて勝ち点3奪取が求められるインテル戦に向けて最高の状態で臨んだ。

▽一方、開幕から低迷もトッテナム戦での劇的勝利で流れを掴んだインテルは以降のリーグ戦も3連勝で飾り、目下公式戦4連勝と絶好調だ。直近のカリアリ戦からは先発6人を変更。温存したイカルディ、アサモア、ペリシッチ、ブロゾビッチ、ヴェシーノ、シュクリニアルが揃って復帰した。

▽アウェイのインテルがボールを保持する時間が長いものの、互いにフィニッシュまで持ち込み合うオープンな試合展開となる。インテルは最前線のイカルディへシンプルにボールを入れながら前向きのペリシッチやナインゴランがミドルシュートを狙っていく。

▽前半半ばを過ぎても拮抗した状況が続く中、27分に先制点が生まれる。相手を自陣に押し込んだPSVはボックス手前左のロサーノが相手の視線を引き付けて中央のロサリオに横パス。ここでロサリオが豪快に右足を振り抜くと、GKハンダノビッチが全く反応できない強烈な弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。

▽相手のファインゴールで先手を許したインテルは一気に攻撃のギアを上げてナインゴラン、イカルディが枠を掠める際どいシュートを浴びせる。その一方で、41分には右サイドのスペースに不用意に飛び出したGKハンダノビッチが相手の突破を手を使って阻止。一発レッドで止むなしと思われたこのプレーだったが、主審はイエローカードに留める。

▽すると、この判定で流れが変わったか、44分にはアサモアの強烈なミドルシュートから波状攻撃を仕掛け、GKの弾いたボールを回収したイカルディのシュートのこぼれ球をペナルティアーク付近のナインゴランが抑えの利いた右足のダイレクトシュートで右隅に流し込み、インテルが同点に追いついて前半を終えた。

▽後半も拮抗した状況が続く中、相手のミスを突いたインテルが逆転に成功する。60分、ロングボールに反応したイカルディが相手DFシュワーブと競争する形でボックス内に侵入。すると、飛び出したGKズートが味方と交錯しルーズボールがイカルディの足元へこぼれると、やや角度はなかったもののアルゼンチン代表FWが冷静に無人のゴールへ流し込んだ。

▽ミスから奪った逆転ゴールで完全に気持ちの面で優位に立ったインテルは前がかりになった相手の反撃を冷静に防ぎながらペリシッチやイカルディを起点とした鋭いカウンターで幾度も相手ゴールに迫る。だが、相手の粘りに遭いなかなか追加点を奪えない。

▽すると、79分には途中出場のマレンにボックス中央から圧巻のバイシクルシュートを放たれるが、スーパーゴールで同点と思われたこの決定機をGKハンダノビッチが圧巻のワンハンドセーブで阻んだ。このピンチを凌いだインテルは試合終盤の選手交代でうまく時計を進めながら今度は決定的なチャンスを与えず試合をクローズ。幸運な判定とイカルディの2試合連続で勝ち切ったインテルがGS連勝で公式戦5連勝を達成した。そして、次節からは同じく連勝のバルセロナとの連戦に挑む。

コメント

関連ニュース

thumb

カペッロが古巣レアル・マドリーにイカルディ獲得のススメ

▽ファビオ・カペッロ氏が古巣レアル・マドリーに対して、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)の獲得を勧めた。スペイン『アス』が報じた。 ▽今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したレアル・マドリー。その穴を埋めるような補強もなく、今シーズンの開幕を迎えると、1985年以来の公式戦4試合連続無得点記録を打ち立てるなど、得点力不足に喘いでいる。 ▽そのため、打開策としてトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールといった有力選手が獲得候補に挙がるレアル・マドリーだが、過去2度の指導歴を誇るカペッロ氏はセリエA屈指のゴールハンターを推薦した。 「私はイカルディのファン。私が今のレアル・マドリーにいたら、直ちに彼との契約に動く。彼は現在のC・ロナウドと同じくボックス内のスペシャリストだ。彼はゴールを見て、感じることができ、そのエリアでの動き方を熟知している選手。彼なら、3回のボールタッチで3本のシュートを放つことができる」 ▽バルセロナの下部組織に在籍歴を持つイカルディは2013年夏、サンプドリアからインテルに加入。そのインテルに加入して以降、公式通算190試合112得点25アシストの成績を誇り、2度のセリエA得点王に輝くなど、指折りのストライカーとして世界に名を轟かせている。 2018.10.16 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

本田ら指導の元ミラン監督、アジアでの指揮に意欲「イタリアは飽きた。新たな経験を」

過去にミランなどを率いたセルビア人指揮官のシニシャ・ミハイロヴィッチが14日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、アジアなどで指揮を執ることを望んでいると明かした。<br><br>ミハイロヴィッチは現役時代、ローマやラツィオ、インテルなどで活躍。2006年に引退を迎えると、インテルでアシスタントコーチに就任し、その後は指揮官としてサンプドリアやトリノなど主にセリエAを舞台にキャリアを積んできた。カターニアでは元日本代表のFW森本貴幸、ミランではMF本田圭佑を指導した経験も持つ。<br><br>そして今夏、セルビア人指揮官はスポルティング・リスボンと契約に至ったが、クラブ首脳陣の交代により、ポルトガル到着後、わずか9日で解任の憂き目に遭った。それでもミハイロヴィッチは今後も引き続き、イタリア以外のヨーロッパ諸国、もしくはアジアに新天地を求めるようだ。<br><br>「私は別の国で指揮を執りたいと考えているので、イタリアからのオファーは2、3回断った。ヨーロッパか、できたらアジアで新たな経験を積みたいと思っている。イタリアにいることに少し飽きてしまった。だがあと5、6年経ったら戻って来るかもしれない」<br><br>また元ミラン指揮官は、21日に行われるインテルとのミラノダービーにも言及。「いつも変わらず特別な試合だ。そして有利と見られている方がたいてい負けてしまう。だが今回、両チームとも互角のレベルだと思う。満員のスタジアムで素晴らしい試合になることを願っている。2チームとも好きだったので両方を応援するつもりだよ」と語った。<br><br>提供:goal.com 2018.10.16 07:55 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ロシアW杯ファイナリストの両獲りをリクエストか

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がロシア・ワールドカップ(W杯)ファイナリストの2選手の獲得をクラブ側にリクエストしているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でセンターバックと共に最優先補強ポジションとして両ウイングを挙げていたモウリーニョ監督。だが、クラブ側はいずれの候補にも振られてしまい、補強選手ゼロに終わった。 ▽現在、自身の進退問題が盛んに叫ばれるなど厳しい立場に立たされたポルトガル人指揮官は後半戦での巻き返しに向けて両ウイングの獲得を改めてクラブ側にリクエストしたようだ。 ▽そして、モウリーニョ監督が獲得候補に挙げているのが、今夏に獲得を逃したインテルFWイバン・ペリシッチ(29)と、フランクフルトFWアンテ・レビッチ(25)のクロアチア代表の両ウイングだという。 ▽ただ、両選手の獲得費用は合わせて8800万ポンド(約130億円)前後が見込まれており、シーズン途中という難しさと相まってタフなオペレーションになりそうだ。 2018.10.14 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルSD、イカルディへのオファーをけん制?「選手も協力的」と契約延長を示唆

インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)が、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた。主将でエースのFWマウロ・イカルディとの契約延長を検討していることを明らかにしたほか、インテルの展望についても語った。<br><br>昨シーズン、ラツィオのFWチーロ・インモービレとともにセリエA得点王の座に輝いたイカルディには、これまでもヨーロッパの複数のビッグクラブが獲得に関心を示してきた。冬の移籍市場に向けて、マンチェスター・ユナイテッドが25歳FWに熱視線を送っているとの情報も報じられたが、インテルSDは契約更新の可能性を示唆し、オファーをけん制した。<br><br>「我々としては、契約を更新し、条件を調整したいと考えている。向こう(イカルディ)側も協力的だ。だが契約は3年間あるので急ぐ必要はない。数日間で決めることもできるし、数カ月かけて決めることもできる。問題ではない」<br><br>またアウジリオSDは、インテルの目標がチャンピオンズリーグ(CL)において16強に進出することであると明かした。<br><br>「以前の目標はCL出場権の獲得だったが達成できた。CLで16強にたどり着くためにあらゆる手を尽くすつもりだ。(指揮官ルチアーノ・スパレッティへの)プレゼントは、3月時点でもこの重要な大会において勝ち残っていることだろう。いずれにせよ監督はプレゼントを必要としていない。我々は強いチームであることを認識している。(21日のミラノ)ダービーでもそれを証明したい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.13 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ユムティティに続きヴェルメーレンも離脱か…バルサ、ビッグマッチ連戦前に不安要素

▽バルセロナのベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが、またしても離脱する可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ベルギー代表は12日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2第3節のスイス代表戦に臨み、2-1で勝利。しかし、センターバックとして先発出場していたヴェルメーレンがパスをしたことにより負傷し、73分にDFボヤタとの交代を強いられ、真っすぐにロッカールームへ向かった。 ▽『マルカ』によると、負傷の程度を測る検査はまだされていないものの、数試合を欠場する可能性がある模様。ヴェルメーレンは過去にも負傷を繰り返しており、2014年夏に入団したバルセロナでは確認されている限り11度の離脱を経験している。 ▽また、バルセロナではDFユムティティもケガの治療に専念しており、もしヴェルメーレンが離脱となればセンターバックはDFラングレとDFピケのみの状態に。20日のリーガエスパニョーラ第9節セビージャ戦、24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節インテル戦、そして28日のリーガ第10節レアル・マドリー戦に向け、不安要素を抱えることとなった。 2018.10.13 11:20 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース