幸運判定で守護神退場逃れたインテルがイカルディ弾でPSVに逆転勝利でGS連勝《CL》2018.10.04 06:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第2節、PSVvsインテルが3日にPSVスタディオンで行われ、アウェイのインテルが2-1で勝利した。▽開幕節でバルセロナに大敗したPSVと、トッテナム相手に劇的逆転勝利を挙げたインテルによるグループB第2戦。

▽開幕から公式戦7連勝で迎えたバルセロナとの初戦で0-4の敗戦を喫したPSVだが、直後のデ・クラシケルで宿敵アヤックスを3-0で下しバウンスバックを図ると、直近のNACブレダ戦も快勝しリーグ戦の連勝を継続。グループ突破に向けて勝ち点3奪取が求められるインテル戦に向けて最高の状態で臨んだ。

▽一方、開幕から低迷もトッテナム戦での劇的勝利で流れを掴んだインテルは以降のリーグ戦も3連勝で飾り、目下公式戦4連勝と絶好調だ。直近のカリアリ戦からは先発6人を変更。温存したイカルディ、アサモア、ペリシッチ、ブロゾビッチ、ヴェシーノ、シュクリニアルが揃って復帰した。

▽アウェイのインテルがボールを保持する時間が長いものの、互いにフィニッシュまで持ち込み合うオープンな試合展開となる。インテルは最前線のイカルディへシンプルにボールを入れながら前向きのペリシッチやナインゴランがミドルシュートを狙っていく。

▽前半半ばを過ぎても拮抗した状況が続く中、27分に先制点が生まれる。相手を自陣に押し込んだPSVはボックス手前左のロサーノが相手の視線を引き付けて中央のロサリオに横パス。ここでロサリオが豪快に右足を振り抜くと、GKハンダノビッチが全く反応できない強烈な弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。

▽相手のファインゴールで先手を許したインテルは一気に攻撃のギアを上げてナインゴラン、イカルディが枠を掠める際どいシュートを浴びせる。その一方で、41分には右サイドのスペースに不用意に飛び出したGKハンダノビッチが相手の突破を手を使って阻止。一発レッドで止むなしと思われたこのプレーだったが、主審はイエローカードに留める。

▽すると、この判定で流れが変わったか、44分にはアサモアの強烈なミドルシュートから波状攻撃を仕掛け、GKの弾いたボールを回収したイカルディのシュートのこぼれ球をペナルティアーク付近のナインゴランが抑えの利いた右足のダイレクトシュートで右隅に流し込み、インテルが同点に追いついて前半を終えた。

▽後半も拮抗した状況が続く中、相手のミスを突いたインテルが逆転に成功する。60分、ロングボールに反応したイカルディが相手DFシュワーブと競争する形でボックス内に侵入。すると、飛び出したGKズートが味方と交錯しルーズボールがイカルディの足元へこぼれると、やや角度はなかったもののアルゼンチン代表FWが冷静に無人のゴールへ流し込んだ。

▽ミスから奪った逆転ゴールで完全に気持ちの面で優位に立ったインテルは前がかりになった相手の反撃を冷静に防ぎながらペリシッチやイカルディを起点とした鋭いカウンターで幾度も相手ゴールに迫る。だが、相手の粘りに遭いなかなか追加点を奪えない。

▽すると、79分には途中出場のマレンにボックス中央から圧巻のバイシクルシュートを放たれるが、スーパーゴールで同点と思われたこの決定機をGKハンダノビッチが圧巻のワンハンドセーブで阻んだ。このピンチを凌いだインテルは試合終盤の選手交代でうまく時計を進めながら今度は決定的なチャンスを与えず試合をクローズ。幸運な判定とイカルディの2試合連続で勝ち切ったインテルがGS連勝で公式戦5連勝を達成した。そして、次節からは同じく連勝のバルセロナとの連戦に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

ゴディンのインテル行きほぼ確定…マロッタCEO「公式発表は間もなく」

インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンとの契約について語った。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ディエゴ・シメオネ監督の下、世界最高峰の堅守の中でディフェンスリーダーを務めているゴディン。20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのユベントス戦では、終盤に追加点を沈め、チームを2-0での勝利に導いた。 しかし、そんなゴディンの現行契約も今シーズン限りであり、アトレティコでの時間は終わりに向かっている。昨夏にはマンチェスター・ユナイテッド行きも噂され、現在最も可能性の高い新天地としてインテルが挙げられている。 インテル行きに関して、今年初めには合意も報じられており、2年契約+1年間の延長オプションでのフリー加入が濃厚。さらに、既定路線と見られる中、インテルのマロッタCEOの口からその情報を補強する言葉が飛び出した。 「私たちの交渉はとても進んでいる。彼のユベントス戦での得点は良かったね。けど、後のことは話さない」 「公式発表は間もなく出来ると強く思う」 ゴディンは2010年夏にアトレティコ入りして以降、リーガエスパニョーラやコパ・デル・レイを制したほか、2度のヨーロッパリーグ制覇にも貢献。公式戦通算377試合26得点を誇り、今シーズンも公式戦27試合に出場して3得点をマークしている。 2019.02.22 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディ不在も4発快勝のインテル、危なげなくベスト16進出!《EL》

インテルは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでラピド・ウィーンとホームで対戦し、4-0で快勝した。この結果、2戦合計スコア5-0でインテルがベスト16へ進出している。 先週行われた1stレグでは敵地で1-0と先勝したインテルは、イカルディが引き続き招集外となった中、L・マルティネスが最前線に入った。 2列目に右からカンドレーバ、ナインゴラン、ペリシッチと並べる[4-2-3-1]で臨んだインテルは11分に先制する。ボックス左に侵入したペリシッチが中へ折り返すと、ファーサイドのカンドレーバはシュートを空振りするも、ルーズボールをボックス右のヴェシーノが蹴り込んだ。 さらに18分、インテルに追加点が生まれる。FKの流れからルーズボールをペナルティアーク左のラノッキアが見事なボレーシュートをゴール右隅に決めた。 2戦合計スコアで3-0としたインテルは23分、ラノッキアのクリアミスからボックス左への侵入を許したパブロビッチに決定的なシュートを許すも枠を外れて助かる。 試合をコントロールするインテルは前半終盤の41分、ペリシッチのミドルシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをカンドレーバが押し込みにかかるも枠を外し、前半を2点のリードで終えた。 戦意消失気味のラピド・ウィーンに対し、後半もインテルがボールを保持すると、55分に右CKからL・マルティネスが決定的なヘディングシュートを浴びせる。 その後、余裕のインテルはブロゾビッチとL・マルティネスを下げ、ボルハ・バレロとポリターノを投入していく。 終盤にはシュクリニアルもお役御免としたインテルは80分にペリシッチが、87分にポリターノがそれぞれダメ押しゴールを決めて4-0で快勝。危なげなくベスト16進出を決めた。 2019.02.22 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ヒザに問題のないイカルディ、引き続きメンバー外に《EL》

インテルは20日、翌日にホームで行われるヨーロッパリーグ・ラウンド32・2ndレグのラピド・ウィーン戦に向けたメンバーを発表した。 ヒザ痛を訴えていたアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが同日の検査の結果、問題ないことが発表されていたが、イカルディは引き続きメンバー外となっている。 契約延長交渉が難航していることを受けて、13日にクラブのキャプテンを剥奪されたイカルディは右ヒザの痛みを訴えて、公式戦ここ2試合を欠場していた。 1stレグで1-0と先勝しているインテルはイカルディを引き続き欠いてベスト16進出を目指す。招集されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆インテル招集メンバー GK サミル・ハンダノビッチ ダニエレ・パデッリ トンマーゾ・ベルニ DF ステファン・デ・フライ アンドレア・ラノッキア クワドゥオ・アサモア セドリック・ソアレス ミランダ ダニーロ・ダンブロージオ ミラン・シュクリニアル MF マティアス・ヴェシーノ ラジャ・ナインゴラン ボルハ・バレロ アントニオ・カンドレーバ マルセロ・ブロゾビッチ FW イバン・ペリシッチ マッテオ・ポリターノ ラウタロ・マルティネス アンドレア・アドランテ</span> 2019.02.21 02:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ヒザ痛を訴えていたイカルディ、インテルは問題なしと発表

インテルは20日、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが痛みを訴えていた右ヒザに問題がないことを発表した。 契約延長交渉が難航していることを受けて、13日にクラブのキャプテンを剥奪されたイカルディは右ヒザの痛みを訴えて、公式戦ここ2試合を欠場していた。 しかし、インテルは公式サイトで「イカルディは右ヒザの痛みを訴えたため、病院で検査を受けた。その検査ではシーズン前の状態と比較して変化は見られなかった」と発表し、ヒザに問題がないことを強調した。 インテルは今後、21日にヨーロッパリーグ・ラウンド32・2ndレグのラピド・ウィーン戦を戦い、セリエAでは24日にフィオレンティーナと対戦するが、イカルディはメンバー入りするだろうか。 2019.02.20 23:19 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、50億円でラキティッチ獲得目前か

インテルが、バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(30)獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 バルセロナとの契約が2021年までに迫っているラキティッチ。今シーズンも公式戦36試合に出場している重要選手だが、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの今夏加入が内定したことでポジション争いの激化が予想され、来夏の去就が騒がしくなっている。 しかし、ラキティッチの代理人を務めるアルトゥーロ・カナレス氏が「イバンが夏にスペインを去るのを見ることは不可能なシナリオだ」とコメント。これにより、情勢は残留に傾いているかに思われた。 しかし、引く手数多のラキティッチに関する報道は途切れず。各紙はチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心を報道している。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)とピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)が、ラキティッチについての交渉のためにバルセロナの首脳陣と会談。移籍金3500万ユーロ(約44億円)のオファーに対して、バルセロナが4500万ユーロ(約56億円)を要求したことで両者には隔たりがあったが、4000万ユーロ(約50億円)付近での合意が近づいたという。 なお、インテルはラキティッチ個人に、3年契約と年俸550万ユーロ(約7億円)を提示する準備が出来ているようだ。 2019.02.20 18:50 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース