幸運判定で守護神退場逃れたインテルがイカルディ弾でPSVに逆転勝利でGS連勝《CL》2018.10.04 06:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第2節、PSVvsインテルが3日にPSVスタディオンで行われ、アウェイのインテルが2-1で勝利した。▽開幕節でバルセロナに大敗したPSVと、トッテナム相手に劇的逆転勝利を挙げたインテルによるグループB第2戦。

▽開幕から公式戦7連勝で迎えたバルセロナとの初戦で0-4の敗戦を喫したPSVだが、直後のデ・クラシケルで宿敵アヤックスを3-0で下しバウンスバックを図ると、直近のNACブレダ戦も快勝しリーグ戦の連勝を継続。グループ突破に向けて勝ち点3奪取が求められるインテル戦に向けて最高の状態で臨んだ。

▽一方、開幕から低迷もトッテナム戦での劇的勝利で流れを掴んだインテルは以降のリーグ戦も3連勝で飾り、目下公式戦4連勝と絶好調だ。直近のカリアリ戦からは先発6人を変更。温存したイカルディ、アサモア、ペリシッチ、ブロゾビッチ、ヴェシーノ、シュクリニアルが揃って復帰した。

▽アウェイのインテルがボールを保持する時間が長いものの、互いにフィニッシュまで持ち込み合うオープンな試合展開となる。インテルは最前線のイカルディへシンプルにボールを入れながら前向きのペリシッチやナインゴランがミドルシュートを狙っていく。

▽前半半ばを過ぎても拮抗した状況が続く中、27分に先制点が生まれる。相手を自陣に押し込んだPSVはボックス手前左のロサーノが相手の視線を引き付けて中央のロサリオに横パス。ここでロサリオが豪快に右足を振り抜くと、GKハンダノビッチが全く反応できない強烈な弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。

▽相手のファインゴールで先手を許したインテルは一気に攻撃のギアを上げてナインゴラン、イカルディが枠を掠める際どいシュートを浴びせる。その一方で、41分には右サイドのスペースに不用意に飛び出したGKハンダノビッチが相手の突破を手を使って阻止。一発レッドで止むなしと思われたこのプレーだったが、主審はイエローカードに留める。

▽すると、この判定で流れが変わったか、44分にはアサモアの強烈なミドルシュートから波状攻撃を仕掛け、GKの弾いたボールを回収したイカルディのシュートのこぼれ球をペナルティアーク付近のナインゴランが抑えの利いた右足のダイレクトシュートで右隅に流し込み、インテルが同点に追いついて前半を終えた。

▽後半も拮抗した状況が続く中、相手のミスを突いたインテルが逆転に成功する。60分、ロングボールに反応したイカルディが相手DFシュワーブと競争する形でボックス内に侵入。すると、飛び出したGKズートが味方と交錯しルーズボールがイカルディの足元へこぼれると、やや角度はなかったもののアルゼンチン代表FWが冷静に無人のゴールへ流し込んだ。

▽ミスから奪った逆転ゴールで完全に気持ちの面で優位に立ったインテルは前がかりになった相手の反撃を冷静に防ぎながらペリシッチやイカルディを起点とした鋭いカウンターで幾度も相手ゴールに迫る。だが、相手の粘りに遭いなかなか追加点を奪えない。

▽すると、79分には途中出場のマレンにボックス中央から圧巻のバイシクルシュートを放たれるが、スーパーゴールで同点と思われたこの決定機をGKハンダノビッチが圧巻のワンハンドセーブで阻んだ。このピンチを凌いだインテルは試合終盤の選手交代でうまく時計を進めながら今度は決定的なチャンスを与えず試合をクローズ。幸運な判定とイカルディの2試合連続で勝ち切ったインテルがGS連勝で公式戦5連勝を達成した。そして、次節からは同じく連勝のバルセロナとの連戦に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

ELラウンド32進出チームが決定! 日本勢は長谷部、南野、乾にCL3位敗退組の長友の4クラブに!

▽13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する全32チームが決定した。 ▽例年、番狂わせの目立つELグループステージだが、今季は優勝候補に挙がるチェルシー、アーセナルのロンドン勢、同大会に相性が良いスペイン勢のビジャレアル、セビージャ、昨季上位に進出したザルツブルクやラツィオなどの強豪チームが順当に突破を決めた。 ▽その一方で、優勝候補のミラン、昨季準優勝チームのマルセイユ、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のベシクタシュら強豪チームが敗退する波乱も起こった。 ▽合計5人が参戦した日本人選手の所属クラブではMF南野拓実のザルツブルク、MF長谷部誠のフランクフルト、MF乾貴士のベティスが揃って首位通過を決めた。一方、前述のマルセイユに所属するDF酒井宏樹、アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の2選手は共に最下位での敗退となった。 ▽なお、来年2月に開催されるラウンド32には今回グループステージを勝ち抜いた24チームと、今季CLグループステージの各グループを3位で終えた8チームの合計32チームが出場する。 ▽また、CL3位敗退チームを含めたラウンド32進出チームを国別に分けると、ベティス、ビジャレアル、セビージャ、バレンシア(CL敗退組)の4チームが勝ち残ったスペイン勢が最多に。続いてラツィオ、インテル(CL敗退組)、ナポリ(CL敗退組)の3チームが残ったイタリアが次点となっている。 ▽CL3位敗退チームの一覧および各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 ◆CL3位敗退チーム クラブ・ブルージュ(ベルギー) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) ガラタサライ(トルコ) ベンフィカ(ポルトガル) シャフタール(ウクライナ) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) バレンシア(スペイン) ◆ELグループステージ順位表 【グループA】 1.レバークーゼン(ドイツ) 2.チューリッヒ(スイス) ――決勝T進出―― 3.AEKラルナカ(キプロス) 4.ルドゴレツ(ブルガリア) 【グループB】 1.ザルツブルク(オーストリア) 2.セルティック(スコットランド) ――決勝T進出―― 3.RBライプツィヒ(ドイツ) 4.ローゼンボリ(ノルウェー) 【グループC】 1.ゼニト(ロシア) 2.スラビア・プラハ(チェコ) ――決勝T進出―― 3.ボルドー(フランス) 4.コペンハーゲン(デンマーク) 【グループD】 1.ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 2.フェネルバフチェ(トルコ) ――決勝T進出―― 3.スパルタク・トルナバ(スロバキア) 4.アンデルレヒト(ベルギー) 【グループE】 1.アーセナル(イングランド) 2.スポルティング・リスボン(ポルトガル) ――決勝T進出―― 3.ヴォルスクラ(ウクライナ) 4.カラバフ(アゼルバイジャン) 【グループF】 1.ベティス(スペイン) 2.オリンピアコス(ギリシャ) ――決勝T進出―― 3.ミラン(イタリア) 4.デュドランジュ(ルクセンブルク) 【グループG】 1.ビジャレアル(スペイン) 2.ラピド・ウィーン(オーストリア) ――決勝T進出―― 3.レンジャーズ(スコットランド) 4.スパルタク・モスクワ(ロシア) 【グループH】 1.フランクフルト(ドイツ) 2.ラツィオ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.アポロン・リマソル(キプロス) 4.マルセイユ(フランス) 【グループI】 1.ヘンク(ベルギー) 2.マルメ(スウェーデン) ――決勝T進出―― 3.ベシクタシュ(トルコ) 4.サルプスボリ(ノルウェー) 【グループJ】 1.セビージャ(スペイン) 2.FCクラスノダール(ロシア) ――決勝T進出―― 3.スタンダール・リエージュ(ベルギー) 4.アクヒサル(トルコ) 【グループK】 1.ディナモ・キエフ(ウクライナ) 2.レンヌ(フランス) ――決勝T進出―― 3.アスタナ(カザフスタン) 4.ヤブロネツ(チェコ) 【グループL】 1.チェルシー(イングランド) 2.BATEボリソフ(ベラルーシ) ――決勝T進出―― 3.ヴィディ(ハンガリー) 4.PAOK(ギリシャ) 2018.12.14 07:13 Fri
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア・ラウンド16の日程が決定

▽コッパ・イタリアのラウンド16の日程が決定した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2017-18シーズンのセリエA上位クラブが登場するラウンド16。4回戦ではトリノやカリアリ、サンプドリアが順当に勝ち上がりを決める中、セリエCのヴィルトゥス・エンテッラがジェノア相手にPK戦の末にジャイアントキリングを起こしラウンド16に進んだ。 ▽そのヴィルトゥス・エンテッラはローマと、前回王者のユベントスはボローニャと対戦する。 ◆コッパ・イタリア・ラウンド16※表示は日本時間 ▽2019年1月12日(土) 《22:00》 ラツィオ vs ノヴァーラ 《25:00》 サンプドリア vs ミラン 《27:45》 ボローニャ vs ユベントス ▽2019年1月13日(日) 《22:00》 トリノ vs フィオレンティーナ 《25:00》 インテル vs ベネヴェント 《27:45》 ナポリ vs サッスオーロ ▽2019年1月14日(月) 《24:30》 カリアリ vs アタランタ 《28:00》 ローマ vs ヴィルトゥス・エンテッラ 2018.12.14 02:46 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、元ユベントスCEOマロッタ氏を最高経営責任者に招へい!「インテルを再び偉大なクラブへできる」

▽インテルは13日、ジュゼッペ・マロッタ氏(61)を新たなCEO(最高経営責任者)に迎えたことを発表した。 ▽1970年代後半からサッカークラブの経営に携わってきたマロッタ氏は、2010年にカルチョポリによる2部降格から巻き返しを図るユベントスのGMに就任。幅広い人脈と卓越した交渉力でアントニオ・コンテ前監督、マッシミリアーノ・アッレグリ現監督を招へいするなど、同クラブのセリエA7連覇に貢献した。 ▽新CEOとしてインテルに加入したマロッタ氏は、クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「私はインテルのような名門クラブでの新たな挑戦できることは嬉しく、また誇らしく思っている」 「スティーブン・チャン会長には野心的なプロジェクトがあり、私はその一部として積極的に参加したいと思っているよ。チャン会長や蘇寧グループが私を信頼してくれていることに感謝を示したい。そして我々ならともにインテルを再び偉大なクラブへできると、私は確信しているよ」 2018.12.13 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、「落ち着き」足りずCL敗退…スパレッティ「もたらされたのは混乱」

インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は、PSV戦で求めている戦いができなかったことを悔やんだ。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>インテルは11日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でPSVと対戦。結果的には、2位トッテナムがバルセロナと引き分けたため、インテルはPSVにホームで勝利すれば、決勝トーナメント進出を決めることができたが、1-1のドローに終わり、敗退が決まった。<br><br>ミスから先制点を許すなど、不本意なパフォーマンスに終始し、スパレッティ監督も肩を落とした。<br><br>「我々はナーバスになり、求めていた落ち着きを持ってプレーできなかった。だからこそ戦術的レベルで混乱が生まれた。必要としていたのはバランスだったが、代わりに混乱だけがもたらされてしまった」<br><br>フル出場したMFボレハ・バレロも「勝たなければならなかった」と話し、不十分な結果だったことを認めている。<br><br>「最初からあまりに焦ってプレーしてしまい、ドローに終わってしまった。必要な落ち着きがなかったんだ。トッテナムも引き分けだったので、もう1点取ればよかったが、残念なことにチャンスが少なすぎた」<br><br>なお、インテルはグループ3位でヨーロッパリーグへ回ることが決定している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:08 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、貪欲に勝ちに行く姿勢を見せなかったツケを払い無念の3位敗退…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第6節、インテルvsPSVが11日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、トッテナム(勝ち点7)との直接対決に0-1で敗れたインテル(勝ち点7)は勝ち点で並ぶも当該成績の結果、3位に転落。すでに最下位が確定しているPSV(勝ち点1)をホームに迎えた最終戦では2位トッテナムが首位通過を確定しているバルセロナ(勝ち点13)相手の取りこぼしを期待しつつ、勝ち点3奪取での逆転突破を目指した。 ▽7日に行われたユベントスとのイタリア・ダービーを0-1で落としたスパレッティ監督率いるチームはその試合から先発4人を変更。ミランダ、ヴルサリコ、ジョアン・マリオ、ガリアルディーニに代わってデ・フライ、ダンブロージオ、カンドレーバ、ボルハ・バレロを起用した。 ▽逆転突破に向けて勝利が必須のインテルが立ち上がりから相手を押し込んでいく。開始6分にはボックス手前右でイカルディが上げた浮き球クロスをゴール左に走り込んだペリシッチが頭で合わすが、これは相手GKにわずかに触られて左ポストを叩く。その直後にもダンブロージオ、ペリシッチとフィニッシュに絡むが、決め切れない。 ▽すると13分、自陣左サイドでボールを持ったアサモアがベルグヴィンにプレッシャーをかけられて痛恨のボールロスト。そのまま深い位置に運ばれてクロスを許すと、ファーでドフリーのロサーノに頭で合わせられ、まさかの先制点を許した。 ▽さらにミスからの失点でバタつくインテルは直後にも相手のカウンターからDFアサモアのクリアがオフサイドポジションのルーク・デ・ヨングへの絶妙なスルーパスとなり、あわや2失点目というピンチを招くが、ここはGKハンダノビッチの勇敢な飛び出しで何とか凌いだ。 ▽前半半ばから終盤にかけてはボールを持って攻勢を仕掛けるインテルと、鋭いカウンターで応戦するPSVという構図の下でオープンな攻防が続く。 ▽インテルは30分にボックス左に抜け出したペリシッチからのマイナスパスをボックス手前のイカルディがシュートも枠に飛ばせない。さらにセットプレーの流れからデ・フライにもチャンスも相手DFのブロックに遭う。対するPSVはロサーノ、ベルグヴィンを起点とした高速カウンターを幾度も繰り出すと、39分にはベルグヴィンが強烈なブレ球ミドルを枠に飛ばすが、これはインテル守護神の鋭い反応に阻まれた。 ▽先制点に加えてアウェイチームのゲームプランが見事にハマった中、試合はPSVの1点リードで後半へと折り返す。逆転突破に向けてゴールを奪うしかないインテルは立ち上がりの49分にボルハ・バレロのスルーパスに抜け出したイカルディが強烈な右足シュートを放つが、相手GKズートの驚異的な反応速度の前に枠外へはじき出される。直後の53分にはボックス手前で仕掛けたポリターノが低い弾道のシュートを放つが、これもセーブされた。 ▽何とかゴールをこじ開けたいインテルは56分にカンドレーバを下げてケイタ、69分にはアサモアを下げてラウタロ・マルティネスをピッチに送り出す。後半に入って相手のカウンターケアも安定した中、波状攻撃を仕掛けていくが、再三のシュートが相手GKズートの好守に阻まれる。それでも、攻め続けるインテルは73分、ボックス手前右でポリターノが上げた浮き球のクロスをファーサイドでDFの背後を取ったイカルディがヘディングシュート。ニアを狙ったこのシュートがGKズートの手を弾いてゴールネットを揺らした。 ▽この時点で他会場のトッテナムが0-1で負けていたことから83分にポリターノを下げてヴルサリコをピッチに送り込んで試合を落ち着かせるインテルだったが、積極的に2点目を狙いに行かなかったツケを払うことに。ヴルサリコ投入直後の85分にトッテナムが同点に追いついたことで、逆転突破にはもう1点必要となった。 ▽ベンチから情報を聞いてここから決死の猛攻を見せるインテルだが、引き分け良しとするPSVの堅い守備をなかなかこじ開けられない。後半アディショナルタイムにはボックス内でケイタ、L・マルティネスに決定機もいずれも決め切ることはできず。そして、ほぼ同時刻にタイムアップを迎えたグループB最終節は共に1-1のスコアで終了。この結果、2位トッテナムとの直接対決におけるアウェイゴール差で下回ったインテルは3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることになった。 2018.12.12 07:29 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース