横浜FM、ユース所属のMF椿直起とFW山谷侑士の来季トップチーム昇格を発表2018.10.03 08:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは2日、ユース所属のMF椿直起(18)とFW山谷侑士(18)の来シーズントップチーム昇格が決定したことを発表した。▽椿は、横河武蔵野ジュニアユースから横浜FMユースに入団。身長169㎝、体重58㎏のミッドフィルダーだ。各年代別の日本代表にも選出されており、2017年にはFIFA U-17ワールドカップに出場。2018年にもU-18日本代表に選出されている。

▽神奈川県出身の山谷は、横浜FMジュニアユース時代から同クラブ下部組織に在籍。身長176㎝、体重70㎏のフォワードだ。2015年にはU-15日本代表に選出されていた。

▽来シーズンのトップチーム昇格が決定した2選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆椿直起
「幼い頃からの夢のスタートラインに立てたことに興奮しています。これまで出会ってきた全ての監督・コーチ、先生、先輩・後輩、友達、サポーターの皆さま、そして両親・家族への感謝の気持ちを忘れずに、これからも夢の実現に向かって頑張ります」

「『失敗を恐れずに、仕掛ける気持ち』を常に心がけ、期待してもらえるような選手を目指してひたむきにチャレンジしていきますので、応援宜しくお願いします」

◆山谷侑士
「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になれたことをとても嬉しく思います。ここからが本当のスタートラインだと思っているので、日々の努力を惜しまず少しでも成長し、チームに貢献できるように頑張ります。また、今まで支えてくださった方々に感謝して、1日でも早くピッチに立ってプレーしたいです。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FM、昇格1年目の椿直起が手術 全治3〜4カ月の見込み

横浜F・マリノスは22日、MF椿直起の負傷離脱を発表した。 椿は16日の練習試合で左反復性肩関節を脱臼。川崎市内の病院で手術を受け、全治3〜4カ月の見込みだ。 椿は横浜FM下部組織出身。今シーズンからトップチーム昇格を果たした。 横浜FMは23日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節でガンバ大阪とのアウェイゲームに臨む。 2019.02.22 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

巻き返し図る横浜FM、3選手が主将に!

横浜F・マリノスは15日、2019シーズンにおけるキャプテンを発表した。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグでは、アンジェ・ポステコグルー監督を招へいし、超攻撃的スタイルへの変更に踏み切った横浜FM。12位という失意の順位に沈み、真価問われる今シーズンは、MF扇原貴宏、MF喜田拓也、MF天野純の3選手をキャプテンに指名した。 キャプテン就任を受け3選手はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆MF扇原貴宏 「マリノスという偉大なクラブでキャプテンに任命されたことを光栄に思います。1年間責任感を持って、優勝出来るように全力を尽くしたいと思います」 ◆MF喜田拓也 「自分が育ったこの偉大なクラブでキャプテンを務めさせていただくことを、大変光栄に思います。仲間と協力して勝つ集団となっていくために、天野選手、扇原選手と共に力を合わせ、チームを力強く支えながら引っ張っていきたいと思います」 ◆MF天野純 「今シーズン、キャプテンを務めることになりました。3人それぞれの良さを活かしながらやっていきたいと思います。言葉で引っ張るタイプではないので、プレー面でチームを引っ張っていきます」 2019.02.21 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMの少数株主でもあるシティ・フットボール・グループが中国3部の四川九牛を買収

シティ・フットボール・グループは19日、中国3部リーグの四川九牛を買収したことを発表した。なお、中国企業の「UBTECH」とチャイナ・スポーツ・キャピタルとの共同購入とのことだ。 四川九牛は、四川省の成都市に本拠地を置くクラブ。ホームスタジアムの成都竜泉駅足球場は、2004年のアジアカップでもしよう。2万7000人が収容可能となっている。 シティ・フットボール・グループは、プレミアリーグのマンチェスター・シティの他、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティ、Aリーグのメルボルン・シティを保有。また、Jリーグの横浜F・マリノスの株式を20%保有している。その他、リーガエスパニョーラのジローナなどにも経営参加。四川九牛は7番目のクラブとなる。 「UBTECH」は、2016年からシティのパートナーとなっており、AIとロボット開発会社として中国の深センに本社を置いている。 また、チャイナ・スポーツ・キャピタルは、中国との関連性が高い世界のスポーツ業界の発展に投資することに焦点を当てている。2015年12月に、シティ・フットボール・グループの少数株主となっていた。 シティ・フットボール・グループのフェラん・ソリアーノCEO(最高経営責任者)は、中国サッカー市場についてコメント。四川九牛を通じて、シティ・フットボール・グループの発展と、中国サッカーの発展に寄与したいと語った。 「中国は非常に重要なサッカーの市場だ。我々は、我々のパートナー、チャイナ・スポーツ・キャピタル、UBTECHと共に、我々のグループに四川九牛を迎えられて嬉しく思う」 「我々は、今回の買収がこれまでの活動の自然な延長線上にあると考えている。マンチェスター・シティでの共同作業から、チャイナ・スポーツ・キャピタル、およびUBTECHとの関係は、これらのクラブを監視するのに強力なグループを設立したことと確信している」 「我々は、中国サッカーの将来を強く信じ、四川九牛を成長、発展させ、中国のサッカーのタレントを育成するために長期的で、持続可能な取り組みを行う」 「当面の焦点は、経験とノウハウの全てを使い、サッカーのパフォーマンスを強化し、ファンとの強固な関係を築くこと。そして、コミュニティで強い存在感を出すことだ。スタートすることが待ちきれない」 2019.02.20 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMの新戦力SBティーラトン、適応誓う! “キッカー問題”にも言及

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 横浜F・マリノスは新戦力のDFティーラトンが出席。気になるケガの状態や自身のチーム内における役割、そして、MF天野純との“プレースキッカー問題”について語った。 ◆DFティーラトン(横浜F・マリノス) ──アジアカップから間もないキャンプ参加だが、疲れは? 「去年のリーグ戦終了後、1週間ぐらい休み、代表に合流しました。その代表活動が終わってから、少し休みを取って宮崎のキャンプに入ったが、正直、去年の疲れがまだ溜まっていて、コンディションが良くない中でのキャンプでした」 「できるだけ早く監督にアピールしてスタメンを勝ち取りたかったので、調整の期間を設けませんでした。それがキャンプでのケガに繋がってしまいました」 ──今年は神戸から加入初年度。対戦相手だった横浜FMの印象は? 「何度か対戦してみて、マリノスというチームはボールポゼッションやパス回し、攻撃的なサッカーをやっているので、怖さを感じていました」 「Jリーグの中でも、神戸だけじゃなく、マリノスもかなり手ごわいチームだと思っていました」 ──左サイドバックは肝になりそうなエリアだが、キャンプを通した手応えは? 「山中選手が抜けて僕が入りましたが、その穴埋めだと思っていません。マリノスに加入したのは僕の仕事があるから加入しました」 「山中選手も良い選手だと思うが、僕にもプレースタイルがある。そのスタイルとマリノスのスタイルを融合した良いサッカーをしていきたいです」 ──タイ代表で同僚のチャナティップに続きベストイレブンを獲得したいという気持ちは強いか 「正直、難しいと思います。僕のほかにも、Jリーグにも良い左サイドバックがたくさんいます。まずは個人の評価よりチームの評価が大事なので、勝ち続けて順位を上げていくことが僕の仕事だと思っています」 ──チームには自身と同じく左利きのプレースキッカーである天野がいる。FK時はキッカーをやりたいか 「マリノスには絶対的なキッカーである天野がいる。僕もそう思っています。天野が1stキッカーですが、『この角度は自信があるな』と思ったら、自らキッカーとして願い出ることがあるかもしれません」 2019.02.14 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM指揮官ポステコグルー、スタイルの破壊力向上を! 主力数名流失に「仕方ない」

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 このイベントには横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督も出席。今オフに主力数名に相次いだ流失に「去ってしまった選手はもう去ってしまった選手なので考えてもしょうがない」と語り、Jリーグ挑戦初年度で披露したアタッキングフットボールの継続とさらなる完成度の向上に意気込み、高みを目指した。 ◆アンジェ・ポステコグルー監督(横浜F・マリノス) ──指揮2年目。チームを率いる上で日本人選手の特長は把握できたか 「特に、難しいことはありません。簡単とか、難しいとかでもない。去年もスタートして、『どういうふうにやれば自分たちのプレーができるか』を考えました」 「この2年目はスタートも早かったので、去年からいる選手に関して、戦術の理解度もある。新しい選手も加わったが、特に難しいとか、慣れたとかはないです」 ──今オフは相次いで主力が抜けた。そこをカバーするプランは? 「もちろん、新加入選手に関してはすごく満足しています。去ってしまった選手はもう去ってしまった選手なので、もう考えてもしょうがないです」 「今年、加入してくれた選手がまた新たな力となり、私のスタイルを理解してくれると思ったので、獲得しました」 ──キャンプの手応えは? 「すごく良い準備ができました。開幕戦まで日がないが、そこに向けた準備において、良い2つのキャンプを過ごせました」 ──昨年は守備の課題を露呈した。今年も攻撃で守備をカバーするスタイルか 「攻撃でも守備でもバランス良く成長していかないといけないです。去年の失点に関しても、我々の守備が弱かったわけじゃない。自分たちのサッカーができなかったところでミスが起きて失点を重ねてしまったからです」 「そういう部分で、守備を固めないといけないというわけじゃなく、やはり攻撃をしながら守備もという感じで、同じようにバランス良く成長していきたいです。なので、特に攻撃と守備を分けて、やっているわけではありません」 ──今年もスタイルは揺るぎないということか 「去年が悪かったというわけではないです。去年、すごく良い部分も見せることができたので、今年はより出せるようにやっていくだけで、変えるところもないです。特に、得点をどんどん伸ばして、やっていきたいと思っています」 ──開幕戦の相手、G大阪の印象は? 「彼らもすごく良いチームですし、簡単な相手ではないです。ただ、ガンバだけじゃなく、どのチームに対しても、我々がどのようなプレーをやっていくかだと思っています。相手が誰だろうが、ホームだろうが、関係なく、我々のサッカーをやっていくだけです」 2019.02.14 20:30 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース