吉田フル出場のセインツがPK戦でエバートン撃破! 4回戦で岡崎との日本人対決へ《EFLカップ》2018.10.03 06:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のエバートンvsサウサンプトンが2日にグディソン・パークで行われ、1-1で90分の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したサウサンプトンが4回戦進出を決めた。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。▽2回戦でブライトン&・ホーヴ・アルビオンを破ったサウサンプトンは、2ラウンド連続で同じプレミアリーグ勢のエバートンと対戦。現在、リーグ連敗中のチームは直近のウォルバーハンプトン戦から先発を大幅に入れ替え、今季リーグ戦未出場の吉田は前回のEFLカップ以来の出場を果たした。

▽立ち上がりの5分にイングスの左足のシュートでいきなり相手ゴールに迫ったサウサンプトンだが、その後はエバートンの反撃に遭う。しかし、ベルナールとルックマンの両ウイングによる決定機をGKガンが冷静に処理するなど、吉田を中心とする守備陣が耐え抜く。

▽すると、前半終了間際の44分には前線でポイントを作ったイングスが左サイドのレドモンドに一度預けてボックス内に侵入。マイナスのリターンパスを足下に収めると、右足の絶妙なグラウンダーのコントロールシュートをゴール右隅に流し込んだ。

▽サウサンプトンの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開が続く。徐々に攻勢を強めるエバートンはリシャルリソン、ウォルコットと主力をピッチに送り込んで来る。

▽すると85分、ニアッセのスルーパスに抜け出したウォルコットにボックス右から同点ゴールを決められてしまい、土壇場で試合を振り出しに戻された。そして、試合はこのまま1-1でタイムアップ。試合の決着はPK戦に委ねられることに。

▽このPK戦では互いに1人ずつ失敗した中で5人目で決着を迎える。先攻のエバートンのウォルコットのシュートをGKガンが見事な反応で止めると、後攻サウサンプトンはセドリックが冷静に決め切り、勝負あり。エバートンとの激闘を制したサウサンプトンは4回戦でFW岡崎慎司を擁するレスターと対戦することになった。
コメント
関連ニュース
thumb

満身創痍のスパーズにチェルシーがPK戦の末に逆転突破! シティの待つ決勝に進出!《EFLカップ》

EFLカップ準決勝2ndレグ、チェルシーvsトッテナムが24日に行われ、2-1でチェルシーが勝利した。この結果、2戦合計スコアで2-2となり、PK戦の末に4-2としたチェルシーが決勝進出を果たしている。 8日に行われた1stレグではトッテナムが1-0で先勝していた一戦。チェルシーは0-2で完敗した直近のアーセナル戦のスタメンから3選手を変更。ウィリアン、コバチッチ、マルコス・アロンソに代えてジルー、バークリー、エメルソン・パルミエリを起用した。前日に獲得が決まったイグアインは登録が間に合わなかった。 一方、フルアムにラストプレー弾で劇的勝利を収めたトッテナムは、フルアム戦のスタメンから5選手を変更。GKロリスやD・サンチェス、負傷したデレ・アリらに代えて、B・デイビスやオーリエ、負傷明けのムサ・シソコを起用した。 立ち上がりから逆転突破のためにはゴールが必要なチェルシーがハイプレスをかけていく。テンション高く試合に入ったチェルシーが圧力をかける中、27分に先制した。CKの流れからルーズボールをペナルティアーク右のカンテが右足でミートしたシュートが相手DFに微かに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。 2戦合計スコアで試合を振り出しに戻された劣勢のトッテナムは、負傷したB・デイビスがプレー続行不可能となって33分にローズとの交代を強いられてしまう。 そして38分、勢いそのままチェルシーが2戦合計スコアで逆転する。ペドロのパスをボックス右で受けたアスピリクエタがクロスを入れると、ゴール前のアザールがダイレクトで合わせたシュートがネットを揺らした。 追加タイム3分にはアザールがボックス内で後方からアルデルヴァイレルトにタックルを受けるもノーファウルの判定となり、前半は2-0で終了した。 すると迎えた後半開始5分、トッテナムが同点ゴールを奪う。ローズの鋭い左クロスにジョレンテが難しい体勢からヘッドをゴールに叩き込んだ。 失点後、チェルシーはジルーとアザールがボックス内から決定的なシュートを浴びせるも、前者はGKにセーブされ、後者はわずかに枠を捉えきれなかった。 チェルシーが押し込む流れが続く中、76分にペドロに代えてウィリアンを投入。対するトッテナムは負傷明けのムサ・シソコが再度負傷してしまうアクシデントに見舞われ、交代枠を使い切ってしまう。 180分では決着がつかず、PK戦に突入した試合は、トッテナムの3番手キッカーを務めたE・ダイアーが枠の上に外し、4番手のルーカス・モウラがGKケパに止められ、チェルシーが4-2で勝利。マンチェスター・シティの待つ決勝に進出している。 2019.01.25 06:58 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロ弾でバートンに連勝の前回王者シティが2年連続の決勝進出!《EFLカップ》

マンチェスター・シティは23日、EFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグでフットボールリーグ1(イングランド3部)に所属するバートンと対戦し、1-0で勝利した。この結果、2戦合計10-0でシティが2年連続の決勝進出を決めた。 9日にホームで行われた1stレグを9-0の圧勝で勝利したシティは、直近に行われたハダースフィールド戦からアグエロ、デ・ブルイネ、ダニーロ以外の先発8人を変更。GKはムリッチ、最終ラインは右からダニーロ、サンドレル、エリック・ガルシア、ジンチェンコ。アンカーにはデルフ、インサイドにデ・ブライネ、フォーデンを配置。3トップは右からマフレズ、アグエロ、ポブダを並べた。 前回対戦同様にボールポゼッションでバートンを圧倒するシティは26分、デ・ブルイネの絶妙なスルーパスをボックス右で受けたマフレズがタメを作ってマイナスに折り返すと、走り込んだアグエロが右足でゴールに流し込んだ。 先制したシティは36分にも、セットプレーからゴールエリア左に走り込んだエリック・ガルシアがバートンゴールに迫ったが、バランスを崩したシュートは力なく相手GKにキャッチされた。 迎えた後半、リードするシティは54分に決定機。敵陣でボールを奪ったダニーロがドリブルで右サイドを持ち上がりクロス。これにデルフが飛び込んだが、足元に入りすぎたボールは、相手GKのブロックに阻まれた。 その後、シティは63分にアグエロとデ・ブルイネを下げてガブリエウ・ジェズスとメンディを、67分にジンチェンコを下げてF・エンメチャを投入し3枚の交代カードを使い切る。 すると、シティに一瞬の隙から大ピンチを招く。70分、サンドレルが自陣ボックス手前でボールを奪われると、ボイスにゴール前まで侵攻されたが、シュートは飛び出したGKムリッチが体を張ったブロック。さらにこぼれ球をミラーに流し込まれたが、これもラインぎりぎりでエリック・ガルシアが掻き出した。 結局、試合はそのまま1-0で終了。前回王者のシティが、2戦合計10-0と圧勝し2年連続の決勝進出を決めた。 2019.01.24 06:43 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがG・ジェズスの4発含む9Gで3部のバートンを蹂躙! 決勝進出を確実に《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、マンチェスター・シティvsバートンが9日に行われ、9-0でシティが圧勝した。 準々決勝でレスター・シティにPK戦の末に勝利したシティは、7-0で圧勝した3日前のFAカップ3回戦ロザラム戦のスタメンから4選手を変更。スターリングやGKエデルソン、ストーンズらに代えてシルバやザネらを起用した。 準々決勝でミドルズブラに1-0で勝利した3部所属のバートンに対し、[4-3-3]で臨んだシティはGKにムリッチ、4バックに右からウォーカー、エリック・ガルシア、オタメンディ、ジンチェンコ、中盤アンカーにギュンドアン、インサイドにデ・ブライネとシルバ、3トップに右からマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、ザネと並べた。 そのシティが立ち上がりから攻勢に出ると、5分にあっさり先制する。ボックス手前左からのシルバのクロスをデ・ブライネがヘッドで押し込んだ。 その後、12分にサイド攻撃で揺さぶられてピンチを迎えたシティだったが、ボックス右でフリーのハーネスのシュートは枠を外れて助かった。 すると30分から立て続けにシティにゴールが生まれる。まずはガブリエウ・ジェズス。ギュンドアンの浮き球パスでボックス右深くまでえぐったザネの折り返しをヘディングで押し込んだ。 さらに34分、ギュンドアンの浮き球パスをボックス左で受けたシルバのラストパスをガブリエウ・ジェズスが受けて確実にシュートを決め、3-0とした。止まらないシティは37分、ジンチェンコのループシュートも決まって4-0とし、前半を圧倒して終えた。 迎えた後半、57分にガブリエウ・ジェズスがハットトリックを達成する。ボックス右深くまでえぐってマフレズが上げたクロスをガブリエウ・ジェズスがヘッドで押し込んだ。 余裕のシティはデ・ブライネに代えてフォーデンを投入。それでも攻め手を緩めず、62分にはフォーデンが早速ゴールを決め、続く65分にはガブリエウ・ジェズスがこの試合4点目を挙げて7-0とした。 さらにウォーカーとマフレズにもゴールが生まれたシティが9-0で圧勝。22日に行われる2ndレグを前に決勝進出を確実とした。 2019.01.10 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ケインのPK弾を守り抜いたトッテナムがチェルシーに先勝!《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグのトッテナムvsチェルシーが8日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0でトッテナムが勝利した。 準々決勝でアーセナルとのロンドン・ダービーを制してベスト4進出を決めたトッテナムは、直近のFAカップ3回戦でもフットボールリーグ2(イングランド4部)のトレンメアに7-0と圧勝。同試合で主力を温存したチームは、その試合からソン・フンミン、デレ・アリ、D・サンチェス、GKガッサニーガを除く先発7人を変更。ケインやエリクセン、アンデルヴァイレルトらが先発に並んだ。 一方、準々決勝でボーンマスとのプレミア勢対決を1-0で勝利してベスト4進出を決めたチェルシー。直近のFAカップ3回戦でもチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレストに2-0で勝利したチームは、その試合から先発メンバーを8人変更。モラタやロフタス=チーク、セスク、GKカバジェロらに代えてアザールやウィリアン、カンテ、ジョルジーニョ、GKケパらが先発で起用された。 今季2度目の顔合わせとなるロンドン・ダービーは、互いに積極的な入りを見せる中、先にチャンスを迎えたのはチェルシー。4分、アザールからのパスをックス左手前で受けたバークリーがミドルシュートを狙ったが、これは僅かに枠の左に逸れた。 対するトッテナムは5分、トリッピアーの右クロスをゴール前のケインがオーバーヘッドシュートで合わせたが、これはGKケパがキャッチ。さらに24分には、アルデルヴァイレルトのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したケインがボックス内で飛び出したGKケパに倒されると、VARの末にPKを獲得。このPKをケインがゴール左隅に決めてトッテナムが先制した。 スコアが動いたことで両者の攻防はさらに激しさを増したが、互いに最後の部分で形を欠いた攻撃が続き、前半は1-0のまま折り返しを迎えることに。 迎えた後半も一進一退の展開が続く中、1点を追うチェルシーは54分に決定機。ボックス右手前でパスを受けたカンテがミドルシュートでトッテナムゴールに迫ったが、これはGKガッサニーガに阻まれた。さらに58分には、右CKをニアサイドのバークリーがフリックするとファーサイドでフリーのA・クリステンセンが左足で合わせたが、シュートは枠の左に外れた。 その後も、アザールを中心に攻め込むチェルシーだったが、最後まで集中して守るトッテナムの牙城を崩すことができず。ケインのPK弾を守り抜いたトッテナムが1-0で先勝している。なお、2ndレグは1月22日にスタンフォード・ブリッジで行われる。 2019.01.09 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

GKガッサニーガが攻守に躍動! ソン&アリ弾のスパーズがアーセナルにリベンジ達成で4強進出!《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝、アーセナルvsトッテナムによる“ノースロンドン・ダービー”が19日にエミレーツ・スタジアムで行われ、2-0で勝利したトッテナムが準決勝進出を果たした。 ▽昨季ファイナリストのアーセナルは4回戦で3部のブラックプール相手に辛勝も順当にベスト8に駒を進めた。だが、直近のリーグ戦ではサウサンプトン相手に2-3で競り負け、公式戦無敗記録が22試合でストップ。そして、バウンスバックが求められるこの一戦では今月初めのリーグ戦で対戦し4-2で勝利した宿敵との今季2度目のダービーに臨んだ。セインツ戦からは先発4人を変更。GKにチェフを起用したほか、コシエルニーとリヒトシュタイナーに代わってパパスタソプーロス、ナイルズを起用。ジャカとパパスタソプーロスが2センターバックを組む[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。 ▽一方、4回戦でウェストハムとのダービーを制したトッテナムは直近の国内リーグで3連勝と好調を維持。その一方で、最終ラインを中心に多くの負傷者に悩まされている。宿敵相手のリベンジが求められるダービーに向けては先発4人を変更。GKにガッサニーガを起用したほか、体調不良でベンチのケインに代わってソン・フンミンを最前線で起用した。 ▽立ち上がりから球際でバチバチとやり合うダービーらしい展開の中で最初の決定機はホームのアーセナルに訪れる。2分、左CKの場面でキッカーのジャカがインスウィングのボールを入れると、ニアに飛び込んだムヒタリアンが頭でフリックするが、これは枠の左に外れる。続く8分には左サイドを強引に突破したイウォビのお膳立てからボックス手前のラムジーが右足を振り抜くがわずかに枠の右へ外れた。 ▽押し込まれる入りとなったトッテナムも10分過ぎにエリクセン、ソン・フンミンと続けてフィニッシュに持ち込むが、12分にはラムジーとの鮮やかな連係でボックス内に抜け出したムヒタリアンに決定機を許す。しかし、枠の左を狙ったシュートはGKガッサニーガが見事な横っ飛びセーブで凌いだ。 ▽劣勢が続くトッテナムだったが、見事なカウンターから先制点を奪う。20分、GKガッサニーガからのロングフィードをルーカス・モウラが競ってこぼれたボールをデレ・アリが回収。すかさず背後のスペースを狙うソン・フンミンにミドルレンジのパスで通すと、韓国代表がボックス内でのGKチェフとの一対一を制した。 ▽優勢に試合を運びながらも先制を許したアーセナルはすぐさま反撃を開始。27分には右サイドでグエンドウジが入れたクロスボールをファーサイドのオーバメヤンがシュートも枠の右。さらに前半終了間際の43分にはボックス付近でイウォビのクロスを収めたラムジーが枠の左隅へ右足のシュートを飛ばすが、GKガッサニーガの驚異的な反応に遭いボールは左ポストを叩いた。 ▽迎えた後半、先に動いたのはビハインドを追うアーセナル。前半の接触プレーで足を気にしていたムヒタリアンを下げてコシエルニーを投入。この交代でシステムを[3-4-3]に変更し、前線はオーバメヤン、ラムジー、イウォビという並びに。50分には左サイドで仕掛けたイウォビのクロスがファーに流れ、これをフリーのナイルズが右足で狙うもゴール前でDFのブロックに遭う。 ▽後半もアーセナルが押し込む状況が続く中、58分に両ベンチが動く。攻勢を強めたいアーセナルはイウォビを下げて切り札のラカゼットを投入。対するトッテナムはルーカスを下げてエースのケインをピッチに送り出す。すると、この選手交代が試合を動かす。 ▽59分、GKガッサニーガのロングフィードをハーフウェイライン付近のケインが胸トラップで収めて、すかさず最終ラインの背後を狙うデレ・アリに縦パスを送る。これを絶妙なファーストタッチで収めたデレ・アリがGKチェフを嘲笑うかのようなチップキックでゴールネットへ流し込み、貴重な2点目を奪った。 ▽最初の失点とほとんど同じ形から2失点目を喫したアーセナルだが、失点直後の61分に決定機。ボックス左で粘ったモンレアルからの短い縦パスをオーバメヤンがマイナスに折り返す。これをゴール前のラカゼットがワンタッチで合わすが、惜しくも右ポストの外側を叩いて外れた。 ▽再三の決定機を決め切れないアーセナルは65分にグエンドウジを下げてエンケティアを投入し、さらに前がかった攻めを見せる。しかし、アルデルヴァイレルトやローズを中心に高い集中力を誇るスパーズの守備をなかなか崩し切れない。逆に83分にはカウンターからペナルティアーク付近でフリーにしたエリクセンに精度の高いミドルシュートを浴びるが、これはGKチェフのセーブで凌いだ。 ▽試合最終盤には時計をうまく進めていくトッテナムの選手に対してジャカやラムジーがいら立ちを募らせるダービー特有のバチバチとしたやり合いが目立ったものの、試合はこのままタイムアップ。苦手エミレーツ・スタジアムでリーグ戦のリベンジを果たしたトッテナムがベスト4進出を決めた。一方、敗れたアーセナルは公式戦22戦無敗からまさかの今季2度目の連敗となった。 2018.12.20 06:52 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース