王者マドリーがCSKAモスクワ相手にまさかの敗戦…西村拓真のCLデビューは再びお預け《CL》2018.10.03 06:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第2節、CSKAモスクワvsレアル・マドリーが2日にルジニキ・スタジアムで行われ、ホームのCSKAモスクワが1-0で勝利した。なお、CSKAモスクワのFW西村拓真はベンチ入りも出場機会はなかった。▽ビクトリア・プルゼニとの初戦をドローで終えたCSKAモスクワと、ローマとの初戦を快勝したマドリーによるグループ第2戦。敵地でのプルゼニ戦を劇的ドローに持ち込んだCSKAモスクワは以降のリーグ戦を1勝1分けで終えた。前々節のスパルタク・モスクワ戦でデビューを飾った西村だが、3連覇中の王者との一戦ではベンチスタートとなった。

▽一方、ローマ相手の大勝でCL4連覇に向けて最高のスタートを切ったマドリーだが、直近のリーグ戦2試合ではセビージャに0-3の大敗、ホームでのダービーでアトレティコ・マドリーとゴールレスドローで2戦勝利なし。さらに主力に負傷者が出るなど厳しい状況が続く。ダービーからは先発4人を変更し、GKにケイロル・ナバスを起用したほか、左サイドバックにトップチームデビューの21歳のスペイン人DFレギロンを抜擢。また、ダニ・セバージョスとルーカス・バスケスがモドリッチとベイルに代わって起用された。

▽試合は開始早々に動く。2分、自陣左サイドのクロースが後方に斜めのバックパスを送ると、これを狙っていたヴラシッチにカットされる。そして、戻りながらの対応となったDFヴァランは体勢が悪くそのまま振り切られてしまい、クロアチア人MFにニアサイドへ左足のシュートを流し込まれた。

▽ミスから痛恨の先制点を許したマドリーはその後も相手の出足の鋭い守備に苦戦しバタ付く場面が散見。それでも、9分には左サイドのアセンシオのクロスからゴール前のダニ・セバージョスに決定機も、ここはヘディングシュートを枠に飛ばせない。

▽時間の経過と共にマドリーペースに傾くかと思われたが、CSKAモスクワの組織的な守備を前にリズムを掴めないアウェイチーム。28分にはボックス手前フリーのカゼミロが強烈な右足のミドルシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩く。さらに40分にも左サイドのレギロンのクロスをファーのベンゼマが頭で合わすが、これもバーに嫌われる。すると、直後の43分には負傷したカルバハルがプレー続行不可能となり、オドリオソラが緊急投入されることになった。

▽1点ビハインドで後半を迎えたマドリーは、立ち上がりからインテンシティを高めて相手ゴールに向かうが引いた相手を崩し切れない。流れを変えたいロペテギ監督は58分、カゼミロとバスケスを下げてマリアーノとモドリッチを同時投入。

▽右サイドのオドリオソラを起点に再三の攻勢を見せるマドリーだが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができない。さらに時間の経過と共に焦りからかミスも増え始め厳しい状況が続く。

▽それでも、格下相手に負けは許されないマドリーは試合終盤に決死の猛攻に打って出る。90分にはオドリオソラの右クロスにマリアーノが頭で合わせるが、これは左ポストを叩く。さらにマリアーノ、ヴァランと続けてゴール前でヘディングシュートを浴びせかけるが、いずれも枠を捉え切れない。

▽その後、主審への執拗な抗議で一気に2枚のカードを貰った守護神アキンフェエフが退場となり、これがデビュー戦となる20歳GKキルナツを緊急投入したCSKAモスクワだが、冷静に残り時間を使い切って試合はこのままタイムアップ。3連覇王者相手に堂々の戦いぶりを見せたCSKAモスクワが今大会初勝利でグループ首位に浮上。一方、主力不在が響いたマドリーは今大会初黒星を喫し、公式戦3戦未勝利となった。

コメント

関連ニュース

thumb

あなたの忘れられないクラシコは? 超WSが劇的マッチをピックアップ!

▽リーガエスパニョーラ第10節バルセロナvsレアル・マドリー、今シーズン初めての伝統の一戦“エル・クラシコ”が、10月28日(日)の24時15分にカンプ・ノウでキックオフを迎える。 ▽シーズンの成績に関係なく、両チームのファン・メディア・関係者を熱くする“クラシコ”に備え、本稿では過去のクラシコから両クラブにとって思い出深い一戦をそれぞれピックアップ。当時の状況を整理しつつ、脈々と続く因縁の一端を垣間見ていく。 ◆スペインの盟主はバルセロナ! 衝撃のマニータ 試合日:2010年11月29日 2010-11シーズン リーガエスパニョーラ第13節 会場:カンプ・ノウ バルセロナ 5-0 レアル・マドリー 【バルセロナ】 シャビ(前10) ペドロ(前18) ビジャ(後10) ビジャ(後13) ジェフレン(後46)※下記文中には、87分という表記となっております。 ◆バルセロナ出場メンバー[4-3-3] 監督:グアルディオラ GK:バルデス DF:ダニエウ・アウベス、ピケ、プジョル、アビダル MF:シャビ(後42分/セイドゥ・ケイタ)、ブスケッツ、イニエスタ FW:ペドロ(後42分/ジェフレン)、メッシ、ビジャ(後31分/ボージャン) ◆レアル・マドリー出場メンバー[4-2-3-1] 監督:モウリーニョ GK:カシージャス DF:セルヒオ・ラモス、ペペ、カルバリョ、マルセロ(後15分/アルベロア) MF:クリスティアーノ・ロナウド、ケディラ、エジル(後0分/ラッサナ・ディアラ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア FW:ベンゼマ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://www.wowow.co.jp/sports/liga/bestofclasico_vote/&c=wowow_app_20181019_2" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">ベスト・オブ・クラシコは!?<br />記憶に残る“クラシコ”を投票しよう!</span></br></a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第12節を消化した時点で1位レアル・マドリー(勝ち点32)、2位バルセロナ(勝ち点31)の順位で並び、両者の勝ち点差は「1」。前シーズンにリーガ制覇を成し遂げたバルセロナから王座を奪還すべく、ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に招へいしたマドリーが勇んで敵地に乗り込んだ。なお、名将モウリーニョにとっては、初の“エル・クラシコ”となる。 ▽雨の中で始まった試合、バルセロナはパスサッカーで序盤からマドリーを圧倒。イニエスタのスルーパスを受けたシャビが屈辱を与えるチップキックでカシージャスの頭上を抜いて易々と先制すると、完全に主導権を握る。18分にペドロが追加点を決めスコアが2点差に広がる中、マドリーは全く反撃の形を見出せずに前半を終えた。 ▽劣勢で迎えた後半、マドリーはエジルとの交代でより守備的なL・ディアラを投入し、まずはバルセロナの攻撃を鎮静化させにいく。しかし、相手の策を全く意に介さないホームチームはその後も悠々とパスを回し続け、55分にメッシのスルーパスに反応したビジャが3点目を奪取。ビジャは、直後の58分にもメッシのロングスルーパスからこの試合2得点目を記録した。 ▽4点差を付けられた後のマドリーはフラストレーションを溜め、イエローカードを4枚提示されるほどの荒々しいプレーに終始。試合終了間際の91分には、ペドロに代わって投入された若手FWジェフレンが、出場からわずか4分でダメ押しの5点目を記録。加えて、92分には激しくコンタクトしたS・ラモスが一発退場と散々な結末に。バルセロナが「マニータ(1試合5得点を奪うこと)」のスコア以上に内容でも完全勝利を飾った。 ▽このクラシコ完勝でさらに勢いを増したバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)、スーペル・コパのタイトルに加え、リーガエスパニョーラ3連覇を達成。タイトルがコパ・デル・レイのみに留まった白い巨人を置き去り、スペインの盟主として名を轟かせた。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6A92YCES%26ai=a5bc8416a02665&c=wowow_app_20181019_1" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">気になるマドリー編は!?<br />続きはこちらでチェック!</span></a><hr></div> 2018.10.21 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「彼と一緒に心中する」…マルセロがロペテギ支持

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロがフレン・ロペテギ監督の支持を表明した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽今シーズンからロペテギ体制に移行したレアル・マドリー。だが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが去った攻撃陣の得点力低下に苛まれ、20日に行われたリーガエスパニョーラ第9節のレバンテ戦でも不覚を取り、公式戦3連敗を喫した。 ▽そのレバンテ戦で一矢報いる得点を挙げたマルセロ。試合後に『beIN SPORTS』のインタビューで解任論が取り巻くロペテギ監督について次のように語り、支持派の姿勢を示した。 「僕らは彼と一緒に心中する。彼は僕らに明確な話をしてくれるし、僕ら選手とも良い関係にある。もっと彼に仕事に集中させてあげないといけない。ロペテギと(ラファエル・)ベニテスと比べるなんて無理だ」 2018.10.21 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

CR7退団余波…レアル・マドリー、連続無得点時間がクラブ史最悪

▽レアル・マドリーが連続無得点時間のクラブワースト記録を更新した。データを扱う『Opta(@OptaJose)』が報じた。 ▽レアル・マドリーは、20日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第9節でレバンテと対戦。代表ウィークを経て巻き返しを目指したが、1-2で敗れ、公式戦3連敗の直近5試合で白星から遠ざかり、リスタートに失敗した。 ▽そのレバンテ戦、ブラジル代表DFマルセロが72分にゴールを挙げ、チームとして公式戦5試合ぶりの得点となり、連続無得点時間も480分でストップ。ただ、この数字は1985年の464分を塗り替えて、不名誉なクラブワースト記録という。 ▽こうした現状を受け、進退問題に待ったなしの様相が強まるフレン・ロペテギ監督。ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団した余波をもろに露呈する戦いが続くが、そこからV字回復を遂げられるのだろうか。 2018.10.21 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが金字塔…史上初の欧州3大リーグ400発!

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が金字塔だ。データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』が報じた。 ▽ユベントスは20日に行われたセリエA第9節のウディネーゼ戦(1-1のドロー)に先発。18分に2試合連発となるシーズン5得点目をマークした。 ▽C・ロナウドにとって、このゴールは代表を除いてキャリア通算400点目。欧州5大リーグのみで到達した選手としては史上初だという。 ▽なお、内訳は以下のとおり。 ◆C・ロナウドの各国リーグ得点内訳 ・マンチェスター・ユナイテッド:プレミアリーグ/84得点 ・レアル・マドリー:リーガエスパニョーラ/311得点 ・ユベントス:セリエA/5得点 2018.10.21 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴァラン背信のマドリーがレバンテに敗れ泥沼3連敗で5戦未勝利…CL挟んで次節はクラシコ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、レアル・マドリーvsレバンテが20日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのレバンテが2-1で勝利した。 ▽前節、アラベス相手の衝撃的な敗戦によって公式戦4戦未勝利(3敗1分け)に加え、その間無得点とロペテギ体制で最初の危機を迎えているマドリー。5試合ぶりのゴールと勝利を目指す今節は土曜のランチタイムキックオフで難敵レバンテを迎え撃った。自身の進退も問われる一戦に向けてロペテギ監督は負傷明けのマルセロ、イスコを復帰させた。一方、ベイルとクロース、ベンゼマをベンチに置き、前線はアセンシオと今季リーグ初先発のルーカス・バスケス、マリアーノを起用した。 ▽FIFAウイルスと来週ミッドウィークから再開されるチャンピオンズリーグ(CL)の影響でタフな戦いが想定された今回の一戦。マドリーにとっては悪夢のような立ち上がりとなる。開始7分、ハーフウェイライン付近でセルヒオ・ポスティゴが出した背後へのボールに対してDFヴァランが中途半端な対応でクリアし損ねると、ボックス内に抜け出したホセ・モラレスが飛び出したGKクルトワを浮き球でかわし無人のゴールへシュートを流し込み、アウェイチームが先制点を奪う。 ▽さらに13分にはボックス付近でロジェールの浮かしたボールをDFヴァランが手を使ってブロックすると、最初はボックスの外からのFKと判定される。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ハンドがボックス内と訂正されて痛恨のPK献上。これをキッカーのロジェールに決められて瞬く間に2点のビハインドを背負うことに。 ▽早くもざわつくサンティアゴ・ベルナベウの空気を鎮めたいマドリーはすぐさま反撃。17分には右CKからカゼミロのヘディングシュートがクロスバーを叩きこぼれ球をアセンシオが頭で流し込む。しかし、VARによる検証の結果、アセンシオがオフサイドを取られてゴールは認められない。 ▽それでも、気持ちを切り替えて相手を押し込むマドリーはサイドからのクロスやセットプレーから再三の決定機を作り出す。だが、バスケスやセルヒオ・ラモスのシュートはことごとく相手GKオイエルの好守に遭う。さらに34分にはセットプレーの流れからバスケスのクロスにゴール前のマリアーノが頭で合わせるが、これもバーに阻まれる。その後、前半終了間際には相手のカウンターからロジェールにゴールネットを揺らされるが、ここはその前のトーニョ・ガルシアのオフサイドにより事なきを得た。 ▽前半終了時にマドリディスタから強烈なブーイングを受けたホームチームはハーフタイム明けにオドリオソラを下げて切り札のベイルを投入。この交代でバスケスが右サイドバックに下がり、より攻撃的な布陣で逆転を目指す。立ち上がりの50分にはボックス内のモドリッチにシュートチャンスもここは相手DFのブロックに遭う。 ▽前半同様に決め切れない状況が続くマドリーは60分、アセンシオとイスコを下げてダニ・セバージョス、ベンゼマを同時にピッチへ送り込んで早々に3枚の交代枠を使い切る。65分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのベイルがゴール左隅に飛ばすが、これも相手GKオイエルのビッグセーブに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるマドリーは72分、右サイドからのクロスをベイル、ベンゼマとボックス内で繋ぐと、ボックス中央でフリーのマルセロが右足の強烈なシュートを中央上隅に突き刺し、待望の5試合ぶりのゴールを奪った。 ▽このゴールで一気にヒートアップしたスタジアムの後押しを受けてマドリーは一気呵成の攻めを見せる。76分には左サイド深くでのセバージョスのボール奪取からマルセロを経由したボールをボックス左角のベンゼマが右足のコントロールシュート。だが、このシュートはクロスバーを叩く。さらに攻勢を強めるホームチームは88分、バスケスの右クロスをベンゼマが頭で合わせ、GKが弾いたボールをマリアーノがすかさずゴールへ蹴り込む。しかし、マリアーノはオフサイドを取られてしまい、絶好の同点機会を逸した。 ▽そして、無情にも試合はこのままタイムアップ。マドリディスタの怒号に晒されたロペテギ率いるチームは、公式戦3連敗で5戦未勝利に。CLビクトリア・プルゼニ戦を挟んだ次節、バルセロナとのエル・クラシコを最悪な状態で迎えることになった。 2018.10.20 22:18 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース