ゴールデンボーイ候補40名にムバッペ、プリシッチ…堂安律!2018.10.02 17:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア『トゥットスポルト』がゴールデンボーイ賞の候補40名を発表した。▽『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞選出は、2003年からスタート。欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手の中から、欧州各国の主要紙記者による投票で12月に受賞者が決まる。

▽同賞のノミネート者は、今年7月に公表の100名から毎月20名ずつが落選していく方式で絞られ、この10月時点で遂に40名に。昨夏から所属するフローニンヘンで輝かしい活躍を続け、9月の代表ウィークで日本代表デビューを果たしたMF堂安律も40名の候補者に名を連ねた。

▽また、昨年受賞のパリ・サンジェルマンに所属するFWキリアン・ムバッペは今年もノミネート。レアル・マドリーのFWヴィニシウス・ジュニオールやドルトムントのMFクリスチャン・プリシッチ、リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルドらも選ばれた。

◆ゴールデンボーイ候補40名
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
ケルビン・アミアン(トゥールーズ)
フセム・アワール(リヨン)
ムサ・バロウ(アタランタ)
ジャスティン・バイロウ(フェイエノールト)
ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク)
パトリック・クトローネ(ミラン)
ダニ・オルモ(ディナモ・ザグレブ)
トム・デイビス(エバートン)
マタイス・デ・リフト(アヤックス)
ムサ・ディアビ(パリ・サンジェルマン)
ディオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド)
ムサ・ジェネポ(スタンダール・リエージュ)
堂安律(フローニンヘン)
エデル・ミリトン(ポルト)
オドソンヌ・エドゥアール(セルティック)
エヴァンデル(ミッティラン)
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
アクラフ・ハキミ(ドルトムント)
アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)
ジョアン・フィリペ(ベンフィカ)
ジョヴァネ・カブラル(スポルティング・リスボン)
デヤン・ヨベリッチ(レッドスター)
ブバカル・カマラ(マルセイユ)
モイゼ・ケアン(ユベントス)
ジュールス・ケイタ(ディジョン)
ジャスティン・クライファート(ローマ)
アルバン・ラフォン(フィオレンティーナ)
マヌ・ガルシア(トゥールーズ)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
ピエトロ・ペッレグリ(モナコ)
クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
マルセロ・サラッキ(RBライプツィヒ)
イスマイラ・サール(レンヌ)
デヨール・ウパメカーノ(RBライプツィヒ)
ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)
ムサ・ワゲ(バルセロナ)
ティモシー・ウェア(パリ・サンジェルマン)
ニコロ・ザニオーロ(ローマ)
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、オブラクと新契約締結間近!

アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(26)の新契約締結が近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2014年にベンフィカから加入して以降、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームの絶対的守護神に君臨するオブラク。今シーズンもここまでリーグ最少失点(17失点)の堅守を支えており、4年連続サモラ賞獲得という偉業に向けて順調な歩みを見せている。 そんなオブラクはアトレティコとの現行契約が2021年までとなっており、契約解除金も昨今の移籍市場では決してあり得ない額ではない1億ユーロ(約123億円)に設定されている。パリ・サンジェルマン(PSG)からの熱視線も伝えられている中、2022年まで契約を延長したディエゴ・シメオネ監督はオブラクの慰留を最優先事項に考えているようだ。 また、オブラク自身も「更なる延長にサイン出来れば僕は満足するだろうね」と契約延長を望んでいる。さらに、今回の『アス』によると、同選手の代理人も既にアトレティコとの交渉に将来を絞ることを表明。当事者間での合意にも達しており、来週にも正式にアナウンスされるようだ。 新契約では、契約解除金が1億5000万~2億ユーロ(約188億~約251億円)に設定され、年俸も1000万~1200万ユーロ(約12億5000~約15億円)に上昇。当人もこの内容に喜んでおり、他のクラブからの関心は振り切っているようだ。 2019.02.22 16:03 Fri
twitterfacebook
thumb

リヨンDFがメッシとムバッペとの対戦を比較「最も難しい相手だったのは…」

リヨンのマルセロは、リオネル・メッシよりもキリアン・ムバッペとの対戦が難しいと明かした。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でメッシ擁するバルセロナとホームで対戦し、マルセロはリヨンのクリーンシートに貢献。この試合で世界最高と呼び声の高いアルゼンチン代表FWを黙らせたブラジル人DFだが、昨年10月の0-5で敗れたパリ・サンジェルマン戦ではムバッペ一人に4ゴールを許すなど苦戦を強いられた。<br><br>バルセロナとの一戦の後、『Goal』のインタビューでメッシとムバッペを比較したマルセロは、今シーズンにおいて20歳のフランス代表FWとの対戦がより難しいと言及した。<br><br>「僕が最近対戦したこの選手たちは最高のレベルだ。今シーズンのムバッペとの対戦で、彼は僕に多くの仕事を課した。スピード、ポジショニング、彼とのデュエル、ムバッペが最も難しい相手だ。火曜日のメッシは良くなかったね」<br><br>「すぐに世界最高の選手になるという大きな可能性がムバッペにあると思う。メッシやクリスティアーノ・ロナウドと比較するには良くする必要のある部分もあるけれど、とても速いスピードで進化している」<br><br>提供:goal.com 2019.02.22 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGとの契約を解除していた元フランス代表MFラッサナ・ディアッラが33歳で現役引退

19日にパリ・サンジェルマンとの契約を解除していた元フランス代表MFラッサナ・ディアッラ(33)が21日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 ル・アブールの下部組織出身のL・ディアッラは、2004年にプロデビュー。その後、チェルシーやアーセナル、レアル・マドリーなどビッグクラブを渡り歩くと、2012年9月にアンジ・マハチカラ、翌年からはロコモティフ・モスクワでプレー。 2014年8月にロコモティフ・モスクワを退団しフリーになると、2015年7月にマルセイユへ加入。その後、2017年2月に退団し再びフリーとなると、7月にアル・ジャジーラへ加入。2017年12月に退団後、昨年1月に2019年6月30日までの1年半契約でPSGに加入していたが、今季はリーグ・アン3試合の出場に留まり契約を解除していた。 フランス代表としては34試合に出場。ユーロ2008のメンバーに選出されていた。 L・ディアッラはインスタグラムで「僕はサッカーに多くを与え、サッカーのおかげで多くのことを受けた。僕のキャリアに関わった全ての人に感謝する。フランス代表のユニフォームを着られたことは夢のようだった。選手を終えることになるが、何も忘れない。今後も熱意、決意、努力を持って生き続ける」と綴った。 2019.02.22 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG、バイエルン獲得熱望の逸材FWハドソン=オドイに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を同『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシー下部組織出身のハドソン=オドイは左ウイングや2列目を主戦場とするイングランド期待の逸材アタッカー。抜群のスピートと緩急自在の仕掛けに加え、精度の高い右足のキック、攻撃センスを兼ね備えている。 その逸材を巡って今冬の移籍市場では、バイエルンが3500万ポンド(約50億円)での獲得を目指していた。ハドソン=オドイ自身もトランスファーリクエストを提出したことがイギリス『スカイ・スポーツ』でも報じられていたが、チェルシーが最後まで放出を固辞し、実現しなかった。 それでもバイエルンは諦めておらず、今夏にも再びハドソン=オドイの獲得に動くようだ。しかし、今回伝えられるところによると、PSGも獲得に興味を示している模様。バイエルンに匹敵するオファーも準備できているという。 一方、チェルシーは依然として慰留に努めている。しかし、チェルシーのコーチであるジャンフランコ・ゾラ氏は、「ハドソン=オドイと同世代で同じくらいヨーロッパでプレーしている選手は多くない」と発言しながらも、出場機会の少なさから新契約を締結する見込みが薄まっていることを示唆しているようだ。 チェルシーとの現行契約が2020年6月までとなっているハドソン=オドイだが、今夏にクラブを離れる事になるのだろうか。 2019.02.21 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

アラン獲得失敗のPSG、今夏もナポリからの補強目論む

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『Il Mattino』の情報をもとにフランス『Le10Sport』が伝えている。 PSGは今冬の移籍市場でナポリのブラジル代表MFアラン(28)の獲得を目指していたが、それは叶わず。しかし、PSGのアンテロ・エンリケSDは今夏もナポリからの補強を画策しており、インシーニェをターゲットにしているという。今後数か月の間にコンタクトを取る可能性が指摘されている。 またナポリでは、インシーニェの流出に備え、PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に動き出しているようだ。先日、選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と会談したという。 なお、イタリア代表FWに関しては、チェルシーやリバプール、アトレティコ・マドリー、ドルトムントも関心を寄せているとされている。イタリア『La Reppublica』によれば、1億5000万ユーロ(約188億円)以上のオファーが届かない限り、ナポリが交渉のテーブルに着く考えはないようだ。 ナポリ下部組織出身で2009年にトップチームデビューを飾ったインシーニェ。今シーズンはカルロ・アンチェロッティ新監督の下、マウリツィオ・サッリ時代の左ウイングとは異なるセカンドトップの位置で新たな役割を担い、ここまで公式戦30試合で12ゴール6アシストの数字を残している。 2019.02.20 16:45 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース