ベンフィカ、各年代別ロシア代表経験を持つGKズロビンと2024年まで契約延長!2018.10.01 20:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベンフィカは9月29日、ロシア人GKイバン・ズロビン(21)との契約を2024年まで延長したことを発表した。



▽各年代別ロシア代表経験を持つズロビンは、現在Bチームをメインにプレーしている。昨シーズンはリーガプロ(ポルトガル2部)で35試合に出場。今シーズンもここまで5試合に出場して2度のクリーンシートを達成している。また、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ登録メンバーにも名を連ねている。

▽長期契約を結んだズロビンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「契約延長にはとても満足しているよ。毎日成長し続けていきたい。これまでにも多くのことを学ぶことができ、多くの人が僕を支えてくれたんだ。自信をもってこれからも経験を積んでいきたいね」
コメント
関連ニュース
thumb

ロッベン&レヴァの2発などでベンフィカに5発圧勝のバイエルンが決勝T進出《CL》

▽バイエルンは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第5節でベンフィカをホームに迎え、5-1で圧勝した。 ▽前節AEKアテネ戦をレヴァンドフスキの2ゴールで勝利し、首位を堅守したバイエルン(勝ち点10)は、0-1の敗戦でも決勝トーナメント進出となる中、3トップにレヴァンドフスキ、ロッベン、リベリを並べた。 ▽勝利しなければ敗退が決まる3位ベンフィカ(勝ち点4)に対し、バイエルンは13分に訪れた最初のチャンスを生かす。右サイドからカットインしたロッベンがボックス内に侵入してゴール左上にシュートを決め切った。 ▽その後もリベリやレヴァンドフスキがゴールに迫ったバイエルンは、30分にロッベンが1点目と同じような形から加点する。ボックス右に侵入したロッベンがカットインシュートを今度はゴール右上に突き刺した。 ▽そして36分のミュラーのヘディングシュートはGKのファインセーブに阻まれるも、直後の右CKからレヴァンドフスキがヘディングシュートを流し込んで3-0。前半で勝負を決定付けた。 ▽迎えた後半開始1分、ワンツーでボックス右への侵入を許したジェドソン・フェルナンデスに1点を返されたバイエルンだったが、51分にレヴァンドフスキが左CKからヘディングシュートを叩き込んで4-1と突き放した。 ▽そして76分にはリベリもゴールを決めたバイエルンが5-1で圧勝。最終節アヤックスとの首位通過を懸けた一戦を前に決勝トーナメント進出を決めた。 2018.11.28 07:24 Wed
twitterfacebook
thumb

最終ラインの世代交代へ…ユベントス、ポルトガルの新鋭DFルベン・ジアスに注目か

▽ユベントスが、ベンフィカに所属するポルトガル代表DFルベン・ジアス(21)に注目しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』がポルトガル『レコード』を引用して伝えている。 ▽ベンフィカ下部組織出身のルベン・ジアスは、2015年9月にプロデビュー。優れた身体能力と守備センスで21歳ながらすでにポルトガル名門クラブで主力としてプレーし、今シーズンはここまで公式戦18試合に出場している。また、ポルトガル代表では出場はなかったものの、ロシア・ワールドカップメンバーにも選出。大会後は5試合中4試合にフル出場している。 ▽伝えられるところによると、そんな若きポルトガルDFに対してセンターバックの高齢化が進むユベントスが関心を抱いている模様。17日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3のイタリア代表vsポルトガル代表の一戦にもスカウトを派遣し、同選手のプレーぶりに好印象を受けたようだ。 ▽ただ、ルベン・ジアスは今年8月に2023年6月までの新契約を締結したばかり。9月に現役引退を発表した元ブラジル代表DFルイゾン氏の後継者として期待されており、6000万ユーロ(約77億円)の契約解除金が設定されているとも。同メディアは今夏リヨンが同選手獲得に向けた3000万ユーロ(約38億円)のオファーが拒否されていることを伝え、高額な移籍金が必要であると報じている。 2018.11.20 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、フリーでベンフィカMFサルビオ獲得へ 代理人がインスタに投稿

▽インテルが、ベンフィカに所属するアルゼンチン代表MFエドゥアルド・サルビオ(28)の獲得に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽2008年にアルゼンチンのラヌースでキャリアをスタートさせたサルビオは、2010年1月にアトレティコ・マドリーに移籍。途中加入となった2009-10年シーズンはリーガエスパニョーラ13試合に出場も先発出場は5試合に留まっていた。 ▽外国人枠の関係で2011年にベンフィカにレンタル移籍をしていた同選手。2012年夏に完全移籍でベンフィカ入りを果たし、通算で253試合に出場で60ゴール54アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦15試合で4ゴール5アシストをマークしている。 ▽ベンフィカとの現行契約は今シーズン限りまでとなっているサルビオだが、代理人を務めるオギュスタン・ヒメネス氏が14日に自身のインスタグラム(agus_jimeenez24)のストーリーでインテルのオフィスを訪れたことを公に。両者の間で何らかの話し合いが行われた可能性が高い。 ▽また、イタリア『トゥットスポルト』によれば、インテルはフィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(21)と、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(22)の獲得に動いているが、より安価で獲得できるサルビオに も関心を持っているようだ。 2018.11.15 14:26 Thu
twitterfacebook
thumb

負傷者続出もベンフィカがホームでアヤックスとドロー… GS逆転突破へ望みをつなぐ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節のベンフィカvsアヤックスが7日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽敗戦でグループステージ敗退の決まるベンフィカは、0-1と惜敗した前回対戦から先発メンバーを4人変更。セフェロビッチやラファ・シウバ、ピッツィ、コンティに代えてジョナス、セルヴィ、ガブリエウ、ルベン・ジアスを先発で起用した。 ▽一方、ここまでグループステージ無敗のアヤックスは、直近のリーグ戦でも2-0と完勝氏好調を維持。そのアヤックスは、前回対戦から先発メンバーを1人のみ変更。ドルベリに代えてネレスを起用した。 ▽試合が動いたのは29分、右サイドからサルビオがロングスローを供給すると、距離感の目測を誤って飛び出したGKオナナの脇を抜けたボールをファーサイドのジョナスが胸トラップからのボレーシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したアヤックスは、前半アディショナルタイムに決定機。46分、ゴール正面約30mの位置で獲得したFKをシェーネフが直接狙うと、相手GKの弾いたボールをタディッチが押し込むがこれも相手DFがスライディングブロック。さらにこぼれ球に反応したファン・デ・ベークがシュートを狙ったが、このボールはゴール左に逸れた。 ▽迎えた後半、ベンフィカは立て続けにアクシデントに見舞われる。48分、前半に左足を負傷していたサルビオがピッチに座り込み交代を要求。さらに55分には左足内転筋を痛めたジョナスが担架でピッチを後にした。 ▽すると、満身創痍の相手にアヤックスが襲い掛かる。61分、中盤でボールを受けたジイェフが前線にロングフィードを供給。相手DFの間を抜け出したタディッチが、飛び出したGKをかわしゴールエリア左深くからシュートを流し込み、同点弾を奪った。 ▽その後も一進一退の展開が続く中、ベンフィカは後半アディショナルタイムに決定機。95分、ピッツィの右CKでボックス内が混戦となると中央にこぼれたボールをA・アウメイダがシュート。これが相手DFにディフレクトしたこぼれ球をガブリエウが左足で狙ったが、シュートはGKオナナのファインセーブに防がれた。 ▽結局、試合は痛み分けのドローで終了した。この結果、アヤックス決勝トーナメント進出は持ち越し、ベンフィカも逆転突破への望みを繋げた。 2018.11.08 07:29 Thu
twitterfacebook
thumb

広州恒大、今夏レンタルで獲得のブラジル代表MFタリスカの買取オプションを行使!総額2500万ユーロで獲得!!

▽広州恒大がベンフィカからレンタル中のブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)の買い取りオプションを行使したようだ。ベンフィカがリスボン証券取引委員会(CMVM)への声明で発表している。 ▽2016年夏にベンフィカからベシクタシュに2年間のレンタルで移籍した攻撃的MFのタリスカは、ロシア・ワールドカップのブラジル代表こそ落選したものの、今シーズンもベシクタシュで主力を張り、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 ▽今夏にレンタル移籍で加入した広州恒大では、ここまでリーグ戦14試合で14ゴール5アシストを記録していた。なお、広州恒大はこれまでのレンタル料580万ユーロ(約7億4000万円)に加え、移籍金1920万ユーロ(約24億5000万円)をベンフィカに支払うこととなる。 2018.10.27 07:50 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース