過激さで知られるザンクト・パウリサポが“ダービー”で手荒い歓迎を受ける2018.10.01 13:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽その過激さで名を馳せているザンクト・パウリのサポーター。久々の“ダービー”で手荒い歓迎を受けたようだ。

▽ブンデスリーガ2部に所属するザンクト・パウリ。FW宮市亮が所属していることで、日本でも知られたクラブだろう。

▽そんなザンクト・パウリは、ハンブルクを本拠地としており、9月30日には今年2部に降格したハンブルガーSVとの“ハンブルク・ダービー”を戦った。

▽ドイツ『ビルト』によると、バーレンフェルト駅で悪臭を放つスプレー缶が使用されたとのこと。ザンクト・パウリの多くのサポーターは、到着した際に鼻を覆う必要があり、スタジアムでもサポーターの入り口付近で排泄物が撒かれていたとのことだ。

▽サポーター同士の激しい衝突が見込まれていた“ハンブルクダービー”では、会場のフォルクスパルク・シュタディオンに1500人の警官が配置されたとのことだ。

▽なお、試合はハンブルガーSVのDF酒井高徳が先発出場、MF伊藤達哉が途中出場。ザンクト・パウリのFW宮市亮はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。試合は0-0のゴールレスドローに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

目指すはチャンピオン! シント=トロイデンDF冨安健洋、MF遠藤航がコメント《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたシント=トロイデンDF冨安健洋は、チャレンジャー精神を持って臨むとコメントした。 ◆DF冨安健洋 「アジア杯のメンバーに選出していただき光栄に思います。また、今までのキリンチャレンジカップとは違いアジアチャンピオンをかけた戦いとなるのでより一層気が引き締まる思いでいます。ただ、ピッチに立ってプレーするかしないかでは経験値に大きな差が出てくると思うので、まずはピッチに立つことができるよう練習からチャレンジャー精神を忘れず思い切ってアピールしたいと思っています。アジアチャンピオンになるために少しでもチームの力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽一方、同じく招集されたシント=トロイデンMF遠藤航は、チーム一丸となってのチャンピオン奪還を志している。 ◆MF遠藤航 「アジアカップを戦うメンバーに招集され、心から嬉しく思っています。2大会ぶりのアジアチャンピオン奪還を目指して、チーム一丸となって戦っていきます。UAEに行く前に、チームでの戦いが待っています。今週末のロケレン戦、来週はウィークデーにカップ戦の準々決勝も控えています。まずはチームでのプレーに集中し勝利を目指しますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.12 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

Aリーグで7試合4G3Aの本田圭佑、PFA選出10/11月の月間最優秀選手賞を受賞!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、オーストラリアプロサッカー選手協会(PFA)が選出するAリーグの10月と11月の月間最優秀選手に選ばれた。リーグ公式が伝えている。 ▽2018年8月にメルボルン・ビクトリーへ加入した本田は、10月の開幕戦から7試合4ゴール3アシストを記録。Aリーグ選出の週間ベストイレブンにすでに5回選ばれるなど、高いパフォーマンスを継続している。 ▽同賞を受賞した本田は、Aリーグ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「驚いています。受賞できてとても幸せです。ただ、チームが勝利することの方が幸せです」 「この賞を貰えたことをありがたく思いますが、チームメイトのおかげでもあると思います。僕に投票してくれた皆さんに感謝しています」 2018.12.12 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のガラタサライ、ポルトに敗戦もロコモティフも敗れてEL出場へ《CL》

▽ガラタサライは11日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD最終節でポルトとホームで対戦し、2-3で敗戦した。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場している。 ▽前節、ポルトの首位通過、シャルケの2位通過が確定したグループD。勝利すればヨーロッパリーグ(EL)に回れる3位を死守できるガラタサライ(勝ち点4)は、長友が[4-3-3]の左サイドバックで先発となった。 ▽試合は序盤、ガラタサライがゴールに迫る。10分にはわずかにオフサイドに阻まれたものの、FKの流れからデルディヨクが決定的なシュートを浴びせると、直後にもG・ロドリゲスがGKを強襲するシュートを放っていく。さらに14分にもフェグリの右クロスからデルディヨクが決定的なチャンスを迎えたが、スライディングシュートは枠を捉えきれなかった。 ▽すると17分、ポルトに先制を許す。右サイド絞った位置からのアレックス・テレスのFKをデルディヨクのマークを外してフリーとなっていたフェリペにヘッドで流し込まれた。 ▽痛い失点を喫したガラタサライは40分、マリアーノがボックス内でマレガを倒してPKを献上。これをマレガに決められてリードを広げられてしまった。 ▽それでも45分、スルーパスに抜け出したG・ロドリゲスがボックス左でフェリペに倒されてPKを獲得。フェグリが決めて1点差に戻し、前半を終えた。 ▽1-2で迎えた後半、ガラタサライが攻勢に出る流れとなると、56分にはフェグリの右クロスからオニェクルがダイレクトで合わせるも枠の上に外してしまう。 ▽すると直後、味方がボールを失った流れから長友の背後のスペースを取られ、最後はセルジオ・オリベイラに決められてしまった。 ▽前半同様、チャンスを決めきれず再び失点したガラタサライは65分、G・ロドリゲスの右クロスからデルディヨクが決めて再び1点差に詰め寄ると、直後にはスルーパスでボックス内に侵入したG・ロドリゲスがM・ペレイラに倒されてPKを獲得。しかし、この試合2本目のPKとなったフェグリがシュートをバーに当ててしまい、同点には追い付けなかった。 ▽結局、2-3のままガラタサライは敗戦。それでも、最下位ロコモティフ・モスクワがシャルケとのアウェイ戦を0-1で敗れたため、3位が確定。ELに回ることとなった。 2018.12.12 04:51 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、堂安律の獲得に“自信”か

▽マンチェスター・シティがフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)の獲得に本腰を入れているという。イギリス『TEAMtalk』が報じた。 ▽昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。日本代表の常連となりつつある中、フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』が新設した“若手版バロンドール”のコパ・トロフィー最終候補10名にも選ばれ、その存在により一層の注目が集まっている。 ▽以前から関心が取り沙汰されるシティは来年1月、その堂安の獲得に動く意向。チェルシーやアーセナル、アトレティコ・マドリー、ドルトムントも目を光らせているとされるが、かつてフローニンへンでプレーした元オランダ代表MFアリエン・ロッベン以来の逸材として評される堂安の獲得に自信を深めている模様だ。 ▽だが、来年1月におけるシティの堂安獲得に向けた動きは、現時点で将来への投資という意味合いが強く、取引が成立に至った場合も引き続きフローニンヘンでプレーさせるプランを考慮しているとのことだ。 2018.12.10 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

フランクフルト今季初の連敗で長谷部誠には最低評価…決勝弾のやり玉に

フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠は、連敗の槍玉に挙げられているのかもしれない。<br><br>フランクフルトは8日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンと対戦。0-1と敗れて連敗を喫した。前節ヴォルフスブルクに敗れるまでリーグ戦7試合負けなしとしていたが、冬の中断期間が迫ったここに来てブレーキがかかる結果となっている。<br><br>そんな中、ドイツ紙『ビルト』では長谷部に対して「5」とチーム最低タイの評価に。寸評では「問題を抱えていた。失点の場面では高く飛べず、デュエルに敗れた。53分には(ダヴィー・)ゼルケに決定機も許した」と酷評された。同じく「5」となったのはエースのアンテ・レビッチであった。<br><br>連敗したフランクフルトは5位に。13日にはヨーロッパリーグ・ラツィオ戦もある中、チームと長谷部は立て直すことができるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.12.10 13:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース