過激さで知られるザンクト・パウリサポが“ダービー”で手荒い歓迎を受ける2018.10.01 13:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽その過激さで名を馳せているザンクト・パウリのサポーター。久々の“ダービー”で手荒い歓迎を受けたようだ。

▽ブンデスリーガ2部に所属するザンクト・パウリ。FW宮市亮が所属していることで、日本でも知られたクラブだろう。

▽そんなザンクト・パウリは、ハンブルクを本拠地としており、9月30日には今年2部に降格したハンブルガーSVとの“ハンブルク・ダービー”を戦った。

▽ドイツ『ビルト』によると、バーレンフェルト駅で悪臭を放つスプレー缶が使用されたとのこと。ザンクト・パウリの多くのサポーターは、到着した際に鼻を覆う必要があり、スタジアムでもサポーターの入り口付近で排泄物が撒かれていたとのことだ。

▽サポーター同士の激しい衝突が見込まれていた“ハンブルクダービー”では、会場のフォルクスパルク・シュタディオンに1500人の警官が配置されたとのことだ。

▽なお、試合はハンブルガーSVのDF酒井高徳が先発出場、MF伊藤達哉が途中出場。ザンクト・パウリのFW宮市亮はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。試合は0-0のゴールレスドローに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

【先週末の海外日本人結果】アラベス乾、古巣ベティスと初対戦! 森岡&豊川がゴール!

海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 日本代表MF乾貴士が所属するアラベスは17日、リーガエスパニョーラ第24節でベティスと対戦。古巣戦を迎えた乾は84分までプレーしたが、試合は1-1のドローに終わった。シャルルロワに所属する元日本代表MF森岡亮太は16日、ジュピラー・プロ・リーグ第26節のコルトレイク戦に先発すると、66分にPKを決めて移籍後初ゴールを記録した。 FW豊川雄太が所属するオイペンは16日、ジュピラー・プロ・リーグ第26節でオーステンデと対戦。先発した豊川は77分に同点ゴールを記録し、ドローに貢献した。 ◆FAカップ5回戦 [レスター・シティ]岡崎慎司 ※3回戦敗退 [ニューカッスル]武藤嘉紀 ※4回戦敗退 [サウサンプトン]吉田麻也 ※3回戦敗退 ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 A 2-2 エイバル △ ベンチ入りせず [アラベス]乾貴士 A vs ベティス 84分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=347642">詳細ニュース</a> ◆ブンデスリーガ [ブレーメン]大迫勇也 A 1-1 ヘルタ・ベルリン △ ベンチ入りせず [フランクフルト]長谷部誠 H 1-1 ボルシアMG △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=347602">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 H vs ドルトムント ※月曜開催 [ハノーファー]浅野拓磨 A 0-3 ホッフェンハイム ● 後半からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=347483">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 A 0-3 ホッフェンハイム ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=347483">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 0-2 レバークーゼン● ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=347618">詳細ニュース</a> ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 H 2-0 アミアン 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=347491">詳細ニュース</a> [トゥールーズ]昌司源 A 1-2 ボルドー ● フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 A 0-0 カーン △ ベンチ入りせず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 H 2-2 PSV △ 40分からプレー [フローニンヘン]堂安律 H 1-0 フェイエノールト 〇 フル出場 [フローニンヘン]板倉滉 H 1-0 フェイエノールト 〇 ベンチ入りも出場せず [ズウォレ]中山雄太 A 0-1 ADO ● ベンチ入りせず ◆ポルトガル [ポルティモネンセ]権田修一 A 0-2 ヴィトーリア・ギマランエス ● ベンチ入りせず [ギマラエス]深堀隼平 H 2-0 ポルティモネンセ ● ベンチ入りせず [ブラガ]安西海斗 A 2-1 チャベス ◯ ベンチ入りせず [ベンフィカ]小久保玲央ブライアン A vs アヴェス ※月曜開催 ◆トルコリーグ [ベシクタシュ]香川真司 A 2-1 マラティヤスポル 〇 62分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=347362">詳細ニュース</a> [ガラタサライ]長友佑都 A 4-1 カスムパシャ 〇 ベンチ入りせず ◆オーストリアカップ準々決勝 [ザルツブルク]南野拓実 A 2-1 ノイシュタット 〇 83分までプレー [インスブルック]財前淳 ※3回戦敗退 ◆ロシアリーグ [CSKAモスクワ]西村拓真 ※ウインターブレイク中 ◆ベルギーリーグ [ヘンク]伊東純也 A 1-3 クラブ・ブルージュ ● ベンチ入りも出場せず [シント=トロイデン]遠藤航 A 1-1 ズルテ・ワレゲム △ ベンチ入りせず [シント=トロイデン]鎌田大地 A 1-1 ズルテ・ワレゲム △ フル出場 [シント=トロイデン]冨安健洋 A 1-1 ズルテ・ワレゲム △ フル出場 [シント=トロイデン]関根貴大 A 1-1 ズルテ・ワレゲム △ ベンチ入りも出場せず [シント=トロイデン]小池裕太 A 1-1 ズルテ・ワレゲム △ ベンチ入りせず [シント=トロイデン]木下康介 A 1-1 ズルテ・ワレゲム △ ベンチ入りも出場せず [シャルルロワ]森岡亮太 A 2-1 コルトレイク 〇 86分までプレー、66分にゴールを記録 [オイペン]豊川雄太 A 1-1 オーステンデ △ 81分までプレー、77分にゴールを記録 [セルクル・ブルージュ]植田直通 A 0-3 ロイヤル・ムスクロン ● ベンチ入りせず 2019.02.18 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

乾先発で古巣ベティス初対戦の一戦は痛み分けのドロー《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節、ベティスvsアラベスが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、1-1のドローに終わった。アラベスのMF乾貴士は先発出場し84分までプレーした。 6位のアラベス(勝ち点35)が、7位のベティス(勝ち点32)のホームに乗り込んだ一戦。 昨夏加入したベティスでポジション争いに敗れ、アジアカップ参戦後、アラベスにレンタル移籍した乾は、デビュー戦となった前節のレバンテ戦でいきなり先発デビューを飾り、決定機逸でデビューゴールこそ逃したものの、チームの5試合ぶり勝利に大きく貢献。そして、デビュー戦で信頼を勝ち取った乾は今節、引き続き先発で数週間前まで本拠地としていたエスタディオ・ベニート・ビジャマリンに乗り込んだ。 立ち上がりから圧倒的にボールを支配するベティスに対して守備を固めながら要所でハイプレスで牽制を行うアラベス。球際で激しくぶつかり合うインテンシティの高い攻防が繰り広げられる中、ベティスが先制に成功する。 15分、相手CKのカウンターから中央でプレスを剥がしたウィリアム・カルバーリョがそのまま中央をドリブル突破。ボックス左に走り込むヘセ・ロドリゲスにスルーパスを通すと、ヘセがすかさずシュート。これはGKに阻まれるも、相手のクリアが足下に転がってきたロ・セルソが冷静に無人のゴールへ流し込んだ。 幸先良く先制に成功したベティスは遅攻とカウンターを織り交ぜた攻撃からその後も追加点に迫っていく。27分にはロ・セルソのスルーパスに抜け出したヘセに絶好機も枠に飛ばしたシュートは必死の戻りを見せたDFマリパンにゴールライン上でかき出すスーパークリアで防がれる。 一方、守勢が続くアラベスだったが、先ほどスーパークリアを見せたマリパンが今度は攻撃で魅せる。28分、相手陣内で得たFKの二次攻撃からボックス右ライン際でピナが浮き球のクロスを入れると、ファーのチモ・ナバーロが頭で折り返す。これをGKより先に右足アウトで合わせたマリパンが同点ゴールとした。 早い時間帯に追いついたアラベスだが、その後はベティスの変幻自在のパスワークに翻弄されて守備の時間が続く。身体を張った守備で何とか2点目を凌ぐ中、カウンターから幾度かチャンスが訪れるも、フリーの乾がなかなかボールをもらえないなどカウンターを完結し切れず、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もベティスが押し込む展開が続く中、52分にはカナレスのCKからフェダルがヘディングシュートもGKパチェコの好守に遭う。その後もサイドでのコンビネーションプレーを起点に再三相手ゴールに迫るホームチームだが、最後の最後で崩し切れない。 何とか勝ち切りたいベティスはセルヒオ・レオン、ホアキン、ロレンと続けてフレッシュなアタッカーをピッチに送り出し、強引にゴールをこじ開けにかかる。対して前半以上に守備の時間が長いアラベスは引き分けを意識した選手交代を行い、古巣相手にサイドの守備に奔走した乾は84分にディエゴ・ロランとの交代でピッチを後にした。 両軍ともに消耗色濃い最終盤にはアラベスがカジェリ、ベティスがロレンと共に絶好の勝ち越し機を迎えたが、いずれも決め切ることはできず。白熱の上位対決は痛み分けのドローに終わった。 2019.02.18 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司、ベシクタシュ本拠地に鳴り響いたチャントの正体は?独メディアも注目

日本代表MF香川真司はベシクタシュで早くも人気選手の1人となり、先日のホームゲームではサポーターが&ldquo;カガワチャント&rdquo;を熱唱。ドイツメディア『デア・ウェステン』によると、ベースとなっているのはとあるトルコのヒット曲だという。<br><br>1月の移籍市場最終日にボルシア・ドルトムントから今シーズン終了までの期限付きでベシクタシュに向かった香川。3日に行われたスュペル・リグ第20節アンタルヤスポル戦の終盤からの途中出場で2ゴールを決め、第21節ブルサスポルとのホームマッチでは67分からボーダフォン・アレーナに登場すると、サポーターからの大歓声を浴びた。<br><br>そして、その試合中から既にサポーターたちは&ldquo;カガワチャント&rdquo;を熱唱。『デア・ウェステン』によれば、スタジアムに鳴り響いたのは「Oh Shinji! Yarın Olmaz, Shinji! Hemen Shinji, Shinji! Shinji, gol, gol, gol!」という内容のもので、「オー、シンジ!明日まで待てない、シンジ!すぐだ、シンジ、シンジ!シンジ、ゴール、ゴール、ゴール!」といった意味を持つという。<br><br>同メディアの記事では、これは2015年に発売されたトルコの女性シンガー、エブル・ポラットさんによるヒット曲『Cilli Bom』のサビ部分が使われていることを指摘。また、トルコ語の「simdi」(「今」)が「シンジ」に替えられたと説明され、香川はベシクタシュのサポーターたちに「最高な形」で歓迎されたと伝えられている。<br><br>なお15日のマラティアスポルとのアウェー戦がベシクタシュでの3試合目となった香川だが、25日に本拠地で行われるフェネルバフチェとのダービーでもスタジアムがこのチャントに包まれるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美デュッセルドルフ、レバークーゼンに完敗で連勝ならず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、レバークーゼンvsデュッセルドルフが17日に行われ、2-0でレバークーゼンが勝利した。 8位レバークーゼン(勝ち点33)と、12位デュッセルドルフ(勝ち点29)が激突した一戦。デュセルドルフの宇佐美貴史は公式戦2試合連続で招集外となった。 デュッセルドルフが3分にカラマンがCKからヘディングシュートを放ち良い入りを見せた一方で、レバークーゼンはアクシデントに見舞われる。ベララビが15分にアラリオと負傷交代。今季ここまで5ゴール5アシストのキーマンを序盤に欠いてしまう。 しかし、そんな心配をよそにレバークーゼンは18分、右サイドに流れたフォラントの左足のクロスをハフェルツがタイミング良く守備ラインの裏を取り、フリーで押し込んであっさり先制点を奪った。 このゴールで完全にレバークーゼンに主導権を渡してしまったデュッセルドルフは、27分にツィーマーが負傷しバルコクとの後退を余儀なくされるなど、不運にも見舞われてしまう。序盤のチャンス以外全く良いところがなく、攻撃に転じようとしても、相手の素早い切り替えに絡み取られてしまう。 41分には、右サイドでボールを奪われ、クロスからフォラントのシュートを許すが、ズットナーが決死のブロックで追加点を許さない。前半は何とか最少失点に抑えたが、後半も予想通り押し込まれる展開に。 56分にはボックス左からアラリオにシュートを許したが、GKドロブニーがセーブ。粘り強くここまで1点に抑えていたが、66分に引き離される。 再三攻撃の起点となっていた右サイドから仕掛けたレバークーゼンは、一度跳ね返されたクロスをヴァイザーが拾うと、ボックスの右外からシュートを選択。、難しい角度ながらゴール左に飛んだシュートはGKドロブニーが横っ飛びで弾枯れるも、こぼれ球をベイリーが押し込んで追加点を挙げた。 こうなるとデュッセルドルフに試合をひっくり返す力は残されておらず、試合は2-0で終了。勝利したレバークーゼンはリーグ戦4連勝。一方、デュッセルドルフは前節から連勝することはできなかった。 2019.02.18 03:55 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、ボルシアMG相手に逃げ切れず公式戦5試合連続ドロー…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、フランクフルトvsボルシアMGが17日にコメルツバンク・アレーナで行われ、1-1のドローに終わった。フランクフルトのMF長谷部誠は先発フル出場を果たした。 5位のフランクフルト(勝ち点33)と、3位のボルシアMG(勝ち点42)による注目の上位対決。 リーグ戦3試合連続ドローと足踏みが続くフランクフルトはミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)でも敵地で10人のシャフタール相手に2度のリードを守り切れず、2-2のドロー。公式戦4試合連続ドローからの脱出を図るチームは先発2人を変更。ローデ、ヨビッチに代えてデ・グズマン、アラーを起用した。 立ち上がりから攻勢を仕掛けたのはアウェイのボルシアMG。シュティンドル、トルガン・アザールを起点に縦に速い攻撃を仕掛けるアウェイチームは7分にシュティンドル、8分にアザールとボックス付近でフィニッシュに持ち込む。 一方、アラー、レビッチの屈強な2トップをシンプルに使った攻めを見せるフランクフルトだが、全体的に繋ぎのプレーの局面でミスが目立ち再三相手のカウンターを許す。25分にはヘアマンのスルーパスに抜け出したザカリアにボックス内で一対一の決定機を許すが、ここはGKトラップの果敢な飛び出しからの好守で凌いだ。 前半終盤にかけてもボルシアMGペースで試合は進むものの、フランクフルトは長谷部やヒンテレッガーを中心とする守備陣が最後の局面で粘る。そして、守備陣の好守に呼応するように攻撃の局面では左サイドのコスティッチが積極的な仕掛けで牽引。39分にはドリブル突破からミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKゾンマーのセーブに阻まれた。 このままゴールレスで前半終了と思われた中、前半アディショナルタイムに試合が動く。フランクフルトが左CKの場面でショートコーナーからボックス手前のデ・グズマンがグラウンダーのミドルシュートを放つと、ゴール前でDFにディフレクトしたボールにいち早く反応したダ・コスタが見事な反転シュートを流し込んだ。 守勢ながらも1点リードで試合を折り返したフランクフルトだが、後半もアウェイチームの攻勢に晒される。何とか守備ブロックで撥ね返し続ける中、57分にはボックス左のヴェントに決定的なシュートを許すが、ここはGKトラップのビッグセーブで凌ぐ。 その後はカウンターの応酬が続く中、流れを変えたい両チームのベンチは選手交代を敢行。とりわけ、ビハインドを追うボルシアMGはプレア、ドルミッチと2人のセンターフォワードをピッチに送り出してリスクを冒して攻撃に出る。 後半も粘りの守備で失点を許さないフランクフルトだったが、82分に一瞬の隙を突かれて追いつかれる。ボックス手前でストロブルから縦パスを受けたザカリアに対して、プレアの動き出しを警戒してか、長谷部と味方DFの対応が遅れると、ザカリアにそのままミドルシュートを突き刺されてしまった。 その後、レビッチに代えて切り札のヨビッチをピッチに送り出したフランクフルトだが、ボルシアMGの勢いに押されてなかなか決定機を作り出せない。逆に、後半アディショナルタイムのラストプレーでは左サイドのヴェントからのクロスをボックス右でフリーにしたドルミッチにボレーで合わせられるが、これは相手のシュートミスに助けられ事なきを得た。 何とか逆転負けこそ逃れたフランクフルトだったが、またしても逃げ切りに失敗して厳しい公式戦5試合連続ドローとなった。 2019.02.18 01:30 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース