【先週末の海外日本人結果】宇佐美貴史が待望の今季初先発!2018.10.01 10:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。

▽デュッセルドルフに所属する日本代表FW宇佐美貴史は、29日に行われたブンデスリーガ第6節のニュルンベルク戦で今シーズン初の先発出場。だが、見せ場を作れず、58分にピッチを後にした。なお、チームは0-3で敗れ、2連敗となっている。

◆プレミアリーグ
[レスター・シティ]岡崎慎司
A 2-0 ニューカッスル 〇
ベンチ入りも出場せず⇒詳細ニュース

[ニューカッスル]武藤嘉紀
H 0-2 レスター・シティ ●
69分からプレー⇒詳細ニュース

[サウサンプトン]吉田麻也
H 0-2 ウォルバーハンプトン ●
ベンチ入りも出場せず

◆リーガエスパニョーラ
[ヘタフェ]柴崎岳
A vs セルタ
※月曜開催

[ベティス]乾貴士
H 1-0 レガネス 〇
ベンチ入りも出場せず

◆ブンデスリーガ
[ドルトムント]香川真司
A 4-2 レバークーゼン 〇
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[ハノーファー]浅野拓磨
A 1-4 フランクフルト ●
ベンチ入りも出場せず⇒詳細ニュース

[ハノーファー]原口元気
A 1-4 フランクフルト ●
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[ニュルンベルク]久保裕也
H 3-0 デュッセルドルフ 〇
ベンチ入りも出場せず⇒詳細ニュース

[フランクフルト]長谷部誠
H 4-1 ハノーファー 〇
フル出場⇒詳細ニュース

[ブレーメン]大迫勇也
A 1-2 シュツットガルト ●
80分までプレー⇒詳細ニュース

[デュッセルドルフ]宇佐美貴史
A 0-3 ニュルンベルク ●
58分までプレー⇒詳細ニュース

◆リーグ・アン
[マルセイユ]酒井宏樹
A 0-3 リール ●
フル出場

[ストラスブール]川島永嗣
H 3-0 ディジョン 〇
ベンチ入りせず

◆エールディビジ
[ヘーレンフェーン]小林祐希
H 1-1 ADO △
フル出場

[フローニンヘン]堂安律
H 1-1 ユトレヒト △
フル出場

◆トルコリーグ
[ガラタサライ]長友佑都
H 1-0 エルズルムシュポル 〇
ベンチ入りも出場せず

◆オーストリアリーグ
[ザルツブルク]南野拓実
A 4-1 ヴォルフスベルガー 〇
ベンチ入りも出場せず

[ヴァッカー・インスブルック]財前淳
A 1-2 マッタースブルク ●
ベンチ入りせず

◆ポルトガルリーグ
[ポルティモネンセ]中島翔哉
A vs デスポルティボ・アベス
※月曜開催

◆ロシアリーグ
[CSKAモスクワ]西村拓真
A 1-0 オレンブルク 〇
ベンチ入りも出場せず

◆ベルギーリーグ
[アンデレヒト]森岡亮太
H 0-0 シント=トロイデン △
ベンチ入りも出場せず

[シント=トロイデン]遠藤航
A 0-0 アンデルレヒト △
73分からプレー

[シント=トロイデン]鎌田大地
A 0-0 アンデルレヒト △
90分からプレー

[シント=トロイデン]冨安健洋
A 0-0 アンデルレヒト △
フル出場

[シント=トロイデン]関根貴大
A 0-0 アンデルレヒト △
ベンチ入りせず

[シント=トロイデン]小池裕太
A 0-0 アンデルレヒト △
ベンチ入りせず

[オイペン]豊川雄太
A 3-1 コルトレイク 〇
79分までプレー

[セルクル・ブルージュ]植田直通
A 0-4 クラブ・ブルージュ ●
ベンチ入りせず
コメント
関連ニュース
thumb

武藤欠場のニューカッスルを後半AT弾で下したウルブズ、チェルシー戦から2連勝!《プレミアリーグ》

▽武藤嘉紀が所属するニューカッスルは9日、プレミアリーグ第16節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-2で敗れた。武藤は出場しなかった。 ▽現在3勝4分け8敗で15位に位置するニューカッスル。第11節のワトフォード戦で初勝利を挙げると、その勢いのまま3連勝を収めたもののここ2試合は再び白星から遠ざかっている。3試合ぶりの勝利を目指す今節は、前節のエバートン戦からスタメンを3人変更。アジョセ・ペレスやクラーク、リッチーらが起用された。武藤はベンチスタートとなった。 ▽試合を動かしたのは前節にチェルシーを逆転で下したウルブズ。17分、右サイドのエウデル・コスタが左足でクロスを送ると、ジョッタがゴール前で胸トラップ。そのまま冷静にゴールに流し込んだ。 ▽しかし、ニューカッスルもやり返す。22分にロンドンのFKがクロスバーに直撃すると、その流れのままロンドンが右サイドからクロスを供給。これをニアでアジョセ・ペレスが頭で逸らすように流し込み、すぐに同点に追いついた。 ▽後半からF・フェルナンデスを下げてマンキージョを投入したニューカッスルは、51分にクラークが惜しいヘディングシュートを放つなど良い入りを見せた。しかし57分に、ジョッタに背後を取られたイェドリンがユニフォームを引っ張って倒してしまう。するとこれが決定機阻止と見なされ一発退場の判定に。残り時間を10人で戦うことになってしまった。 ▽数的有利のウルブズは61分に2選手を同時交代。75分にはカウンターからその交代で入ったヒメネスがボックス左に侵入しシュートを放つがクロスバーを直撃する。80分にも自陣ゴール前からカウンターを発動。左サイドをヒメネスが一気に駆け抜けゴール前にクロスを送る。ここに飛び込んだ途中出場のギブス=ホワイトはスルー。後ろからドハーティがシュートを放ったが、ゴール左を突いたシュートはGKドゥブラフカのビッグセーブに防がれた。 ▽ニューカッスルは終盤に差し掛かり、ロンドンを下げてホセル、アツを下げてケネディを投入。この時点で3枚の交代枠を使い切ったため、武藤の出場の機会はなくなった。 ▽攻勢を強めたいニューカッスルだがチャンスなく時間が経過。このまま終わるかに思われたが後半アディショナルタイムに試合が動いた。自陣でボールを奪ったウルブズはすぐにジョッタにボールを渡す。ジョッタは敵陣中央をドリブルで切り裂くと、ヒメネスのフリーランを囮にしながらボックス左からシュートまで持ち運ぶ。このシュートはGKにセーブされたものの、こぼれ球をドハーティが頭で押し込んで土壇場で勝ち越しに成功した。 ▽その後まもなく試合終了の笛。数的不利から試合を覆せなかったニューカッスルはこれでリーグ戦3試合未勝利。ウルブズは前節のチェルシー戦に続き2連勝を収めた。 2018.12.10 03:04 Mon
twitterfacebook
thumb

原口と浅野が先発のハノーファー、原口先制アシストも浅野が決定機逸… 終盤のPK被弾でドロー《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは8日、ブンデスリーガ第14節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は79分までプレーしている。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦を落として2連敗となった17位ハノーファー(勝ち点9)は、浅野が第3節以来、原口が4試合ぶりの先発となった。 ▽10位マインツ(勝ち点18)に対し、[3-5-2]を採用したハノーファーは原口が中盤の右、浅野が右インサイドMFの位置で先発となった。 ▽開始5分にマテタに決定的なヘディングシュートを許したハノーファーだったが、立て続けにチャンスを生み出していく。まずは8分、ロングボールに抜け出した浅野が落としたボールをボックス右のヴァイダントがシュート。しかし、枠の外に外してしまった。 ▽続く9分、今度は浅野に決定機。ボックス左ゴールライン際からヴァイダントがマイナスに折り返したクロスを浅野がダイレクトでシュート。だが、枠の上に外れてしまった。 ▽それでも12分、ハノーファーが押し切る。原口が右サイドから上げたクロスをヴァイダントがボレーで合わせてネットを揺らし、先制ゴールとなった。 ▽リードして以降は原口が自陣に下がって5バックを形成し、マインツの攻撃を凌いでいく展開に。27分には原口が右サイドからカットインしての左足シュートで牽制した。ハーフタイムにかけてはハノーファーが集中した守備でチャンスを与えず、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、発煙筒の煙がピッチ内に充満したことで開始早々、数分間の中断となった。 ▽視界が開けてリスタートとし、引き続きハノーファーが重心を低くして応戦する中、61分にラツァにポスト直撃のミドルシュートを浴びてしまう。 ▽耐えるハノーファーは75分、浅野に決定機。ヴァイダントのスルーパスに抜け出した浅野がGKと一対一に。しかし、シュートはGKに止められてしまった。 ▽79分には浅野を下げ、DFのエレスを投入して逃げ切りを図ったハノーファーだったが、87分にPKを献上してしまう。ボックス右に侵入したマテタに対し、オストルツォレクが身体を当てるとPK判定となった。 ▽そしてこのPKをブロシンスキに決められ、ハノーファーは同点に追い付かれてしまう。結局、10分あった追加タイムで勝ち越しゴールを奪えなかったハノーファーは、今季3勝目を逃している。 2018.12.10 01:36 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田、リーグ戦10ゴール目も…シント=トロイデンは連勝が「4」でストップ《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは8日、ジュピラー・プロ・リーグ第18節でスタンダール・リエージュと対戦し、1-1で引き分けた。 ▽現在4連勝中の5位・シント=トロイデン(勝ち点30)は、6位・スタンダール・リエージュ(勝ち点26)戦に向けて、鎌田と冨安を先発起用。遠藤はベンチスタート。関根と小池はベンチ外となった。 ▽試合は拮抗した試合展開の中、シント=トロイデンが前半アディショナルタイムに先制する。左サイドでボールを持ったポル・ガルシアのパスをボックス左手前で鎌田が受けると、ワンタッチで対峙した相手をかわす。そのままスピードに乗ってボックス内へと侵攻し、最後は足裏でGKオチョアを抜き去り、ゴールネットを揺らした。鎌田はこれで今シーズンリーグ戦10ゴール目となった。 ▽1-0で試合を折り返したシント=トロイデン。しかし59分、スタンダール・リエージュに同点ゴールを決められる。コリンズ・ファイに右サイドを突破されると、最後はスルーパスに反応したオッビ・ウラレにボックス内への侵攻を許し、GKとの一対一を制された。 ▽その後はシント=トロイデンが攻勢を強めたが、最後まで両者にゴールは生まれず。1-1の引き分けでシント=トロイデンは連勝が「4」でストップした。 ▽試合後、MF鎌田大地とDF冨安健洋が試合を振り返りコメント。鎌田は、連勝ストップも上位陣との直近3試合で2勝1分けの結果をプラスに捉えた。冨安は ◆鎌田大地 「勝ち点3を取りたかったですし、ホームだったので勝てたと思うし、僕自身他にもゴール取れそうなシーンはあったと思います。ただ、この3連戦での上位チームに2勝1分けという結果は悪いわけではないので、チームとしてはプラスにとらえるべきかなと思います」 「ゴール前で1対1になれば勝てる自信がありますし、前の選手はゴールを狙わないといけないので常に狙いにいってはいますが、今日は後半はパスも出して使い分けています。チームの勝ちが一番大事なので、絶対に自分でいくというわけではなく、アシスト数も増やしたい。今は点が取れているので、自分のやりたい方向に向かっていると思います」 「(日本代表については)もちろん目標ではありますが、まだ一度も入っていないですし、まずは今はチームで良いプレーをしようという気持ちが大きいです」 ◆冨安健洋 「僕たちも悪いサッカーをしていたわけではないですし、勝つことができていれば勝ち点7差に広げるチャンスではあったので悔しい部分はあります。僕も攻撃に関われるタイミングがあれば関わっていこうと思っていましたが、僕が上がっていたときにカウンターを受けて結果的に失点してしまったので、そこは時間帯だったり点差だったりを状況判断して頭に入れながらやらなければいけなかったと思っています」 「(上位との連戦を)2勝1分けで終われたことは大きいですけど、今日勝つことができればもっと大きかった。直接PO1を争う相手ではあるので、直接対決を勝つことができれば、大きな意味をも持って来るので、満足はしていないですけど、切り替えて次節に向かっていきたいと思っています」 シント=トロイデン 1-1 スタンダール・リエージュ 【シント=トロイデン】 鎌田大地(前46) 【スタンダール・リエージュ】 オッビ・ウラレ(後14) 2018.12.09 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のレスター、トッテナムに敗れ7戦ぶり黒星《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、レスター・シティvsトッテナムが8日に行われ、2-0でトッテナムが勝利した。レスターの岡崎は79分から途中出場した。 ▽現在9位のレスター(勝ち点22)はここ6試合無敗を継続。ラニエリ監督との古巣対戦となった前節のフルアム戦は、マディソンのゴールで追いついてドロー決着となった。今節は、前節からスタメンを4選手選手変更。エバンスやグレイ、イボーラ、リカルド・ペレイラが先発に名を連ねた。岡崎はベンチスタートとなっている。 ▽対して3位のトッテナム(勝ち点33)は前々節のアーセナル戦の敗戦から、前節のサウサンプトン戦の勝利で見事にバウンスバック。連勝を目指す今節は、3日後に控えるチャンピオンズリーグのバルセロナ戦を睨みつつ、前節のスタメンから5選手変更。ヴェルトンゲンやオーリエ、B・デイビス、デレ・アリらが起用された。 ▽序盤は互角の戦いが続く。まずは7分にレスターのエンディディがボックスの外からシュートを試みる。トッテナムも幾度か深い位置まで攻め込むものの、レスターの堅い守備を崩しきれない場面が増えていく。 ▽前半も終盤に入り、ここまで両チーム合わせて3本しかシュートがない試合はアディショナルタイムに動く。ボックス手前左でオーリエからパスを受けたソン・フンミンが中央に切り込んで左足一閃。強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さりトッテナムが先制した。 ▽前半は前線が停滞していたトッテナムだが、後半は早々にソン・フンミンが2本のシュートを放つなど、追加点の匂いを漂わせる展開に。対してレスターも53分、グレイが右サイドからカットインし、左足でシュート。ゴール左下を突いたが、GKロリスがセーブ。 ▽レスターは56分、イヘアナチョとイボーラを下げて、ゲザルとオルブライトンを同時投入。システムを変えて打開を試みる。 ▽しかし、それから2分後の58分、トッテナムは攻撃に出ようとしたレスターにカウンターを発動。左サイドに開いたソン・フンミンにボールが渡り、ボックス左から右足でクロスが上がる。これにオフサイドラインギリギリで飛び出したデレ・アリがダイビングヘッドで押し込みトッテナムに追加点が生まれた。 ▽デレ・アリのトッテナムでの50ゴール目が決まったその後は、ルーカス・モウラに代えてエリクセン、ソン・フンミンに代えてケインを投入。さらに78分には、オーリエが足を痛めてウォーカー=ピータースと交代。レスターも81分にメンディを下げて岡崎をピッチへ送り出した。 ▽試合終盤にかけてレスターがボールを持つ時間帯が続く。88分に、岡崎はマディソンのクロスに飛び込むが惜しくも合わず。89分にはカウンターからゲザルがシュートに持ち込むがGKロリスの正面に。 ▽試合はここで終了。敗れたレスターはリーグ戦7試合ぶり黒星となった。トッテナムはリーグ戦2連勝でバルセロナ戦に臨む。 2018.12.09 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、フル出場の長谷部が失点関与で2連敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは8日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節ヴォルフスブルクに1-2と競り負けて8試合ぶりの黒星を喫した5位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽7位ヘルタ・ベルリン(勝ち点20)に対し、押し込まれる入りとなったフランクフルトは10分、ボックス右からアラーが左ポストを掠めるシュートを浴びせる。その後もポゼッションされたフランクフルトだったが、徐々に盛り返し、互角の攻防で推移していった。 ▽28分には右クロスのルーズボールをボックス内のコスティッチが右足でシュートしたが、威力を欠いてGKにセーブされた。 ▽しかし、ハーフタイムにかけても押し込まれたフランクフルトは40分に先制される。長谷部がグルイッチに競り負けてヘディングシュートを叩き込まれた。 ▽迎えた後半開始7分、フランクフルトに同点のチャンス。左クロスに対し、ヨビッチがボレー。枠を捉えていたが、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は自陣に引くヘルタに対し、思うように攻撃の形を作れず時間だけが経過してしまう。終盤にかけてフランクフルトが攻勢に出たが、最後までゴールを割れずにタイムアップ。2連敗となった。 2018.12.09 04:24 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース