長谷部フル出場のフランクフルトがホームでハノーファーを撃破し開幕戦以来の白星!ハノーファーの浅野&原口は出場せず《ブンデスリーガ》2018.10.01 01:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第6節のフランクフルトvsハノーファーが30日に行われ、4-1でフランクフルトが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、ハノーファーのFW浅野拓磨はベンチ入りも出場せず、MF原口元気はベンチ外となっている。

▽ミッドウィークに行われたボルシアMG戦を1-3で完敗するなど開幕戦以来勝利のないフランクフルトは、その一戦からスタメンを6人変更。長谷部は3バックの中央でリーグ3試合連続スタメンとなった。

▽一方、ミッドウィークのホッフェンハイム戦で完敗しリーグ戦未勝利が続くハノーファーは、前節からスタメンを4人変更。浅野は3試合連続のベンチスタート、原口は2試合連続のベンチ外となった。

▽一進一退の展開が続く中、先に決定機を迎えたのはフランクフルト。36分、左CLのこぼれ球を逆サイドでつなぐとアランがクロスを供給。これは相手DFにクリアされるも、セカンドボールをボックス手前のルーカス・トロが繋ぐと、このボールをボックス右のアラーが頭で折り返し、最後はエンディカが右足で流し込んだ。

▽先制に成功したフランクフルトは、前半アディショナルタイムにも決定機。右サイドでロングスローを受けたアラーがバイタルエリアにパスを供給。これを受けたレビッチが巧みな反転で相手DFをかわすと、相手GKとの一対一を制してゴールネットを揺らした。

▽迎えた後半、2点を追うハノーファーはフュルクルクとワラセを下げてウッドとウェイダントを投入する2枚替え敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはフランクフルトだった。

▽59分、GKトラップのロングフィードは相手DFに弾き返されるも、これを味方が繋ぐと前線で競り勝ったアラーがヘディングで相手DFの裏にボールを供給。このパスでレビッチがソルグの背後を抜け出すと相手GKを引き付けて横にラストパス。並走していたデ・グズマンがこれを受けると、無人のゴールに流し込んだ。

▽その後、ハノーファーに1点を返されたフランクフルトだが、試合終了間際の89分にデ・グズマンのスルーパスに抜け出したヨビッチがゴールネットを揺らし、勝負あり。ホームで4ゴールを奪ったフランクフルトが、開幕戦以来となる白星を飾った。一方、ハノーファーはリーグ4連敗となった。
コメント
関連ニュース
thumb

フランクフルト、フル出場の長谷部が失点関与で2連敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは8日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節ヴォルフスブルクに1-2と競り負けて8試合ぶりの黒星を喫した5位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽7位ヘルタ・ベルリン(勝ち点20)に対し、押し込まれる入りとなったフランクフルトは10分、ボックス右からアラーが左ポストを掠めるシュートを浴びせる。その後もポゼッションされたフランクフルトだったが、徐々に盛り返し、互角の攻防で推移していった。 ▽28分には右クロスのルーズボールをボックス内のコスティッチが右足でシュートしたが、威力を欠いてGKにセーブされた。 ▽しかし、ハーフタイムにかけても押し込まれたフランクフルトは40分に先制される。長谷部がグルイッチに競り負けてヘディングシュートを叩き込まれた。 ▽迎えた後半開始7分、フランクフルトに同点のチャンス。左クロスに対し、ヨビッチがボレー。枠を捉えていたが、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は自陣に引くヘルタに対し、思うように攻撃の形を作れず時間だけが経過してしまう。終盤にかけてフランクフルトが攻勢に出たが、最後までゴールを割れずにタイムアップ。2連敗となった。 2018.12.09 04:24 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、リーグ戦8試合ぶり黒星《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは2日、ブンデスリーガ第13節でヴォルフスブルクをホームに迎え、1-2で敗戦した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節アウグスブルク戦を3-1と快勝し、リーグ戦ここ7試合で6勝目を挙げた絶好調の3位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽9位ヴォルフスブルク(勝ち点15)に対し、慎重な入りを見せたフランクフルトは9分にPKを獲得しかける。ボックス左に侵入しかけたレビッチがウィリアムに蹴られて倒されPKの判定となるも、VARによってボックス外と判定されFKに変更となった。 ▽先制のチャンスを逸したフランクフルトだったが、左サイドのコスティッチのドリブルを起点に打開を図ると14分、そのコスティッチの左クロスにデ・グズマンがダイレクトで合わせたシュートが右ポストを直撃した。 ▽チャンスを生かせなかったフランクフルトは27分、ディフェンスライン背後を取ってボックス左に侵入したヴェグホルストにバー直撃のシュートを許すと、31分に失点する。ギンチェクのパスを受けたボックス左のメーメディにシュートを決められた。 ▽ハーフタイムにかけてはフランクフルトがボールを持つ展開となったが、チャンスは生み出せずに前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、思うように攻撃を仕掛けられないフランクフルトは55分、FKからブルックスに決定的なヘディングシュートを許してしまう。 ▽流れの悪いフランクフルトは63分に2枚代えを敢行。デ・グズマンとジェルソン・フェルナンデスに代えてガシノビッチとヴィレムスを投入した。 ▽すると67分にはアラーがネットを揺らすも、ラストパスを出したダ・コスタがオフサイドでノーゴールに。 ▽そして直後の68分、痛恨の追加点を献上する。ガシノビッチのボールロストから左サイドを侵攻され、ギンチェクにボレーシュートを決められた。 ▽終盤にかけて2点を追うフランクフルトが攻勢に出ると、87分に1点を返す。中央からのFKをボックス左のアラーがヘッドで中へ折り返すと、最後はヨビッチが蹴り込んだ。 ▽しかし、反撃はここまで。フランクフルトは1-2で敗戦し、リーグ戦8試合ぶりの黒星となっている。 2018.12.03 03:58 Mon
twitterfacebook
thumb

EL5連勝を飾った長谷部のフランクフルト&南野のザルツブルクが共にGS首位通過を決める!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループH第5節のフランクフルトvsマルセイユが29日に行われ、4-0でフランクフルトが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、マルセイユのDF酒井宏樹はベンチ外となった。 ▽引き分け以上で首位通過の決まるフランクフルトは、直近に行われたブンデスリーガ第12節のアウグスブルク戦から先発を5人変更。レビッチやデ・グズマンらに代えてガシノビッチやルスらをスタメンで起用。 ▽一方、前節のラツィオ戦に敗戦しグループステージ敗退の決まったマルセイユは、ジェルマンやミトログル、グスタボらを先発で起用。酒井はベンチ外となった。 ▽試合は開始56秒で動く。ショートコーナーを受けたガシノビッチがボックス右から切り込みシュート。これはGKプレが弾くもこぼれ球をヨビッチが流し込み、フランクフルトが先制に先制した。 ▽先制点で主導権を握ったフランクフルトは、17分に思わぬ形で追加点を奪う。グスタボがノールックで戻したバックパスがGKプレの逆を突いてしまい、そのままゴールネットに吸い込まれた。さらに19分には、ヴィレムスのパスで抜け出したヨビッチが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはゴール左に外れた。 ▽後半も主導権を握るフランクフルトは62分、右サイドでスローインを受けたガシノビッチが前線のスペースへスルーパスを供給。これで抜け出したダ・コスタがボックス右深くまで侵攻し折り返すと、これがB・サールのオウンゴールを誘発し、ゴールネットを揺らした。 ▽攻撃の手を緩めないフランクフルトは、67分にも中盤で獲得したFKから長谷部がロングボールを供給すると、前線で競り合ったアラーが頭で繋ぐと、これに反応したヨビッチがワンタッチシュートを流し込んだ。 ▽結局、試合は4-0のままフランクフルトが快勝。なお、グループHのもう一試合、アポロン・リマソルvsラツィオは、2-0でアポロン・リマソルが勝利したため、フランクフルトのGS首位通過が決定した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181130_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)Getty Images<hr></div>▽また、日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは、同日に行われたELグループB第5節でライプツィヒと対戦し、1-0で勝利した。 ▽南野がベンチスタートとなった一戦は、ゴールレスで迎えた後半に動く。ザルツブルクは74分、16のパスをボックス左まで駆け上がったウルマーがダイレクトで折り返すと中央のグルブランドセンがゴール右隅に流し込んだ。 ▽待望の先制点を手にしたザルツブルクは、76分にグルブランドセンを下げて南野を投入。すると、81分、中盤からのスルーパスに反応したプレブリャクがボックス中央まで持ち込むも、飛び出した相手GKが先にクリア。このクリアボールを後方から走り込んだ南野が頭で合わせたが、シュートは枠の左に外れた。 ▽結局、グルブランドセンのゴールが決勝点となりザルツブルクが1-0で勝利。この結果、EL5連勝を飾ったザルツブルクが、グループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。 2018.11.30 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アジア最優秀監督に鹿島の大岩監督となでしこの高倉監督が選出! 鹿島の鈴木&三竿は最優秀選手受賞逃す…《AFC年間表彰式》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は28日、オマーン(マスカット)でAFCアニュアルアウォーズ2018を開催した。 ▽日本勢では、鹿島アントラーズをアジアチャンピオンズリーグ(ACL)初制覇に導いた大岩剛監督がアジア年間最優秀監督賞を受賞。昨年受賞した浦和レッズの堀孝史前監督に続き日本人監督が2年連続の受賞となった。さらに、なでしこジャパンをアジアカップ2連覇に導いた高倉麻子監督は、2年連続6度目のアジア女子年間最優秀監督賞を受賞した。 ▽さらにアジア国際最優秀選手賞は、フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が選出された。長谷部は、フランクフルトで30年ぶり5回目のDFBポカール制覇に加え、キャプテンとして臨んだロシア・ワールドカップで日本代表のベスト16進出に貢献していた。 ▽また、今年8月に行われたU-20女子W杯2018でU-20女子日本代表の初優勝に貢献しシルバーボールに選出されたFW宝田沙織が、最終選考に残った同代表MF長野風花やDF南萌華を抑え、アジア女子年間最優秀若手選手賞を初受賞。また、同代表を率いた池田太監督は、AFC会長特別賞に選出された。 ▽なお、アジア年間最優秀選手賞の最終候補者に残っていた鹿島の日本代表FW鈴木優磨とMF三竿健斗、アジア女子年間最優秀監督賞の最終候補者に残っていたリヨンのMF熊谷紗希、アジア年間最優秀若手選手賞の最終候補者に残っていた桐光学園高校MF西川潤は、惜しくも受賞を逃した。 ▽また、施設や資源の多様性など、自国のサッカーの発展への努力や成果を評価する目的で2013年に設立されたAFC会員賞では、「インスピレーション(閃き)」、「ディベロッピング(発展)」、「アスピリング(野心)」の3部門の中で、日本サッカー協会がインスピレーション部門を2年ぶりに受賞した。AFCアニュアルアワード2018の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF三竿健斗(鹿島アントラーズ/日本)</span> <span style="text-decoration: line-through;">FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/日本)</span> <span style="font-weight:700;">DFアブドゥルカリム・ハサン</span>(アル・サッド/カタール) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">FWサマンサ・カー(オーストラリア/シカゴ・レッドスターズ)</span> <span style="font-weight:700;">MFワン・シュア</span>(中国/パリ・サンジェルマン) <span style="text-decoration: line-through;">MF熊谷紗希(日本/オリンピック・リヨン)</span> <span style="font-weight:700;">◆アジア年間国際最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MF長谷部誠</span>(日本/フランクフルト) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀若手選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF西川潤(日本/桐光学園高校)</span> <span style="text-decoration: line-through;">FWチョン・セジン(韓国/水原三星)</span> <span style="font-weight:700;">MFトゥルキ・アル・アマル</span>(サウジアラビア/アル・シャバブ・リヤド) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀若手選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF長野風花(日本/仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)</span> <span style="text-decoration: line-through;">DF南萌華(日本/浦和レッズ・レディース)</span> <span style="font-weight:700;">FW宝田沙織</span>(日本/セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀監督賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">バシム・ハムダン(イラク/エアフォースクラブ)</span> <span style="font-weight:700;">大岩剛</span>(日本/鹿島アントラーズ) <span style="text-decoration: line-through;">ラフシャン・ハイダロフ(ウズベキスタン/U-23ウズベキスタン代表)</span> <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">高倉麻子</span>(日本/女子日本代表) <span style="text-decoration: line-through;">岡本三代(日本/U-20女子日本代表コーチ)</span> <span style="text-decoration: line-through;">ヌエングルタイ・スラトンビアン(タイ/女子タイ代表)</span> <span style="font-weight:700;">◆年間最優秀フットサル選手</span> <span style="text-decoration: line-through;">逸見勝利ラファエル(日本)</span> <span style="font-weight:700;">アリ・アスガル・ハサンダデフ</span>(イラン) <span style="text-decoration: line-through;">マフディ・ハビド(イラン)</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC会長特別賞</span> <span style="font-weight:700;">池田太</span>(日本/U-20日本女子代表監督) <span style="font-weight:700;">ワイルド・ボアーズFC</span>(タイの洞窟から救出された少年サッカーチーム) ※少年たちに代わってタイサッカー連盟会長のソムヨット・プーンパンマング氏が受賞 <span style="font-weight:700;">◆AFC Inspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">日本サッカー協会</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Developing MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">北朝鮮サッカー協会</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Aspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">モンゴルサッカー協会</span> 2018.11.29 01:45 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部誠がドイツで成功をつかんだ理由…“鬼軍曹”マガト氏が回想「最も印象的だったのは…」

フェリックス・マガト氏が考える、元日本代表MF長谷部誠がドイツで成功を収めた理由とは? &ldquo;鬼軍曹&rdquo;がドイツ『シュポルト1』のトーク番組で、ヴォルフスブルク時代の同選手について語った。<br><br>25日、マガト氏はフランクフルトの取締役を務めるフレディ・ボビッチ氏らとともにトーク番組に出演。番組内の話題がフランクフルトの快進撃や同チームの主力選手の契約状況に移ると、ボビッチ氏は長谷部との契約延長についても報告した。<br><br>すると長谷部を指導し、ヴォルフスブルクで公式戦81試合で起用した経歴を持つマガト氏は、司会者のトーマス・ヘルマー氏にコメントを求められ、次のように語った。<br><br>「彼を当時(2008年1月)、日本からブンデスリーガに連れてきたが、より前方の位置、右サイドハーフ、または右サイドバックで起用したね。だが、彼に関して最も印象に残っているのは、半年間でドイツ語を学んだことだ。自らチームに輪に入っていき、溶け込もうという努力していた。そういったところが彼の性格を象徴している」<br><br>長谷部はフランクフルトで、ニコ・コバチ前監督に引き続き、アディ・ヒュッター監督の下でもリベロ役としてプレーしているが、マガト氏は「最も適したポジション」と話す。<br><br>「もちろん日本人としての勤勉さもあったし、テクニックは非常に優れたプレーヤーだった。そして今現在、彼にとって最も適したポジションでプレーしている」<br><br>ヴォルフスブルク時代に、その厳しい練習内容から&ldquo;鬼軍曹&rdquo;と呼ばれるようになったマガト氏。来年1月で、ドイツにやってきて12年目となる長谷部を、一人の人間としても選手としても高く評価しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.26 23:24 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース