大迫先発のブレーメン、10人で一時は追いつくも今季初黒星《ブンデスリーガ》2018.09.30 00:48 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは29日、ブンデスリーガ第6節でシュツットガルトとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ブレーメンのFW大迫勇也は80分までプレーしている。

▽前節ヘルタ・ベルリン戦で先発復帰し複数ポジションをこなして勝利に貢献した大迫は、[3-5-2]の2トップの一角で先発となった。

▽2分け3敗と未勝利のシュツットガルトに対し、立ち上がりから攻勢に出たブレーメンは大迫が立て続けにゴールへ迫っていく。まずは開始3分、右サイドからのシャヒンのFKをニアサイドの大迫がヘッド。しかし、シュートは枠の左に外れた。

▽続く5分にはゲブレ・セラシェの右クロスをニアに詰めた大迫がボレーで合わせれば、9分には左クロスを大迫が右足ボレーでうまく合わせるも、枠を捉えていたシュートはGKにセーブされる。

▽その後も18分にクルーゼがミドルシュートを浴びせるなど主導権を握っていたブレーメンだったが、19分に失点する。ロングカウンターからディダヴィのスルーパスに抜け出したドニスに飛び出したGKも交わされて無人のゴールに流し込まれた。

▽失点したブレーメンは23分にボックス右に進入したゲブレ・セラシェがシュートを放つも枠の左に外れる。すると36分、ディダヴィに入れ替わられて後方から倒したヴェリコビッチが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、ブレーメンは数的不利に陥ってしまった。

▽後半開始直後、大迫のヘッドでの落としからクルーゼのミドルシュートでGKを強襲したブレーメンは、58分にも大迫からM・エッゲシュタインが決定的なシュートを浴びせ、同点ゴールに迫る。

▽10人ながら攻勢に出るブレーメンはハルニクとピサーロを投入する2枚代えを敢行すると、68分に相手のミスから同点とした。スローインを受けたGKツィーラーがトラップミスを犯してそのままボールは後方へ流れ、ゴールに吸い込まれた。

▽追いついたブレーメンは72分、ピサーロのシュートが右ポストを直撃するなど押せ押せだったが、75分にシャヒンのボールロストからゴメスのラストパスを受けたカストロにボックス右からシュートを流し込まれて勝ち越されてしまう。

▽80分に大迫を下げたブレーメンは終盤、ニコライ・ゴンサレスに再三ピンチを生まれるも、GKパブレンカが凌いだが、1-2で敗戦。今季初黒星を喫している。
コメント
関連ニュース
thumb

交代選手が躍動のブレーメンが宇佐美先発のデュッセルドルフを撃破!リーグ戦6試合ぶりの白星を飾る《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節のブレーメンvsデュッセルドルフが7日に行われ、3-1でブレーメンが勝利した。ブレーメンのFW大迫はベンチ入りせず、デュッセルドルフの宇佐美は前半のみプレーした。 ▽リーグ戦5試合未勝利中の9位ブレーメンは、前節のバイエルン戦からスタメンを5人変更。体調不良の大迫や出場停止のモイサンデル、シャヒンらに代えてピサーロやラシカ、ラングカンプらがスタメンに並んだ。 ▽一方、前節のマインツ戦でリーグ3試合ぶりの黒星を喫した18位デュッセルドルフは、その試合からスタメンを1人変更。ヘニングスに代わり宇佐美がスタメンに起用された。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の展開となる。すると14分、デュッセルドルフはストガーのパスボックス左手前で受けた宇佐美が素早く右足を振り抜いたが、これは相手DFにあたり枠を外れた。 ▽対するブレーメンは20分、ラシカのスルーパスを左サイド高くで受けたクルーゼがボックス左まで侵攻。切り込みながらマイナス方向にラストパスを供給すると、ボックス手前に走り込んだクルーゼがダイレクトシュートをゴール右に突き刺した。 ▽先制を許したデュッセルドルフだが41分、ストガーの左CKがボックス内でM・エッゲシュタインと競り合ったラングカンプのハンドを誘発。主審は一度ノーハンドの判定でプレーを流すも、VARの末に判定が覆りPKを与えた。このPKをルケバキオがゴール右に確実に決め、デュッセルドルフが試合を振り出しに戻した。 ▽迎えた後半、デュッセルドルフは宇佐美を下げてヘニングスを投入した。すると58分、ストガーのパスを中盤で受けたヘニングスがドリブルで持ち上がりボックス左手前からミドルシュート。しかし、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。 ▽膠着状態が続く中、再びスコアを動かしたのはブレーメン。71分、クルーゼの左クロスのセカンドボールをペナルティアーク内のJ・エッゲシュタインがダイレクトシュート。これはGKに阻まれるも、こぼれ球を途中出場のハルニクが流し込んだ。 ▽勝ち越しに成功したブレーメンは、78分にもクラーセンの左クロスをファーサイドのハルニクが右足で合わせると、飛び出したGKにディフレクトしたボールを直前に投入されたサージェントが頭で押し込み、3点目を奪った。 ▽結局、試合は3-1のまま終了。交代選手が2ゴールを奪うなど交代策が的中したブレーメンは、6試合ぶりのリーグ戦勝利を飾った。 2018.12.08 06:32 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫所属のブレーメン、DF冨安に獲得オファーもクラブが拒否か

▽ブレーメンが、シント=トロイデンの日本代表DF冨安健洋(20)獲得に動いているようだ。ベルギー『HLN』が伝えている。 ▽ブレーメンは今回、冨安獲得に向け600万ユーロ(約7億6000万円)のオファーを提示した模様。しかし、シント=トロイデンはこのオファーを固辞したという。 ▽なお、立石敬之CEO(最高経営責任者)は以前のインタビューで同選手の放出条件を最低1000万ユーロ(約12億8000万円)に設定していると語っていた。また、現時点でブレーメンが移籍金を上乗せして再オファーするかは不明だ。 ▽2018年1月に、アビスパ福岡から80万ユーロ(約1億円)でシント=トロイデンに加入した冨安。途中加入となった昨シーズンは出場時間が僅か1分だったが、今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場し、先月末のアンデルレヒト戦では移籍後初ゴールも記録。さらに、8月に日本代表に初選出されると、10月のパナマ代表戦ではセンターバックとして代表史上初となる10代でのデビューを飾っていた。 ▽シント=トロイデンではベルギー代表GKシモン・ミニョレ(現リバプール)、トーゴ代表DFジェネ・ダコナム(現ヘタフェ)らが移籍金した際に支払われた250万ユーロ(約3億1000万円)がクラブ史上最高の売却額だ。そのため、仮に冨安が移籍する場合にはクラブ記録を更新する可能性があるようだ。 2018.12.06 21:24 Thu
twitterfacebook
thumb

王者バイエルン相手に得点の大迫勇也だが…上気道感染症で次節欠場か「良い状態には見えない」

ブレーメンFW大迫勇也は、7日のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦を欠場する可能性があるようだ。ドイツ『LIGAINSIDER』が伝えている。<br><br>今夏ブレーメンに加入し、定位置を掴む大迫。13節を終えたブンデスリーガで欠場したのは2試合のみで、出場11試合で3ゴールを記録。前節は王者バイエルン相手にも得点を決めるなど好調を維持し、徐々にチームに欠かせない存在となりつつある。<br><br>しかし、次節は欠場する可能性があるようだ。『LIGAINSIDER』によると、大迫は上気道感染症に苦しんでいるという。その他、ルドビク・アウグスティンソンとクラウディオ・ピサーロも同様の症状を起こしているようだ。<br><br>フロリアン・コーフェルト監督は、「アウグスティンソンはそれほど心配していない。楽観的だ。ピサーロは50-50の状況であり、おそらくプレーできる」と欠場した2選手について言及。そして、大迫について「良い状態には見えない。待たなければならない」と、良い状況ではないことを明かしている。<br><br>現在リーグ戦5試合で1分4敗と不調のブレーメン。宇佐美貴史も所属するフォルトゥナ戦で久しぶりの勝利を目指すチームだが、日本代表FWを欠くことになるのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.05 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

2018年新語・流行語トップ10…「(大迫)半端ないって」が入選

▽年末恒例の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップ10が3日に発表され、サッカー界から「(大迫)半端ないって」が入選した。 ▽「(大迫)半端ないって」の言葉が誕生したのは、日本代表FW大迫勇也(現ブレーメン)が鹿児島城西高校に在学時代。全国高校サッカー選手権準々決勝で負けた滝川第二高校の選手がロッカールームで発したフレーズだ。 ▽その大迫は今夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)に出場。グループステージ第1節のコロンビア戦で決勝点を決めたことで、沸騰ワードとしてSNSで再び脚光を浴び、各方面のメディアでも注目を集めた。 ◆2018ユーキャン新語・流行語大賞トップテン 「そだねー」(年間大賞) 「eスポーツ」 「(大迫)半端ないって」 「おっさんずラブ」 「ご飯論法」 「災害級の暑さ」 「スーパーボランティア」 「奈良判定」 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 「#MeToo」 2018.12.03 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫がゴールもバイエルンがニャブリの恩返し弾2発で競り勝ちリーグ戦4試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第13節、ブレーメンvsバイエルンが1日に行われ、1-2でバイエルンが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節フライブルク戦を1-1で引き分けて連敗を3で止めた7位ブレーメン(勝ち点18)は、大迫が3試合ぶりに先発復帰となった。 ▽対する5位バイエルン(勝ち点21)は前節デュッセルドルフ戦ではルケバキオにまさかのハットトリックを許して痛恨の引き分けに持ち込まれてしまった。首位ドルトムントと9ポイント差を付けられ、コバチ監督の手腕に疑問が持たれ続けている状況の中、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦ではロッベンとレヴァンドフスキの2発など計5ゴールで圧勝し、決勝トーナメント進出を決めた。そのベンフィカ戦のスタメンからロッベンに代えてニャブリのみを変更。そして負傷明けのコマンとチアゴがベンチ入りした。 ▽大迫を[4-1-4-1]の左サイドで起用したブレーメンと、3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、リベリと並べ、トップ下にミュラーを据えた[4-2-1-3]で臨んだバイエルンの一戦。 ▽ブレーメンが自陣に守備ブロックを敷く入りを見せた中、バイエルンが立ち上がりから押し込む展開とすると、7分にチャンス。ミュラーのパスを受けたレヴァンドフスキがボックス左から左足でシュート。枠を捉えていたが、GKパブレンカのファインセーブに阻まれた。 ▽続く15分、キミッヒの左足コントロールシュートでゴールに迫ったバイエルンは、20分に先制する。キミッヒの浮き球パスをボックス右で反応したニャブリのボレーシュートはGKパブレンカに止められるも、ルーズボールをニャブリが押し込んだ。 ▽さらに26分、アラバの左クロスにミュラーがヘディングで合わせる決定機を迎えるも、枠を捉えきれず追加点を奪いきれない。 ▽すると29分、ブレーメンはシャヒンの強烈なミドルシュートがGKノイアーを強襲すると、33分に同点とした。左サイドからのクルーゼの右足クロスを大迫がヘディングシュートで流し込んだ。 ▽大迫の今季3点目で試合を振り出しに戻されたバイエルンは38分、リベリの負傷を受けてコマンを投入。1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、ミュラーとジューレが決定的なシュートを浴びせたバイエルンは、50分に勝ち越す。ボックス右で縦に仕掛けたミュラーがクロスを入れると、合わせたニャブリのシュートがネットを揺らした。 ▽ニャブリの古巣に対するドッペルパックで勝ち越したバイエルンは、74分にアラバのボレーシュートで牽制。 ▽一方、シャヒンに代えてピサーロを投入したブレーメンは77分、クルーゼがボックス左から決定的なシュートを浴びせ、ギアを上げていく。 ▽終盤、3点目に迫ることはできなかったバイエルンだったが、追加タイムにモイサンデルに2枚目のイエロカードが提示されて10人となったブレーメンに逃げ切り勝利。リーグ戦4試合ぶりの白星を挙げている。 2018.12.02 01:38 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース