超ワールドサッカー

湘南戦決定機逸の2人が歓喜に導く! 川崎F、長崎撃破でついに首位奪取!《J1》2018.09.29 20:56 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第28節のV・ファーレン長崎vs川崎フロンターレが、29日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。▽ここまで8勝3分け16敗で最下位に沈む長崎(勝ち点27)と、16勝5分け6敗で2位につける川崎F(勝ち点53)が激突した。前節のベガルタ仙台戦を1-0で勝利して連勝を飾った長崎は、その一戦と同様の先発メンバーを送り出した。

▽一方、26日に行われた第18節延期分の湘南ベルマーレ戦をゴールレスドローで終えて3戦無敗中の川崎F。中2日で迎える今節に向けて湘南戦から先発メンバーを2人変更した。下田と阿部に代わり、登里と知念が先発に名を連ねた。

▽残留を目指す長崎と、優勝を目指す川崎F。試合前に行われたガンバ大阪vsサンフレッチェ広島で首位・広島(勝ち点56)が敗れたため、勝利すれば得失点の差で上回り、首位に立てる川崎Fは序盤から攻勢に出る。

▽川崎Fは5分、ボックス手前でFKを獲得。これをキッカーの中村憲剛が右足で直接狙うが、ボールは落ち切らずにゴール右上へと外れた。さらに10分、敵陣中央やや左でセカンドボールを拾った登里がボックス左外に持ち込んでグラウンダーのクロス。中央で知念が飛び込むも、わずかに届かない。ゴールとはならなかったが、川崎Fが序盤から首位浮上への強い気持ちを見せる。

▽しかし、残留に向けて負けられない長崎も鈴木武蔵をターゲットにカウンターから攻撃を仕掛ける。16分、飯尾が右サイド敵陣深い位置からクロスを供給。中央で鈴木武蔵がヘディングで合わせる。さらに19分には鈴木武蔵が右サイドからスピードを生かしたドリブルで中央へと切れ込んで、左足を振り抜いたがどちらもゴール左へと外れた。

▽中2日の疲れからか前線からのプレスに強度を欠く川崎F。それでも26分、右サイドの家長にボールが渡ると、ボックス右手前から左足でクロスを送る。ボックス中央で相手DFの前で競り勝った小林が頭で合わせるも、シュートはわずかにゴール右へと外れた。

▽前半半ばが経過すると、川崎Fが敵陣でボールを操る時間が増加。32分、敵陣中央から中村憲剛が右足を一振りしてボックス右に浮き球のパスを送る。飛び出したエウシーニョが中央へ折り返し、ニアサイドで小林が右足を合わせる。しかし、ここは右ポストに嫌われてしまう。

▽それでも迎えた35分、川崎Fが右CKを獲得する。キッカーを務めた中村憲剛が右足でゴール前に蹴り込み、ニアサイドの小林悠が頭で逸らすと、混戦地帯の中からゴール前に顔を出していた知念が右足で押し込んだ。

▽欲しかった先制点を奪った川崎Fはその後、長崎を押し込み始める。すると41分、中盤での巧みなパスワークから登里が左サイドを抜け出す。登里からの落としを家長がペナルティアーク内からシュート。ここはGK徳重に弾かれたが、こぼれ球を小林がプッシュしてスコアを2-0にした。

▽試合を折り返すと、リードする川崎Fが攻勢を強める。50分、ボックス手前での細かいパスワークから最後は大島がミドルシュートを放つが、ここはGK徳重の正面に飛んでしまう。

▽後半立ち上がりが経過すると、中2日の川崎Fに対して体力的なアドバンテージがある長崎が徐々に相手に陣内に侵攻し始める。69分、右サイドでパスを受けた飯尾が敵陣中央右からクロス。ボックス内でファンマがヘディングシュートを放つも、威力は弱くGKチョン・ソンリョンに処理される。72分には再び飯尾のクロスを今度は鈴木武蔵が合わせる。しかし、これは枠を捉えることができない。

▽反撃を続ける長崎だったが、終盤にアクシデントが起こる。ここまでゴール前に顔を出し続けていた鈴木武蔵が足を負傷。米田との途中交代を余儀なくされる。

▽これで長崎はやや勢いが停滞。それでも試合終了間際、敵陣中央左からのロングボールをファンマがボックス内で収めて左足を振り抜き、1点差に詰め寄った。しかし、反撃はここまで。2-1で勝利した川崎Fは勝ち点で広島に並ぶも、得失点差で上回り第4節以来の首位浮上を果たした。一方の長崎は連勝が「2」でストップ。残留に向けて手痛い敗北となった。

コメント

関連ニュース

thumb

イニエスタが語るJリーグの「良い驚き」と難しさ「一つのリズムでプレーするから…」

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが、スペインのテレビ局『クアトロ』の番組&rdquo;プラネタ・カジェハ&rdquo;でインタビューに応じた。<br><br>現在神戸は、勝ち点41で12位に位置。残り2試合の結果次第では、16位転落の可能性もあるなど、今季は残留争いに巻き込まれている。バルセロナで常にリーガ優勝を争ってきたイニエスタにとっては初の経験だが、慣れない経験に戸惑う部分もあるようだ。<br><br>「これだけ敗戦を重ねるのは、(プロデビュー以降の)15年間で一度も経験したことがない。うん、絶対なかった。悪い時期を過ごしたことはあったけれど&hellip;&hellip;。もちろん、心は痛む。負けることに慣れる? いや、慣れない。慣れないよ(苦笑)」<br><br>そして、Jリーグには「良い意味での驚き」があったとも語っている。<br><br>「良い意味で驚いたのはレベル、各チームのレベルだね。首位から最下位の勝ち点差が20とか、多くても25なんだよ。スペインだったら首位と5位で勝ち点20差だったりするのに。ここは対等なんだよ」<br><br>「(Jリーグと欧州リーグの質は同じ?)ノー、ノーだね。ここのフットボールは止まるといったことがない。勝っていようが負けていようが一つのリズムでプレーする。ポーズを置くチームはわずかだ。ずっと攻撃し続ける? うん、試合をコントロールすることが難しい。ここに来た目的の一つは、フットボールのアイデアを伝えることで、そういったプロジェクトもあるけれど」<br><br>提供:goal.com 2018.11.13 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸指揮官リージョが語るJリーグの問題とは?「ショウガナイ」という表現があるが…

ヴィッセル神戸のフアン・マヌエル・リージョ監督が、スペインのテレビ局『クアトロ』の番組『プラネタ・カジェハ』でインタビューに応じた。<br><br>今年の9月半ばに神戸指揮官に就任したリージョ。ジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)が師と仰ぐ53歳の知将は、日本の地で自身の哲学を浸透させるべく日々仕事を続けている。<br><br>そんなリージョ監督が、『クアトロ』の番組に登場。冒険家であり登山家である同番組の司会者ヘスス・カジェハ氏が神戸を訪れ、同指揮官にインタビューを行った。<br><br>現在指導をするMFアンドレス・イニエスタについて問われると、「アンドレスは私がここに来た大きな理由の一つだ」とし、元スペイン代表を絶賛している。<br><br>「アンドレスはここのプレーを象徴する選手だ。彼のプレーの解釈はすさまじい。さまざまなスペースでプレーできる選手などほかに誰も存在しない。彼はすべてのスペースでプレーできるんだ。彼はすべてを包括するスペシャリストなんだよ」<br><br>また、選手とのコミュニケーションにも言及。「言葉(通訳)には大きな問題がある。一人を介するだけならいいが、例えば、ルーカス(・ポドルスキ)と話すときは、スペイン語から日本語、日本語からドイツ語にしなくてはいけない。タイ人とも韓国人とも同じだ。組織づくりを何周もしないといけない」と明かし、言語の問題に苦労していると語った。<br><br>そして、Jリーグの特徴について以下のように語った。<br><br>「日本のフットボールは、ピッチ前方の半分は欧州レベルにも耐え得るが、後方のもう半分は違う。ペナルティーエリアで点取り屋に耐え切ることができない」<br><br>「エリア内の仕事が足りていないんだ。エリア内では意志の強さが必要だが、ここの選手たちにはそれが不足している。ここには『ショウガナイ』という表現がある。それはよくできた表現だと思うが、まるで『負けても大事ではない』と言っているようだ。しかし敗戦は適切な場所に置かなくてはならない。敗戦は実際的な問題と関連付いているからだ」<br /><br />「フットボールをエンターテインメントに導くのは、それで素晴らしいと思う。しかし私たちは人の命を救うわけでもないし、実際に功績となることを行っているわけではないんだよ」<br><br>提供:goal.com 2018.11.13 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】倉田&パトらが次節欠場…J2ではPO目指す大宮MFマテウスが最終節出場停止

▽Jリーグは12日、明治安田生命J1リーグ第33節、J2リーグ第42節、J3リーグ第32節、第33節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、浦和レッズのMF柏木陽介、ガンバ大阪のMF倉田秋、サンフレッチェ広島のFWパトリック、V・ファーレン長崎のMF中村慶太が次節出場停止に。 ▽J2では、J1参入プレーオフ出場を目指す大宮アルディージャのMFマテウスが最終節のファジアーノ岡山戦に出場することができないなど、5名が出場停止に。 ▽J3では、藤枝MYFCのDF阿渡真也が次節出場停止に。また、セレッソ大阪U-23のDF森下怜哉は、今シーズン2度目の累積警告により2試合出場することができない。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">MF柏木陽介</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ第33節 vs湘南ベルマーレ(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF倉田秋</span>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ第33節 vsベガルタ仙台(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWパトリック</span>(サンフレッチェ広島) 明治安田生命J1リーグ第33節 vs名古屋グランパス(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF中村慶太</span>(V・ファーレン長崎) 明治安田生命J1リーグ第33節 vsガンバ大阪(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF栗山直樹</span>(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ第42節 vs大分トリニータ(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWバティスタ</span>(水戸ホーリーホック) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsツエーゲン金沢(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFマテウス</span>(大宮アルディージャ) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsファジアーノ岡山(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF加藤大</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsレノファ山口FC(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF宮本航汰</span>(FC岐阜) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsアビスパ福岡(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF阿渡真也</span>(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ第32節 vs鹿児島ユナイテッドFC(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF森下怜哉</span>(セレッソ大阪U-23) 明治安田生命J3リーグ第32節 vsグルージャ盛岡(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) 明治安田生命J3リーグ第33節 vsカターレ富山(11/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) 2018.11.12 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

早川史哉、急性白血病から復帰へ! 新潟が契約凍結を解除

▽アルビレックス新潟は12日、DF早川史哉(24)の契約凍結解除を発表した。 ▽早川は2016年4月、急性白血病を患っていることが見つかり、2017年1月に契約を凍結。だが、新潟の発表によれば、今年8月からトップチームの練習に合流、10月に対外チームとの練習試合出場を果たしており、主治医や家族との協議、本人の意思を尊重した結果、凍結解除に至ったという。 ▽復帰に向けて前進した早川は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「いつも温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。このたび契約を再開していただけることになりました。これからも直面するだろう課題に目を背けることなく、強い覚悟を持って臨んでいきたいと思います」 「早いもので造血幹細胞移植から2年という年月が過ぎようとしています。思い返せば本当にいろいろなことがありました。退院後にリハビリをスタートできたこと、ピッチでボールを蹴れるようになったことや、アカデミーの練習に参加できるようになったこと。また、本間勲さんの引退試合では、ビッグスワンのピッチに立てたということだけでなく、勲さんと一緒にプレーできました。そして、トップチームの練習に参加できるようになったことなど、僕にとってかけがえのない時間でした。サッカー面に限らず、小児病棟訪問や学校訪問、病院内ビューイングなどの活動を通じて、多くの経験を積み、たくさんの出会いもありました」 「契約再開までの出来事は、僕一人では決して成し遂げることはできませんでした。全てアルビレックス新潟というクラブの理解やサポートがあってこそ、実現できているということです。改めてクラブに感謝申し上げます」 「そして、常に励まし、支えてくださったアルビレックス新潟サポーターの皆さんをはじめ、ご支援いただきました全ての皆様に、深く御礼申し上げます。これからも自分が大事にしている「誠実」「全力前進」という言葉を胸に、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います」 2018.11.12 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第32節】ヤットが大記録試合でパスマスターとして異彩!

▽明治安田生命J1リーグ第32節の9試合が6〜11日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台/2回目) ▽粘り強く対応する守備陣の中で、最後の防波堤として終盤にファインセーブ。その他の対応も◯。 DF立田悠悟(清水エスパルス/2回目) ▽ジョーを抑え込む守備だけでなく、攻撃面でも活躍。2アシストという結果を残して、U-21日本代表に合流へ。 DFマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪/3回目) ▽エアバトルの主導権争いで強さを発揮するなど気迫溢れる守備。勝てば優勝という川崎Fのムードに水を差した。 DFファン・ソッコ(清水エスパルス/4回目) ▽出足の鋭い前でボールを奪う守備や75分のシュートブロックで完封勝利に貢献。存在感を際立たせた。 DF丸橋祐介(セレッソ大阪/3回目) ▽55分の杉本弾を秀逸な縦パスで演出。この試合も守備だけでなく、売りの攻撃で異彩を放った。 MF小笠原満男(鹿島アントラーズ/2回目) ▽若手主体のメンバーをさすがの統率力でリード。CKから2点目をお膳立てするなどプレーでもチームを盛り上げた。 MF遠藤保仁(ガンバ大阪/初選出) ▽FP史上初となるJ1通算600試合の大記録試合で両軍トップのパス数を記録。相手の勢いを削ぎ、急所を突くパスセンスはさすが。 MFイッペイ・シノヅカ(横浜F・マリノス/初選出) ▽指揮官のジョーカー起用に回答。決勝点の起点になるなど再三チャンスを作り、攻撃陣の起爆剤に。 FW武藤雄樹(浦和レッズ/3回目) ▽チームのAC出場権獲得に望みを繋ぐ2発。ボールに対する反応、ゴールへのイメージ、フィニッシュの精度、文句なし。 FW石原直樹(ベガルタ仙台/初選出) ▽ハモン・ロペスの落としから古巣の逆転優勝を絶つボレー弾。チームトップスコアラーとして役割を完遂した。 FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪/6回目) ▽エムボマやアラウージョ、宇佐美らに並ぶクラブ記録の6戦連発をマーク。チームを残留に導くヒーローに。 2018.11.12 13:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース