甲府、山梨学院FW宮崎純真の来季加入内定を発表「結果を残し、恩返しを」2018.09.27 10:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴァンフォーレ甲府は27日、山梨学院高校に所属するFW宮崎純真(18)の来シーズン加入が内定したことを発表した。▽宮崎は、FC多摩ジュニアユースから山梨学院高校に進学。2016年の全国高校選手権では大会優秀選手、2018年の全国総合体育大会では大会優秀選手に選ばれると共に優勝も成し遂げている。

▽甲府への加入が内定した宮崎は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「高校生活の3年間を山梨で過ごしました。 お世話になった山梨の皆様、そして、これまで僕を支えてくれた全ての皆様に対して感謝し、プロサッカー選手として結果を残し、恩返しをしたいです」

「ヴァンフォーレ甲府から世界へ羽ばたけるように日々努力を怠らず、1日でも早くチームに貢献できるように全力でプレーをしたいです。 皆様、応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋や大分でプレーしたDFダニエルが死去…2016年にがんを患い現役引退

かつて名古屋グランパスや大分トリニータでプレーしたブラジル人DFダニエル・シルバ・ドス・サントス(36)が死去した。ブラジルメディア『Globo Esporte』などが伝えている。 母国ブラジルのカボフリエンセでプロデビューしたダニエルは、2009年にヴァンフォーレ甲府へ加入すると、2011年まで同クラブに在籍。2012年からは、2シーズンにわたって名古屋でプレー。その後、一度は母国に帰国するも2014年9月に大分に加入。 大分ではキャプテンを務めるなど中心選手として活躍したが、2016年にがんを患っていると診断されたため、同シーズン限りで大分を退団し、現役を引退した。 現役引退後は、がんの治療を行いながら、母国ブラジルで指導者として活動していた。 2019.02.10 23:40 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府GK岡西宏祐に第一子が誕生「家族の為に全力でプレーします! 」

ヴァンフォーレ甲府は6日、GK岡西宏祐に第一子(長女)が誕生したことを発表した。 公式サイトによると、長女は昨年12月1日に誕生。岡西は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆GK岡西宏祐 「これからはチームと家族の為に全力でプレーします! 応援よろしくお願いします」 岡西は特別指定選手としてのプレーを経て、2013年に甲府に正式加入。昨シーズンは、ルヴァンカップ4試合でゴールマウスを守った。 2019.02.06 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府退団のMF瀬戸貴幸が再び欧州へ! ラトビアのFK RFSに加入

2018シーズン限りでヴァンフォーレ甲府を退団していたMF瀬戸貴幸(32)が、ラトビアリーグのFK RFSでプレーすることを発表した。自身のツイッター(@takayuki8seto)で明かした。 瀬戸は、愛知県出身で県立熱田高校からJリーグを経由せずに海外に挑戦。2007年7月に当時ルーマニア3部のFCプロイェシュティ(現在のアストラ・ジュルジュ)に入団。チームの中心選手として3部の優勝を果たすと、翌シーズンには2部で2位となり、1部昇格を果たした。 その後もチームの中心選手として活躍すると2013-14シーズンにはヨーロッパリーグにも出場。リーグ優勝なども経験していた。2015年8月に、トルコ・スーパーリーグのオスマンルシュポルへと移籍したものの出場機会はなし。2017年8月にアストラに復帰し、2018年8月に甲府へと入団し、初のJリーグ挑戦となった。 自身初のJリーグ挑戦となったが、甲府では明治安田生命J2リーグで1試合の出場にとどまっていた。そして、今回再びヨーロッパに活躍の舞台を移すこととなった。 瀬戸は自身のツイッターで移籍先決定を報告。リーグチャンピオンを目指すと意気込んだ。 「ラトヴィアリーグのFK RFSでプレーすることになりました!この移籍に関わってくれた全ての方々に感謝しています」 「新しい国、言葉、文化、サッカーは自分が人間としても選手としてもさらに成長できると思います」 「このチームでリーグチャンピオンを目指して頑張ります。応援よろしくお願いします!」 FK RFSはラトビア1部のヴィルスリーガに所属。シーズンは4月から11月にかけて行われ、2018シーズンは3位で終え、2019-20シーズンのヨーロッパリーグ予選1回戦の出場権を獲得している。 2019.01.24 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府が昨季限りで退団の田中佑昌と再契約「気持ちを新たに」

ヴァンフォーレ甲府は12日、2018シーズン限りで契約満了を発表していたMF田中佑昌(32)との再契約を発表した。 田中は、アビスパ福岡、ジェフユナイテッド千葉を経て、2016年から甲府でプレー。3シーズンにわたりレギュラーとして活躍。2018シーズンは明治安田生命J2リーグで21試合に出場していた。J1では2シーズンプレーし、通算66試合に出場し5得点を記録している。田中はクラブを通じてコメントしている。 「もう一度、甲府の選手として戦える事になりました。まず、このオファーをいただき、とても嬉しく思っております。また、色々な方の支えのおかげで再度ヴァンフォーレ甲府でプレーできる事に心から感謝しております」 「気持ちを新たに、チームの仲間、サポーターの方々と一緒にJ1復帰へ向けて頑張っていきたいと思います。たくさんの声援と応援を宜しくお願い致します!」 2019.01.12 17:59 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府、MF小椋祥平の契約更新を発表! 「昨年はJ1昇格という目標を達成できなかった」

ヴァンフォーレ甲府は12日、MF小椋祥平(33)が2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 小椋は、2017年にガンバ大阪から甲府に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグ23試合2ゴール、天皇杯2試合の出場を記録した。 小椋は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF小椋祥平 「ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターの皆様、発表が遅くなりすみません。 2019年もよろしくお願いします」 「昨年は、J1昇格という目標を達成できなかった事、そして自分自身のケガもあり、納得のいくシーズンには出来なかったです。今年は、なんとしても去年の悔しさをぶつけ、気持ちあるプレーでチームの勝利に貢献したいです」 「また、こうふ開府500年という節目の年に、ヴァンフォーレ甲府でプレー出来る事はとても光栄な事で、僕らもJ1に昇格する年にしたいと思います。選手や、クラブスタッフは当然ですが、クラブを支えていただいてるサポーターの皆様、そして山梨県全体が一体となるようなシーズンにしていきましょう」 2019.01.12 15:10 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース