エバートン、イングランド代表の守護神ピックフォードと長期契約締結!2018.09.27 01:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは26日、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォード(24)と2024年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽エバートン移籍をキッカケにイングランド代表の正守護神にステップアップしたピックフォードは今回の新契約締結に際してクラブへの忠誠を改めて誓った。

「昨夏の移籍時からエバートンが偉大なクラブに成長していくと思っているし、自分にとって正しいステップアップだと感じているんだ」

「イングランドの正GKになれたことは個人的にエバートンのおかげだと思っているんだ。今はここで毎週末ソリッドなパフォーマンスを継続することができている」

「このクラブのためにできるだけ多くの試合に出ることが僕の目標だ。まだ多くのことを学習していく必要があるけど、できるだけ多くのものをチームにもたらしたいんだ」

▽昨夏、サンダーランドから最大3000万ポンド(約44億5000万円)の移籍金で加入したピックフォードは昨季エバートンの守護神として活躍。さらに、ロシア・ワールドカップ(W杯)では決勝トーナメントに入ったコロンビア代表戦、スウェーデン代表戦などで圧巻のゴールキーピングを披露し、同国のベスト4進出の立役者となった。

▽W杯での活躍を受けて、チェルシーなど複数クラブの獲得リストに載ったピックフォードは最終的に今夏残留を決断したものの、クラブは今後の引き抜きの予防策としてサラリー倍増の新契約を掲示し今回の正式契約に至った。
コメント
関連ニュース
thumb

「絶対食べ物に不自由させない!」貧困だった少年時代、ミナの原動力は“母”

▽エバートンに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナが、自身のモチベーションについて明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏ロシア・ワールドカップ(W杯)を経て、バルセロナからエバートンに期限付き移籍で加入したミナ。開幕直後こそケガで出遅れたものの、直近のプレミアリーグ4試合にはフル出場を果たしている。 ▽2018年1月にはバルセロナに加入し、ロシアW杯ではディフェンダーとして3ゴールを記録するなど一時注目を集めたミナだが、少年時代は貧困に耐える生活だったという。伝えられるところによると、当時練習場に行くのもバスの料金を払えず、トラックの荷台に飛び乗って向かっていたとのこと。そんなミナは14歳の頃、母にプロサッカー選手として生計を立て、母を養うことを誓ったようだ。 ▽プロサッカー選手としてなった今もピッチに立つ時に考えることは母のことだという。ミナは自身を駆り立てるものについて明かした。 「世界中のどこでプレーしていようとも、ピッチに入る前には常に母の夕食のことを考える。それが僕のモチベーションだ」 「相手ストライカーの母の夕食か、僕の母の夕食か。ピッチで肉体的にもメンタル的にも強くなるために、試合に出るのは母の夕食のためだと言い聞かせているんだ」 「それは僕のタフだった幼少期からきていることだ。振り返ると簡単に成長できる環境ではなかった。だから同じ境遇の子供たちにも一例として示し、役に立ちたいという気持ちが僕を突き動かしている」 「彼らのためにも僕は戦う。そのような環境で生活している子どもたちのためにも完璧な手本でありたいんだ」 2018.12.10 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

接戦のダービーを制したリバプール、20歳DF「選手たちはこの瞬間を忘れない」

リバプールは2日に行われたプレミアリーグ第14節のエバートン戦に1-0で勝利。イングランド代表DFトレント・アレクサンダー・アーノルドがマージーサイド・ダービーを振り返った。<br><br>本拠地のアンフィールドで行われた一戦は、両チームともに一歩も譲らない白熱の展開となった。試合はスコアレスのままアディショナルタイムに突入。0&minus;0のまま試合終了かと思われた。<br><br>しかし、終了間際にリバプールのFWディヴィク・オリジが値千金の先制点を奪取。エバートンのGKジョーダン・ピックフォードが犯したミスを見逃さず、アンフィールドに歓喜をもたらした。<br><br>結局、先制点がそのまま決勝弾となり、リバプールがライバルを退けて勝ち点3を獲得した。<br><br>アレクサンダー・アーノルドは「試合に集中し続けることが重要」と言及し、「クリーンシートを続けることがすべてを成し遂げる上で土台となる」と、リーグ戦3試合連続の無失点を評価した。<br><br>また試合終了間際に得点した過去の試合を挙げ「ホームでのPSG戦(チャンピオンズリーグ第1節)やアウェイでのチェルシー戦(プレミアリーグ第7節)、エバートン戦の3試合で試合に集中し続けた結果、最後の数分で得点をすることができた」と、90分通して集中することの重要性を語った。<br><br>アレクサンダー・アーノルドは下部組織出身の20歳。ダービーの重要性を人一倍感じ「選手たちはこの瞬間を忘れない。ファンも忘れないことを願うよ」と締めくくった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.05 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ミスで決勝点献上に肩を落とすも…ピックフォード「不慮の事故。前を向きたい」

自らのミスによる失点でダービーに敗れたエバートンのジョーダン・ピックフォードは、サポーターへ謝罪の言葉を口にした。<br><br>2日に行われたプレミアリーグ第14節でエバートンは敵地でリバプールとのマージーサイドダービーを迎えた。ピックフォードとアリソンの両チームの守護神がビッグセーブを見せるなど終盤まで0-0で試合は進んでいったが、後半アディショナルタイムにピックフォードが処理を誤ったボールはクロスバーの上を跳ねて、ピッチ内へ。そして、このボールをディヴォク・オリジが押し込み、エバートンは0-1で敗れた。<br><br>試合後、ピックフォードはミスから失点を招き、敗戦の原因を作ってしまったことについてイギリス『スカイスポーツ』でサポーターに謝罪した。「この敗戦が彼らにとってどれだけの意味を持つか僕は理解しているからもう一度、エバートンのファンに謝りたい」<br><br>「弾き出そうとしたとき、ボールにはスピンが掛かっていて、僕の手はバーに当たってしまった。ただ、これは学んだり、トレーニングによって良くなるようなものではない。ただの不慮の事故だ。だから前を向きたい」<br><br>「ゴールキーパーには常にあり得ることだ。ミスすれば常にゴールに直結する。残念なことに今日は僕の身に起きてしまった。今はどうしようもないけれど、精神的に強くなり、これを乗り越えたいと思う。これが将来的に僕のパフォーマンスに影響するとは思えない。もう起きてしまったことで、前を向かなければならない。水曜日(5日)の試合では僕ができることを証明したい」<br><br>また、マルコ・シウバ監督は、失点場面について「ジョーダンとあの場面を分析することになるし、彼にとっては最悪の瞬間だった。しかし、彼には何度も素晴らしい働きをしてくれたと伝えた。リバプールにとって幸運な日だっただけだ」と守護神を擁護した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.03 14:26 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的展開に我を見失ったクロップ、暴走を謝罪

▽リバプールの指揮を執るユルゲン・クロップ監督が振る舞いを詫びた。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽リバプールは2日に行われたプレミアリーグ第14節でエバートンと対戦。こう着状態で迎えた後半アディショナルタイムにベルギー代表FWディヴォク・オリジのゴールが決まり、リバプールがダービーを劇的勝利で飾った。 ▽クロップ監督はゴールが決まった際、喜びの感情が爆発。まだ試合終了のホイッスルが吹かれていない状況でピッチ内に走り込み、ブラジル代表GKアリソンと抱擁を交わすなど、選手以上に感情を露わにした。 ▽そのクロップ監督は試合後、あの思わずの乱入劇を次のように回想。相手チームを率いるマルコ・シウバ監督にも謝罪に出向いたことを明かした。 「まず初めに、走り回ってしまったことを謝罪しなければならない。無礼者になりたくなかったから、すぐにマルコ・シウバのもとに詫びに行った。エバートンに対する敬意は試合後も変わらない。彼らの強さはわかっていたつもりだったが、今日はより強く、難しかった」 「もちろん、あのゴールはラッキーだったが、我々のアイデアも明確だった。最後の1秒まで勝ちたいという思いがあったから、ストライカーを送り出した。我々こそが勝者に相応しかったと思うよ」 2018.12.03 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 1-0 エバートン《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第14節、リバプールvsエバートンのマージ―サイド・ダービーがアンフィールドで行われ、1-0でリバプールが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181203_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 何度か好セーブを披露 DF 66 アーノルド 5.5 相手の右サイドの怖さもあまりなく攻撃に時間を割けた 12 J・ゴメス 6.0 冷静で的確な守備でリシャルリソンを抑えた 4 ファン・ダイク 6.0 ミスながら決勝点に関与。守備は全く問題なく 26 ロバートソン 5.5 攻守両面で貢献 MF 5 ワイナルドゥム 5.5 中盤からの激しいプレッシングで相手の自由を奪った 3 ファビーニョ 5.5 イエローカードを貰うなど、やや雑になる場面もあったが及第点 23 シャキリ 5.0 リーグ戦3試合連続先発も今日は見せ場なく (→N・ケイタ 5.0) システム変更による途中交代もあまり変化を加えられず 9 フィルミノ 5.0 エバートンの素早いチェックに苦しんだ (→オリジ 6.0) 土壇場に決勝ゴール 10 マネ 6.0 停滞する攻撃の中で一人気を吐いた FW 11 サラー 5.0 何度かゴールに迫ったがシュートチャンスはなかった (→スタリッジ 5.0) 途中出場もシュートは1本のみ 監督 クロップ 5.0 最後までエバートンに苦しめられたが、交代選手が応えてくれて何とか勝利を手にした ▽エバートン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181203_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ピックフォード 4.5 堅実なプレーを続けたが最後の最後で判断ミス DF 23 コールマン 5.5 マネと対面したが劣っていなかった 4 M・キーン 5.5 最後まで集中切らさず強力攻撃陣を抑えた 13 ミナ 6.0 機敏なサラーにも上手く対応した 12 ディーニュ 5.5 攻守に貢献。左サイドはディーニュが支配 MF 8 アンドレ・ゴメス 5.5 豊富な運動量でチームを助けた 17 グイエ 5.5 アンドレ・ゴメスとともにボランチを務め相手の2列目を苦しめた 11 ウォルコット 5.0 ボールに絡む回数が少なく右サイドからチャンスになることはあまりなかった (→ルックマン 5.0) 右サイドで積極的にドリブルで仕掛けた 10 シグルドソン 5.5 ポスト激突のシュートを放つなど、攻撃においてキーマンだった (→ズマ -) 20 ベルナール 5.5 攻撃よりも守備が目立った (→キャルバート=ルーウィン -) FW 30 リシャルリソン 5.5 エバートンの攻撃の主役を担っただけでなく、中盤での守備でも貢献 監督 マルコ・シウバ 5.0 最後までリバプールと互角に戦った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! オリジ(リバプール) ▽途中出場の伏兵が土壇場決勝ゴール。出場時間は短かったが、試合内容を考えれば1点の重みはかなり大きい リバプール 1-0 エバートン 【リバプール】 オリジ(後51) 2018.12.03 03:19 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース