Jリーグがクラブ資金の私的流用に関して清水にけん責&制裁金300万円を決定2018.09.25 17:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽Jリーグは25日、村井満チェアマンが清水エスパルスへの制裁を決定したことを発表した。▽清水は2012年から2018年の6年間、元経理担当社員が、現金回収した売掛金等の着服や、会計システム上の帳簿改ざんによる不適切な会計処理を行うことで、クラブの資金約6,700万円を私的に流用していた。

▽この事は既にクラブからも発表されていたが、今回Jリーグからの制裁が決定。けん責と制裁金300万円が科されることとなった。

▽Jリーグは制裁の理由として、以下の5点を挙げ、クラブの対応を加味して制裁を決定したとしている。

(1) 上記違反行為は、「Jリーグ規約」第3条[遵守義務]第2項及び「Jリーグ規約」第23条[健全経営]第3項の違反に該当する
(2) 本件の被害額は約6,700万円であるが、既に5,000万円以上の返済があり、回収の可能性は高い
(3) 犯行の動機は本人の物欲を満たすためであり、組織的関与や共犯関係はない
(4) 一経理担当者が行った事案であるが、プロサッカークラブで発生した事案として、社会的影響度は低くない
(5) 犯行期間は6年間であり、会社として内部統制機能の欠陥を看過してきた責任として『Jリーグ規約』第147条[両罰規定]を適用する
コメント
関連ニュース
thumb

清水、35歳のDF角田誠が契約満了…現役続行の意向

▽清水エスパルスは10日、DF角田誠(35)の契約満了を発表した。 ▽京都府出身の角田は2001年、京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)の下部組織からトップチーム昇格後、名古屋グランパス、ベガルタ仙台、川崎フロンターレでプレー。2015年途中から清水に加わったが、今シーズンは明治安田生命J1リーグ5試合の出場にとどまった。 ▽3年半在籍した清水を去る角田はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「エスパルスでプレーした3年半はとても幸せでした。その中、降格、昇格を味わい、去年も最終戦まで残留争いを経験しました。今年はチームとして飛躍の年になったと思いますが、自分は試合にあまり絡むことができなかったので、ピッチに出ているみんなのプレーを見て誇らしかったし、羨ましかったし、少し悔しかった」 「この気持ちがある限り、もう少し現役でプレーしたいと考えています。日本平でもう一度プレーすることを目標に、残り少ないサッカー人生だと思いますが、頑張っていきたいと思います。これまでサポーター、スタッフ、エスパルスに関わる方々には、いつもサポートしていただき本当に感謝しています。ありがとうございました」 2018.12.10 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

豪州代表FWミッチェル・デューク、清水を退団 「エスパルスの将来の成功を」

▽清水エスパルスは7日、元オーストラリア代表FWミッチェル・デューク(27)の契約満了に伴う退団を発表した。 ▽オーストラリア代表として4試合のキャップ数を誇るミッチェル・デュークは2015年2月、セントラルコースト・マリナーズFCから完全移籍加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグ22試合、Jリーグカップ4試合1得点、天皇杯1試合の成績を収めた。 ▽退団が決定したミッチェル・デュークはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「皆さんのサポートに感謝しています。ありがとうございました。エスパルスで過ごした時間は本当に楽しかったですし、皆さんが良い雰囲気を作ってくれたこと、そしてどんな時も前向きな応援をしてくれたことが嬉しかったです。心の中にはどんな時も、エスパルスへの気持ちがあります。エスパルスに関わる全ての方のご健闘を祈ると同時に、エスパルスの将来の成功を願っています」 2018.12.07 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「来季プレーできないのは悔しい」清水DFフレイレが契約満了…今季J1に29試合出場

▽清水エスパルスは7日、ブラジル人DFフレイレ(29)との契約満了を発表した。 ▽フレイレは2017年にポルトガルのチャベスから加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグに29試合、天皇杯に2試合出場した。 ▽清水退団が決定したフレイレは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この2年間は自分にとって、かけがえのない時間だったと思います。1年目は自分にとって苦しいシーズンでしたが、スタッフ、チームメイトの支えがあって乗り越えることができました。今季に関しては、素晴らしい1年だったと思います」 「ファンの方々、スタッフの方々、クラブの方々、そして チームメイトには感謝の気持ちでいっぱいです。残念ながら来季エスパルスでプレーすることができないことは、悔しいですし、エスパルスに残りたい気持ちは強いですが、これまで自分や自分の家族をサポートしていただき、エスパルスには本当に感謝しています。選手みんなの活躍を祈っていますし、エスパルスにはさらにステップアップしてもらいたいと願っていますので、これからもずっと応援しています」 2018.12.07 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

清水、FW長谷川悠とGK植草裕樹のベテラン2選手が契約満了

▽清水エスパルスは6日、FW長谷川悠(31)、GK植草裕樹(36)の2選手と契約満了に伴い、来シーズンの契約を結ばないことを発表した。 ▽長谷川は2006年に流通経済大学付属柏高校から柏レイソルに加入。その後、FC岐阜、アビスパ福岡、モンテディオ山形、大宮アルディージャ、徳島ヴォルティスを渡り歩き、2016年7月から清水へ加入。今シーズンは公式戦14試合で2ゴールを記録していた。 ▽一方、植草は2005年に早稲田大学から川崎フロンターレに加入。その後、モンテディオ山形、ヴィッセル神戸、V・ファーレン長崎を経て2016年7月に清水へ加入。今シーズンの公式戦出場はなかった。 ▽清水退団が決まった長谷川はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FW長谷川悠 「2年半ありがとうございました。エスパルスに来て、久々にサッカーをやっている感覚、サッカーに対する情熱、サッカーの楽しさを思い出すことができました。支えてくれたチーム関係者、サポーターの皆様に感謝しています。また、これからも自分らしい生き方を探して、楽しんでいきたいと思います。ありがとうございました!」 2018.12.06 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

長崎、鈴木武蔵が2桁到達弾含む2発も壮絶ドロー…清水は4年ぶり1桁順位《J1》

▽明治安田生命J1リーグ34節のV・ファーレン長崎vs清水エスパルスが、12月1日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、4-4の引き分けに終わった。 ▽6試合勝利がない18位・長崎(勝ち点29)は1-2敗れた前節ガンバ大阪戦からスタメンを2名変更。飯尾、島田に代えて大本、中原を起用した。 ▽6試合負けなしの7位・清水(勝ち点48)は3-3で引き分けた前節のヴィッセル神戸戦からスタメンを3名変更。立田、河井、北川に代えてフレイレ、石毛、鄭大世を起用した。 ▽高木琢也監督ラストマッチとなった長崎がいきなりチャンスを作る。5分、清水陣内右サイドの深い位置で大本がドリブルで仕掛けて右CKを獲得。しかし、キッカーの中原がグラウンダーのクロスを入れボックス中央の澤田がシュートを放つと、GK六反がかすかに触る。軌道の逸らされたシュートはクロスバーに嫌われ先制点とはならない。 ▽その後は清水ペースになっていたが、36分に長崎のカウンターが炸裂する。ハーフウェイライン付近から一気に持ち運んだ澤田が、清水陣内中央からボックス中央左手前に走り込んだ鈴木にパスを通す。これを受けた鈴木が清水DFを1人かわしてそのままゴール右に流し込み、先制に成功する。なお、この得点が鈴木にとっての今シーズン10得点目となった。 ▽勢いに乗る長崎は42分、左サイド浅い位置の磯村がボックス中央手前のファンマにパスを送る。すると、ファンマが胸で落としボックス内に走り込んできた澤田がGK六反との一対一のチャンスを迎えたが、好セーブに遭う。 ▽直後の43分、同点に追いつきたい清水は、飯田が敵陣中央右サイドでボールを受けてボックス中央右手前までドリブルで侵攻し、ボックス右に走り込んでいた金子にパス。金子がダイレクトで折り返すと、ゴール前に走り込んできた石毛が詰めて同点に追いつく。 ▽追いつかれた長崎は前半ラストプレーのアディショナルタイムにチャンスを作り出す。清水陣内左サイドの深い位置から翁長がロングスローを入れると、ゴール前に居たファンマがヘディングシュートを放つ。すると、これがゴールに吸い込まれ再びリードに成功し前半を終える。 ▽後半に入りペースを握った清水は、長崎陣内でパスを回しつつ攻撃の糸口を探る。54分、松原のパスを受けたファン・ソッコが長崎陣内中央から強烈なロングシュートを狙うも、GK徳重の好セーブに阻まれ同点には追いつけない。 ▽1点を追いかける清水は58分、ドウグラスが右サイドでボールをキープし、ボックス中央の鄭大世にパス。鄭大世がボックス手前中央にいた石毛に落とすと、石毛がボックス左の走り込んだ白崎にボールを渡す。これを受けた白崎が左足を振り抜き同点に追いつく。 ▽再び同点に追いつかれた長崎は61分、中原の左CKにボックス中央のファンマが打点の高いヘディングシュートで合わせてゴールを襲うが、清水DFがゴールラインギリギリのところでクリア。それでも、こぼれ球に反応したボックス中央の田上がボレーシュートを叩き込み、再びリードを奪う。 ▽またしても1点を追いかける展開になった清水は直後の62分、ドウグラスがスローインから左サイドを駆け上がり、ボックス内にクロスを供給。ゴール前の金子がこれに合わせて三度同点に追いついく。 ▽逆転を目指す清水は72分、ボックス内で鄭大世が長崎DFに倒されPKを獲得。自らキッカーを務める鄭大世がゴール左にシュートを放つと、GK徳重に触られたものの、ボールはゴールに吸い込まれ逆転に成功する。 ▽逆に1点を追いかける展開になった長崎は、センターバックのヨルディ・バイスまでもが攻め上がり猛攻をかける。すると87分、田上がボックス手前左からクロスを供給した場面で、ゴール前にいたヨルディ・バイスが倒されてPKを獲得。これをキッカーの鈴木がしっかりと決めて同点に追いつく。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、試合は4-4のスコアで終了。この結果、長崎は連敗を「3」でストップさせている。一方、清水は7戦負けなしで8位フィニッシュ。4年ぶりにJ1を一桁順位で終えた。 2018.12.01 16:53 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース