湘南DF岡本拓也に第一子となる長女が誕生「自慢できる父親になれるように」2018.09.24 17:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽湘南ベルマーレは24日、DF岡本拓也に第一子となる長女が23日に誕生したことを発表した。▽クラブの発表によると、出生日時は2018年9月23日(日)の6時9分。体重は2814グラムだったようだ。

▽第一子が誕生した岡本は、クラブ公式サイトで以下のように喜びを語った。

「この度、新しい家族が増えました。純粋に嬉しく、元気に産んでくれた妻と共に大きな喜びを感じています。まだまだ小さな女の子ですが、いずれ娘にとって自慢のできる父親となれるよう、公私ともに頑張っていきたいと思います」

▽岡本は2016年に浦和レッズから期限付き移籍で湘南に加入。期限付き移籍3年目を迎えた今シーズンは、ここまで公式戦27試合4ゴール5アシストを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

湘南がMF藤田征也、FW宮市剛の契約満了を発表

▽湘南ベルマーレは6日、MF藤田征也(31)、FW宮市剛(23)の契約満了を発表した。 ▽藤田は、北海道コンサドレー札幌の下部組織出身で、2005年にトップチーム昇格。その後、アルビレックス新潟でプレーし、2014年から湘南でプレーしていた。今シーズンは明治安田生命J1リーグで4試合、天皇杯で3試合の出場にとどまっていた。 ▽宮市は、名古屋グランパスU-15から中京大中京高校を経て2014年に湘南へ入団。1年目こそリーグ戦で4試合に出場していたが、その後は水戸ホーリーホックやガイナーレ鳥取、MIOびわこ滋賀(JFL)、グルージャ盛岡への期限付き移籍を経験していた。今シーズンは盛岡で明治安田生命J3リーグに29試合出場し3得点を記録していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF藤田征也 「5年間という時間の中で、湘南ベルマーレでは様々な経験をさせてもらいました。楽しいことも辛いこともたくさんありましたが、その全てが貴重な時間だったと感じています。湘南という街も、そしてベルマーレというチームも本当に好きなので、これから先サッカーを続けていく中で、また戻ってこられるような選手になりたいです。5年間支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました」 ◆FW宮市剛 「約1年半という短い期間でしたが、僕をプロサッカー選手にしてくれた湘南ベルマーレにはとても感謝しています。湘南では、曺監督をはじめ選手、スタッフのみなさんからたくさんの刺激を受け、取り組む姿勢を学ばせていただきました。湘南で過ごした1年半は僕の財産です。近い将来、湘南ベルマーレがJ1で優勝すると僕は思っています!1年半でしたが本当にありがとうございました」 2018.12.06 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南、曺貴裁監督続投発表! 今季ルヴァン杯初優勝で来季就任8年目へ!

▽湘南ベルマーレは5日、曺貴裁監督(49)の来シーズン続投を発表した。 ▽現役時代に柏レイソル、浦和レッズ、ヴィッセル神戸でプレーした曺貴裁監督は、2012年に湘南の監督に就任。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで優勝し、1年でJ1に復帰すると今シーズンはYBCルヴァンカップで悲願の初優勝を成し遂げた。明治安田生命J1リーグでも13位で残留に成功している。 ▽来シーズンに就任8シーズン目を迎える曺貴裁監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季もベルマーレで指揮を執ることになりました。常に冒険心と挑戦心を持って、そして夢を持って、頂に向け進んでいきたいと思います。サポーターの皆さん、波がないときも荒波のときも、手を取りあい常に一緒に戦っていきましょう!来シーズンもよろしくお願いします!」 2018.12.05 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、MFミキッチの今季契約満了を発表「来年はまた新しいチームでチャレンジ」

▽湘南ベルマーレは4日、MFミキッチ(38)との契約満了に伴い、来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽クロアチアのインケル・ザプレシッチでプロキャリアを歩み始めたミキッチは、各年代別のクロアチア代表としてプレー。2009年に広島に加入すると在籍した9シーズンでJ1リーグ221試合8ゴールを奪い、2012年、2013年のJ1リーグ連覇に貢献していた。今シーズンから湘南に加入したミキッチは、明治安田生命J1リーグ6試合に出場している。 ▽ミキッチは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MFミキッチ 「私にとって湘南で過ごした日々は多くの新しい事を学んだ貴重な経験になりました。プレーをする機会を与えてくれた湘南ベルマーレに感謝しています。そして私も湘南ベルマーレとしての初のタイトル獲得、そしてJ1残留に貢献できたと感じています」 「湘南は日本で1番ハードなトレーニングをするチームであり、そんなチームで過ごしたことで私のコンディションも良く、まだまだプレーできると感じています。来年はまた新しいチームでチャレンジできる事を願っています。今季どんな時も声援を送ってくれたサポーター、スポンサーの方々、そして共に戦ってくれたチームメイトとスタッフに感謝します。1年間ありがとうございました」 2018.12.04 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

落胆からの大歓喜! 名古屋、磐田敗戦で逆転残留! 自力の湘南と共にJ1生き残り《J1》

▽明治安田生命J1リーグ最終節の名古屋グランパスvs湘南ベルマーレが、1日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽ここまで12勝4分け17敗で16位に位置する名古屋(勝ち点40)と、10勝10分け13敗で14位に位置する湘南が激突した。自力残留へ勝利が絶対条件の名古屋は、前節2-1で勝利したサンフレッチェ広島戦と同様の先発メンバーを起用した。 ▽一方、引き分け以上で残留が決定する湘南は、前節2-1で勝利した浦和レッズ戦から先発メンバー2人を変更。齊藤、石原に代えて金子、岡本を起用した。 ▽残留をかけた大一番。立ち上がりから両者ともに積極的な姿勢を見せる中、前半半ばに差し掛かろうとした19分にアウェイの湘南が先制する。梅崎からパスを受けた金子が左サイド敵陣深い位置からマイナスへのクロスを供給。ボックス中央の菊地が下がりながら左足で合わせると、GKランゲラックの右手を弾いて、ボールはゴールに吸い込まれた。 ▽自力残留へ大きな先制点を奪った湘南は、攻勢を強めようとする名古屋の攻撃を跳ね返し続ける。するとカウンターから追加点のチャンス。35分、自陣右サイドでボールを持った岡本の巧みな突破から細かなパスワークでボックス中央手前へ。最後は梅崎のスルーパスに岡本が抜け出し、ボックス右からGKランゲラックをかわそうとしたが、倒されてしまいPKを獲得する。これをキッカーの梅崎が落ち着いてゴール左上に突き刺し、スコアを2-0にした。 ▽後半に入ってもチャンスを作るのは湘南。46分、岡本がドリブルでボックス右外に侵攻し、グラウンダーのクロスを送る。中央の梅崎が下がりながら右足を振り抜く。54分には相手ボックス内で杉岡が和泉からボールを奪い、シュートを放つが、どちらも枠を捉えることができない。 ▽自力残留へ勝利が絶対条件の名古屋は58分、ボックス右外でパスを受けた途中出場の前田が左足クロス。中央のジョーがヘディングシュートを放つが、ゴール右外へと外れる。さらにその1分後には前田とのパス交換でボックス内に侵攻した玉田が左足でシュートを放つも威力は弱くGK秋元の正面に飛んでしまう。 ▽それでも名古屋は66分、左サイドから秋山がクロスを供給すると、中央のジョーが倒されてPKを獲得する。これをキッカーのジョーが左足で振り抜き、GK秋元に触られたが1点を返した。 ▽1点差に詰め寄った名古屋はさらに74分、和泉の浮き球のパスを前田が頭で合わせようとするが上手く当てることはできず。しかし、これが相手DFの手に当たってPKを獲得する。同点のチャンス。1点目同様にジョーがゴール右隅に放ったシュートは、再びGK秋元に反応されるが、ボールはゴールネットを揺らし、名古屋が2-2の同点に追いついた。 ▽ついに同点に追いついた名古屋はその後、逆転勝利を目指して猛攻を仕掛ける。しかし、引き分け以上で自力残留が決まる湘南が最後まで集中を切らさず、そのまま2-2で終了した。 ▽試合終了時点で湘南は自力での残留を確定。一方の名古屋は、試合開始前に勝ち点で並んでいた15位・サガン鳥栖が鹿島アントラーズに引き分けるも、13位・ジュビロ磐田(勝ち点41)が川崎フロンターレに黒星。この結果、磐田に勝ち点で並ぶも、得失点差で上回り、逆転でのJ1残留を決めた。 2018.12.01 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】自力残留掴むのは…引き分けがないパロ瑞穂での最終決戦《名古屋vs湘南》

▽明治安田生命J1リーグもいよいよ最終節。12月1日のパロマ瑞穂スタジアムでは、16位・名古屋グランパス(勝ち点40)と14位・湘南ベルマーレ(勝ち点40)が、残留をかけて火花を散らす。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">名古屋vs湘南をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆自力残留の条件は勝利のみ~名古屋グランパス~ ▽J1参入プレーオフ圏内の16位で最終節を迎えた名古屋は、今節引き分け以下でも他会場の結果次第ではJ1残留の可能性が残されている。しかし、勝ち点で並ぶ湘南との直接対決である以上、自力での残留を勝ち取りたいところだ。 ▽前節のサンフレッチェ広島戦では、ショートパスをつないで攻撃を仕掛けるこれまでの一貫したスタイルから、ロングフィードも織り交ぜて多彩な攻撃を披露。さらに苦しい時間帯にはチーム全体で守備に徹するなど、今まで見られなかった姿でリードを守り抜き、1-0で勝利した。残留争いのライバルたちが揃って勝利したため、残留圏内浮上とはならなかったが、MF相馬勇紀が「耐えるメンタリティーを持っていた」と語るように手応えを掴む一戦となった。 ▽そして今節大一番を迎える。風間八宏監督は「(周りの)結果も関係ない。今日以上に全員が集中力を高く、今日以上に質の高いサッカーを目指す」と自分たちのサッカーにのみ集中する構えだ。前半戦には15戦未勝利、後半戦には7連勝と激動のシーズンを過ごしてきたが、なんとしても最後満員のホームで勝って残留を決めたいところだ。 ◆持ち味発揮で勝利での残留を~湘南ベルマーレ~ ▽名古屋と勝ち点で並ぶも得失点差で14位に位置する湘南は、引き分け以上で残留が決定する相手よりもやや有利な状況だ。しかし、試合開始からそのような駆け引きをする姿勢では、湘南の持ち味は出せない。名古屋同様に勝利を目指すのみだ。 ▽前節の浦和レッズ戦では、押し込まれはしたものの、激しいプレスと素早い攻守の切り替えで少ないチャンスをモノに。らしいサッカーで2-1の勝利を手にすると共に、古巣戦だったMF梅崎司にゴールが生まれるなど、良いムードで最終節を迎えることとなった。 ▽今節名古屋は勝利だけが自力残留への条件。そのため、序盤から積極的に攻撃を仕掛けてくるだろう。それに対して、いかに持ち味であるハードワークで相手を押し込めるか。YBCルヴァンカップを制した年にJ2降格など許されない。ルヴァン杯優勝後、DF杉岡大暉が「残留を決めてから喜びたい」と語っていたように目標を達成し、笑顔でシーズンを終えたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆名古屋グランパス[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181130_35_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:中谷進之介、丸山祐市、和泉竜司 MF:相馬直紀、小林裕紀、エドゥアルド・ネット、秋山陽介 MF:玉田圭司、ガブリエル・シャビエル FW:ジョー 監督:風間八宏<hr>▽前節からのメンバー変更はなしか。DF丸山祐市は古巣相手に完封し、攻撃陣を援護できるか。前節1ゴール1アシストのMF小林裕紀は、MFエドゥアルド・ネットとボランチでコンビを形成。1トップには現在22ゴール中のジョーが務める。 ◆湘南ベルマーレ[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181130_35_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:秋元陽太 DF:山根視来、坂圭祐、大野和成 MF:岡本拓也、金子大毅、石川俊輝、杉岡大暉 MF:菊地俊介、梅崎司 FW:山﨑凌吾 監督:曺貴裁<hr>▽前節からの変更点は2点か。MF岡本拓也とMF金子大毅の2試合ぶり先発を予想。2シャドーの一角には、今シーズンチーム最多の6得点を記録するMF菊地俊介が入る。FW山﨑凌吾がファーストディフェンスとしての役割をしっかりとこなし、いかに前線で時間を作れるかが重要となる。 【注目選手】 ◆FWジョー(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181130_35_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽逆転残留へカギを握るのは今シーズン名古屋に加入したFWジョーだ。前節では1ゴールを記録して残留への望みを繋ぐと共に、自身は22ゴールでJ1得点ランキングトップを維持。シーズン序盤こそフィットに苦しんだ元セレソンFWだが、時間を追うごとに昨シーズンブラジルリーグで得点王を獲得したその実力を証明してきた。2年連続得点王に向けて今節ゴールを決めることは、チームの残留にもつながる。果たしてジョーは名古屋を救えるか。 ◆DF坂圭祐(湘南ベルマーレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181130_35_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽一方、湘南のキープレーヤーはDF坂圭祐だ。今年湘南に入団した大卒ルーキーは、J1初出場となった第8節のサンフレッチェ広島戦をきっかけに主力の座を奪取。幾多の実力者たちと対峙して経験を積むと、YBCルヴァンカップ決勝では、横浜F・マリノスのFWウーゴ・ヴィエイラを封殺するまでに成長した。今節求められることは無論、ジョー封じ。174㎝と小柄な身長ながらいかに元セレソンを抑えるか注目だ。 ◆引き分けがないパロマ瑞穂での残留争い最終決戦 ▽勝ち点40で並ぶ16位・名古屋と14位・湘南の残留争い直接対決。上述通り、名古屋は勝利のみ、湘南は引き分け以上が自力残留への条件となる。仮に自力残留が決められない場合、他会場の試合結果次第で降格を免れることは可能だが、両者共に勝って気持ちよく残留を決めたいところだ。 ▽昨シーズンJ1昇格プレーオフを勝ち抜いた名古屋と、J2リーグ優勝を成し遂げた湘南。共にJ1復帰を果たした両者が、最終節で残留をかけて戦うこととなった。両者生き残りの可能性はあるが、これまでのデータを挙げるならパロマ瑞穂スタジアムで行われた同カードは2勝2敗。引き分けはない。次の一生を手にして、自力残留を掴むのは、名古屋か、湘南か。両者の残留をかけた一戦は、12月1日の14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">自力残留を決めるのは!?<br />名古屋vs湘南をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.11.30 21:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース