低調ローマがピッポ・インザーギ率いるボローニャに今季初得点&初勝利献上…泥沼の公式戦5戦勝利なし…《セリエA》2018.09.24 00:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第5節、ボローニャvsローマが23日にスタディオ・レナト・ダッラーラで行われ、ホームのボローニャが2-0で勝利した。

▽開幕戦のトリノ戦での勝利以降、取りこぼしが目立つローマは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦も敵地で0-3の完敗。公式戦4試合未勝利と厳しい状況の中でボローニャとのアウェイゲームに臨んだ。ディ・フランチェスコ監督は必勝が求められるこの一戦に向けて先発5人を変更。コラロフ、ザニオーロ、エンゾンジ、エル・シャーラウィ、ジェンギズ・ユンデルに代わってマルカノ、クリスタンテ、ペッレグリーニ、ペロッティ、移籍後初先発のクライファートが起用された。

▽互いに様子見の入りとなった中、ローマは開始9分に最初の決定機を創出。左CKの場面でペッレグリーニのクロスをファーで競り勝ったファシオが頭で合わすが、これは古巣対戦のGKスコルプスキの好守に遭う。直後の10分にはデ・ロッシのスルーパスに抜け出したクライファートがボックス右から右足を振り抜くが、これも好守に遭う。

▽立ち上がりの決定機を逸したローマはその後、サンタンデールを起点にカウンターを狙うボローニャの反撃に遭い、ゴール前であわや先制点献上というピンチも招く。19分にはペロッティが得意のカットインからの右足シュートで再びゴールに迫るが、元同僚が守るゴールをこじ開けられない。

▽前半半ばから終盤にかけてはボローニャが盛り返したことで拮抗した展開が続く。だが、36分にはセットプレーの流れから左サイドのデ・マイオが入れたクロスをボックス右で回収したマッティエッロが鋭いカットインから左足の見事なシュートをゴール左隅に突き刺し、ホームチームが待望の今季リーグ戦初ゴールを奪った。

▽一方、相手のファインゴールで先手を許したローマはすぐさま反撃。42分には右CKからファシオが続けてヘディングシュート、前半アディショナルタイムには相手DFとGKの連係ミスを突いたゴール前のペッレグリーニに絶好の同点機が訪れるも、いずれも決め切れず前半を1点ビハインドで終えた。

▽迎えた後半も引いた相手に苦戦するローマは54分にクリスタンテを下げてパストーレを投入する。だが、59分には波状攻撃で攻め切れず相手にロングカウンターを許すと、ファルチネッリのスルーパスに抜け出したサンタンデールにボックス内での一対一を許し、痛恨の2失点目を喫した。

▽勝ち点3奪取に向けて暗雲立ち込めるローマは失点直後にクライファートを下げてジェンギズ、65分にはファシオを下げてコラロフを投入し、早々に交代カードを使い切る。ここからフロレンツィの右サイドを起点に猛攻を仕掛けていくが、フロレンツィやゼコの決定的なシュートはことごとく古巣対戦のスコルプスキに阻まれる。逆に、不用意なボールロストから前がかりな最終ラインの背後を突かれてあわや3失点目というピンチを幾度となく招く。

▽その後もリスクを冒して前に出るものの、5バックとハードワークする中盤に中央を固められて崩しの形を見いだせないローマは一矢報いることも叶わず、0-2で完敗。フィリッポ・インザーギ率いるボローニャに今季初ゴールと初勝利を献上したローマは今季2敗目で泥沼の公式戦5試合未勝利となった。

コメント

関連ニュース

thumb

移籍か延長か…プレミア行き示唆するゼコにウェストハムが興味

▽ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(32)に、ウェストハムが興味を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽ゼコが移籍と契約延長の間で揺れている。『カルチョメルカート』が伝えるところでは、今冬の補強を図るウェストハムがゼコに興味を示し、移籍金2500万ユーロ(約32億円)を用意しているという。ゼコにはチーム最高額の年俸と、32歳という年齢を加味して引退後にクラブの官僚の座を与えることも考慮しているようだ。 ▽一方で、ローマも1年間の契約延長に動いてる模様。減俸する代わりにこちらもクラブのマネジメント職を任せることを検討しているという。事実ゼコは最近、サラエボ大学のスポーツマネジメントコースを卒業しており、ゆくゆくはクラブの経営に携わることを目標としているようだ。 ▽イタリア方面からは、ゼコとローマが契約延長に合意目前に迫っているとの報道もあるが、以前同選手がプレミアリーグ復帰の可能性を示唆したことから、状況は不透明なままである。 2018.10.18 14:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、ペロッティとカルスドルプが負傷でCSKA戦とナポリ戦欠場へ

▽ローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティと、オランダ代表DFリック・カルスドルプが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ▽ふくらはぎを痛めているペロッティは3週間の離脱、太ももを痛めているカルスドルプは10日ほどの離脱とのことだ。 ▽公式戦4連勝中のローマは代表ウィーク明け後、20日にセリエA第9節SPAL戦を、23日にチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦を、28日にセリエA第10節ナポリ戦を戦う。 2018.10.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェコがキャリア通算300ゴール達成! 北アイルランド戦で2発

▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(32)が15日に行われた北アイルランド代表戦でキャリア通算300ゴールを達成した。所属するローマの公式ツイッターが伝えた。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナは15日にUEFAネーションズリーグ・リーグBグループ3の北アイルランド戦に臨み、2-0で快勝した。また、この試合で先発フル出場したジェコはチームを勝利に導く2ゴールを記録した。そして、先制点となった27分のゴールは同選手にとってプロキャリア通算300点目のゴールになった。 ▽母国のジェリェズニチャルでプロキャリアをスタートしたジェコは、チェコのテプリツェ、ウースティー・ナド・ラベム(レンタル)、ヴォルフスブルク、マンチェスター・シティを渡り歩き、2015年からローマでプレー。 ▽190cmを超える長身を生かした空中戦の強さに加え、抜群のコーディネーションから両足で繰り出す精確なシュートを武器に各国リーグでゴールを量産する世界屈指のストライカーだ。これまでブンデスリーガ、セリエA、ヨーロッパリーグ(EL)で得点王にも輝いている。 ▽また、2007年にデビューを飾ったボスニア・ヘルツェゴビナ代表では、ここまで通算96試合に出場し同国歴代最多の55ゴールを記録している。 ◆ジェコキャリア通算ゴール内訳(301ゴール) ▽クラブチーム マンチェスター・シティ 72ゴール ローマ 78ゴール ヴォルフスブルク 85ゴール テプリツェ 11ゴール ▽代表 ボスニア・ヘルツェゴビナ 55ゴール 2018.10.16 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、将来的なイタリア行きに関心?

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が将来的なイタリア行きに関心を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽古巣バルセロナで監督キャリアをスタートして以降、これまでバイエルン、シティと国外のビッグクラブを率いてきたグアルディオラ監督。シティとの現行契約は2021年までとなっているが、新天地は現役時代にプレーした経験を持つイタリアなのかもしれない。 ▽先週末にイタリアで行われた『フェスティバル・デッロ・スポルト』というイベントに出席したアルディオラ監督は同会場で行われた囲み取材の中でイタリア行きに含みを見せた。 「私にイタリア行きの可能性はないって? なぜそう思うんだ。私がバルセロナを指揮した後、誰がドイツのミュンヘンに行くと想像できただろう」 「ドイツ語の取得という難しい挑戦を経て、今ではすべてが可能だ。これまでスペイン、ドイツ、イングランドで指揮を執ってきた。その中でなぜイタリアでは監督することができないんだ? 自分の将来に関してはまだわからないが、少なくともここの食べ物をすごく気に入っている」 ▽また、グアルディオラ監督は現役時代にプレーしたブレシアとローマでの充実した日々が今でもイタリアをホームのように感じさせていると語っている。 「私はイタリアを心から愛しているし、チャンスがあれば頻繁にこの国を訪れている。ここにはたくさんの友人がいるし、カタルーニャ人やスペイン人はここの人々とすごく似ているんだ。そこには素晴らしい生活、太陽の光があり、私たちはそういったものを愛しているんだ」 ▽街の雰囲気やチームの志向するプレースタイルを考えれば、古巣ローマあたりが最適な新天地と思われるが、グアルディオラ監督がセリエAを舞台に指揮を執る姿は将来見られるのか。 2018.10.15 21:57 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエA屈指の点取り屋ゼコ「プレミア復帰はたぶん…」

▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(32)がプレミアリーグ復帰の可能性に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ヴォルフスブルク時代にブンデスリーガ得点王に輝いたゼコは、2011年冬からマンチェスター・シティでプレー。通算189試合72得点39アシストの成績を収めると、2015年夏からローマに活躍の場を求め、セリエA得点王を獲得するなど屈指のストライカーに君臨する。 ▽そのゼコを巡っては今年1月、チェルシー行きの憶測が取り沙汰されたが、最終的に実現しなかった。この先のプレミアリーグ復帰の可能性について問われると、次のように返答。プレミアリーグ愛をさらけ出しつつ、ローマへの忠誠心を示した。 「プレミアリーグ復帰は、たぶん遅すぎるね。でも、わからない。あそこで4年半を過ごして、毎試合、数分単位で楽しむことができた。だから、イングランドやプレミアリーグが大好きだよ。様子を見よう。ただ、今の僕はローマでハッピーさ」 2018.10.15 10:30 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース