C大阪、ソウザの劇的ドロー弾で4位浮上! 湘南は守り切れず14位転落2018.09.22 22:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第27節の湘南ベルマーレvsセレッソ大阪が、22日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽13位・湘南(勝ち点30)は前節1-2で敗戦した鹿島アントラーズ戦から先発メンバーを5名変更。石川、石原、金子、松田天馬、鈴木に代えて、齋藤、秋野、杉岡、梅崎、イ・ジョンヒョプを起用した。

▽一方、6位・C大阪は前節1-1で引き分けたジュビロ磐田戦から2名変更。柿谷と高木に代わり、杉本、清武が先発に名を連ねた。

▽試合開始早々、アウェイのC大阪にいきなりアクシデントが襲う。杉本が山根と競り合った際に、肩を負傷。ピッチの外で治療を受けるも、6分に高木との交代を余儀なくされる。

▽アクシデントに見舞われたC大阪だったが13分、右サイド敵陣深い位置で松田陸が山口とのワンツーで抜け出し、ボックス内にクロスを供給。ニアサイドで山村が右足で合わせるも、クロスバーの上に外れてしまう。

▽難を逃れた湘南は20分、齋藤のパスを梅崎がワンタッチで秋野にボールを落とす。秋野がドリブルで持ち込むと相手DFに当たってしまうも、このこぼれ球に反応した梅崎がボックス中央から右足アウトで狙うもゴール左に外れてしまう。

▽その後、ボールを保持するC大阪23分、ハーフウェイライン付近から清武が右足アウトサイドで、ゴール前に走り込んでいた高木にスルーパス。これを受けた高木がシュートを打つもGK秋元の正面に飛んでしまい、チャンスをものにできない。続く25分には、清武がボックス左から中央にドリブルで侵攻し、シュ―トを放つもGK秋元にセーブされてしまう。

▽その後は、両チームともにゴール前まで迫るものの決定的なチャンスは作れず、ゴールレスで前半を折り返す。

▽後半に入ってもボールを保持するC大阪は53分、ボックス左から山村が山なりのクロスを清武に送る。ファーサイドの清武が左足でボレーシュートを放つが、GK秋元の好守に阻まれてしまう。60分にもソウザの左CKからオスマルがニアサイドでヘディングシュートを狙うも、わずかに枠を外れてしまい、先制点を奪うことはできない。

▽試合を優位に進めるも、先制点を決めきる事が出来ないC大阪。80分、オスマルのパスに丸橋が抜け出し、ボックス左からグラウンダーのクロスを送る。中央の清武が右足で合わせるがクロスバーの上に外れてしまう。

▽しかし、試合終盤ここまでピンチが続いていた湘南が先制点を奪う。87分、FKの流れからボックス左手前の坂がループパスを送る。これを杉岡がヘディングでボックス左にを逸らすと、反応した大野が左足で合わせ、豪快にニアサイドを打ち抜く。ホームの湘南がワンチャンスをモノにして、先制に成功する。

▽ここまで相手を押し込みながら先制点を許したC大阪。それでも後半アディショナルタイム、丸橋の左CKは相手DFに触られるも、ボールは混戦状態に。ゴール前の松田陸のシュートはGK秋元に弾かれてクロスバー直撃。さらにこぼれ球をGKキム・ジンヒョンが詰めるも、相手DFに当たる。それでもボールはソウザの下へ転がり、最後はソウザが左足で押し込んだ。

▽C大阪が土壇場で追いついて試合はそのまま1-1で終了。C大阪は杉本負傷のアクシデントに見舞われながらも土壇場で勝ち点1を獲得。暫定ながら4位に浮上した。一方、追いつかれた湘南は、14位に転落した。

コメント

関連ニュース

thumb

川崎F、MF原田虹輝の加入内定を発表…昌平高校のボランチ

▽川崎フロンターレは16日、昌平高校に在学するMF原田虹輝(18)の加入内定を発表した。 ▽原田は身長169cm、体重60kgのボランチ。今夏に行われた全国高校総体の準々決勝で大津高校を相手に2ゴールを挙げた。 ▽川崎Fの練習参加を経て入団を決意した原田はクラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思っています。今までお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れることなく、高いレベル、環境下で大きく成長ができるように頑張っていきたいと思います。そして、1日でも早く川崎フロンターレの勝利に貢献できるように頑張ります」 「夏の高校総体では第3位という悔しい結果に終わりました。全国高校サッカー選手権大会ではチーム一丸となって日本一を目指します。まずは、厳しい戦いとなる埼玉県予選を勝ち抜くことができるように、持てる力を出し切りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 2018.10.16 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】徳島のチーム得点王バラルや京都の中盤2選手が出場停止

▽Jリーグは15日、明治安田生命J1リーグ第30節、J2リーグ第38節(第35節延期分)、J3リーグ第28節の出場停止選手を発表した。 ▽先週末に行われたJ2では残留を争う19位の京都サンガF.C.のMF仙頭啓矢、MF重廣卓也の中盤の主力2選手が次節のアルビレックス新潟戦を欠場する。また、J1昇格争い踏みとどまりを目指す8位の徳島ヴォルティスではチーム得点王のFWバラルが、台風24号の影響で延期となった第35節延期分のヴァンフォーレ甲府戦を欠場する。 ▽同じく先週末に行われたJ3ではAC長野パルセイロのDF遠藤元一ら4選手が出場停止となる。 ▽なお、先週9日に発表されていたJ1では、鹿島アントラーズのMF三竿健斗、首位・川崎フロンターレのMF阿部浩之とMF守田英正らが出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 MF三竿健斗(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs浦和レッズ(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFチャン・ヒョンス(FC東京) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsセレッソ大阪(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF阿部浩之(川崎フロンターレ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsヴィッセル神戸(10/20) 今回の停止:1試合停止 MF守田英正(川崎フロンターレ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsヴィッセル神戸(10/20) 今回の停止:累積による1試合停止 DFティーラトン(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs川崎フロンターレ(10/20) 今回の停止:1試合停止 MF三原雅俊(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs川崎フロンターレ(10/20) 今回の停止:累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF重廣卓也(京都サンガF.C.) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsアルビレックス新潟(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF仙頭啓矢(京都サンガF.C.) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsアルビレックス新潟(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWバラル(徳島ヴォルティス) 明治安田生命J2リーグ第35節 vsヴァンフォーレ甲府(10/16) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF野澤英之(愛媛FC) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsツエーゲン金沢(10/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 FW樋口寛規(福島ユナイテッドFC) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsザスパクサツ群馬(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF遠藤元一(AC長野パルセイロ) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsカターレ富山(10/21) 今回の停止:1試合停止 DF秋山貴嗣(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsY.S.C.C.横浜(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF魚里直哉(ガイナーレ鳥取) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsFC琉球(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2018.10.15 18:32 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟、38歳GK野澤洋輔の来季復帰を発表…2015年から新潟Sでプレー

▽アルビレックス新潟は15日、アルビレックス新潟シンガポールに所属するGK野澤洋輔(38)の来シーズン完全移籍加入を発表した。野澤は22日に来県。28日まで当クラブのPR活動に参加する。 ▽野澤は、1998年に清水エスパルスでプロデビュー。2000年の新潟入りを経て、湘南ベルマーレ、松本山雅FCを渡り歩き、2015年から新潟シンガポールに活躍の場を移した。 ▽2008年まで在籍した新潟に11年ぶりに復帰する野澤は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「来季より11年ぶりにアルビレックス新潟に復帰することになりました。この話をいただいたときは涙を流して喜びました。またみんなに会えるのが待ち遠しいです。伝えたいことはたくさんありますが、アルビレックス新潟のために、アルビレックスファミリーのために、全力で闘います!」 2018.10.15 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2戦連発のMF伊東純也、カギは「3人目の動き」と明かす《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽9月のコスタリカ戦で代表初ゴールを決め、2戦連発となったMF伊東純也は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。ゴールシーンを振り返った。 ◆MF伊東純也(柏レイソル) 「一緒にやる日数が少なかったので、コンビネーションを作るのは難しかったと思いますが、いい部分もあったかなと思いますし、これからかなという感じですね」 ──良い部分は? 「大迫くんに入った時にみんながサポートしたり、その後の2列目の動きとか。そういった部分はチャンスにはならなかったですが、やろうという部分はできたし、意志もありました」 「後半相手の集中力や運動量が落ちてきた時に、自分たちがそこでパワーを出してやれていたと思います。前半上手く行かなくても、後半しっかり自分たちのサッカーができたかなと思います」 ──メンバーが変わった中での2試合連続ゴールだが 「率直に結果にこだわってやっていたので、嬉しいですし、結果を出せてよかったという部分はあります」 ──原口選手からボールが入った時に3人目の動きとして入ったと思うが 「(原口)元気くんから自分にボールが入った時に、(南野)拓実が動いているのが見えたし、出せば行けるなと思いました。3人目の動きで、上手くコンビネーションで崩せたかなと思います」 ──練習する時間は少なかったが、コンビネーションが上手く行った要因は 「元気くんが中にカットインした時に、良い位置でサポートすることを意識していました。それが上手く繋がったかなと思います」 2018.10.12 23:17 Fri
twitterfacebook
thumb

「緊張しなかった」クリーンシートで勝利に貢献のGK権田修一が意気込む「ずっとここでサッカーがしたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽無失点に抑えたGK権田修一は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。久々の日本代表としての出場については「緊張しなかった」とコメントした。 ◆GK権田修一(サガン鳥栖) 「代表に来たからいきなり上手いことはできないし、サガン鳥栖だからって何かができるわけでは無いです。僕は、緊張もしなかったし、緊張しているように見えていたならアレですが、普通にできました」 「そこを常にやり続けることを求めたいし、これがワールドカップ決勝でも平常心でできることをやりたいし、そうするために常に日々サッカーにどう取り組むかをここ3年ぐらいやっていました。そこはこれからサッカーをやり続ける上では、テーマというか、大事にしたい部分です。緊張してそうだったら、どうしたんですか?って聞いて下さい」」 ──これまでと代表への向き合い方とか、自分の中での変化はあったか 「一番変わったのは、みんなが敬語になったことぐらいですかね。若い選手が増えました。昔は僕が敬語で喋っていましたけど、逆に敬語で話しかけてくる選手が増えたなというぐらいです」 「日本代表の選手はどんな時でも上手いし、昔は昔で上手い選手がいましたし、今は今で若い選手かもしれないですけど、みんな本当に上手いです」 「ずっとここでサッカーでやっていたいなと思えるし、高いレベルでサッカーできるのは今回も23人しか居ないので、ここに呼ばれていることを幸せに思って、次も選ばれるように、明日もアピールしなきゃいけないですし、やり続けないと上手い人とサッカーはできないです」 2018.10.12 23:12 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース