C大阪、ソウザの劇的ドロー弾で4位浮上! 湘南は守り切れず14位転落2018.09.22 22:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第27節の湘南ベルマーレvsセレッソ大阪が、22日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽13位・湘南(勝ち点30)は前節1-2で敗戦した鹿島アントラーズ戦から先発メンバーを5名変更。石川、石原、金子、松田天馬、鈴木に代えて、齋藤、秋野、杉岡、梅崎、イ・ジョンヒョプを起用した。

▽一方、6位・C大阪は前節1-1で引き分けたジュビロ磐田戦から2名変更。柿谷と高木に代わり、杉本、清武が先発に名を連ねた。

▽試合開始早々、アウェイのC大阪にいきなりアクシデントが襲う。杉本が山根と競り合った際に、肩を負傷。ピッチの外で治療を受けるも、6分に高木との交代を余儀なくされる。

▽アクシデントに見舞われたC大阪だったが13分、右サイド敵陣深い位置で松田陸が山口とのワンツーで抜け出し、ボックス内にクロスを供給。ニアサイドで山村が右足で合わせるも、クロスバーの上に外れてしまう。

▽難を逃れた湘南は20分、齋藤のパスを梅崎がワンタッチで秋野にボールを落とす。秋野がドリブルで持ち込むと相手DFに当たってしまうも、このこぼれ球に反応した梅崎がボックス中央から右足アウトで狙うもゴール左に外れてしまう。

▽その後、ボールを保持するC大阪23分、ハーフウェイライン付近から清武が右足アウトサイドで、ゴール前に走り込んでいた高木にスルーパス。これを受けた高木がシュートを打つもGK秋元の正面に飛んでしまい、チャンスをものにできない。続く25分には、清武がボックス左から中央にドリブルで侵攻し、シュ―トを放つもGK秋元にセーブされてしまう。

▽その後は、両チームともにゴール前まで迫るものの決定的なチャンスは作れず、ゴールレスで前半を折り返す。

▽後半に入ってもボールを保持するC大阪は53分、ボックス左から山村が山なりのクロスを清武に送る。ファーサイドの清武が左足でボレーシュートを放つが、GK秋元の好守に阻まれてしまう。60分にもソウザの左CKからオスマルがニアサイドでヘディングシュートを狙うも、わずかに枠を外れてしまい、先制点を奪うことはできない。

▽試合を優位に進めるも、先制点を決めきる事が出来ないC大阪。80分、オスマルのパスに丸橋が抜け出し、ボックス左からグラウンダーのクロスを送る。中央の清武が右足で合わせるがクロスバーの上に外れてしまう。

▽しかし、試合終盤ここまでピンチが続いていた湘南が先制点を奪う。87分、FKの流れからボックス左手前の坂がループパスを送る。これを杉岡がヘディングでボックス左にを逸らすと、反応した大野が左足で合わせ、豪快にニアサイドを打ち抜く。ホームの湘南がワンチャンスをモノにして、先制に成功する。

▽ここまで相手を押し込みながら先制点を許したC大阪。それでも後半アディショナルタイム、丸橋の左CKは相手DFに触られるも、ボールは混戦状態に。ゴール前の松田陸のシュートはGK秋元に弾かれてクロスバー直撃。さらにこぼれ球をGKキム・ジンヒョンが詰めるも、相手DFに当たる。それでもボールはソウザの下へ転がり、最後はソウザが左足で押し込んだ。

▽C大阪が土壇場で追いついて試合はそのまま1-1で終了。C大阪は杉本負傷のアクシデントに見舞われながらも土壇場で勝ち点1を獲得。暫定ながら4位に浮上した。一方、追いつかれた湘南は、14位に転落した。

コメント
関連ニュース
thumb

【J1クラブ通信簿】“湘南スタイル”結実でルヴァンカップ制覇とJ1残留《湘南ベルマーレ》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピック)やチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第6弾は13位の湘南ベルマーレを総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_bellmare_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽就任7年目のチョウ・キジェ監督の下、ルヴァンカップ制覇という大輪の花を咲かせた。そして、目標のJ1残留も果たし、湘南にとっては実りあるシーズンとなった。クラブにとって1995年の天皇杯以来2度目のタイトルとなったルヴァンカップでは、豊富な運動量をベースに縦に早い攻撃を仕掛ける、チョウ監督が植え付けた“湘南スタイル”が見事に結実した。 ▽そして、残留争いではJ史上、最もハイレベルな争いを最終節の名古屋グランパスとの直接対決を引き分けて制し、13位でのフィニッシュとなった。新戦力のFWアレン・ステバノビッチやFWイ・ジョンヒョプ、MFミキッチといった助っ人外国人が思うように活躍できず、チーム内得点王がMF菊地俊介の6ゴールと、シーズンを通じて得点力不足に苦しんだ。 ▽それでも、守護神GK秋元陽太の奮闘を筆頭に、DF杉岡大暉やDF坂圭佑、DF山根視来といった若手の台頭もあって安定した守備が構築され、粘り強い戦いを展開できた。その守備をベースに勝ち点を積み上げたチームは、目標のJ1残留を勝ち取って見せた。 <span style="font-weight:700;">◆MVP</span> GK秋元陽太(31) 明治安田生命J1リーグ34試合出場(先発34試合)/43失点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_bellmare_7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽フルタイム出場を果たした湘南の守護神を選出。ルヴァンカップ決勝でゴールを決めた杉岡や、ルーキーイヤーながらディフェンスリーダーとなった坂、右サイドで躍動したDF岡本拓也らもシーズン・オブ・ザ・イヤーに相応しい活躍を見せたが、多くの試合で抜群のレスポンスを生かしたビッグセーブを見せて勝ち点獲得に貢献した秋元を選んだ。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度《D》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_bellmare_8.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽新戦力が軒並みチームにうまくフィットしなかった中、ベテランMF梅崎司の加入は大きかった。近年悩まされてきた負傷で離脱することなくシーズンを戦い抜き、若い選手が多いチームの精神的支柱として存在感を放った。とはいえ、梅崎を除くとDF大野和成と、途中加入のFW山崎凌吾が及第点の活躍を見せたくらいで補強による戦力の上積みが少なく、苦戦する要因ともなった。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価《A》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_bellmare_9.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽J1残留に加え、ルヴァンカップ優勝という望外の結果を手に入れたことから高い評価とした。例年なら楽々残留の勝ち点41を積み上げて残留を果たした上、23年ぶりのタイトル獲得と、湘南にとっては忘れられないシーズンとなった。とりわけ横浜Fマリノスとのルヴァンカップ決勝では湘南スタイルが遺憾なく発揮され、誰もが納得の戴冠となった。 2018.12.14 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】充実陣容も結果は低迷…守高攻低が顕著に《サガン鳥栖》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第5弾は14位のサガン鳥栖を総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181213_sagantosu_7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽堅守速攻を浸透させたマッシモ・フィッカデンティ体制3シーズン目となった今シーズン。明確なスタイルで昨シーズンを8位で終えていた鳥栖には、一桁順位でのフィニッシュや上位争いに絡んでいくことが期待されていた。しかし、今シーズンを終えてみれば14位。残留争いの暴風域を彷徨い、理想的な1年にはなっていない。 ▽鳥栖は開幕節からヴィッセル神戸に引き分け、続く昇格組のV・ファーレン長崎との試合でもドロー。その後やや持ち直したものの、第6節~第12節まではJ1昇格後クラブワーストの7連敗と最悪の状態に。その後、第13節清水エスパルス戦で久々の白星を奪ったものの、第13節~第19節まででわずか1得点しか奪えず、再び6試合勝利から遠ざかった。 ▽攻撃のテコ入れが必要と判断した上層部は、夏の間にアトレティコ・マドリーを退団していた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの獲得に成功。さらに、鹿島アントラーズ不動のスコアラーだったFW金崎夢生を補強し、短所だったポイントを重点的に強化している。 ▽すると、鳥栖はシーズン後半にやや調子を上げたが、残留を争っていたその他のクラブがそれ以上のペースで勝ち点を奪取。結局、7勝9分け13敗の17位に位置していた第29節終了後にフィッカデンティ監督を解任。U-18指揮官とトップチームコーチを兼任していた金明輝(キム・ミョンヒ)監督を引き上げた。 ▽その後は、残り5試合で3勝2分けの好成績を収めて残留に成功。最低限の結果は出したものの、昨シーズンに得た経験を生かすことはできないままに、1年を終えた。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span> GK権田修一(29) 明治安田生命J1リーグ34試合出場(先発34試合)/34失点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181213_sagantosu_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div> ▽日本代表GK権田修一が文句なしのシーズン・オブ・ザ・イヤーだ。鳥栖の得点数はリーグワーストの29得点。得点数17位のジュビロ磐田が35得点、16位の湘南ベルマーレが38得点であり、他のクラブから大きく離されている。それでも残留を決めることができたのは、間違いなく34失点というリーグ2位タイの堅守に支えられたためだ。 ▽シーズンを通して、鳥栖がゴールレスドローで終えた試合は7試合。また、1-0で勝利した試合は4試合ある。たらればの話ではあるが、もしその7試合で1失点でもしていれば鳥栖の勝ち点は「40~38」。17位柏レイソル(勝ち点39)、16位ジュビロ磐田(勝ち点41)を下回る数字だ。改めて、鳥栖をJ1に繋ぎとめたのはGK権田を中心とした守備陣の奮闘に他ならない。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度《C》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181213_sagantosu_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽鳥栖は、昨シーズン終了後にMF高橋秀人、DF高橋祐治、MF伊藤遼哉、DF安在和樹を獲得し、半数が主力としてプレー。とりわけ高橋秀人と高橋祐治はチームにとって欠かせない存在となっていた。さらに、夏補強も合わせて新加入選手のF・トーレス、金崎、高橋秀人が3ゴールでチーム内2位タイの得点数を記録している。 ▽とはいえ、F・トーレスや金崎にかかっていた期待は遥かに高いものであり、夏に復帰したFW豊田洋平に関しては0得点と、オプションを増やすに留まっている。チーム内の数字で比較すれば、確かに新加入選手の活躍は大きいが、期待に応えることができたという評価を下すことはできない。 ▽総括すれば、チームの成績通り3列目以下の補強に関しては成功したと言えるが、攻撃陣に関しては物足りない。さらに、新加入の豊田は33歳、金崎は29歳、F・トーレスは34歳といずれもベテラン。長い目で見ていくにも限りがあり、近いうちに新たな補強が必要となることは目に見えている。組織的な守備に長のあるJ1では、“堅守速攻”というスタイルを継続して志す上で個ばかりが重要ではないということがはっきりとしたシーズンになったのではないだろうか。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 《D》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181213_sagantosu_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽結果的に言えば、残留という最低限の結果は残した。しかし、新体制発表会時に鳥栖が掲げていたスローガンが『ITADAKI(頂)』であることを考えれば、理想との乖離は深刻だ。フィッカデンティ監督も「主力が揃い、良い状態でスタートできる」と語っていただけに、序盤からチームの敗北を繰り返し目の当たりにさせられたファンの失望は大きいだろう。 ▽戦術の浸透に重きを置いていたそのフィッカデンティ監督は鳥栖を去り、一本の軸は失った。堅守は長所のまま残っているが、短所である攻撃力を補うことばかりを意識しすぎてしまえば、その長所すら失いかねない程に現状のバランスは危うい。 ▽充実の戦力で臨んだはずの開幕から大コケし、攻撃の大型補強を行った夏以降も爆発力を示せず。昨シーズンに得ていたはずの手応えもプレーに還元できないまま、「上を目指すことの壁」を感じたシーズンと言えるかもしれない。金明輝監督の続投如何も定まらぬ来シーズン、フィッカデンティ前監督の浸透させたスタイルを大切にしつつ、一足飛びではない着実なリスタートに期待したい。 2018.12.14 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグと明治安田生命がタイトルパートナーを4年間延長! イベントで計測した中村憲剛の血管年齢はまさかの結果に…

▽14日、Jリーグと明治安田生命保険相互会社はJリーグタイトルパートナー契約の更新を発表した。契約期間は2019年1月1日から2022年12月31日までとなる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽同日、明治安田生命Jリーグタイトルパートナー契約調印式が都内で行われ、Jリーグの村井満チェアマンと明治安田生命の根岸秋男社長が登壇。さらには、2018シーズンの各リーグ王者である川崎フロンターレ、松本山雅FC、FC琉球から中村憲剛、橋内優也、富所悠が登壇した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽村井チェアマンは、今回の契約延長に際して「短期に終わらず、長期に進めていきたいという願いに応えて頂いた」とコメント。明治安田生命の協力の下、観客動員数もリーグ全体として成長していることを含め、「運命共同体」として共に進んでいきたいと語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽また、新シーズンから使用するタイトルマークも発表され、村井チェアマンは「明治安田生命様とJリーグを1つのデザインの中に収める、一体感を重視した内容となっております」とデザインのコンセプトを説明した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽今シーズンのJ1王者としてイベントに参加した中村憲剛は「個人的には、このロゴ。去年優勝して、初めて黄金のロゴをつけて今シーズンプレーすることができました。今シーズン優勝したことで、来シーズンもこのロゴをつけてプレーできることを嬉しく思っています。来年また優勝して、再来年このロゴをつけてプレーしたいと思います」とコメントした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw10.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽J2王者の橋内優也は「明治安田生命さまには、Jリーグ全体はもちろん、松本支店の方には店頭でのPR活動やスタジアムに足を運んでいただき、感謝しております。我々松本は、来年J1に再挑戦となります。引き続きよろしくお願いいたします」とコメント。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw11.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽J3王者の富所悠は「FC琉球は来年J2で戦いますが、しっかりリーグを盛り上げていきますのでよろしくお願いします」とコメントした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽調印式の後には、「みんなの健活プロジェクト」キックオフイベントが開催。松岡修造さん、広瀬アリスさんも登場した。松岡さん、広瀬さん、村井チェアマンには、根岸社長からアンバサダーとしての名刺が贈呈された。 ▽「みんなの健活プロジェクト」は2018年3月から指導。「健康増進商品」、「健康増進サービス」、「健康増進アクション」の3つの分野で新たな価値を提供するべく、様々な取り組みを実施していくプロジェクト。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽アンバサダーの松岡さんは「僕は応援するということが生き甲斐なので、人の心だけじゃなく、健康、身体を応援できるなんて素晴らしいことはないです」とコメント。広瀬さんは「10月にウォーキングイベントに参加させていただきましたが、みなさんに喜んで頂いたので、これからはアンバサダーとしてしっかりと盛り上げていきたいと思います」と語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw8.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽キックオフイベントでは、血管年齢測定を実施。松岡さんは、実年齢の51歳より若い49歳と診断。しかし、52点という結果には、「なんで?」と食い下がり、低い評価に納得がいかない様子だった。また、中村憲剛も血管年齢を測定。広瀬さんが測定した結果、実年齢38歳に対して、血管年齢は50歳とまさかの結果に。評価も34点と低く、現役アスリートのまさかの結果に会場もどよめいた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw9.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ◆村井満チェアマン 「明治安田生命様とJリーグの関係は、2014年に私がチェアマンに就任した年からご縁をいただきました。最初はJ1、J2のトップパートナー、J3のタイトルパートナーから始まりましたが、2015年からは、J1、J2、J3とすべてのカテゴリでタイトルパートナーとしてご支援をいただきました」 「この4年間、我々の悲願であった入場者1000万人というのを、毎年更新しております。明治安田生命の関係者の皆様、お客様、地域の皆様が、95万人スタジアムにいらっしゃいました。今年度は33万人にご縁を繋げていただきました」 「契約の更新にあたってのベースの考えとして、Jリーグの理念がございます。サッカーの水準向上、および普及ということを第一に掲げておりますが、先日鹿島アントラーズがアジアでチャンピオンになりましたのも、そして川崎フロンターレが連覇をし、世界も驚くような高い技術レベルのサッカーができるようになったのも。そして、森保ジャパンとしてプレーする堂安律選手、中島翔哉選手は2016年のJ3に参戦が果たしています。堂安選手はプロ初ゴールを盛岡戦で決めるなど、そう行った出場機会が彼らを導いている。明治安田生命様の支えがいかにJリーグのサッカーの水準向上に寄与しているかということ」 「2番目は、豊かなスポーツ文化を振興しよう。国民の心身の健全な発達に寄与しよう。Jリーグが一番大事にしているど真ん中の理念でございますが、全国でのサッカー教室、今回発表される健活プロジェクト、様々な機会を通じて、スポーツが持っている可能性を存分に引き出していただいております」 「また、世界の強豪チームを招いて、ワールドチャレンジを開催しておりますが、理念の3番目の国際交流、国際親善、この辺りにも後援頂いております。Jリーグが大事にしている理念において、明治安田生命様がサポートしてくださっている。こういった関係は、短期に終わらず、長期に進めていきたいという願いに応えて頂いたと理解しております」 「今回のタイトルマークには、明治安田生命様とJリーグを1つのデザインの中に収める、一体感を重視した内容となっております。パートナーとの関係というよりは、あえて私の考えで言えば、運命共同体として一緒になって日本の文化、スポーツ文化、元気になる社会、健康な国づくりに正面から共に手を携えていきたいと思います。2019年シーズンのJリーグは、39の都道府県に八戸を含めて55のクラブが皆様をお迎えいたします。2019シーズンも明治安田生命様共々、よろしくお願いいたします」 2018.12.14 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ終わってるのにどうやってデータ原稿作るの!? の巻/倉井史也のJリーグ

▽えっと、今年のJリーグはもう終わっちゃったわけで、そんな状況でデータ原稿を要求してくる編集部の恐ろしさと言ったら、そりゃもう大変なわけですよ。えっと、もうあと残ってるのは……Jリーグアウォーズ? と、とりあえずはJリーグアウォーズのデータを調べちゃいますか!! ▽で、今回取り上げるのはベスト11に優勝チームから何人入ってきたかという歴史です。 1993年 優勝 V川崎 ベスト11中4人 1994年 優勝 V川崎 ベスト11中7人 1995年 優勝 横浜M ベスト11中2人 1996年 優勝 鹿 島 ベスト11中2人 1997年 優勝 磐 田 ベスト11中4人 1998年 優勝 鹿 島 ベスト11中3人 1999年 優勝 磐 田 ベスト11中1人 2000年 優勝 鹿 島 ベスト11中2人 2001年 優勝 鹿 島 ベスト11中5人 2002年 優勝 磐 田 ベスト11中7人 2003年 優勝 横浜FM ベスト11中4人 2004年 優勝 横浜FM ベスト11中3人 2005年 優勝 G大阪 ベスト11中3人 2006年 優勝 浦 和 ベスト11中3人 2007年 優勝 鹿 島 ベスト11中1人 2008年 優勝 鹿 島 ベスト11中3人 2009年 優勝 鹿 島 ベスト11中3人 2010年 優勝 名古屋 ベスト11中5人 2011年 優勝 柏 ベスト11中4人 2012年 優勝 広 島 ベスト11中5人 2013年 優勝 広 島 ベスト11中2人 2014年 優勝 G大阪 ベスト11中3人 2015年 優勝 広 島 ベスト11中3人 2016年 優勝 鹿 島 ベスト11中1人 2017年 優勝 川 崎 ベスト11中4人 ▽こうやってみると、1994年のV川崎や2002年の磐田って圧倒的だったんだなぁって。ついでに言うと、鹿島って優勝したときに1人しかベスト11に入らないことが2回もあるのに優勝経験が一番多いって、やっぱり勝ち方をみんな知ってるんだなぁ。と、まぁそんなことが見えてくるわけですな。今年の川崎は何人入ってくるんでしょうか。圧倒的な強さだったから、もしかして……。 ▽にしても、いやぁ、今週はヒヤヒヤだったデータ原稿、来週からはどうなるんでしょ? 乞う御期待!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.12.14 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ年間スケジュール決定! J1開幕は2月22日!

▽Jリーグは14日、2019シーズンの各大会スケジュールを発表した。 ▽明治安田生命J1リーグは、2月22日(金)に開幕し、12月7日(土)に終了。明治安田生命J2リーグは、2月24日(日)に開幕し、11月24日(日)に終了する。 ▽また、今シーズンもJ1参入プレーオフが開催。1回戦が12月1日(日)、2回戦が2回戦 12月8日(日)に行われ、勝者が12月14日(土)に行われる決定戦でJ1の16位クラブと対戦し、J1の座を争う。 ◆FUJI XEROX SUPER CUP 2月16日(土) ◆明治安田生命J1リーグ 2月22日(金)~12月7日(土) 計306試合 ◆JリーグYBCルヴァンカップ 【グループステージ】 第1節 3月6日(水) 第2節 3月13日(水) 第3節 4月10日(水) 第4節 4月24日(水) 第5節 5月8日(水) 第6節 5月22日(水) 【プレーオフステージ】 第1戦 6月19日(水) 第2戦 6月26日(水) 【プライムステージ】 準々決勝 第1戦 9月4日(水) 準々決勝 第2戦 9月8日(日) 準決勝 第1戦 10月9日(水) 準決勝 第2戦 10月13日(日) 決勝 未定(調整中) ◆明治安田生命J2リーグ 2月24日(日)~11月24日(日) 計462試合 ◆J1参入プレーオフ 1回戦 12月1日(日) 2回戦 12月8日(日) 決定戦 12月14日(土) ※J1・16位クラブがFIFAワールドカップに出場する場合、12月29日(日)へ変更になる可能性があり ◆明治安田生命J3リーグ 3月9日(土)~12月8日(日) 計306試合 2018.12.14 16:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース