途中出場の藤本2発で大分が逆転勝利! 山口、先制守り抜けず14試合未勝利《J2》2018.09.22 21:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第34節の5試合が、22日に各地で開催された。

▽また、大分トリニータがレノファ山口FCの本拠地に乗り込んだ試合は、3-1で大分が制した。

▽連勝中の3位・大分(勝ち点57)と、リーグ13試合勝ちの無い12位・山口(勝ち点45/1試合未消化)による一戦。

▽試合の序盤は大分が優位に試合を進行。3分に伊佐がボックス左からシュートを放ち右ポストを掠めれば、6分にも宮坂がボックス右からのクロスにダイレクトで合わせる。どちらも得点とはならなかったが、大分の時間が続く。

▽しかし29分、山口の頼れるエースが逆境を跳ね返す。大分が低い位置でポゼッションを試みたところ、ボックス右の三幸が厳しくチェック。大分DFのバックパスが甘くなったところに反応したオナイウが、ネットを揺らしてみせた。

▽勢いを得た山口は35分にも決定機を迎える。左サイドを持ち上がった高井が深い位置からクロスを上げると、大分DFにブロックされたボールがボックス手前にこぼれる。すると、枠を捉えなかったものの前のダイレクトシュートが大分ゴールを襲った。

▽試合は山口の1点リードで折り返すことに。大分はハーフタイム中に宮坂に代えて清本を起用し、巻き返しを画策した。

▽すると59分、ボックス手前で放たれた清本のミドルシュートが山口DFに当たりボックス内右にこぼれると、走り込んでいた星が中央に折り返す。最後は飛び込んだ松本が無人のゴールに蹴り込んだ。

▽さらに、72分にも大分にチャンス。右サイドでボールを持った松本が中央に折り返すと、途中出場の藤本が反応。右足で合わせ、逆転弾とした。

▽後半に山口を圧倒する大分は、勢いそのままに3点目を狙いに行く。75分、ボックス手前でフィードを受けた藤本が巧みなトラップで抜け出し、そのままGK吉満をドリブルで交わす。最後は落ち着いて流し込み、自身の2得点目とした。

▽結局、試合は3-1で大分が逆転して終了。この結果、山口は未勝利試合数を「14」に伸ばすことに。対する大分は、3連勝を飾った。▽また、FC町田ゼルビアが徳島ヴォルティスをホームに迎えた試合は、1-1の引き分けに終わった。

▽2試合勝ちの無い2位・町田(勝ち点60/1試合未消化)と、4連勝中の8位・徳島(勝ち点53)による一戦。

▽序盤から攻勢をかける町田が、10分に最初の決定機を迎える。フィードに反応した右サイドの大谷がヘディングで折り返し、中央の森村がトラップして素早くシュートを放つ。しかし、枠を捉えられずスコアを動かすことはできない。

▽さらに26分、町田のロングボールに対し徳島DFのクリアが中途半端になると、奥山がボックス手前中央でボールを拾い浮き球のラストパスを供給。すると、鈴木がボックス内で完全にフリーの状態で一対一を迎えたが、GK梶川が死守した。

▽このままゴールレスで折り返すかに思われた前半終了間際の46分、町田の攻撃が実を結ぶ。ボックス手前中央でボールを持った中村が思い切って右足を振り抜くと、徳島DFに当たり軌道の変わったシュートがゴール左上を射抜いた。

▽町田が1-0でリードして迎えた後半、徳島はバラルをターゲットにして追い上げを試みる。しかし、55分、57分に左CKの流れから立て続けにバラルが放ったシュートはネットを揺らすことができず。粘り強い町田の守備をなかなか崩し切ることができない。

▽それでも徳島が攻め込むシーンが目立ち始めると、スコアは70分に再び動きをみせる。ディフェンスラインからフィードが上げられると、最前線のバラルが頭で最終ラインの裏に落とす。走り込んだピーター・ウタカがボックス左で一対一を迎え、左足でゴール右に流し込んだ。

▽その後に町田が再びリードを奪うことはできず、1-1のまま試合は終了。この結果、優勝を目指す町田は3試合連続で白星から見放されている。対する徳島は5試合負けなしとなった。

◆明治安田生命J2リーグ第34節
▽9/22(土)
FC町田ゼルビア 1-1 徳島ヴォルティス
京都サンガF.C. 0-2 栃木SC
ヴァンフォーレ甲府 2-0 ファジアーノ岡山
レノファ山口FC 1-3 大分トリニータ
愛媛FC 2-3 アビスパ福岡

▽9/23(日)
《14:00》
FC岐阜 vs 東京ヴェルディ
水戸ホーリーホック vs アルビレックス新潟
カマタマーレ讃岐 vs 大宮アルディージャ
松本山雅FC vs ロアッソ熊本
《15:00》
ジェフユナイテッド千葉 vs 横浜FC

▽9/24(月)
《15:00》
ツエーゲン金沢 vs モンテディオ山形
コメント
関連ニュース
thumb

京都、MF小屋松知哉、MF重廣卓也との契約更新を発表

▽京都サンガF.C.は19日、MF小屋松知哉(23)、MF重廣卓也(23)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽京都府出身の小屋松は、俊足を生かした突破力と得点感覚を併せ持つストライカー。2014年に多くの注目を集めて京都橘高校から名古屋グランパスに加入したものの、故障に悩まされ、多くの出場機会は確保できず。昨年から京都に加入している。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ36試合5ゴールを記録した。 ▽また、今年、阪南大学から京都に加入した広島県出身の重廣は、初年度となった今シーズンからJ2リーグ32試合に出場。3ゴールを記録していた。 2018.12.19 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山、GK一森純、GKイ・キョンテとの契約更新を発表

▽ファジアーノ岡山は19日、GK一森純(27)、韓国人GKイ・キョンテ(23)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽セレッソ大阪ユース出身の一森は、昨シーズンにレノファ山口FCから加入。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ20試合に出場した。 ▽また、190cmの長身を誇るイ・キョンテは2015年に岡山入り。2017シーズンには期限付き移籍でFC琉球に加入したが、今年から復帰。しかし、今シーズンはバックアップを務めるに留まった。 2018.12.19 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢、MF清原翔平、MF杉浦恭平との契約更新を発表

▽ツエーゲン金沢は19日、MF清原翔平(31)、MF杉浦恭平(29)が2019シーズンも同クラブでプレーすることが決定したと発表した。 ▽2013年から2015年にかけて金沢でプレーしていた清原は、2016年にセレッソ大阪に加入。昨シーズン途中から徳島ヴォルティスでプレーした後、今年から金沢に復帰していた。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ41試合5ゴールを記録している。 ▽また、2007年に川崎フロンターレでキャリアをスタートさせた杉浦は、愛媛FCやヴィッセル神戸やベガルタ仙台などを経て、昨シーズンから金沢に加入。今シーズンは、J2リーグ39試合3ゴールを記録した。 ▽両選手は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆MF清原翔平 「来季も金沢でプレーすることになりました。今季足りなかったものをキャンプ、トレーニングで埋めて上位を目指して頑張ります。また、やっぱりホームで1万人集まって欲しいです! そのためにもホームでしっかり勝てるように頑張ります! 」 ◆MF杉浦恭平 「2019シーズンもツエーゲン金沢の一員になることを決めました!!サッカーを楽しみながら、個人としてもチームとしても今年を上回れるように頑張ります!!来シーズンもご声援よろしくお願いします!!」 2018.12.19 14:21 Wed
twitterfacebook
thumb

町田、FW中島裕希が契約更新合意 今季J2で3年連続の二桁得点

▽FC町田ゼルビアは19日、FW中島裕希(34)の契約更新合意を発表した。 ▽中島は2003年、富山第一高校から鹿島アントラーズに入団後、ベガルタ仙台、モンテディオ山形を経て、2016年から町田でプレー。今シーズンは加入初年度以来となる明治安田生命J2リーグ42試合に出場して、3年連続の二桁となる12得点を記録した。 2018.12.19 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟、MF加藤大、DF堀米悠斗との来季契約更新を発表

▽アルビレックス新潟は19日、MF加藤大(27)、DF堀米悠斗(24)と2019シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽福岡県出身の加藤は、2010年に新潟でプロデビューを飾り、2012年からの2年間は愛媛FCでプレーしたものの、2014年には新潟に帰還。計7シーズン目となった今年は10番を背負い、明治安田生命J2リーグ38試合1ゴールを記録した。 ▽北海道出身の堀米は、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)でプロキャリアをスタートさせた後、福島ユナイテッドFCを経て、昨シーズンから新潟に加入。今シーズンは、J2リーグ6試合に出場した。 2018.12.19 12:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース