途中出場の藤本2発で大分が逆転勝利! 山口、先制守り抜けず14試合未勝利《J2》2018.09.22 21:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第34節の5試合が、22日に各地で開催された。

▽また、大分トリニータがレノファ山口FCの本拠地に乗り込んだ試合は、3-1で大分が制した。

▽連勝中の3位・大分(勝ち点57)と、リーグ13試合勝ちの無い12位・山口(勝ち点45/1試合未消化)による一戦。

▽試合の序盤は大分が優位に試合を進行。3分に伊佐がボックス左からシュートを放ち右ポストを掠めれば、6分にも宮坂がボックス右からのクロスにダイレクトで合わせる。どちらも得点とはならなかったが、大分の時間が続く。

▽しかし29分、山口の頼れるエースが逆境を跳ね返す。大分が低い位置でポゼッションを試みたところ、ボックス右の三幸が厳しくチェック。大分DFのバックパスが甘くなったところに反応したオナイウが、ネットを揺らしてみせた。

▽勢いを得た山口は35分にも決定機を迎える。左サイドを持ち上がった高井が深い位置からクロスを上げると、大分DFにブロックされたボールがボックス手前にこぼれる。すると、枠を捉えなかったものの前のダイレクトシュートが大分ゴールを襲った。

▽試合は山口の1点リードで折り返すことに。大分はハーフタイム中に宮坂に代えて清本を起用し、巻き返しを画策した。

▽すると59分、ボックス手前で放たれた清本のミドルシュートが山口DFに当たりボックス内右にこぼれると、走り込んでいた星が中央に折り返す。最後は飛び込んだ松本が無人のゴールに蹴り込んだ。

▽さらに、72分にも大分にチャンス。右サイドでボールを持った松本が中央に折り返すと、途中出場の藤本が反応。右足で合わせ、逆転弾とした。

▽後半に山口を圧倒する大分は、勢いそのままに3点目を狙いに行く。75分、ボックス手前でフィードを受けた藤本が巧みなトラップで抜け出し、そのままGK吉満をドリブルで交わす。最後は落ち着いて流し込み、自身の2得点目とした。

▽結局、試合は3-1で大分が逆転して終了。この結果、山口は未勝利試合数を「14」に伸ばすことに。対する大分は、3連勝を飾った。▽また、FC町田ゼルビアが徳島ヴォルティスをホームに迎えた試合は、1-1の引き分けに終わった。

▽2試合勝ちの無い2位・町田(勝ち点60/1試合未消化)と、4連勝中の8位・徳島(勝ち点53)による一戦。

▽序盤から攻勢をかける町田が、10分に最初の決定機を迎える。フィードに反応した右サイドの大谷がヘディングで折り返し、中央の森村がトラップして素早くシュートを放つ。しかし、枠を捉えられずスコアを動かすことはできない。

▽さらに26分、町田のロングボールに対し徳島DFのクリアが中途半端になると、奥山がボックス手前中央でボールを拾い浮き球のラストパスを供給。すると、鈴木がボックス内で完全にフリーの状態で一対一を迎えたが、GK梶川が死守した。

▽このままゴールレスで折り返すかに思われた前半終了間際の46分、町田の攻撃が実を結ぶ。ボックス手前中央でボールを持った中村が思い切って右足を振り抜くと、徳島DFに当たり軌道の変わったシュートがゴール左上を射抜いた。

▽町田が1-0でリードして迎えた後半、徳島はバラルをターゲットにして追い上げを試みる。しかし、55分、57分に左CKの流れから立て続けにバラルが放ったシュートはネットを揺らすことができず。粘り強い町田の守備をなかなか崩し切ることができない。

▽それでも徳島が攻め込むシーンが目立ち始めると、スコアは70分に再び動きをみせる。ディフェンスラインからフィードが上げられると、最前線のバラルが頭で最終ラインの裏に落とす。走り込んだピーター・ウタカがボックス左で一対一を迎え、左足でゴール右に流し込んだ。

▽その後に町田が再びリードを奪うことはできず、1-1のまま試合は終了。この結果、優勝を目指す町田は3試合連続で白星から見放されている。対する徳島は5試合負けなしとなった。

◆明治安田生命J2リーグ第34節
▽9/22(土)
FC町田ゼルビア 1-1 徳島ヴォルティス
京都サンガF.C. 0-2 栃木SC
ヴァンフォーレ甲府 2-0 ファジアーノ岡山
レノファ山口FC 1-3 大分トリニータ
愛媛FC 2-3 アビスパ福岡

▽9/23(日)
《14:00》
FC岐阜 vs 東京ヴェルディ
水戸ホーリーホック vs アルビレックス新潟
カマタマーレ讃岐 vs 大宮アルディージャ
松本山雅FC vs ロアッソ熊本
《15:00》
ジェフユナイテッド千葉 vs 横浜FC

▽9/24(月)
《15:00》
ツエーゲン金沢 vs モンテディオ山形

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】山口のDF前貴之&FW高木大輔が累積警告により次節讃岐戦出場停止

▽Jリーグは18日、明治安田生命J1リーグ第30節、J2リーグ第38節、J3リーグ第28節の出場停止選手を発表した。 ▽J2では、17日に行われた第26節延期分でFC町田ゼルビア戦でイエローカードを貰ったDF前貴之とFW高木大輔が累積警告により出場停止。21日に行われるJ2第38節のカマタマーレ讃岐戦に出場できない。 【明治安田生命J1リーグ】 MF三竿健斗(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs浦和レッズ(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFチャン・ヒョンス(FC東京) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsセレッソ大阪(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF阿部浩之(川崎フロンターレ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsヴィッセル神戸(10/20) 今回の停止:1試合停止 MF守田英正(川崎フロンターレ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsヴィッセル神戸(10/20) 今回の停止:累積による1試合停止 DFティーラトン(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs川崎フロンターレ(10/20) 今回の停止:1試合停止 MF三原雅俊(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs川崎フロンターレ(10/20) 今回の停止:累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF重廣卓也(京都サンガF.C.) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsアルビレックス新潟(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF仙頭啓矢(京都サンガF.C.) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsアルビレックス新潟(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW高木大輔(レノファ山口FC) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsカマタマーレ讃岐(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF前貴之(レノファ山口FC) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsカマタマーレ讃岐(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF野澤英之(愛媛FC) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsツエーゲン金沢(10/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 FW樋口寛規(福島ユナイテッドFC) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsザスパクサツ群馬(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF遠藤元一(AC長野パルセイロ) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsカターレ富山(10/21) 今回の停止:1試合停止 DF秋山貴嗣(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsY.S.C.C.横浜(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF魚里直哉(ガイナーレ鳥取) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsFC琉球(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2018.10.18 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

大混戦J1昇格サバイバル最終局面へ! 大宮がファンにサポートを要請「熱い声援で選手へ強い後押しを」

▽大宮アルディージャは17日、公式サイト上で『ファン、サポーターの皆さまへ』と題した声明を出し、応援を呼び掛けた。 ▽今シーズンから明治安田生命J2リーグに降格した大宮は、J2第37節終了時点で昇格プレーオフ圏内の暫定5位(勝ち点63)。自動昇格圏に位置する暫定2位の大分トリニータ(勝ち点66)との勝ち点差は「3」、首位の松本山雅FC(勝ち点69)との勝ち点差は「6」だ。 ▽残り5節の時点で、首位の松本から7位の東京ヴェルディ(勝ち点63)まで勝ち点差6内に、昇格を狙うチームがひしめき合っている今シーズンのJ2。1年でのJ1復帰を目指す大宮は、以下のようにサポーターへのメッセージを掲載した。 「いつも大宮アルディージャに熱いご声援を頂戴し、誠にありがとうございます。明治安田生命J2リーグは37節を終え、チームは10月17日時点暫定5位という順位で残り5節の最終局面に入ってまいりました」 「今年4月23日、10節を終えた時点で皆さまにご説明させていただいた通り、監督、スタッフは様々な改善に取り組み、次の対戦相手に対する分析を行い、戦術をたて勝利を目指し、選手もJ2優勝という目標に向け日々厳しいトレーニングに励んで来ました。現時点の順位に決して満足しているわけではありませんが、選手・監督・スタッフの頑張りはもとより、ファン、サポーターの皆さま、大宮アルディージャを支えてくださる多くの皆さまからの熱い声援、サポートがあったからこそ今期の目標であるJ2優勝またJ1昇格を何とか掴み取ることができる位置に踏みとどまれていると考えております。しかし目標を達成するためには、これからの5試合、1試合も落とすことはできず、残り試合の全てに勝ち続けることが求められています」 「選手、監督、コーチ、スタッフは残り5試合に全て勝利して優勝、昇格することを目指し、集中して次の試合に向けて更にハードなトレーニングに取り組みます。ラストスパートの局面ではライバルとなる他チームもこれまで以上に強い気持ちで試合に臨んできますし、これからの試合はこれまで以上に厳しいものになるはずです。このような状況下で勝負を分けるのは、選手は終了の笛が鳴る最後の一秒まで絶対勝利するという強い気持ちで戦い続けること、そしてファン・サポーターの皆さまからの熱い声援、そして皆さまとクラブスタッフも含めて一つになって戦うことだと考えます」 「今シーズン「ONE」のスローガンの下でこれまで皆さまと一つになり戦ってまいりましたが、ここからの残り5試合「ONE」の想いをより強く持ち、ともに戦うことで必ず勝利を掴み取れるものと考えます。これからの1試合1試合をトーナメントのつもりで集中して戦い勝利を積み重ねれば、必ずや最後に皆さまと喜びをわかち合えるものと信じております。どうか皆さま、あらためて大宮アルディージャを応援する皆が一つになり、そして残り5試合ホームはもちろん、可能であればアウェイも含めスタジアムにぜひ足を運んでいただき、熱い声援で選手へ強い後押しをしていただけますよう心からお願い申し上げます」 2018.10.17 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

守備に脚光! G大阪MF今野泰幸、松本DF飯田真輝が月間MVPを初受賞《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは10月17日、9月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J1からはガンバ大阪のMF今野泰幸、J2からは松本山雅FCのDF飯田真輝を選出した。両選手とも初受賞となる。 ▽今野は9月のリーグ戦全4試合に出場し全勝に貢献。その間、チームトップのタックル数、こぼれ球奪取数を記録し、残留に向けてクラブを押し上げた。今野のコメントとJリーグ選考委員会による総評は次のとおり。 ◆MF今野泰幸(ガンバ大阪) 「まさかまさかの受賞で非常に驚いています。こういった賞には縁のない選手だと思っていたので、涙が出そうなくらい本当に嬉しいです。 今回の受賞は、チームメイトやスタッフ、サポーターの皆様のおかげだと思います。まだまだチームは残留争いに巻き込まれているので、これからも一日一日を大切にして、またこういう賞をもらえるように、そしてチームが勝って、少しでも上位に行けるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いいたします」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「9月1日の川崎F戦で戦線復帰して以降、9月度のリーグ戦は4戦全勝。一時は降格圏まで順位を落としながらも、今野の復帰を機にチームは上り調子に。相手の攻撃の芽を摘む素早い寄せと判断力でボールを奪い、味方のチャンスを増やしていくプレーで、攻守に安定感をもたらした。ゴールやアシストといったデータには表れないが、ベテランの確かな存在感とチームへの貢献に票が集まり、自身初のMVP受賞となった」 ▽また、飯田は9月の全5試合にフル出場。最終ラインからチームを支えているだけでなく、9月30日のモンテディオ山形戦ではセットプレーから得点も記録した。飯田のコメントとJリーグ選考委員会による総評は次のとおり。 ◆DF飯田真輝(松本山雅FC) 「受賞を聞いてたぶん誰よりも自分が驚いています。選考理由を見ても1番はチーム状況からだと思います。その中でも自分のことを評価してもらえたのは光栄です。今回の受賞は今年のJ2の多くのチームに昇格のチャンスがある状況と似たものがあると思います。11月のMVPは昇格を決めた松本山雅のFWが受賞することを期待してこれからもチームのために闘っていきたいと思います」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「最終ラインからチームを支え続けるベテランDFが月間MVPに初選出。累積での出場停止を除いて、開幕戦から全試合にフル出場し、そのリーダーシップと経験でチームを鼓舞した。9月はなかなか勝ちきれない試合が続き首位を明け渡しながらも、2勝3分けと負けなしでチームの上位キープに貢献。守備面だけでなく、攻撃においてもセットプレーで強さを発揮し、9月30日の山形戦でコーナーキックから得点を記録。優勝争いを続けているチームになくてはならない活躍に注目が集まり、今回の受賞に至った」 2018.10.17 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

道渕の劇的ゴラッソに5戦連続完封の甲府が劇的勝利! 徳島は今季2度目の3連敗でPO進出絶望的に…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第35節延期分の徳島ヴォルティスvsヴァンフォーレ甲府が16日に鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われ、アウェイの甲府が1-0で勝利した。 ▽後半戦に入って初の連敗を喫し3戦負けなしの8位徳島(勝ち点54)と、前節のアルビレックス新潟戦でのドローによって逆転での昇格プレーオフ進出が風前の灯となった11位甲府(勝ち点49)による一戦。 ▽台風24号の影響で順延となっていた試合は、立ち上がりからオープンな展開に。開始6分には徳島の左CKの流れから小西のミドルシュートのこぼれ球をゴール前のピーター・ウタカが押し込む。ここで一度はゴールが認められるが、オフサイドラインの位置にいた味方がDFをブロックするアシストを行ったとの見解から判定が覆る。 ▽この微妙な判定の影響でやや流れを失った徳島に対して、甲府は移籍後初先発のジエゴを起点にカウンターからチャンスを作る。しかし、ゴール付近にドリブルで持ち込んだ17分の決定機、曽根田の右クロスに頭で合わせた26分の決定機を決め切れず。 ▽その後は互いに相手ゴールに迫る一進一退の攻防を見せた中、徳島の前川や甲府の道渕に決定機が訪れたものの、互いに最後の場面で精確さを欠き前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も中盤で潰し合う厳しい展開が続く。流れを変えたいホームの徳島は62分に小西を下げてブエノを投入。この交代でブエノとウタカと2人のターゲットマンを前線に並べる。一方、甲府は後半半ばに負傷したジエゴに代えて田中をピッチに送り出し、引き続きカウンターを主体に攻める。 ▽その後、互いに交代カードを切って勝ち点3を目指すが、最後の場面でうまくいかない。87分にはシシーニョからの右クロスをゴール前のウタカがドンピシャのヘッドで合わすが、ここはGK岡のビッグセーブに阻まれる。 ▽すると、このまま引き分け濃厚と思われた91分に試合が動く。ペナルティアーク付近で左サイドからのパスを足元で収めた道渕がすかさず右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅の絶妙なコースに突き刺さり甲府が土壇場で先制に成功した。 ▽そして、4試合無失点中の守備陣が道渕のゴラッソをきっちり守り切った甲府が1-0の勝利でリーグ6戦負けなしとした。一方、今季2度目の3連敗となった徳島は逆転での昇格プレーオフ進出が大きく遠のく結果となった。 2018.10.16 21:12 Tue
twitterfacebook
thumb

サイバーエージェントの藤田晋代表が株式会社ゼルビアの取締役に就任

▽FC町田ゼルビアは16日、株式会社サイバーエージェントの藤田晋代表取締役社長、同社の中山豪常務取締役が株式会社ゼルビアの取締役に就任したことを発表した。 ▽町田は、練習場の整備に関しては、株式会社サイバーエージェントからサポートの確約を受けていることを改めて表明。なるべく早期に着工し、J1ライセンスの取得、そして選手のプレー環境の向上に努めるとしている。 ▽また、16日に開かれた臨時株主総会と取締役会では第三者割当増資で株式を発行し、株式会社サイバーエージェントに割り当てることが決定したことも報告。強固な結び付きを築いている。 ▽町田は現在、今シーズンの明治安田生命J2リーグ第37節終了時点で2試合未消化ながら3位。優勝にも手が届く位置に付けているが、Jリーグクラブライセンス判定でJ1ライセンスを取得できず、来シーズンもJ2での戦いが確定している。 2018.10.16 16:40 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース