注目の上位対決は痛み分け!首位広島の2位川崎Fの勝ち点差は「4」に《J1》2018.09.22 20:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第27節、サンフレッチェ広島vsFC東京が22日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽首位を走る広島(勝ち点55)とそれを追う3位のFC東京(勝ち点42)による注目の上位対決。前節、サガン鳥栖相手に6月の名古屋グランパス戦以来の無得点に終わった広島は、その試合からスタメンを渡に代えて工藤を起用。2試合ぶりの勝利を目指す。

▽優勝戦線から離されないためにも、より勝利が重要となるFC東京はリーグ戦ここ6試合で4分け2敗と絶不調。こちらは出場停止の室屋に代えて小川を起用。その他前節からの変更点は、大森と永井を、田邉とリンスに代えて2点となった。ホームでの前回対戦は3-1で勝利。シーズンダブルを目指す。

▽先にチャンスを迎えたのはFC東京。5分、ディエゴ・オリヴェイラが強引に右サイドを突破。クロスに合わせたリンスのシュートは右ポストに当たって枠の外へ外れた。9分には広島。柏がボックス手前左の得意の位置からシュートを放ったが、GK林彰洋が左手一本でかき出した。

▽14分にはFC東京のリンスがボックス手前中央からゴールを狙ったが、今度は広島GK林卓人が横っ飛びでセーブ。互いのGK林が安定したセービングを見せた。

▽試合は18分に動く。広島は敵陣右サイドでFKを獲得。柴崎は近くの青山に渡して青山がクロスを供給する。するとこのボールがゴール前で混戦を引き起こし、東のクリアボールがゴールまで倒れていたパトリックの足に当たりゴールに吸い込まれた。非常にラッキーな形で先制点を奪った広島、パトリックはこれが今季リーグ戦20得点目となった。

▽その後、互いにセットプレーから広島は水本、FC東京は森重がゴールに迫るがネットは揺らせず、広島の1点リードで試合を折り返した。

▽後半を迎え試合は早々に動く。49分、敵陣左でリンスのスルーパスを受けたディエゴ・オリヴェイラがゴール前へマイナスのクロスを送ると、走り込んだリンスがダイレクトシュート。これがブロックに入った稲垣に当たりゴールに吸い込まれた。

▽65分にかけては広島がゴール前に攻め込む展開に。稲垣やパトリックがシュートを放つも、なかなかネットを揺らせない。

▽FC東京は72分、田邉とリンスを下げて大森と永井を同時投入。するとその永井が81分に左サイドを抜け出しドリブル勝負を仕掛けるも、野上のスライディングタックルに止められてしまう。

▽後半アディショナルタイムには、自陣でボールを奪ったFC東京が前線の永井にロングパス。だがこのビッグチャンスはGK林卓人の絶妙な飛び出しにより得点に繋げられなかった。

▽その後まもなく試合終了。注目の上位対決は1-1の痛み分けに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

天皇杯準Vの仙台、渡邉晋監督の続投発表 「ともに熱く戦いましょう」

▽ベガルタ仙台は10日、渡邉晋監督(45)の来シーズン続投を発表した。 ▽渡邉監督は2014年4月から仙台を指揮。今シーズンは明治安田生命J1リーグで5位以上の目標に及ばなかったものの、就任以降最高位の11位でフィニッシュした。そして、天皇杯でもクラブ初の決勝に進出。惜しくもクラブ初タイトルとはならなかったが、1年を通じて一定の成果を残した。 ▽来シーズンが6年目の指揮となる渡邉晋監督は続投決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメント。来年のさらなる飛躍を誓った。 「2018シーズンも多くのご支援、ご声援をいただき、ありがとうございました。そして、来シーズンもチームを指揮するチャンスをいただいたことに心から感謝を申しあげます。今は選手とチームの確かな「成長」、同時に乗り越えなければならない「壁」を感じています。天皇杯準優勝の悔しさを胸に、その大きく分厚い壁に「挑戦」する覚悟です。ともに熱く戦いましょう。2019 Shine Together!」 2018.12.10 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

清水、35歳のDF角田誠が契約満了…現役続行の意向

▽清水エスパルスは10日、DF角田誠(35)の契約満了を発表した。 ▽京都府出身の角田は2001年、京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)の下部組織からトップチーム昇格後、名古屋グランパス、ベガルタ仙台、川崎フロンターレでプレー。2015年途中から清水に加わったが、今シーズンは明治安田生命J1リーグ5試合の出場にとどまった。 ▽3年半在籍した清水を去る角田はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「エスパルスでプレーした3年半はとても幸せでした。その中、降格、昇格を味わい、去年も最終戦まで残留争いを経験しました。今年はチームとして飛躍の年になったと思いますが、自分は試合にあまり絡むことができなかったので、ピッチに出ているみんなのプレーを見て誇らしかったし、羨ましかったし、少し悔しかった」 「この気持ちがある限り、もう少し現役でプレーしたいと考えています。日本平でもう一度プレーすることを目標に、残り少ないサッカー人生だと思いますが、頑張っていきたいと思います。これまでサポーター、スタッフ、エスパルスに関わる方々には、いつもサポートしていただき本当に感謝しています。ありがとうございました」 2018.12.10 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が永井謙佑や橋本拳人、東慶悟ら5選手と契約更新!

▽FC東京は10日、元日本代表FW永井謙佑(29)、MF橋本拳人(25)、MF内田宅哉(20)、MF鈴木喜丈(20)、MF東慶悟(28)の契約更新を発表した。 ▽永井は2017年からFC東京に加わり、今シーズンは明治安田生命J1リーグ32試合に出場して5得点。2012年にFC東京のアカデミーから昇格した橋本は27試合1得点を記録した。 ▽内田と鈴木はそれぞれ2017年にFC東京の下部組織からトップチーム昇格。共にFC東京U-23が主戦場であり、内田はトップチームで1試合、鈴木は出番なしに終わった。 ▽東は2013年に大宮アルディージャから完全移籍加入。今シーズンは全34試合に出場して4得点をマークした。 ▽FC東京は今シーズンから長谷川健太監督が指揮。J1リーグ14勝8分け12敗の6位に終わった。 2018.12.10 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【アンケート】『超WSアウォーズ2018 Jリーグ』開催! 自身の評価でベスト11&最優秀選手を選出しよう!

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグは川崎フロンターレの連覇が決まった一方で、ACL争いや残留争いは史上稀にみる大混戦に。今シーズンも様々なドラマが生まれ、幕を閉じました。 ▽そこで超ワールドサッカーでは18日(火)に横浜アリーナにて行われる2018シーズンの年間表彰式「2018Jリーグアウォーズ」に先立ち、『超WSアウォーズ2018 Jリーグ』を今年も開催いたします。 ▽ユーザーの皆々様にはレギュラーシーズン出場試合数が20試合以上の選手を対象とし、J1全18チーム中総勢212名の中からベストイレブンを選出して頂きたいと思います。 ▽選考方法につきましては、フィールドプレーヤー11名をGK、DF、MF、FWの各ポジションに振り分けていただいた中で、Jリーグ王者である川崎フロンターレの基本布陣[4-2-3-1]をベースにベストイレブンを選定してもらいたいと思います。なお、ベストイレブンの中から、最多得票の1名を最優秀選手として選出させていただきます。(選手のポジションは今シーズンの出場ポジションをベースにしています) ▽アンケートの締め切りは17日(月)の23:59まで。発表は翌日18日(火)の15:00を予定しております。奮ってご参加ください。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSewzB0K53zcTXQTgUqZYeBBU34V0c2dA7ndRyTYTYEoVaW3_Q/viewform?vc=0&c=0&w=1" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/enquate.png" style="width: 40%;"></a> <a href="https://goo.gl/k4XbzY" target="_blank">★投票する★</a></div> 【投票対象選手】 ◆GK ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌) クォン・スンテ(鹿島アントラーズ) 西川周作(浦和レッズ) 林彰洋(FC東京) チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ) 飯倉大樹(横浜F・マリノス) 秋元陽太(湘南ベルマーレ) 六反勇治(清水エスパルス) カミンスキー(ジュビロ磐田) ランゲラック(名古屋グランパス) 東口順昭(ガンバ大阪) キム・ジンヒョン(セレッソ大阪) キム・スンギュ(ヴィッセル神戸) 林卓人(サンフレッチェ広島) 権田修一(サガン鳥栖) 徳重健太(V・ファーレン長崎) ◆右SB 蜂須賀孝治(ベガルタ仙台) 西大伍(鹿島アントラーズ) 橋岡大樹(浦和レッズ) 小池龍太(柏レイソル) 室屋成(FC東京) エウシーニョ(川崎フロンターレ) 松原健(横浜F・マリノス) 岡本拓也(湘南ベルマーレ) 立田悠悟(清水エスパルス) 櫻内渚(ジュビロ磐田) 小川大貴(ジュビロ磐田) 宮原和也(名古屋グランパス) 米倉恒貴(ガンバ大阪) オ・ジェソク(ガンバ大阪) 松田陸(セレッソ大阪) 三原雅俊(ヴィッセル神戸) 和田拓也(サンフレッチェ広島) 小林祐三(サガン鳥栖) 飯尾竜太朗(V・ファーレン長崎) ◆CB 福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌) キム・ミンテ(北海道コンサドーレ札幌) 石川直樹(北海道コンサドーレ札幌) 進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌) 板倉滉(ベガルタ仙台) 平岡康裕(ベガルタ仙台) 大岩一貴(ベガルタ仙台) 犬飼智也(鹿島アントラーズ) マウリシオ(浦和レッズ) 槙野智章(浦和レッズ) 岩波拓也(浦和レッズ) パク・ジョンス(柏レイソル) 森重真人(FC東京) チャン・ヒョンス(FC東京) 奈良竜樹(川崎フロンターレ) 谷口彰悟(川崎フロンターレ) 中澤佑二(横浜F・マリノス) 大野和成(湘南ベルマーレ) 山根視来(湘南ベルマーレ) 坂圭祐(湘南ベルマーレ) ファン・ソッコ(清水エスパルス) フレイレ(清水エスパルス) 大井健太郎(ジュビロ磐田) 高橋祥平(ジュビロ磐田) 櫛引一紀(名古屋グランパス) ファビオ(ガンバ大阪) 三浦弦太(ガンバ大阪) マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪) 山下達也(セレッソ大阪) 木本恭生(セレッソ大阪) 渡部博文(ヴィッセル神戸) 野上結貴(サンフレッチェ広島) 水本裕貴(サンフレッチェ広島) 高橋祐治(サガン鳥栖) キム・ミンヒョク(サガン鳥栖) 髙杉亮太(V・ファーレン長崎) 田上大地(V・ファーレン長崎) 徳永悠平(V・ファーレン長崎) ◆左SB 永戸勝也(ベガルタ仙台) 安西幸輝(鹿島アントラーズ) 宇賀神友弥(浦和レッズ) 亀川諒史(柏レイソル) 太田宏介(FC東京) 登里享平(川崎フロンターレ) 車屋紳太郎(川崎フロンターレ) 山中亮輔(横浜F・マリノス) 杉岡大暉(湘南ベルマーレ) 松原后(清水エスパルス) 秋山陽介(名古屋グランパス) 藤春廣輝(ガンバ大阪) 丸橋祐介(セレッソ大阪) ティーラトン(ヴィッセル神戸) 佐々木翔(サンフレッチェ広島) 吉田豊(サガン鳥栖) ◆DMF 深井一希(北海道コンサドーレ札幌) 宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌) 荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌) 奥埜博亮(ベガルタ仙台) 富田晋伍(ベガルタ仙台) レオ・シルバ(鹿島アントラーズ) 永木亮太(鹿島アントラーズ) 三竿健斗(鹿島アントラーズ) 柏木陽介(浦和レッズ) 長澤和輝(浦和レッズ) 青木拓矢(浦和レッズ) 阿部勇樹(浦和レッズ) 大谷秀和(柏レイソル) 小泉慶(柏レイソル) キム・ボギョン(柏レイソル) 米本拓司(FC東京) 高萩洋次郎(FC東京) 橋本拳人(FC東京) 大島僚太(川崎フロンターレ) 守田英正(川崎フロンターレ) 喜田拓也(横浜F・マリノス) 扇原貴宏(横浜F・マリノス) 石川俊輝(湘南ベルマーレ) 秋野央樹(湘南ベルマーレ) 竹内涼(清水エスパルス) 白崎凌兵(清水エスパルス) 河井陽介(清水エスパルス) 田口泰士(ジュビロ磐田) 上原力也(ジュビロ磐田) 小林裕紀(名古屋グランパス) 遠藤保仁(ガンバ大阪) 山口蛍(セレッソ大阪) ソウザ(セレッソ大阪) 三田啓貴(ヴィッセル神戸) 藤田直之(ヴィッセル神戸) 郷家友太(ヴィッセル神戸) 青山敏弘(サンフレッチェ広島) 稲垣祥(サンフレッチェ広島) 原川力(サガン鳥栖) 福田晃斗(サガン鳥栖) 高橋義希(サガン鳥栖) 高橋秀人(サガン鳥栖) 黒木聖仁(V・ファーレン長崎) 島田譲(V・ファーレン長崎) ◆右SH 駒井善成(北海道コンサドーレ札幌) 早坂良太(北海道コンサドーレ札幌) 遠藤康(鹿島アントラーズ) 伊東純也(柏レイソル) 大森晃太郎(FC東京) 家長昭博(川崎フロンターレ) 仲川輝人(横浜F・マリノス) 髙山薫(湘南ベルマーレ) 金子翔太(清水エスパルス) ガブリエル・シャビエル(名古屋グランパス) 藤本淳吾(ガンバ大阪) 水沼宏太(セレッソ大阪) 福満隆貴(セレッソ大阪) 柴崎晃誠(サンフレッチェ広島) 川辺駿(サンフレッチェ広島) ◆左SH 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌) 中野嘉大(ベガルタ仙台) 安部裕葵(鹿島アントラーズ) 東慶悟(FC東京) 阿部浩之(川崎フロンターレ) 遠藤渓太(横浜F・マリノス) 石毛秀樹(清水エスパルス) ミッチェル・デューク(清水エスパルス) 和泉竜司(名古屋グランパス) 玉田圭司(名古屋グランパス) 倉田秋(ガンバ大阪) 清武弘嗣(セレッソ大阪) 高木俊幸(セレッソ大阪) 田中順也(ヴィッセル神戸) 柏好文(サンフレッチェ広島) 翁長聖(V・ファーレン長崎) ◆OMF チャナティップ(北海道コンサドーレ札幌) 三好康児(北海道コンサドーレ札幌) 野津田岳人(ベガルタ仙台) 土居聖真(鹿島アントラーズ) 武藤雄樹(浦和レッズ) 中村憲剛(川崎フロンターレ) 天野純(横浜F・マリノス) 大津祐樹(横浜F・マリノス) 菊地俊介(湘南ベルマーレ) 梅崎司(湘南ベルマーレ) 松田天馬(湘南ベルマーレ) 松浦拓弥(ジュビロ磐田) 山田大記(ジュビロ磐田) 山村和也(セレッソ大阪) 小野裕二(サガン鳥栖) 中村慶太(V・ファーレン長崎) 澤田崇(V・ファーレン長崎) ◆CF 都倉賢(北海道コンサドーレ札幌) ジェイ(北海道コンサドーレ札幌) 石原直樹(ベガルタ仙台) 阿部拓馬(ベガルタ仙台) 鈴木優磨(鹿島アントラーズ) 李忠成(浦和レッズ) 興梠慎三(浦和レッズ) 江坂任(柏レイソル) クリスティアーノ(柏レイソル) 瀬川祐輔(柏レイソル) ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京) 永井謙佑(FC東京) 小林悠(川崎フロンターレ) 知念慶(川崎フロンターレ) ウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス) 伊藤翔(横浜F・マリノス) クリスラン(清水エスパルス) 北川航也(清水エスパルス) 川又堅碁(ジュビロ磐田) ジョー(名古屋グランパス) ファン・ウィジョ(ガンバ大阪) 柿谷曜一朗(セレッソ大阪) 杉本健勇(セレッソ大阪) ヤン・ドンヒョン(セレッソ大阪) ルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸) ウェリントン(ヴィッセル神戸) パトリック(サンフレッチェ広島) ティーラシン(サンフレッチェ広島) 田川亨介(サガン鳥栖) ファンマ(V・ファーレン長崎) 鈴木武蔵(V・ファーレン長崎) <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSewzB0K53zcTXQTgUqZYeBBU34V0c2dA7ndRyTYTYEoVaW3_Q/viewform?vc=0&c=0&w=1" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/enquate.png" style="width: 40%;"></a></div> 2018.12.10 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

来年こそ「強いガンバ」に…今季残留争いのG大阪が復活誓う

▽ガンバ大阪は10日、2018シーズン終了のお知らせと共に声明を発表した。 ▽G大阪は今シーズンレヴィー・クルピ監督を招へいするも大苦戦を強いられて残留争いに巻き込まれることに。7月にクルピ監督を解任し、宮本恒靖監督を昇格させると、1997年以来21年ぶりのクラブ最長記録に並ぶ9連勝を達成するなど、宮本体制移行後明治安田生命J1リーグ10勝3分け3敗という成績で低迷していたチームを見事に蘇らせた。 ▽無事に残留を決めたG大阪は、『奪還』を掲げながら苦しいシーズンを送ったことを謝罪。そして来年こそ「強いガンバ大阪」へ復活することを誓った。 「昨日行われました2018関西ステップアップリーグを持って、ガンバ大阪の2018シーズンの活動が終了いたしました。ガンバ大阪のサポーター・ファンの皆様、ホームタウンの皆様、パートナーの皆様、そして関係者の皆様、2018シーズンも熱い応援を誠に有難うございました」 「2018シーズン、ガンバ大阪は「奪還」というスローガンを掲げながら、天皇杯全日本サッカー選手権大会やJリーグYBCルヴァンカップのタイトル獲得は出来ず、また明治安田生命J1リーグでは、シーズンの大半を残留争いに費やすこととなり、皆様からの大きな期待に応えることが出来なかったシーズンになった事、大変申し訳ございませんでした」 「苦しいシーズンではありましたが、シーズン前半の勝てない時期でも、多くの皆様がスタジアムへ足を運んで頂き、ガンバ大阪を熱く、熱く応援して頂きました。その皆様の熱い応援のおかげで、シーズン終盤にはクラブタイ記録となる9連勝を達成。2019シーズンもJ1の舞台で戦うことが出来ます。本当に有難うございました」 「2019シーズン、サポーター・ファンの皆様が強く望んでいる「強いガンバ大阪」を目指し、皆様と共に戦って参りたいと思っております。引き続き、熱い応援をどうぞよろしくお願いいたします」 「なお、2019シーズンのスケジュールにつきましては決定次第改めてHPにてお知らせいたします。今しばらくお待ちください」 2018.12.10 11:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース