フィーゴがCR7退場判定に喝 「レッドカードは大げさ」2018.09.21 12:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏が同胞のユベントスに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドを襲ったレッドカード判定を不服とした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。

▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられた。

▽この一件について問われたフィーゴ氏は、次のように言及。C・ロナウド擁護派の立場を取り、判定に苦言を呈した。

「レッドカードは大げさだ。彼が退場を命じられるほど何か悪いことをしたとは思えないからね」

「主審や追加副審が見たものが、テレビを通して見た私たちと何か違ったのかはわからない。ただ、理解し難いことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジル戦で負傷のディバラ、CLユナイテッド戦出場暗雲か

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがヒザを負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ディバラは16日に行われたブラジル代表との国際親善試合で先発し、57分にヒザを痛めてピッチを後にしていたとのことだ。負傷は軽いとの報道だが、トリノで検査を受けて今後の起用法が決められる模様だ。 ▽ディバラは今季、FWクリスティアーノ・ロナウドの加入に伴い、本来のパフォーマンスを発揮できずにいたが、2トップの後方でプレーし始めたここ数試合は本領を発揮し始めている。 ▽ユベントスは20日にセリエA第9節ジェノア戦を戦った後、23日にチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦に臨む。 2018.10.17 23:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、若手DFミレンコビッチ獲得に45億提示もプレミア勢と競合か

▽ユベントスが、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『CorSport』の情報をもとに『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽セルビアのパルチザン・ベオグラード下部組織出身のミレンコビッチは2017年にフィオレンティーナに加入。今シーズンはここまでのセリエA全8試合でフル出場を果たしている。また、同選手は195cmの大型DFであり、クラブでは右サイドバック、代表ではセンターバックを務めるポリバレントな選手だ。 ▽現在ユベントスのセンターバックはイタリア代表レオナルド・ボヌッチ(31)、元イタリア代表アンドレア・バルザーリ(37)、イタリア代表ジョルジョ・キエッリーニ(34)、モロッコ代表メディ・ベナティア(31)とベテランの域に達した選手が多く、若返りの必要性も指摘されている。 ▽記事によると、ユベントスは21歳のミリンコビッチの獲得に興味を示している模様。既に同選手に対し、3500万ユーロ(約45億円)のオファーを提示しているという。 ▽一方で、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムからの関心も報じられており、争奪戦になる可能性がありそうだ。 2018.10.17 20:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、デ・リフトを来夏のNo.1ターゲットに

▽ユベントスが来夏の最優先補強候補としてアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を挙げているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽17歳でアヤックスのトップチームデビューを果たしたセンターバックのデ・リフトは昨季、エールディビジ33試合3得点2アシストの成績を収め、アヤックスでキャプテンを務めるなど不動の地位を確立。2017年3月にデビューしたオランダ代表でも10試合に出場し、先日のUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦では3-0の快勝劇に貢献していた。 ▽バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドなどメガクラブ注目の逸材に対し、センターバックの高齢化が進むユベントスは同選手に対して、5000万ユーロ(約65億円)のオファーを考慮しているとのことだ。 ▽なお、『トゥットスポルト』によれば、デ・リフトの代理人を務めるのはミノ・ライオラ氏であり、同氏と友好な関係を保つユベントスとしてはそのコネクションを生かせれば獲得の可能性があるのではないかと主張している。 2018.10.17 00:39 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、サンプドリアの新星DFアンデルセンの獲得に興味か

▽トッテナムはサンプドリアに所属するU-21デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)の獲得に動きだしているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽デンマーク出身もオランダのトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは192cmの長身センターバック。2015-16シーズンからトップチームで出場機会を増やすと、2017年にサンプドリアに加入。加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まったが、今季はマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応。持ち味のパワフルな対人守備や守備的MFでもプレー可能な足下の技術を生かしてリーグ戦全試合に出場している。 ▽今回伝えられるところによると、トッテナムはアンデルセン獲得に向けて既に8月に行われたセリエA第2節のウディネーゼ戦にスカウトを派遣していたという。そして、同選手を高く評価するクラブは今冬の移籍市場で獲得に動くようだ。 ▽今シーズン、サンプドリアはセリエAで最少失点(4点)の堅守を誇っており、アンデルセンはチームに欠かせない存在になっている。サンプドリアはセリエAで屈指の若手DFと評される逸材を安売りするつもりはないが、トッテナム側は相手の要求する金額を十分に支払えると考えている模様だ。 ▽その一方で、イタリア『トゥットスポルト』によれば、ユベントスもアンデルセンの獲得に興味を示しているようだ。 2018.10.16 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

高いor安い? マテュイディとのランチ会食権が約100万円で落札

▽ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディとランチを共にできる権利が7200ユーロ(約93万6000円)で落札された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今回のランチ会食権は、フランス人の環境活動家ヤン・アルトゥー=ベルトラン氏が代表を務める環境保全や人道支援を目的に設立された『GoodPlanet foundation』の活動資金を得るためのチャリティーオークションで出品されたものだった。 ▽そして、サンテチェンヌやパリ・サンジェルマン、ユベントスで活躍するロシア・ワールドカップ王者の一員と1度ランチを共にできる会食権は、最終的に7200ユーロで一般人によって落札されたようだ。 ▽玄人好みのマテュイディとの会食権に約100万円を支払うのは高いか、安いか判断しかねるところだ。ただ、参考までにかつてプロテニスの世界ランキングで最高12位に入った元プロテニスプレーヤーのポール=アンリ・マテュー氏(37)に全仏オープンの会場であるスタッド・ローラン・ギャロスで個人レッスンを受けられる権利に関しては2000ユーロ(約26万円)で落札されている。 2018.10.16 16:07 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース