湘南、大津高DF福島隼斗の来季加入内定を発表! 「チームの飛躍に貢献できるように」2018.09.18 17:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽湘南ベルマーレは18日、熊本県立大津高校に所属するDF福島隼斗(18)の来シーズン加入内定を発表した。

▽福島は、松橋中学校から大津高校に進学した身長180㎝、体重68㎏のディフェンダー。2015年にはU-15日本代表にも選ばれた経歴を持つ。

▽クラブは同選手のプレーの特徴について「DFながら攻守にわたって優れた状況判断による存在感があり、守備ではカバーリングと対人の強さ、攻撃では正確なフィードで攻撃の起点に持ち味がある」と紹介。同選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「プロサッカー選手になることをひとつの目標としてきたなかで、タフでスピーディなサッカーを持ち味とする湘南ベルマーレでプレーできることを嬉しく思います。常に全力でプレーし、チームの飛躍に貢献できるよう努力したいと思います。これからよろしくお願いします」

コメント
関連ニュース
thumb

【J1クラブ通信簿】“湘南スタイル”結実でルヴァンカップ制覇とJ1残留《湘南ベルマーレ》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピック)やチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第6弾は13位の湘南ベルマーレを総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_bellmare_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽就任7年目のチョウ・キジェ監督の下、ルヴァンカップ制覇という大輪の花を咲かせた。そして、目標のJ1残留も果たし、湘南にとっては実りあるシーズンとなった。クラブにとって1995年の天皇杯以来2度目のタイトルとなったルヴァンカップでは、豊富な運動量をベースに縦に早い攻撃を仕掛ける、チョウ監督が植え付けた“湘南スタイル”が見事に結実した。 ▽そして、残留争いではJ史上、最もハイレベルな争いを最終節の名古屋グランパスとの直接対決を引き分けて制し、13位でのフィニッシュとなった。新戦力のFWアレン・ステバノビッチやFWイ・ジョンヒョプ、MFミキッチといった助っ人外国人が思うように活躍できず、チーム内得点王がMF菊地俊介の6ゴールと、シーズンを通じて得点力不足に苦しんだ。 ▽それでも、守護神GK秋元陽太の奮闘を筆頭に、DF杉岡大暉やDF坂圭佑、DF山根視来といった若手の台頭もあって安定した守備が構築され、粘り強い戦いを展開できた。その守備をベースに勝ち点を積み上げたチームは、目標のJ1残留を勝ち取って見せた。 <span style="font-weight:700;">◆MVP</span> GK秋元陽太(31) 明治安田生命J1リーグ34試合出場(先発34試合)/43失点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_bellmare_7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽フルタイム出場を果たした湘南の守護神を選出。ルヴァンカップ決勝でゴールを決めた杉岡や、ルーキーイヤーながらディフェンスリーダーとなった坂、右サイドで躍動したDF岡本拓也らもシーズン・オブ・ザ・イヤーに相応しい活躍を見せたが、多くの試合で抜群のレスポンスを生かしたビッグセーブを見せて勝ち点獲得に貢献した秋元を選んだ。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度《D》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_bellmare_8.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽新戦力が軒並みチームにうまくフィットしなかった中、ベテランMF梅崎司の加入は大きかった。近年悩まされてきた負傷で離脱することなくシーズンを戦い抜き、若い選手が多いチームの精神的支柱として存在感を放った。とはいえ、梅崎を除くとDF大野和成と、途中加入のFW山崎凌吾が及第点の活躍を見せたくらいで補強による戦力の上積みが少なく、苦戦する要因ともなった。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価《A》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_bellmare_9.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽J1残留に加え、ルヴァンカップ優勝という望外の結果を手に入れたことから高い評価とした。例年なら楽々残留の勝ち点41を積み上げて残留を果たした上、23年ぶりのタイトル獲得と、湘南にとっては忘れられないシーズンとなった。とりわけ横浜Fマリノスとのルヴァンカップ決勝では湘南スタイルが遺憾なく発揮され、誰もが納得の戴冠となった。 2018.12.14 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南GK後藤雅明が金沢に期限付き移籍「強い意思と覚悟を持って」

▽ツエーゲン金沢は14日、GK後藤雅明(24)が湘南ベルマーレから期限付き移籍で加入することを発表した。期間は2019年2月1日~2020年1月31日までとなる。なお、後藤は湘南ベルマーレと対戦する全ての公式戦に出場できない。 ▽埼玉県出身の後藤は、早稲田大学卒業後の2017シーズンから湘南に入団。今シーズンはルヴァンカップ3試合に出場していた。 ▽後藤は、両クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「この度、湘南ベルマーレより加入しました後藤雅明です。強い意思と覚悟を持って、ツエーゲン金沢の勝利のために戦います。少しでも早く、金沢の皆さんから信頼してもらえるプレーができるよう、始動から気持ちを込めて取り組んでいきたいと思います。応援宜しくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「この度、ツエーゲン金沢に期限付き移籍することになりました。湘南での2年間では本当にたくさんのものを学ぶことができました。感謝の気持ちを忘れず、ここで培ったものを最大限に発揮し、金沢の地でサッカー選手として大きく成長したいと思います。自分がプレーする姿を湘南の皆さんにも見てもらえるよう、2019シーズンも頑張ります」 2018.12.14 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南のU21代表MF神谷優太、来季も愛媛でプレー! 期限付き移籍期間延長

▽愛媛FCは14日、U-21日本代表MF神谷優太(21)の期限付き移籍期間延長を発表した。 ▽青森山田高校出身の神谷は2016年に湘南ベルマーレでプロキャリアをスタートさせ、今年から愛媛に期限付き移籍。明治安田生命J2リーグ30試合に出場してプロ初得点を含む7得点を記録した。 ▽来年も引き続き愛媛にとどまることが決まった神谷はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「もう一年、この愛媛で戦うことを決意しました。このチームでもう一年戦いたいのが今の気持ちです。昨年よりも、チームとしても個人としても結果を残し、このチームでJ1に行けるように頑張ります。そしてこのチームのエースとして引っ張っていき最高の10番になります。来季も僕のプレーで全員を魅了させます。ぜひスタジアムまで足を運び見に来てください。そして来シーズンも応援よろしくお願いします」 2018.12.14 15:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ルヴァン王者の湘南、来年8月にアトレチコ・パラナエンセと激突

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、JリーグYBCルヴァンカップと南米サッカー連盟(CONMEBOL)スダメリカーナの優勝チームによる王者決定戦の開催を発表した。 ▽ルヴァンカップ王者としては、先の決勝戦で横浜F・マリノスを破った湘南ベルマーレが参戦。アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)と激突する。 ▽開催日は来年8月7日(水)。会場は湘南のホームスタジアムであるShonan BMWスタジアムとなる。キックオフ時間は未定。ナイトゲームが予定されている。 ▽同大会は2008年からスタート。通算対戦成績ではJリーグ勢が6勝5敗(3PK勝ちを含む)で勝ち越している。 2018.12.13 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南がMF藤田征也、FW宮市剛の契約満了を発表

▽湘南ベルマーレは6日、MF藤田征也(31)、FW宮市剛(23)の契約満了を発表した。 ▽藤田は、北海道コンサドレー札幌の下部組織出身で、2005年にトップチーム昇格。その後、アルビレックス新潟でプレーし、2014年から湘南でプレーしていた。今シーズンは明治安田生命J1リーグで4試合、天皇杯で3試合の出場にとどまっていた。 ▽宮市は、名古屋グランパスU-15から中京大中京高校を経て2014年に湘南へ入団。1年目こそリーグ戦で4試合に出場していたが、その後は水戸ホーリーホックやガイナーレ鳥取、MIOびわこ滋賀(JFL)、グルージャ盛岡への期限付き移籍を経験していた。今シーズンは盛岡で明治安田生命J3リーグに29試合出場し3得点を記録していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF藤田征也 「5年間という時間の中で、湘南ベルマーレでは様々な経験をさせてもらいました。楽しいことも辛いこともたくさんありましたが、その全てが貴重な時間だったと感じています。湘南という街も、そしてベルマーレというチームも本当に好きなので、これから先サッカーを続けていく中で、また戻ってこられるような選手になりたいです。5年間支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました」 ◆FW宮市剛 「約1年半という短い期間でしたが、僕をプロサッカー選手にしてくれた湘南ベルマーレにはとても感謝しています。湘南では、曺監督をはじめ選手、スタッフのみなさんからたくさんの刺激を受け、取り組む姿勢を学ばせていただきました。湘南で過ごした1年半は僕の財産です。近い将来、湘南ベルマーレがJ1で優勝すると僕は思っています!1年半でしたが本当にありがとうございました」 2018.12.06 16:45 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース