【CLグループC展望】PSG、リバプール、ナポリ… 死の組を抜け出すのは2018.09.18 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループCでは今大会屈指の激戦の組が生まれた。パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプール、ナポリの3クラブによる決勝トーナメント進出を懸けたハイレベルな争いが繰り広げられること間違いなしだ。ただ、世界屈指のアタッカーを擁するリバプールとPSGが突破候補と予想。ナポリが割って入れるかが焦点となる。◆編集部予想
◎本命:リバプール
○対抗:パリ・サンジェルマン
△連下:ナポリ
☆大穴:ツルヴェナ・ズヴェズダ

◆昨季ファイナリストがパワーアップ~リバプール~
Getty Images
▽昨季CLファイナリストのリバプールが、死の組の首位突破本命と予想した。FWサラー、FWマネ、FWフィルミノのPSGに引けを取らない世界最高の3トップを擁す上、ウィークポイントとなっていたGKにブラジル代表正GKのアリソンを補強し、穴のない布陣が完成した。アリソン以外にもMFナビ・ケイヤにMFファビーニョ、MFシャキリと好タレントを補強し、プレミアリーグとの両立を十分に図れるスカッドとなっている。

◆トゥヘル新体制で挑む欧州の頂~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽エメリ体制下での2年はいずれもベスト16敗退と不本意な結果に終わっていたPSG。悲願の初優勝に向けてクラブはドルトムントを指揮していたトゥヘル監督を招へい。多様な戦術を駆使する指揮官の下、FWネイマール、FWムバッペ、FWカバーニの世界最強3トップがどのような機能性を見せるのかに注目だ。仮にトゥヘル監督が主張の強い彼らをコントロールしきれない事態に陥れば、まさかの結果が待っているかもしれない。人格者であるGKブッフォンがチームにもたらす好影響に期待したい。

◆クジ運の悪さを跳ね返せるか~ナポリ~
Getty Images
▽他のグループであれば十分にグループステージを突破できるだけの戦力を持つナポリだが、ポット3最強のリバプールを引いてしまったのが痛恨だった。サッリ監督が3年をかけて作り上げてきたポゼッションスタイルのチームを引き継いだ百戦錬磨のアンチェロッティ監督の手綱捌きに注目が集まる。バイエルンでは持ち前の人心掌握術が発揮されなかったが、母国イタリアでの指揮であれば勝手は違うだろう。戦術の要であったMFジョルジーニョと守護神のGKレイナが抜けて戦力ダウンしている中、リバプールとPSGを出し抜くことはできるか。

◆セルビアの名門が初出場~ツルヴェナ・ズヴェズダ~
Getty Images
▽ザルツブルクとのプレーオフをアウェイゴール差で劇的に制したセルビアの名門がCL移行後、初の本戦初出場を果たした。1990-91シーズンにMFストイコビッチやFWサビチェビッチらを擁してCLの前身であるチャンピオンズカップを制覇した経験を持つツルヴェナ・ズヴェズダは、前横浜FマリノスのDFデゲネクの活躍もあって予選1回戦から勝ち上がって見せた。CL本戦出場を決めたチームはFWマリンやFWボアキエといった実力者を移籍期限最終日に迎え入れたが、如何せん他3クラブとの実力差があり過ぎ、最下位が必至の情勢だ。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、バイエルン獲得熱望の逸材FWハドソン=オドイに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を同『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシー下部組織出身のハドソン=オドイは左ウイングや2列目を主戦場とするイングランド期待の逸材アタッカー。抜群のスピートと緩急自在の仕掛けに加え、精度の高い右足のキック、攻撃センスを兼ね備えている。 その逸材を巡って今冬の移籍市場では、バイエルンが3500万ポンド(約50億円)での獲得を目指していた。ハドソン=オドイ自身もトランスファーリクエストを提出したことがイギリス『スカイ・スポーツ』でも報じられていたが、チェルシーが最後まで放出を固辞し、実現しなかった。 それでもバイエルンは諦めておらず、今夏にも再びハドソン=オドイの獲得に動くようだ。しかし、今回伝えられるところによると、PSGも獲得に興味を示している模様。バイエルンに匹敵するオファーも準備できているという。 一方、チェルシーは依然として慰留に努めている。しかし、チェルシーのコーチであるジャンフランコ・ゾラ氏は、「ハドソン=オドイと同世代で同じくらいヨーロッパでプレーしている選手は多くない」と発言しながらも、出場機会の少なさから新契約を締結する見込みが薄まっていることを示唆しているようだ。 チェルシーとの現行契約が2020年6月までとなっているハドソン=オドイだが、今夏にクラブを離れる事になるのだろうか。 2019.02.21 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

アラン獲得失敗のPSG、今夏もナポリからの補強目論む

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『Il Mattino』の情報をもとにフランス『Le10Sport』が伝えている。 PSGは今冬の移籍市場でナポリのブラジル代表MFアラン(28)の獲得を目指していたが、それは叶わず。しかし、PSGのアンテロ・エンリケSDは今夏もナポリからの補強を画策しており、インシーニェをターゲットにしているという。今後数か月の間にコンタクトを取る可能性が指摘されている。 またナポリでは、インシーニェの流出に備え、PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に動き出しているようだ。先日、選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と会談したという。 なお、イタリア代表FWに関しては、チェルシーやリバプール、アトレティコ・マドリー、ドルトムントも関心を寄せているとされている。イタリア『La Reppublica』によれば、1億5000万ユーロ(約188億円)以上のオファーが届かない限り、ナポリが交渉のテーブルに着く考えはないようだ。 ナポリ下部組織出身で2009年にトップチームデビューを飾ったインシーニェ。今シーズンはカルロ・アンチェロッティ新監督の下、マウリツィオ・サッリ時代の左ウイングとは異なるセカンドトップの位置で新たな役割を担い、ここまで公式戦30試合で12ゴール6アシストの数字を残している。 2019.02.20 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

長期離脱のネイマール、昨年に続く悪夢に「2日間は泣いた」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、長期離脱が決定した際の心境を明かした。ブラジル『Globo』が伝えている。 ネイマールは1月23日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド32のストラスブール戦で負傷。昨年2月下旬に負傷し、その後のシーズンを棒に振った時と同じ負傷箇所を痛めた。数日後に診断した結果は、右第5中足骨の損傷。復帰までには10週間以内と見通されている。 再び長期離脱が余儀なくされたネイマール。さすがに2年連続となるとそのダメージは大きかったようだ。 「今回のケガは最初の時よりもショックだった。前回は『すぐに治して復帰してやろう』と思っていたし、悲しむ必要がなかったんだ」 「ただ、今回は自分を納得させるのに時間がかかった。2日間は自宅で泣いたよ」 2019.02.20 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、ラッサナ・ディアッラとの契約を解除

パリ・サンジェルマンは19日、元フランス代表MFラッサナ・ディアッラ(33)との契約を解除したことを発表した。 ル・アブールの下部組織出身のL・ディアッラは、2004年にプロデビュー。その後、チェルシーやアーセナル、レアル・マドリーなどビッグクラブを渡り歩くと、2012年9月にアンジ・マハチカラ、翌年からはロコモティフ・モスクワでプレー。 2014年8月にロコモティフ・モスクワを退団しフリーになると、2015年7月にマルセイユへ加入。その後、2017年2月に退団し再びフリーとなると、7月にアル・ジャジーラへ加入。2017年12月に退団後、昨年1月に2019年6月30日までの1年半契約でPSGに加入していた。 そのPSGでは公式戦19試合に出場。しかし、今季はリーグ・アン3試合の出場に留まっていた。 2019.02.20 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティ、PSGと2024年まで契約延長か 仏紙が合意と報道

イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(26)が、パリ・サンジェルマン(PSG)との契約延長に合意したようだ。フランス『Paris United』が伝えている。 2012年夏にペスカーラからPSGに加入して以降、チームに不可欠な司令塔として活躍し続けるヴェッラッティ。5度のリーグ・アン制覇やカップ戦制覇に貢献してきた。今シーズンはケガに苦しめられながらも、ここまで公式戦23試合に出場している。 タレントが揃う強力攻撃陣を操るヴェッラッティは、昨年4月にPSGへの残留希望を明言したが、昨夏まで長きに渡ってバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドなどから関心を寄せられていた。しかし、今回伝えられるところによると、2021年6月までとなっているPSGとの契約を、2024年6月までの延長することで合意した模様。推定年俸は1000万ユーロ(約12億円)以上になるという。 2019.02.18 20:50 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース