【CLグループC展望】PSG、リバプール、ナポリ… 死の組を抜け出すのは2018.09.18 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループCでは今大会屈指の激戦の組が生まれた。パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプール、ナポリの3クラブによる決勝トーナメント進出を懸けたハイレベルな争いが繰り広げられること間違いなしだ。ただ、世界屈指のアタッカーを擁するリバプールとPSGが突破候補と予想。ナポリが割って入れるかが焦点となる。

◆編集部予想
◎本命:リバプール
○対抗:パリ・サンジェルマン
△連下:ナポリ
☆大穴:ツルヴェナ・ズヴェズダ

◆昨季ファイナリストがパワーアップ~リバプール~
Getty Images
▽昨季CLファイナリストのリバプールが、死の組の首位突破本命と予想した。FWサラー、FWマネ、FWフィルミノのPSGに引けを取らない世界最高の3トップを擁す上、ウィークポイントとなっていたGKにブラジル代表正GKのアリソンを補強し、穴のない布陣が完成した。アリソン以外にもMFナビ・ケイヤにMFファビーニョ、MFシャキリと好タレントを補強し、プレミアリーグとの両立を十分に図れるスカッドとなっている。

◆トゥヘル新体制で挑む欧州の頂~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽エメリ体制下での2年はいずれもベスト16敗退と不本意な結果に終わっていたPSG。悲願の初優勝に向けてクラブはドルトムントを指揮していたトゥヘル監督を招へい。多様な戦術を駆使する指揮官の下、FWネイマール、FWムバッペ、FWカバーニの世界最強3トップがどのような機能性を見せるのかに注目だ。仮にトゥヘル監督が主張の強い彼らをコントロールしきれない事態に陥れば、まさかの結果が待っているかもしれない。人格者であるGKブッフォンがチームにもたらす好影響に期待したい。

◆クジ運の悪さを跳ね返せるか~ナポリ~
Getty Images
▽他のグループであれば十分にグループステージを突破できるだけの戦力を持つナポリだが、ポット3最強のリバプールを引いてしまったのが痛恨だった。サッリ監督が3年をかけて作り上げてきたポゼッションスタイルのチームを引き継いだ百戦錬磨のアンチェロッティ監督の手綱捌きに注目が集まる。バイエルンでは持ち前の人心掌握術が発揮されなかったが、母国イタリアでの指揮であれば勝手は違うだろう。戦術の要であったMFジョルジーニョと守護神のGKレイナが抜けて戦力ダウンしている中、リバプールとPSGを出し抜くことはできるか。

◆セルビアの名門が初出場~ツルヴェナ・ズヴェズダ~
Getty Images
▽ザルツブルクとのプレーオフをアウェイゴール差で劇的に制したセルビアの名門がCL移行後、初の本戦初出場を果たした。1990-91シーズンにMFストイコビッチやFWサビチェビッチらを擁してCLの前身であるチャンピオンズカップを制覇した経験を持つツルヴェナ・ズヴェズダは、前横浜FマリノスのDFデゲネクの活躍もあって予選1回戦から勝ち上がって見せた。CL本戦出場を決めたチームはFWマリンやFWボアキエといった実力者を移籍期限最終日に迎え入れたが、如何せん他3クラブとの実力差があり過ぎ、最下位が必至の情勢だ。
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナ、デ・ヨング獲得を諦めず!

▽バルセロナは、アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得を諦めないようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽複数のビッグクラブからの関心が伝えられ、特にバルセロナとマンチェスター・シティが有力候補と報じられていたデ・ヨング。しかし先日、アムステルダムを拠点とするオランダ大手紙『De Telegraaf』が、「7500万ユーロ(約96億2000万円)を準備するPSGがほぼ交渉を完了させている」と報じていた。 ▽それでも、数週間前から「バルセロナにとっての最大の障害はPSGだ」と伝えていた『マルカ』は、『De Telegraaf』の報道後にバルセロナ関係者と連絡を取り、同クラブがデ・ヨングの獲得を諦めていないと主張。同選手が自身の将来についての最終決定を未だ下してはいないと、信じているそうだ。 ▽また、記事によると、バルセロナはアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得も熱望している。獲得を諦めないとはいえ、中盤の補強に関してはPSGのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)も検討しているため、デ・ヨングは唯一の候補ではないが、デ・リフトに関してはより明確にメインターゲットとして据えているとのこと。複数の選手を巡り3クラブが絡んでおり、デ・ヨングの移籍先が他の選手の去就にも影響を及ぼしそうだ。 2018.12.08 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGが仏『レキップ』に怒りの声明 「策略的誤報」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)がフランス『レキップ』の報道に声明で事実無根を主張した。 ▽その報道とは、PSGがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反による制裁を避けるべく、ブラジル代表FWネイマール(26)やフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)を放出する意向としたもの。PSGは8日、クラブ公式サイトを通じて次のように反発した。 「『レキップ』が制裁を避けるべく、キリアン・ムバッペやネイマールを放出する準備があると報じた。だが、その報道は完全な間違いであり、ばかげている。クラブとメディアの間に緊張状態をもたらすものでしかない」 ▽また、『レキップ』は以前、10月3日に行われたチャンピオンズリーグのツルヴェナ・ズヴェズダ戦におけるPSGの八百長疑惑や、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(31)を売却する可能性を指摘している。 ▽PSGはそういった過去の報道についても「『レキップ』は策略的誤報で絶え間なくイメージを汚そうとしている」と遺憾の意。フランスの有力メディアに対して、抗議の姿勢を強めた。 2018.12.08 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

フレンキー・デ・ヨング、来夏に96億でパリへ?

▽アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の様相だ。オランダ『De Telegraaf』が報じた。 ▽2015年から名門アヤックスでプレーするデ・ヨングは、中盤とセンターバックの複数ポジションでプレーできる万能プレーヤー。長短のパスセンスも兼備しており、マンチェスター・シティやバルセロナが熱視線を注いでいるとみられる。 ▽だが、PSGがその注目株をほぼ手中に収めた模様。PSGは7日にアヤックスと会談。アヤックスの要求額である移籍金7500万ユーロ(約96億2000万円)を支払い、来夏に獲得するという。 ▽渦中のデ・ヨングは今シーズンのここまで公式戦22試合に出場して2得点1アシスト。スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、本人は「合意していない。まだ何も決まっていないよ」と話したとされるが、果たして…。 2018.12.08 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサの鼻先で…蘭地元紙「PSGのF・デ・ヨング獲得交渉ほぼ完了」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナのメインターゲットであることが、各紙により盛んに報じられているデ・ヨング。マンチェスター・シティとの争奪戦の様相を呈し始めていることも伝えられていた中、今回の報道によると、PSGが急接近しているようだ。 ▽PSGは、デ・ヨングの移籍金として7500万ユーロ(約96億円)を用意。さらに、アムステルダムに拠点を置くオランダ大手紙『DeTelegraaf』の情報では、その契約は既にほぼ完了しているという。 ▽また、これによりPSGはMFアドリアン・ラビオやMFアンヘル・ディ・マリアといった中盤の選手を売却することが可能に。FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)違反の回避を目指し、どのようなオペレーションが行われるかは定かではないが、今後の動向に注目が集まることとなりそうだ。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたデ・ヨングは、2015年に名門アヤックスに加入。アヤックス伝統の[4-3-3]のアンカーロールに加え、ビルドアップ能力を買われてセンターバックでも起用されている。さらに、優れたパスセンスに加え、積極的な持ち出しを得意とする同選手は、いわゆる“8番”のプレーも得意としている。 2018.12.07 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール、プレミアに興味か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が将来的なプレミアリーグ挑戦に肯定的な見解を示した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽2017年夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約284億5000万円)+5年契約でバルセロナからPSGに加入したネイマール。まだ契約を残している状況だが、様々な憶測が飛び交い続けており、市場を賑わせる選手として今もなお高い注目度を誇っている。 ▽今シーズンもここまで公式戦18試合15得点7アシストを記録するネイマールは、世界最大の動画共有サービス『YouTube』上で、マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディからプレミアリーグ挑戦の可能性について質問が飛ぶと、次のように返答したという。 「(プレミアリーグは)世界で最も大きく、最も偉大なコンペティションだ。明日は誰にもわからない。でも、僕はこう思っている。偉大な選手であれば、少なくともプレミアリーグでプレーしなければならないってね」 2018.12.07 09:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース