神戸の新指揮官決定! ペップが崇拝するリージョ氏2018.09.17 15:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸は17日、フアン・マヌエル・リージョ氏(52)の監督就任を発表した。

▽スペイン人指導者のリージョ氏は、1981年から監督業をスタートさせ、これまでレアル・ソシエダやアルメリアなど複数クラブを指揮。1995-96シーズンにサラマンカを率いた際は、リーガエスパニョーラ史上最年少監督(29歳)として注目を集めた。また、優れた戦術理論家としてだけでなく、パスワーク主体の攻撃サッカーの志向者としても知られ、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が最も影響を受けた指導者の1人としても有名だ。

▽神戸は、2017シーズン途中から指揮を執る吉田孝行監督の下、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得を目標に今シーズンをスタート。夏にバルセロナから元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを加えたが、明治安田生命J1リーグ残り8試合の現時点で10勝6分け10敗の勝ち点36で8位にとどまっており、上位勢から遅れを取っている。

▽これを受け、クラブは同日の午前中に吉田監督を含めたトップチームの体制変更を発表。林健太郎アシスタントコーチの暫定的な監督就任を発表したが、その同日中に新指揮官が決定した格好だ。なお、リージョ氏の就労環境が整うまで、林アシスタントコーチが暫定監督として指揮を執る。
コメント
関連ニュース
thumb

藤枝FW遠藤純輝が1年で退団 今季J3で4得点

▽藤枝MYFCは16日、FW遠藤純輝(24)の契約満了を発表した。 ▽遠藤は今年、FC町田ゼルビアから加入。明治安田生命J3リーグ24試合4得点をマークした。 ▽わずか1年で藤枝退団が決定した遠藤はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「ここで得た経験は、必ず次へ活かします。まだまだ成長できる、活躍できると改めて感じました。一年という短い間ではありましたが、ありがとうございました」 2018.12.16 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/12月15日】J1昇格を目指す大宮がエースのFW大前元紀と契約更新! J2昇格の鹿児島は新指揮官に金鍾成氏を招へい

▽12月15日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 12月15日(土) 【J1】 ◆松本山雅FC 《完全移籍》 MF米原秀亮(20) ←ロアッソ熊本 ◆名古屋グランパス 《完全移籍》 MF梶山幹太(20)→SC相模原 ◆大分トリニータ 《契約更新》 FW伊佐耕平(27) 【J2】 ◆水戸ホーリーホック 《契約更新》 DF細川淳矢(34) DF伊藤槙人(26) ◆大宮アルディージャ 《契約更新》 FW大前元紀(29) ◆ツエーゲン金沢 《契約更新》 GK白井裕人(30) DF作田裕次(31) ◆ファジアーノ岡山 《契約更新》 DF後藤圭太(32) MF松本健太郎(22) ◆鹿児島ユナイテッドFC 《監督就任》 金鍾成(54) 《契約更新》 MF田上裕(32) 【J3】 ◆ブラウブリッツ秋田 《完全移籍》 DF中島大貴(23)←カマタマーレ讃岐 ◆グルージャ盛岡 《完全移籍》 MF白石智之(25)→カターレ富山 ◆福島ユナイテッドFC 《完全移籍》 FW田村翔太(23)→ロアッソ熊本 ◆SC相模原 《完全移籍》 MF梶山幹太(20)←名古屋グランパス ◆ザスパクサツ群馬 《契約満了》 DF川岸祐輔(26) ◆アスルクラロ沼津 《契約更新》 DF徳武正之(27) MF菅井拓也(27) ◆AC長野パルセイロ 《契約更新》 GK小澤章人(26) MF國領一平(25) ◆カターレ富山 《完全移籍》 MF白石智之(25)←グルージャ盛岡 ◆カマタマーレ讃岐 《完全移籍》 DF中島大貴(23)→ブラウブリッツ秋田 ◆ガイナーレ鳥取 《契約更新》 MF星野有亮(26) MF小林智光(23) MF魚里直哉(23) ◆ロアッソ熊本 《完全移籍》 DF青木剛(36)→南葛SC(東京都社会人サッカーリーグ1部) MF米原秀亮(20)→松本山雅FC FW田村翔太(23)←福島ユナイテッドFC 2018.12.16 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

J2昇格鹿児島、功労者MF田上裕と契約更新! 「鹿児島の底力を全国に見せましょう」

▽鹿児島ユナイテッドFCは15日、MF田上裕(32)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽鹿児島県鹿児島市出身の田上は、2010年にFC琉球から鹿児島ユナイテッドFCの前身であるFC KAGOSHIMA(当時鹿児島県1部)に入団した功労者だ。今シーズンは、明治安田生命J3リーグ1試合、天皇杯1試合に出場した。 ▽田上は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF田上裕 「日頃より鹿児島ユナイテッドFCに心のこもった熱い応援、サポートを本当にありがとうござます」 「2019シーズンも鹿児島ユナイテッドFCの一員として、J2という舞台で戦わせて頂けることになりました。鹿児島にとって新たな舞台で、難しく、厳しい、大きなチャレンジの1年になるかと思います」 「しかし鹿児島を愛する人達が立ち上がり、今以上に力を合わせて一つ一つ気持ちを乗せて戦えば必ず結果はついてくると僕は感じています。みんなで鹿児島の底力を全国に見せましょう」 「いろんな方々の支えがあり、大好きな鹿児島でサッカーをさせて頂けている事に感謝の気持ちを忘れずに、自分らしく、初心を忘れずに突っ走っていきたいと思います」 「これまでと変わらず、子供達に夢を!!県民の皆様に感動、希望、明日頑張れる活力をしっかり与えられるように一生懸命頑張らせて頂きます! 」 「共に熱く情熱を燃やして戦いましょう。2019シーズンもよろしくお願い致します」 2018.12.15 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸、DF伊藤槙人との契約を更新「常に上を目指し、戦い続けます! 」

▽水戸ホーリーホックは15日、DF伊藤槙人(26)との来シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽静岡県出身の伊藤は、2016年にジェフユナイテッド千葉から水戸に加入。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ35試合1ゴール、天皇杯1試合の出場を記録した。 ▽伊藤は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF伊藤槙人 「今シーズンも熱い応援ありがとうございました! 来年も水戸ホーリーホックでプレーさせて頂くことになりました。今年1年チームとしても、個人としても満足いく結果ではありませんでした。常に上を目指し、戦い続けます! 来年も応援をよろしくお願いします」 2018.12.15 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

岡山、DF後藤圭太、MF松本健太郎との契約更新を発表

▽ファジアーノ岡山は15日、DF後藤圭太(32)、MF松本健太郎(22)との2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽鹿島アントラーズ下部組織出身の後藤は、2010年に岡山に完全移籍。すぐに主力として結果を出し、公式戦170試合に出場した後の2015年には松本山雅FCに移籍したものの、今年から岡山に帰還していた。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ18試合2ゴールを記録している。 ▽また、松本は佐賀大学卒業した今年に岡山入り。しかし、今シーズンは出場機会を与えられていない。 2018.12.15 18:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース