イグアインが移籍後初ゴールもミラン、敵地でカリアリにドロー《セリエA》2018.09.17 05:26 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは16日、セリエA第4節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。▽前節ローマ戦を途中出場のクトローネのラストプレー弾で制して今季初勝利としたミランは、ローマ戦と同様のスタメンで臨んだ。

▽1勝1分け1敗スタートのカリアリにアグレッシブな入りを許したミランは、4分に先制される。ロングボールに抜け出したパヴォレッティの強烈なシュートは左ポストを直撃するも、ルーズボールをボックス右のジョアン・ペドロに押し込まれた。

▽ドーピングにより半年間の出場停止処分を受けていた主将の復帰弾を浴びたミランは、その後もカリアリの圧力を受ける中、11分にチャルハノールがボックス内から際どいシュートを浴びせると、14分にはリカルド・ロドリゲスがミドルシュートで同点弾に迫っていく。

▽その後、16分にCKの流れからバレッラの強烈なミドルシュートが左ポストを直撃してひやりとしたミランは、27分に決定機。右サイドからのカラブリアの左足クロスをファーサイドのボナヴェントゥーラがボレー。しかし、枠の上に外してしまった。

▽前半半ば以降、ミランが敵陣でボールを持つ時間を増やしたものの、チャンスは生み出せずに前半を終えた。

▽後半もミランが押し込む展開とすると、55分に同点とした。決めたのは移籍後初ゴールとなるイグアイン。ケシエがボールをカットしてルーズとなったところを、イグアインがボックス右で拾って飛び出したGKを交わすと、厳しい角度から無人のゴールに流し込んだ。

▽その後も攻勢に出るミランはスソがカットインシュートで逆転ゴールに迫るも、徐々に攻撃がトーンダウン。そこで73分にチャルハノールに代えてカスティジェホを投入した。

▽そのミランは追加タイム1分にスソが再びカットインシュートでゴールに迫れば、直後にもイグアインがヘディングシュートを浴びせるも、いずれもわずかに枠の左に外れてタイムアップ。イグアインに待望の移籍後初ゴールが生まれたものの、勝ち点1獲得に留まった。
コメント
関連ニュース
thumb

ミランの“大当たり”ピョンテク…出来過ぎな活躍に本人もビックリ

ミランに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが“出来過ぎな”自身の活躍に驚きを口にした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ピョンテクは今冬、退団したアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインの後釜としてミランへ。そのミランでもゴールゲッターとしての才能を見せつけ、16日に行われたセリエA第24節のアタランタ戦でも公式戦4戦連発弾を含む2得点を決め、チームの勝利に貢献した。 ミラン加入以来公式戦5戦6発のピョンテクは試合後、クラブ公式チャンネル『Milan TV』で次のようにコメントした。 「僕はいつだって自分を信じている。ゴールを量産できるとね。でも、5試合で6得点は想像以上だよ」 「今日の2ゴールに満足だ。この歩みを続けたいね。僕はストライカー。全試合でゴールを決めたい」 2019.02.17 08:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ピョンテクの4戦連発弾とチャルハノールの今季初弾でミランが難敵アタランタに逆転勝利!《セリエA》

ミランは16日、セリエA第24節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。 前節カリアリ戦をピョンテクの公式戦3戦連発弾とパケタの移籍後初弾で快勝して4位を死守したミラン(勝ち点39)は、ここ2試合と同様のスタメンで臨んだ。 チャンピオンズリーグ出場権を争う5位アタランタ(勝ち点38)に対し、押し込まれる入りとなったミランだったが、11分にビッグチャンス。スソの右サイドからのクロスにファーサイドのケシエがダイビングヘッドで合わせるも枠の左に外してしまった。 その後もテンション高く向かってくるアタランタに苦戦したミランは前線にボールを運べず劣勢が続くと、33分に失点する。ボックス右深くでイリチッチが切り返しでリカルド・ロドリゲスを交わしてクロスを送ると、ゴール前のフロイラーがダイレクトでシュート。これがGKドンナルンマの手を弾いてゴールラインを割った。 ハーフタイムにかけても劣勢を強いられたミランはアレハンドロ・ゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、追加タイム1分に同点とした。左サイドからのリカルド・ロドリゲスのアーリークロスにピョンテクが左足ボレーで絶妙に合わせたシュートがゴール右に決まった。 ピョンテクの公式戦4戦連発弾で試合を振り出しに戻して迎えた後半も、アタランタの攻勢を受けていたミランだったが、55分に逆転に成功する。ボックス手前左からチャルハノールの放った強烈なミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 チャルハノールの今季初ゴールで逆転したミランは61分、一気に突き放す。チャルハノールの左CKからピョンテクのヘディングシュートが決まった。 3-1としたミランはピョンテクをお役御免としてクトローネを投入。終盤にかけてはアタランタの運動量が落ちたこともあって反撃を許さず、3-1で逆転勝利。2連勝として、4位を死守している。 2019.02.17 06:28 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ミランの2選手に関心 今節にスカウトを派遣か

トッテナムが、ミランに所属するスペイン代表FWスソ(25)とコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(22)に関心を寄せているようだ。イタリア『メディア・セット』が伝えている。 トッテナムは両選手の調査に向けて、16日に行われるセリエA第24節のアタランタとミランの一戦にスカウトを派遣するようだ。ミランは放出に否定的な姿勢を見せているが、スソには契約解除金が4000万ユーロ(約50億円)に設定されており、慰留は簡単ではないと見られている。 スソは2015年1月にリバプールからミランへ加入。加入直後は元日本代表MF本田圭佑とのスタメン争いに後れを取りベンチを温める日々が続いた。しかし、2016年1月のジェノアへの期限付き移籍を経てミランへ復帰すると、本田からスタメンの座を奪取。今シーズンはここまでリーグ戦22試合で5ゴール8アシストを記録している。 一方のケシエは2017年6月に、アタランタから買取りオプション付きの2年間のレンタル移籍でミランへ加入。加入初年度から公式戦54試合に出場し、5ゴール6アシストの数字を残した。今シーズンもここまで公式戦27試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。 2019.02.16 23:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランMFケシエが告白「ガットゥーゾは見た目ほど怒らない。背番号79はファンのため」

ミランのMFフランク・ケシエが、『DAZN(ダゾーン)』のインタビューに応じ、自身の現状やチームについて語った。<br><br>ミランで2年目のシーズンを送るケシエは、ここまでリーグ戦21試合に出場3ゴールを挙げるなど主力として活躍を続けている。今冬、FWクシシュトフ・ピョンテクおよびMFルーカス・パケタが新たにチームに加わり、順位表ではチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位と好位置につける。ケシエもチームの目標であるCL出場権獲得へと意気込む。<br><br>「ヨーロッパで最大の大会なので僕も気合いが入っている。出場できるように全力を尽くすつもりだ。CL出場権争いのライバルは(5位の)アタランタだけではないが、まずは自分たちのことを考えて、毎試合で勝てるよう挑んでいきたい」<br><br>続いてコートジボワールMFは、古巣アタランタで師事したジャン・ピエロ・ガスペリーニとミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾを比較した。<br><br>「ガスペリーニの練習の方がきつかったよ。本当にすごく走らされた。それにガスペリーニはガットゥーゾよりも頻繁に怒っていたよ。ガットゥーゾの方が大きな声で怒鳴るのでそんな風には見えないかもしれないけどね(笑)!アタランタのガスペリーニの下でプレーしたのは1年間だけだったが、あの頃はプレースタイルが違ったせいか今より得点を挙げていたよ」<br><br>「今はチャンスがあっても、特にカウンターで失敗してしまうことが多い。ゴールの前にたどり着く頃には疲れているのかもしれないし、アタランタでは、もっとサポートしてくれる選手がいた、という点もあるかもしれない。今は無理矢理シュートに持ち込むことが多い。それでも毎日、ガットゥーゾから刺激をもらっている。もっと勇気を持つように言われている」<br><br>■ボヌッチに譲った19番に戻さなかった理由ケシエと言えば昨シーズン、DFレオナルド・ボヌッチに背番号19番を譲って話題となった。19番は自身にとって思い入れのある番号であったはずだが、ボヌッチの退団後も79番を背負うことを決めた。<br><br>「現経営陣から番号を戻すかどうか聞かれたが、僕が断った。79番で調子が良いし、1番の理由は僕のユニフォームを買ってくれたファンに余計なお金を使って欲しくなかったからなんだ」<br><br>提供:goal.com 2019.02.16 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルがスソとバレッラに関心 すでにスカウトを派遣か

アーセナルが、ミランのスペイン代表FWスソ(25)とカリアリのイタリア代表MF二コラ・バレッラ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 1月の移籍市場でも、攻撃の強化を画策していたことが伝えられたアーセナル。今回の報道によると、ウナイ・エメリ監督は新たにスソとバレッラに関心を抱いているようだ。10日に行われたセリエA第23節のミラン対カリアリの試合にスカウトを派遣したという具体的な動きも伝えられている。なお、この試合でスソとバレッラは共にフル出場を果たした。 スソは2015年1月にリバプールからミランへ加入。加入直後は元日本代表MF本田圭佑とのスタメン争いに後れを取りベンチを温める日々が続いた。しかし、2016年1月にジェノアへ期限付きし、翌シーズンからミランへ復帰すると、本田からスタメンの座を奪った。今シーズンもここまでリーグ戦22試合で5ゴール8アシストを記録している。 一方、カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。2016年冬には当時セリエBのコモにレンタルされたが、武者修行の地でリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格を手助けした。半年でカリアリに復帰すると、今シーズンもここまでリーグ戦21試合で1ゴールを記録している。また、2018年10月には、ウクライナ代表との親善試合でイタリア代表デビューも飾った。 なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、スソの市場価値は5000万ユーロ(約63億円)となっている。また、もう一方のバレッラに関しても、カリアリが移籍金5000万ユーロを要求している上、ナポリやインテル、ローマからの関心も取り沙汰。一部メディアでは、今夏のアーセナルの補強資金は4500万ポンド(約64憶4000万円)のみとも報じられており、難しいオペレーションになりそうだ。 2019.02.13 17:26 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース