超ワールドサッカー

C・ロナウドの移籍後初弾含む2発でユベントスが開幕4連勝《セリエA》2018.09.17 00:01 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは16日、セリエA第4節でサッスオーロをホームに迎え、2-1で勝利した。▽前節パルマ戦を2-1と競り勝って開幕3連勝としたユベントスは、代表戦を戦ったピャニッチやキエッリーニらがベンチスタートとなった中、ジャンが移籍後初先発を飾り、ディバラが開幕戦以来のスタメンとなった。

▽2勝1分けと好スタートを切ったサッスオーロに対し、翌水曜にチャンピオンズリーグのバレンシア戦を控えるユベントスは、[4-3-3]を採用。3トップは右からディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにジャン、インサイドにケディラとマテュイディを配した。

▽そのユベントスが圧力をかけていくと、11分にC・ロナウドがヘディングシュートを浴びせ、19分にはジャンがミドルシュートでゴールに迫っていった。

▽22分にCKからフェッラーリにヘディングシュートを許したユベントスが、引き続き押し込んでいったが、サッスオーロ守備陣を脅かすような攻撃は見せられない。そんな中37分、カンセロのクロスがリロラのクリアミスを誘ってゴールに向かうも、GKコンシーリの見事な反応の前にゴールを割れない。

▽39分にはダンカンにネットを揺らされるも、その前にファウルがあったとして救われたユベントスは、前半をゴールレスで終えた。

▽後半も押し込んだユベントスは50分に先制する。右CKの流れからフェッラーリのヘディングでのクリアミスが左ポストに直撃すると、ルーズボールをC・ロナウドが押し込んだ。

▽C・ロナウドに移籍後初ゴールが生まれたユベントスは、61分にマンジュキッチに代えてドグラス・コスタを投入。前がかるサッスオーロ相手にカウンターを狙うと、65分に追加点を奪った。決めたのはまたもC・ロナウド。ロングカウンターに転じ、ドグラス・コスタ、ジャンとつないで、ボックス左に走り込んだC・ロナウドが左足でゴール右へグラウンダーのシュートを流し込んだ。

▽その後もドグラス・コスタやC・ロナウドがゴールに迫ったユベントスは、77分にC・ロナウドが決定的なボレーシュートを浴びせれば、82分にはカンセロのミドルシュートのルーズボールをC・ロナウドがプッシュ。しかし、シュートは枠を捉えられなかった。

▽追加タイムにババカルのゴールを許したユベントスは、ドグラス・コスタのつば吐き行為によって退場者を出すも、C・ロナウドが挙げた2ゴールで勝利し、開幕4連勝スタートとしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ボヌッチ、母国サポからのブーイングに「根っからの大馬鹿」

▽ユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、自身へのブーイングを非難している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ボヌッチは、昨年の夏に7年間過ごしていたユベントスを離れ、ミランに電撃移籍。ミランではキャプテンも務めており、そのまま新天地でのキャリアを続行するかに思われた。 ▽しかし今夏、わずか1年でユベントスに復帰。この動きに関して、両サポーターから「傭兵」などと野次られることもあるが、クラブでは元通りレギュラーを確保。セリエA第12節ミラン戦こそベンチで90分を過ごしたものの、ユベントスで良い時間を過ごしている。 ▽それでも17日、ジュゼッペ・メアッツァでのUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3ポルトガル代表戦に先発出場したボヌッチに対して、イタリアサポーターがブーイング。ミランの本拠地で行われたその試合は、ボヌッチにとって心地良い時間とはならなかった。 ▽試合後、ブーイングについて問われたボヌッチは以下のように応じている。 「根っからの大馬鹿者はいつだっている」 「僕は今でもチームメイトの信頼を得ている。それが重要なことだ」 2018.11.18 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが史上7人目のアズーリ100試合達成!

▽イタリア代表は17日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3のポルトガル代表戦を戦い、0-0のドローで終わった。同試合ではユベントスDFジョルジョ・キエッリーニ(34)が代表通算100試合出場を達成した。 ▽2004年11月のフィンランド代表戦でフル代表デビューを飾ったキエッリーニは、以降の14年間に渡ってアズーリの最終ラインの一員として活躍。優勝を果たした2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)でのメンバー入りは逃したものの、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会と2度のW杯出場と、2008年から3大会連続でユーロ本大会も経験していた。 ▽2017年11月のロシアW杯欧州予選プレーオフでスウェーデン代表に敗れた直後、代表引退を示唆したものの今年9月に約10カ月ぶりの代表復帰を果たすと、GKジャンルイジ・ブッフォンに代わる新キャプテンに指名され、今回の快挙達成となった。 ▽なお、イタリア代表ではこれまで通算6人が代表通算100試合出場を達成。最多出場記録の176試合出場のブッフォンを始め、DFファビオ・カンナヴァーロ(136試合)、DFパオロ・マルディーニ(126試合)、MFダニエレ・デ・ロッシ(117試合)、MFアンドレア・ピルロ(116試合)、GKディノ・ゾフ(112試合)と錚々たるレジェンドが並ぶ。そして、今回7人目としてキエッリーニが加わることになった。 2018.11.18 15:01 Sun
twitterfacebook
thumb

中盤に離脱者抱えるユーベ、ケディラが足首を捻挫

▽ユベントスは17日、ドイツ代表MFサミ・ケディラが左足首を捻挫したことを発表した。 ▽ケディラは17日のユベントスでの練習で負傷。軽い捻挫ということだが、代表ウィーク明けのSPAL戦の出場が危ぶまれているとのことだ。 ▽左大腿部を痛めていたケディラは先日のマンチェスター・ユナイテッド戦で約3週間ぶりに復帰したばかりだった。 ▽ユベントスではドイツ代表MFエムレ・ジャンが甲状腺の手術で戦列を離れている上、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが代表戦で負傷離脱しており、中盤の選手層に不安を抱えている。 2018.11.18 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

“900億の男”アセンシオ、ユーベ移籍を希望か

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFマルコ・アセンシオ(22)にユベントス移籍の可能性が浮上した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽レアル・マドリーの次代を担う逸材として期待がかかるアセンシオ。だが、 本人はユベントス移籍を希望している模様だ。その理由はレアル・マドリーからユベントス入りしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在。アセンシオはユベントス在籍歴を持つチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタから話を聞き、心がより移籍に傾いたという。 ▽なお、今シーズンのアセンシオはここまで公式戦17試合に出場して2得点3アシストを記録。9月27日に2023年までの新契約にサインしており、その際に契約解除金も天文学的な7億ユーロ(現在のレートで約901億7000万円)まで引き上げられたとみられる。 2018.11.17 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ピャニッチが筋肉負傷で一足早くユーベに帰還、スペインとの親善試合を欠場

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが負傷を受けて一足早くユベントスに帰還することになった。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ピャニッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ3のオーストリア代表戦で先発。87分に交代していた。同メディアによれば足の筋肉を痛めたとのことだ。なお、オーストリア戦を0-0で引き分けたボスニア・Hはグループ首位を確定させ、リーグAへの昇格を決めている。そのボスニア・Hは18日にスペイン代表との国際親善試合を戦う予定となっている。 ▽代表ウィーク明け、ユベントスはセリエAでSPAL戦を戦った後、チャンピオンズリーグでバレンシアと戦うが、代えの利かないピャニッチを起用することはできるだろうか。 2018.11.17 00:12 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース