「おみそれいたしました」、リネカーの謝罪にスパーズ戦躍動のミルナーが粋な返し2018.09.16 15:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽15日に行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦でマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍でリバプールの勝利に貢献した元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが試合後にも粋な対応を見せた。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。▽リバプールは15日に敵地ウェンブリーで行われたトッテナム戦をMFジョルジニオ・ワイナルドゥムとFWロベルト・フィルミノの2ゴールによって2-1で勝利。今季初のビッグマッチで競り勝ち見事に開幕5連勝を達成した。

▽そして、同試合では得点を記録した前述の2選手以上に輝きを放っていたのが、中盤で攻守に質と量を兼ね備えたパフォーマンスを見せた32歳のベテランMFだった。

▽そのミルナーに関しては、イギリス『BBC』の人気サッカー番組『マッチ・オブ・ザ・デー』でメインMCを務める元イングランド代表FWのギャリー・リネカー氏が以前にフットボーラーとしての能力に疑問を呈する趣旨のコメントを自身の『ツイッター』で発信しており、今回のスパーズ戦でのパフォーマンスを見た同氏は正式に謝罪を行った。

「私はかつてジェイムズ・ミルナーがフットボールのピッチ上に何をもたらせるか理解できないという投稿を行った。この投稿に関して謝罪をする必要がある。彼は本当に素晴らしく、多彩で知的なプレーヤーだ。私が完全に間違っていたと言いたい」

▽このレジェンドの潔い謝罪に対して、ミルナーはスパーズ戦後に自身の『ツイッター』でユーモアある返しを見せた。

「ありがとう、ギャリー。僕はこれまであなたがピッチ上で果たしてきた役割を常に評価していたんだ。そして、今はあなたのコメンテーターとしての役割についても素晴らしく、知的であるということを理解したよ」

▽レジェンドからの“素晴らしい”、“知的”という自身への称賛の言葉を引用してプレーヤーとしてだけでなく、今後は解説者としてもリスペクトしていくというイジりを敢行したミルナー。その粋な返しはスパーズ戦のパフォーマンスと同様に、まさにマン・オブ・ザ・マッチ級の輝きだ。
コメント
関連ニュース
thumb

プレミアで最もクリーンなクラブはリバプール! 最下位は…

リバプールが、フェアプレーランキングでプレミアリーグのトップに立っているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 プレミアリーグ第26節終了時点で2位に付けているリバプール。1試合消化数の多い首位マンチェスター・シティと勝ち点65で並んでおり、中でも特筆すべきはその失点数だ。ここまでの15失点という数字は2番目のシティ(20失点)を引き離し、リーグで最も強固な守備力を誇っていることを証明している。しかし、その堅守は決して荒く激しいプレーに支えられているわけではない。 『リバプール・エコー』によると、リバプールはプレミアリーグにおけるフェアプレーランキングで現在首位。イエローカードが1pt、2枚目のイエローによる退場が3pt、一発レッドカードが5ptとして計算されるそのランキングでは、2位のチェルシー(33pt)をかわして27ptで首位に立っている。なお、上位勢が軒並みリーグ順位と連動する中、マンチェスター・ユナイテッドが現時点での最下位となった。 ◆フェアプレーランキング(プレミアリーグ)※第26節終了時点 1.リバプール 27pt 2.チェルシー 33pt 3.トッテナム 37pt 4.マンチェスター・シティ 39pt 5.ボーンマス 43pt 6.アーセナル 46pt 7.ニューカッスル 47pt 8.ウェストハム 49pt 9.カーディフ・シティ 49pt 10.ハダースフィールド 49pt 11.クリスタルパレス 51pt 12.フルアム 51pt 13.ウォルバーハンプトン 53pt 14.ブライトン 54pt 15.ワトフォード 55pt 16.レスター・シティ 56pt 17.バーンリー 59pt 18.エバートン 62pt 19.サウサンプトン 62pt 20.マンチェスター・ユナイテッド 63pt 2019.02.17 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールが“フルスロットル”でCLバイエルン戦へ…ロバートソンが大一番へ意気込み

リバプールのDFアンドリュー・ロバートソンは、バイエルン戦を前にチームが&ldquo;フルスロットル&rdquo;になる必要があると話した。<br><br>昨シーズンのチャンピオンズリーグで決勝まで進むも、惜しくも準優勝に終わったリバプール。シーズン開幕前に大型補強に動くなど今シーズンのCLでも優勝候補の一角との呼び声が高い同チームは19日、CL決勝トーナメント1回戦1stレグのホームでのバイエルン戦を迎える。CLラウンド16の屈指の好カードとも考えられる一戦を前に、ロバートソンはリバプールにとって大きなチャレンジになると語った。<br><br>「この一戦に向けて僕たちはフルスロットルの状態になる必要がある。彼らは良いチームで、ここ6、7年間で好成績を収めている。だから、この試合がどれだけタフな挑戦になるかを僕たちは理解している。でも、僕たちだっていかなるチームが相手でも戦えると信じているし、そうするためにベストを尽くさないといけない」<br><br>また、ホームのアンフィールドで戦えることが大きなアドバンテージになるとロバートソンは考えているようだ。「僕たちは昨シーズン、特にチャンピオンズリーグで良い成績を残し、ホームスタジアムが大きな助けになっていたと思う。このスタジアムでのチャンピオンズリーグの夜がどれだけ特別なものになるかを誰もが知っている。彼らの後押しを受けることで、僕たちはさらなるエネルギーを手にできる」<br><br>9日のボーンマス戦から10日後にバイエルン戦を迎えるリバプールは、この間スペインでキャンプを行い、15日にイングランドに帰還。日程的にも余裕のあったリバプールは19日の大一番でどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.02.17 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

マウコム、新天地最有力にリバプール?

リバプールが、バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)を獲得する可能性があるようだ。フランス『Le10Sport』の情報を引用して大手『ESPN』が伝えている。 昨年夏に4100万ユーロ(約51億円)の移籍金でボルドーからバルセロナに加わったマウコム。その直前にはボルドーとのクラブ間合意がローマから発表されていたが急転直下のスペイン行きとなり、物議を醸した移籍オペレーションだ。 しかし、これまで移籍金に見合った活躍はできておらず、リーガエスパニョーラでの出場は7試合留まり。先発出場はわずか1試合のみだ。 そのため、残留したものの今冬には早くも移籍の噂が渦巻いていたが、伝えられていた中国勢からの関心は現在では薄れているという。こうした中で、新たに有力な移籍先として挙げられているのがリバプールだ。マウコムは依然としてバルセロナ残留を切望してはおらず、関心を示し続けているリバプールの機運は熟しつつあるのかもしれない。 2019.02.16 18:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、サラーに62億円? +ディバラも!

イギリス『デイリー・メール』がイタリア『トゥットスポルト』の情報として、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(26)を巡るユベントスの動きを報じた。 イタリアの絶対的王者に君臨するユベントスは本格的にサラーを追跡。リバプールに対して、移籍金4400万ポンド(約62億1000万円)+アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)のオファーで獲得を打診したという。 サラーは2017年夏にローマからリバプールに加入して以来、得点能力が開眼。公式戦44得点のデビューイヤーに続き、今シーズンもここまで20得点(34試合)とリバプールの攻撃陣を牽引している。 そのサラーは昨年7月に5年間の新契約にサインしたが、解除条項は未設定。一方のディバラはここまで公式戦7得点を記録しているが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの登場により、エースの座を失っている。 2019.02.15 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

N・ケイタ&マネがヴェルナーをリバプールに勧誘

リバプールのギニア代表MFナビ・ケイタとセネガル代表FWサディオ・マネが、移籍が囁かれるライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)を勧誘している。『ESPN』が伝えている。 ライプツィヒ加入した2016-17シーズンにブンデスリーガで21得点を記録したヴェルナーは、今シーズンもここまでリーグ戦20試合で11得点を記録するなど、3シーズン連続で二桁得点をマーク。クラブとの契約が2020年までとなっているドイツ代表FWに対しては、バイエルンやリバプールなどからの関心が報じられている。 当人も「イングランド勢ではマンチェスター・ユナイテッドとリバプールがよく観るチームだ」、「タイトルを勝ち取るようなチームでプレーしたい」と語るなかで、ナビ・ケイタとマネがドイツ『Sport Bild』の取材で、ヴェルナーがリバプールに移籍すべきだと述べている。 2016年から2018年にかけてライプツィヒでともにプレーしていたナビ・ケイタは「僕たちは最高の関係を築けていた。彼は僕の最高の仲間の1人だったよ」とコメントし「彼が移籍するのであればリバプールをオススメするよ」とかつての同僚を口説いた。 また、ナビ・ケイタに同調するようにマネも「僕もリバプールに来るように説得したい。彼のプレースタイルが好きなんだ。とても力強く、素晴らしいフィニッシャーだ。大歓迎さ」と賛辞と共に、こちらも誘いの言葉を投げた。 2019.02.14 15:28 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース