自動昇格狙う横浜FC、水戸に痛恨の敗戦 福岡と東京Vの上位勢もドロー《J2》2018.09.16 18:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第33節の3試合が16日に各地で行われた。▽暫定4位の横浜FCは、同12位に位置する水戸ホーリーホックと対戦。試合はホームの横浜FCがボールの主導権を握り、水戸が速攻でゴールに襲いかかる展開となる。

▽その中、水戸が30分、右サイドの田向がバイタルエリアのスペースに鋭いパスを供給。これを見事なタッチで受けた伊藤が右足つま先で押し込み、先制に成功する。

▽失点した横浜FCだが、すぐさま追いつく。34分、左サイド中寄りから武田がゴール前にクロス。これに反応したイバが頭で合わせ、試合を振り出しに戻す。

▽それでも、水戸は38分、前と伊藤の流れるようなパスワークからボックス右のスペースに侵攻した田向が右足シュート。これが決まり、再びリードする。

▽1点ビハインドの横浜FCは、後半の頭から齋藤、瀬沼を投入。続く84分に松井をピッチに送り込み、同点を目指すが、なかなかゴールに迫ることができない。

▽攻勢の横浜FCは終了間際、バイタルエリア中央から佐藤が放ったミドルシュートがDFに当たってゴールに飛ぶが、惜しくもクロスバーを直撃。ゴールが遠い。

▽結局、逃げ切った水戸が3試合ぶりの白星で5戦負けなし。敗れた横浜FCは2試合ぶりの黒星で3試合勝ちなしとなり、上位追走に痛い足踏みが続いている。

▽そのほか、4位の東京ヴェルディは、21位のロアッソ熊本にホームで2-2のドロー。6位のアビスパ福岡は城後の土壇場弾により、ジェフユナイテッド千葉と引き分けている。

◆明治安田生命J2リーグ第33節
▽9/15(土)
松本山雅FC 0-0 レノファ山口FC
大宮アルディージャ 1-0 FC町田ゼルビア
モンテディオ山形 1-1 ヴァンフォーレ甲府
大分トリニータ 5-0 カマタマーレ讃岐
ファジアーノ岡山 2-2 京都サンガF.C.
栃木SC 1-3 愛媛FC
徳島ヴォルティス 2-1 FC岐阜
アルビレックス新潟 2-1 ツエーゲン金沢

▽9/16(日)
横浜FC 1-2 水戸ホーリーホック
東京ヴェルディ 2-2 ロアッソ熊本
ジェフユナイテッド千葉 3-3 アビスパ福岡
コメント
関連ニュース
thumb

千葉が3年ぶりのちばぎんカップ優勝 柏相手に新戦力躍動《Jリーグプレシーズンマッチ》

第24回ちばぎんカップが17日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、ジェフユナイテッド千葉がPK戦で柏レイソルを破り、3年ぶりの優勝を成し遂げた。 9年ぶりのJ2参戦となる柏は今シーズンからネルシーニョ監督が5年ぶりに復帰。守護神を中村が務めたスタメンに最終ラインの右から小池、染谷、古賀、高木を並べ、3センターに手塚、ヒシャルジソン、小泉を置き、最前線に入ったクリスティアーノの両脇にガブリエル、瀬川を起用した。 一方、昨年J2で過去最低14位に終わった千葉は今年でフアン・エスナイデル体制3年目。佐藤を最後尾に起用した先発に最終ラインの右からゲリア、増嶋、エベルト、下平を置き、2列目に堀米、熊谷アンドリュー、矢田、茶島を並べ、2トップにアラン・ピニェイロと船山をチョイスした。 試合は16分に動く。左サイドでプレーする瀬川がバイタルエリア左でボールを受けると、ワンテンポ置いて左足を振り抜く。これが対面の増嶋に当たって相手GKの逆を突き、ゴール左下に吸い込まれ、ホームの柏が先制に成功する。 だが、千葉もすかさず反撃。19分、左CKを獲得すると、キッカーの堀米が左足でクロスを供給する。これに反応したエベルトがファーサイドからニアサイドにポジションを移しながらヘッド。千葉が試合を降り出しに戻してみせる。 後半の頭から小泉に代わり、ピッチに立ったオルンガが1stタッチで決定機。左足で放ったグラウンダーのシュートでゴールを狙うが、惜しくも左ポストの外側を叩いてしまい、柏の勝ち越しとはならない。 すると、55分、千葉のセットプレーが再び炸裂。右CKから堀米が左足でゴール前にクロスを供給する。これにゴール前で反応したアラン・ピニェイロが相手DFとの駆け引きを制して頭で合わせ、千葉が形勢を逆転する。 リードした千葉の攻勢に遭い、なかなか攻め手を見いだせない柏は60分に高木を下げて菊池、66分にガブリエルに代えて村田を投入。対する千葉は67分にアラン・ピニェイロから元セレソンのクレーベをピッチに送り込む。 その後も互いに交代カードを駆使しながらゲームを進めた試合は87分、ボックス右に侵攻した小池が右足で低い弾道のクロス。これが相手GKのファンブルを誘ったところをクリスティアーノが詰めて、柏が同点に追いついた。 結局、試合はPK戦にもつれ込み、柏6人目のキッカーを務めた古賀のシュートをGK佐藤が冷静にストップ。千葉が3年ぶりの優勝を果たした。 柏レイソル 2-2(PK5-6) ジェフユナイテッド千葉 【柏レイソル】 瀬川祐輔(前16) クリスティアーノ(後42) 【ジェフユナイテッド千葉】 エベルト(前19) アラン・ピニェイロ(後10) 2019.02.17 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋のグランパスくんが史上初の連覇! Jリーグマスコット総選挙結果

Jリーグは16日、Jリーグマスコット総選挙2019の結果発表を行い、名古屋グランパスのグランパスくんが1位に輝き、史上初の連覇を飾った。 1月28日の中間発表ではグランパスくん(名古屋グランパス)が1位だったが、そのまま首位をキープして連覇を達成した。グランパスくんは自身のツイッター(@grampuskun_No1)で、投票してくれたファンの皆に感謝すると共に、2019シーズンも盛り上げていくことを誓った。 「みんなの力で史上初の2連覇を達成したがね!応援してくれたみんな、ほんとにほんとにありがとさんだわ!」 「たくさんの応援うれしかった!投票期間中に同じ目標に向かってみんなと一丸だって感じたんよ! この勢いで2019シーズン一緒に盛り上げていくがね!よろしくなも!!」 ▽なお、2位はヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)、3位はベガッ太(ベガルタ仙台)という結果となった。 ■Jリーグマスコット総選挙2019 1位:グランパスくん/名古屋グランパス 2位:ヴィヴィくん/V・ファーレン長崎 3位:ベガッ太/ベガルタ仙台 4位:ドーレくん/北海道コンサドーレ札幌 5位:サンチェ/サンフレッチェ広島 6位:ガンズくん/松本山雅FC 7位:ニータン/大分トリニータ 8位:ふろん太/川崎フロンターレ 9位:パルちゃん/清水エスパルス 10位:マリノスケ/横浜F・マリノス 11位:東京ドロンパ/FC東京 12位:ガンバボーイ/ガンバ大阪 13位:しかお/鹿島アントラーズ 14位:ヴァンくん/ヴァンフォーレ甲府 15位:レノ丸/レノファ山口FC 16位:ギッフィー/FC岐阜 17位:ゲンゾー/ツエーゲン金沢 18位:アルビくん/アルビレックス新潟 19位:ウィントス/サガン鳥栖 20位:モーヴィ/ヴィッセル神戸 21位:ジュビロくん/ジュビロ磐田 22位:レイくん/柏レイソル 23位:ユニティ/ジェフユナイテッド千葉 24位:アビーくん/アビスパ福岡 25位:ヴォルタくん/徳島ヴォルティス 26位:ロビー/セレッソ大阪 27位:フリ丸/横浜FC 28位:ディーオ/モンテディオ山形 29位:キヅール/いわてグルージャ盛岡 30位:ファジ丸/ファジアーノ岡山 31位:さぬぴー/カマタマーレ讃岐 32位:ライオー/AC長野パルセイロ 33位:ギラン/ギラヴァンツ北九州 34位:ゼルビー/FC町田ゼルビア 35位:キングベルI世/湘南ベルマーレ 36位:コトノちゃん/京都サンガF.C. 37位:ジンベーニョ/FC琉球 38位:ライカくん/カターレ富山 39位:トッキー/栃木SC 40位:湯友/ザスパクサツ群馬 41位:ロアッソくん/ロアッソ熊本 42位:ガイナマン/ガイナーレ鳥取 43位:アルディ/大宮アルディージャ 44位:ゆないくー/鹿児島ユナイテッドFC 45位:レディア/浦和レッズ 46位:ヴェルディ君/東京ヴェルディ 47位:ヴァン太/ヴァンラーレ八戸 48位:ホーリーくん/水戸ホーリーホック 49位:ガミティ/SC相模原 50位:伊予柑太/愛媛FC 51位:ブラウゴン/ブラウブリッツ秋田 52位:蹴っとばし小僧/藤枝MYFC 53位:Jリーグキング/Jリーグ 2019.02.16 22:21 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉MF堀米勇輝に第二子が誕生! 「母子ともに健康です」

ジェフユナイテッド千葉は16日、MF堀米勇輝に第二子(女の子)が誕生したことを発表した。 発表によると、第二子は10日に誕生。堀米は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF堀米勇輝 「母子ともに健康です。生まれてすぐに監督、チームスタッフのご厚意により会いに行く事が出来ました。とても感謝しています。家族も増え、より一層頑張っていきたいと思います。いよいよちばぎんカップ、リーグ開幕となりますが今年のチーム目標“J1昇格”を達成できるようにジェフファミリーひとつとなっていきましょう! 皆様と闘えるのを楽しみにしています! 」 ヴァンフォーレ甲府下部組織出身の堀米は、2010年8月にトップチームでプロC契約を締結。その後、ロアッソ熊本や愛媛FCへの期限付き移籍、京都サンガF.C.への完全移籍を経て、2017年に甲府復帰した後、今シーズンから千葉に加わっている。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合5得点を記録し、YBCルヴァンカップには4試合出場した。 2019.02.16 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

京都、今季トップチーム昇格のMF上月壮一郎が負傷

京都サンガF.C.は15日、MF上月壮一郎(18)が負傷したことを発表した。 クラブの発表によると、上月は1月26日(日)に行われた練習試合で負傷。左けい骨疲労骨折と診断され、2月1日(金)に京都市内の病院で手術したとのことだ。 京都下部組織出身の上月は、今シーズンからトップチームに昇格を果たしていた。 2019.02.15 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ人GKが岐阜加入! 期限付き、背番号「43」

FC岐阜は15日、FCカイザースラウテルン(ドイツ)に所属するドイツ人GKヤン=オレ・シーバース(23)の期限付き加入を発表した。期間は2019年12月31日まで。背番号は「43」を着用する。 シーバースは2016-17シーズンにカイザースラウテルンの下部組織からトップチームに昇格。公式戦通算13試合に出場しており、今シーズンはドイツ3部7試合、DFBポカール1試合でプレーした。 岐阜入りのシーバースはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この度はFC岐阜の一員になれることを大変嬉しく思っています。シーズンが始まるのが待ちきれません。チームの力となれるようにベストを尽くします」 2019.02.15 10:40 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース