超ワールドサッカー

自動昇格狙う横浜FC、水戸に痛恨の敗戦 福岡と東京Vの上位勢もドロー《J2》2018.09.16 18:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第33節の3試合が16日に各地で行われた。

▽暫定4位の横浜FCは、同12位に位置する水戸ホーリーホックと対戦。試合はホームの横浜FCがボールの主導権を握り、水戸が速攻でゴールに襲いかかる展開となる。

▽その中、水戸が30分、右サイドの田向がバイタルエリアのスペースに鋭いパスを供給。これを見事なタッチで受けた伊藤が右足つま先で押し込み、先制に成功する。

▽失点した横浜FCだが、すぐさま追いつく。34分、左サイド中寄りから武田がゴール前にクロス。これに反応したイバが頭で合わせ、試合を振り出しに戻す。

▽それでも、水戸は38分、前と伊藤の流れるようなパスワークからボックス右のスペースに侵攻した田向が右足シュート。これが決まり、再びリードする。

▽1点ビハインドの横浜FCは、後半の頭から齋藤、瀬沼を投入。続く84分に松井をピッチに送り込み、同点を目指すが、なかなかゴールに迫ることができない。

▽攻勢の横浜FCは終了間際、バイタルエリア中央から佐藤が放ったミドルシュートがDFに当たってゴールに飛ぶが、惜しくもクロスバーを直撃。ゴールが遠い。

▽結局、逃げ切った水戸が3試合ぶりの白星で5戦負けなし。敗れた横浜FCは2試合ぶりの黒星で3試合勝ちなしとなり、上位追走に痛い足踏みが続いている。

▽そのほか、4位の東京ヴェルディは、21位のロアッソ熊本にホームで2-2のドロー。6位のアビスパ福岡は城後の土壇場弾により、ジェフユナイテッド千葉と引き分けている。

◆明治安田生命J2リーグ第33節
▽9/15(土)
松本山雅FC 0-0 レノファ山口FC
大宮アルディージャ 1-0 FC町田ゼルビア
モンテディオ山形 1-1 ヴァンフォーレ甲府
大分トリニータ 5-0 カマタマーレ讃岐
ファジアーノ岡山 2-2 京都サンガF.C.
栃木SC 1-3 愛媛FC
徳島ヴォルティス 2-1 FC岐阜
アルビレックス新潟 2-1 ツエーゲン金沢

▽9/16(日)
横浜FC 1-2 水戸ホーリーホック
東京ヴェルディ 2-2 ロアッソ熊本
ジェフユナイテッド千葉 3-3 アビスパ福岡

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】群馬MF碓井鉄平が次節出場停止…大宮MF嶋田慎太郎はJ1参入POの東京V戦欠場

▽Jリーグは19日、明治安田生命J1リーグ第33節、J3リーグ第33節、第34節、J1参入プレーオフ1回戦の出場停止選手を発表した。 ▽J3では逆転昇格を狙うザスパクサツ群馬のMF碓井鉄平が次節出場停止。また、J1参入プレーオフでは、明治安田生命J2リーグ最終節のファジアーノ岡山戦で退場処分を受けた大宮アルディージャのMF嶋田慎太郎が出場できない。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">MF柏木陽介</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ第33節 vs湘南ベルマーレ(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF倉田秋</span>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ第33節 vsV・ファーレン長崎(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWパトリック</span>(サンフレッチェ広島) 明治安田生命J1リーグ第33節 vs名古屋グランパス(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF中村慶太</span>(V・ファーレン長崎) 明治安田生命J1リーグ第33節 vsガンバ大阪(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF田中舜</span>(グルージャ盛岡) 明治安田生命J3リーグ第34節 vsAC長野パルセイロ(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF碓井鉄平</span>(ザスパクサツ群馬) 明治安田生命J3リーグ第33節 vs藤枝MYFC(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF菊岡拓朗</span>(SC相模原) 明治安田生命J3リーグ第33節 vsFC琉球(11/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF保崎淳</span>(SC相模原) 明治安田生命J3リーグ第33節 vsFC琉球(11/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF谷澤達也</span>(SC相模原) 明治安田生命J3リーグ第33節 vsFC琉球(11/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FW遠藤純輝</span>(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ第33節 vsザスパクサツ群馬(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF森下怜哉</span>(セレッソ大阪U-23) 明治安田生命J3リーグ第33節 vsカターレ富山(11/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) 【J1参入プレーオフ】 <span style="font-weight:700;">MF嶋田慎太郎</span>(大宮アルディージャ) J1参入プレーオフ1回戦 vs東京ヴェルディ(11/25) 今回の停止:その他の停止 2018.11.19 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

大分GK修行智仁が契約満了…2016年にはJ3優勝&J2昇格に貢献

▽大分トリニータは19日、GK修行智仁(34)の契約満了を発表した。 ▽修行は2007年に立命館大学からJFLのガイナーレ鳥取に入団。2009年にはFC町田ゼルビアに活躍の場を移し、2015年に大分トリニータに完全移籍を果たした。2016年には終盤の12試合で8試合無失点で抑えるなど、チームのJ3優勝とJ2昇格に貢献した。今シーズンは公式戦での出場はない。 ▽今シーズンでの退団が決定した修行は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「大分のことが大好きです。ただ、選手として僕が大分でやれる事はもうありません。この4年間で僕のやれる事は全てやりきりました。今年で最後。その覚悟でこの1年を過ごしてきました。僕が大分でやりたかった事は、J1に昇格する事、少しでも若い選手の力になる事、そして大分の人を幸せにする事です」 「皆さんの応援のおかげでJ1に昇格する事ができました。ただ、僕の仕事はJ1に上がるまでであり、昇格したその時が大分とのお別れの時だとずっと思っていました。昇格しても大分でプレーすることはない。それでもみんなと昇格したい。そう思わせてくれるクラブでもありました。みんなの喜ぶ顔が見られて良かったです」 「そして、力のある若い選手が育つこのトリニータで何とか彼らの力になりたい。苦しい状況に置かれたとしても、自分のやるべき事をやり、そこから這い上がっていく、そういう姿を修行という人間を使って示したかったのです。何年か経ち、彼らが苦しみ悩んだ時にそっと背中を押す何かが彼らの中に残ってくれていれば僕にとってこれほど嬉しいことはありません。それが、僕が選手として大分にいる意味だったからです」 「そして、大分の人を幸せにする事。これは僕にとって最も大切なミッションでした。たくさんの大分の人とたくさんの思い出ができました。多くの人の顔を今も思い出しながらこのコメントを書いています。僕はすごく幸せでした。みなさんは幸せでしたか? 選手というのはいつか忘れ去られていくものです。たまに思い出される程度です。それでも構いません。その、僕を思い出すたまにの思い出話で、皆さんを少しでも幸せな気持ちにできたとしたら、僕の大分でのミッションは全て達成したことになります。感謝しています。皆さんの応援が僕にとって最高の幸せでした。ありがとう!!」 2018.11.19 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡、井原正巳監督の退任を正式発表「いつの日かまたこの大好きな福岡の地で、皆さんに恩返しを」

▽アビスパ福岡は19日、井原正巳監督(51)の退任を発表した。 ▽井原監督は、2015年に当時J2リーグに所属していた福岡の監督に就任すると、1年目でJ1昇格プレーオフを勝ち抜き、チームの5年ぶりJ1昇格に導いた。しかし、J1復帰初年度となった2016シーズンは、1stステージを2勝5分け10敗、2ndステージを2勝2分け13敗と苦しいシーズンを送り、1年でのJ2降格となった。 ▽1年でのJ1復帰を目指した昨シーズンは、再び4位でJ1昇格プレーオフに進出。しかし、決勝戦で3位の名古屋グランパスに0-0で引き分け、レギュレーションによりJ1昇格は叶わず。今シーズンも第41節終了時点でJ1参入プレーオフ進出圏内の6位につけていたが、最終節のFC岐阜戦でゴールレスドローに終わり、7位に転落し、PO進出を逃した。 ▽クラブは、井原監督の退任に際し、以下のように説明。4シーズンの井原監督の貢献に感謝を告げている。 「井原監督は2015年から4シーズンにわたって指揮を執り、就任初年度にJ1昇格を成し遂げ、また昨年と今年も上位争いを繰り広げるなど、高い指導力でチーム力の向上に貢献いただきました。この度の退任は、J2リーグ優勝の目標を果たせなかった責任を理由に、井原監督自身から退任の申し入れがありクラブで協議した結果、本人の意思を尊重し現契約期間の満了となる今シーズンでの退任となりました。井原監督の4シーズンにわたるご尽力に心より感謝申し上げます」 「今シーズンも全日程終了まで皆さまの熱いご声援、誠にありがとうございました」 ▽また、今シーズン限りでの退任が決定した井原監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ファン・サポーターの皆様、スポンサー、株主の皆様、関係者の皆様、アビスパに関わる全ての皆様、あたたかいご支援、力強いご声援をいただき、本当にありがとうございました。今シーズンをもって退任させて頂くことになりました」 「皆様からたくさんの力をいただいたにも関わらず、今シーズンの目標であったJ2優勝、J1昇格を果たせず、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。選手は本当に頑張ってくれましたが、すべては自分の力不足だと思っています。 この場をお借りしてお詫び申し上げます」 「2015年から今シーズンまでの約4年間、素晴らしい選手たち、スタッフに囲まれ、素晴らしい環境の中で仕事をさせてもらいました。アビスパ福岡で監督としてのキャリアをスタートさせていただいたこと、これまでのクラブの歴史の中で一番長く指揮をとらせていただいたことはわたしにとっての誇りです。そしてアビスパを通じて多くの方々と出会えたことに心から感謝しています」 「アビスパ福岡での経験をもとに、さらに指導者として成長し、いつの日かまたこの大好きな福岡の地で、皆さんに恩返しできればと思っています。4年間本当にありがとうございました。これからのアビスパ福岡のさらなる発展を心より願っております」 2018.11.19 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

松本、U-19韓国代表DFジョ・ジヌが治療のため帰国

▽松本山雅FCは19日、U-19韓国代表DFジョ・ジヌ(19)が治療のため同日に韓国に帰国したことを発表した。 ▽韓国出身のジョ・ジヌは、2018年に韓国の仁川南高校から松本に入団。しかし、今シーズンのリーグ戦での出場はない。 2018.11.19 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

J1昇格逃した水戸、J2ライセンスに変更

▽Jリーグは19日、水戸ホーリーホックのJ2ライセンス変更確定を発表した。 ▽水戸は今シーズンの明治安田生命J2リーグを10位でフィニッシュ。J1昇格の要件を満たせず、スタジアムの短期改修工事を見送ったため、条件付き交付のJ1ライセンスからJ2ライセンスに変更された。 ▽この決定を受け、水戸は同日、代表取締役を務める沼田邦郎氏の声明を次のように掲載している。 「2018年9月27日に交付された、水戸ホーリーホックへの解除条件付きJ1クラブライセンスについて、水戸ホーリーホックの2018明治安田生命J2リーグ最終順位が第10位となり、J1昇格のための順位要件を充足できずスタジアムの短期改修工事を行わないことが確定したことにより、2019年シーズンの水戸ホーリーホックへのJリーグクラブライセンスは、J1クラブライセンスからJ2クラブライセンスへ変更されましたのでお知らせいたします」 「水戸ホーリーホックはJ1昇格に向けて、これからも全力で戦ってまいります。皆様のご期待に添えるようより一層の努力をしてまいりますので、引き続きご支援・ご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます」 2018.11.19 13:25 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース